ウスバシロチョウのタグまとめ

ウスバシロチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウスバシロチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウスバシロチョウ」タグの記事(141)

  1. 高原で出会った蝶③ - 雅郎の花鳥風月

    高原で出会った蝶③

    今日の蝶はウスバシロチョウ、花はハルジオンなのかヒメジオンなのかは分かりませんが、ひらひら飛ぶその姿、とても優雅です。

  2. オナガシジミ観察 / 庭の蝶 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジミ観察 / 庭の蝶

    朝から過ごし易い晴々とした1日でした。朝、レスキューのオナガシジミのオニグルミの葉を交換しようと見たら、水差しのオニグルミの葉が枯れ初めていた。しかし、何と2令の幼虫が食餌をしていたのです。交換用に取り置いていた葉なので幼虫が居るとは考えていなかった。恐らく1週間前ですから1令で見つける事が出来なかったのでしょう。小さいので綿棒と比較して見ました。新しいオニグルミの葉を採取に出かけた。帰宅後...

  3. 標高1,000m付近に居たウスバシロチョウ - なんでもブログ2

    標高1,000m付近に居たウスバシロチョウ

    おはようございます。赤翡翠の囀りが聴きたくて県境の標高1,000m級の山へそこで見つけたのが大量発生してたウスバシロチョウです。たくさん飛んでましたが留まらないので撮らせてくれない_| ̄|○皆さんどうやって撮ってるんですか?おまけ

  4. 山麓のウスバシロチョウたち(2) - トドの野鳥日記

    山麓のウスバシロチョウたち(2)

    山麓の森の散歩コースでブルーベリー/ハルジオン/クサノオウなどで吸蜜するウスバシロチョウたちです。

  5. 山麓のウスバシロチョウたち(1) - トドの野鳥日記

    山麓のウスバシロチョウたち(1)

    ギフチョウやヒメギフチョウなどに代表される春の妖精(スプリング・エフェメラル)蝶の仲間で、ウスバシロチョウはその清楚さ・はかなさが好みです。毎年、山麓の森の散歩コースで純白のコンロンソウで吸蜜するシーンを見かけます。

  6. ORAGA里山、チョット寄り道(2020/05/late) - 里山便り

    ORAGA里山、チョット寄り道(2020/05/late)

    いまさらですが、 'ウスバシロチョウ' を投稿です。ウスバシロチョウ♂(薄羽白蝶)★★☆☆☆The Glacial Apollo, Japanese Clouded Apollo [Parnassius citrinarius]スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)当初、東秩父で見られ、都幾川領域から年々範囲を拡大している。初夏の秩父山地や外...

  7. 大量発生、ウスバシロチョウ - 上州自然散策3

    大量発生、ウスバシロチョウ

    シロチョウと言う名前が付いているのに、アゲハチョウの仲間。翅が半透明で白い。そのため、写真から分かる様に、ハルジオン?の蕊が透けて見える。そのウスバシロチョウがMFの公園に沢山いる。烈風さんによれば、「幼虫時の食草がムラサキケマン、エゾエンゴサク、ヤマエンゴサクなど。」とのこと。当地にはムラサキケマンはあるが、エゾエンゴサクとヤマエンゴサクはないと思う。ただ、この公園でムラサキケマンが大量に...

  8. 年に一度 5月頃だけに見られる蝶とふつうの蝶 - なんでもブログ2

    年に一度 5月頃だけに見られる蝶とふつうの蝶

    おはようございます。ネタ不足…鳥枯れ…それともやる気がないだけか?昨日はこれでもかと思えるほどの晴天...鳥見日和かと思ったので県境のお山へ...赤翡翠詣でに尾道道→松江道→山道走って片道2時間高速を降りて山道を走ってる頃先に行ってた鳥友からは「今、目の前に3羽いるよ!」と電話連絡が...鳥友は夜明け前から現地に...赤翡翠は早朝勝負...その後...どこかへ移動したようで..._| ̄|○自...

  9. キアゲハ - はっぴいでいず

    キアゲハ

    ちょっと前に撮ったキアゲハですウスバシロチョウはまだ居ました 写真の枚数は今後5枚程度にする予定ですだんだん減らして、そのうち1日1枚になるかも(^_^;)

  10. ウスバシロチョウ - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    ウスバシロチョウ

    本日、お店の駐車場にて。ウスバシロチョウです。薄羽というその名の通り、透き通るほどに半透明の翅(羽)です。受胎嚢が付いているので、どうやら♀のようです。胴体にはもふもふの毛が生えています。翅の形が独特。翅を広げたところ。下の花が見えるほどに透き通った翅です。今日は本当に久しぶりに 下校する小学生の姿を目にしました。そんな、ごく当たり前だった光景すらももう「久しぶり」だと感じるくらいに非日常の...

  11. 初夏 - たなぼた

    初夏

    分け入らなければ見えない山の景色分け入れば見るより感じる山の光景

  12. アオバセセリ - 自然を楽しむ

    アオバセセリ

    自粛生活が続き、このままだと精神的にも良くないので、久しぶりにカメラを持って出かけることにした。最初に向かったのは、ミツバウツギの咲く渓流。目的は時期的に少し遅いとは思われたが、この花にやってくるアオバセセリ。ポイントに10時頃に着くと、ミツバウツギは満開の状態。数頭のスレたウスバシロチョウとスジグロシロチョウ、サカハチチョウなどが吸蜜に夢中で、時々やってくるオナガアゲハは吸蜜をすることなく...

  13. 鳥待ちの最中、白いふわふわが飛んできて… - Olive Drab

    鳥待ちの最中、白いふわふわが飛んできて…

    虫ネタだから、本来なら裏ブログに載せる記事なんだけど…まぁいいや(笑)+++++北信某所。蒸し暑い中、ブッポウソウを待っていた。5月なのにこの不快指数の高さはどうなっとんじゃい。。。コロナ騒動で誰も何も言わなくなったが、相変わらず異常気象が続いてる。コロナは薬ができれば何とかなるが、異常気象はどうしようもない。目の前のことに気を取られるのは人間の性質だけど、それでもっと大切なことを見失っては...

  14. 最後のウスバシロチョウ - はっぴいでいず

    最後のウスバシロチョウ

    ウスバシロチョウはそろそろオシマイ、 今シーズン最後のウスバシロチョウと思いますこの日のウスバシロチョウは元気がなく素手で捕まえられましたほとんど動きません蜘蛛の糸に引っかかってパタパタこの程度なら普通は自力で逃げられますが逃がしてやりましたハルジオン

  15. ウスバシロチョウ4月下旬 - 超蝶

    ウスバシロチョウ4月下旬

    クロツバメシジミを撮影した後にウスバシロチョウと戯れました。ヒメウラナミジャノメトラフシジミ

  16. 初夏のアゲハ-4とアオバセセリ:2020/5/11 - 小畔川日記

    初夏のアゲハ-4とアオバセセリ:2020/5/11

    5月11日は晴れて、気温も最高29℃くらい。風もなく絶好の撮影日和。アオバセセリを撮影しようと思って奥武蔵のポイントへ出かける。ポイントに着くとbanyanさんが見えていた。ウツギの花はやや盛りを過ぎた感じ。アオスジアゲハが来たけど、光線が強くてあまり良い写真にはならない。(家内の写真だけど、私のはもっとひどい)家内撮影オナガアゲハやアオスジアゲハが飛んでいた。家内撮影ウスバシロチョウも飛ん...

  17. ウスバシロチョウ - Mag's DiaryⅢ

    ウスバシロチョウ

    ウスバシロチョウがハルシオンの花に止まった。やったねと大喜びで、連写に連写!撮れたのはみんな同じ絵(=_=)遠くで、別の個体がハルシオンに止まったので、駆け付けた。やっぱりピンクのハルシオンがいいなぁと、連写は少し。30分ほどの間に止まったのはこの2回だけ、ずっと飛んでいるウスバシロ、毎度のことだけれど、しんどいなあ。たまたまバックが黒くなるところで撮れていた。バックが道路は味気ないが、草の...

  18. ウスバシロチョウ5・11 - はっぴいでいず

    ウスバシロチョウ5・11

    昨日(5/11)撮ったウスバシロチョウです「またか!?」ってとこかな?でも今回はちょっと工夫してボケを入れたり、背景を青空にしたりしました・・・・・・あんまり変わらんけど(^_^;)普通の蝶は年に数回発生しますが、この蝶は春に一度だけでもう直ぐ見られなくなります撮れる内に撮っておこうとも思っていますサカハチチョウ夏型の羽に逆八の字(この写真だけ過写)イロハモミジハンカチの木写真を撮っている...

  19. 白と黒 - はっぴいでいず

    白と黒

    今日の午前中、天気が悪く今にも雨が降りそうでしたがウスバシロチョウを撮りに行ってきましたクロアゲハも居ましたウスバシロチョウクロアゲハこんな所(樹木公園)同じ公園の別の場所コデマリハンカチの木風に揺られ本物のハンカチみたいでしたお花(ニガナ?)Mさんへ何処で撮ったのかも忘れました多分山登りに凝っていた頃これ1枚しかありませんコンデジ過写・アオバセセリ 今日は母の日、母の日に聞きたくなる曲2...

  20. 春の妖精ウスバシロチョウ - はっぴいでいず

    春の妖精ウスバシロチョウ

    ウスバシロチョウ この蝶もスプリング・エフェメラル(春のはかないもの、春の短い命というような意味で、「春の妖精」とも呼ばれる)ですウスバアゲハとも呼ばれるアゲハ蝶の仲間です、5月ころだけしか見られない蝶ですスプリングエフェメラルについては↓今季初撮り翅が透けています ウスバシロチョウはギフチョウほど魅力はないです(個人の感想です)風に乗りふわふわ飛ぶ姿は美しいですギフチョウとは逆に近年生息地...

総件数:141 件

似ているタグ