ウスバシロチョウのタグまとめ

ウスバシロチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウスバシロチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウスバシロチョウ」タグの記事(73)

  1. ミヤマカラスアゲハ(東信夏型&大雪山麓春型)ほかアゲハチョウの仲間 in2019 - ヒメオオの寄り道

    ミヤマカラスアゲハ(東信夏型&大雪山麓春型)ほかアゲハ...

    東信の山中で大型の煌めくアゲハチョウが吸水しています。裏後翅に白い帯が目立たないのでカラスアゲハかな?と思いましたが良く見ると微かに白い帯があることより「ミヤマカラスアゲハ」夏型のようです。地元の方によると7月中旬のミヤマカラスアゲハ夏型は例年になく早い発生のようです。in2019.07.13東信の山中大雪山麓では、モンシロチョウくらいの大きさの煌めくチョウが吸水にきていました。ゼフィルスに...

  2. 今時の浅間高原の蝶達 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今時の浅間高原の蝶達

    浅間高原の蝶達ミヤマシジミヒメウラナミジャノメツマキチョウウスバシロチョウモンキチョウスジボソヤマキチョウヤマキチョウの卵

  3. 春の妖精・蝶たち(山麓のウスバシロチョウ) - トドの野鳥日記

    春の妖精・蝶たち(山麓のウスバシロチョウ)

    春の妖精(スプリング・エフェメラル)とはカタクリなどに代表されるように春先のみに地上に出現し花を咲かせる植物を指しますが、同じく、春先のみにその美しい姿を現す蝶たちも対象にすることがあります。ギフチョウ、ヒメギフチョウがその代表格ですが、ウスバシロチョウ、ツマキチョウなどもその仲間です。今年は春先の寒波のためか、例年より1,2週間遅れで山麓のコンロンソウで吸蜜するウスバシロチョウたちを見かけ...

  4. 黒いウスバシロチョウなどなど - チョウ!お気に入り

    黒いウスバシロチョウなどなど

    近隣では滋賀北部や福井まで行くと黒っぽいウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)が見られます。チョウだけを見ると白いほうがきれいなのですが、黒い個体が訪花した時に花が透けて見えるシーンも私個人的には気に入っています。黒い部分は花の形が分かるぐらい透けて見えます。黒い個体は飛んでいるときや葉っぱの上にいるときはお世辞にも綺麗とは言えないのですが。。。一方で花が透ける位置に止まってくれると良い感じになり...

  5. ウスバシロチョウ - 自然を楽しむ

    ウスバシロチョウ

    先ほど、闇夜の中から、トッキョ、キョカキョクの声。今年の初鳴き(聞き)です。さて、写真は季節を少し戻ってGWの最終日。アオバセセリの様子を見にいくも、ミツバウツギの花はまだほとんどがつぼみの状態。昨年よりも1週間以上遅れている感じ(むしろ昨年が早すぎ)。かなりの時間粘ってみたが、アオバセセリが現れることはなかった。1頭のヤマトスジグロシロチョウとサカハチチョウ、ツマキチョウの♀を見かけたのみ...

  6. 昆虫 - SWAN

    昆虫

    虫に食われました「虫に食われる」という表現は地方的なものらしいです普通は「虫に刺される」ですな(調べたところ今は全国的に通じる&主流になっているらしいです)全身に約20箇所、かゆくて夜もよく寝られないくらいです何の虫かは不明ですが多分アリかなと思っています昆虫なんかきらいじゃ~!これからの季節は虫除けスプレー必須です写真を撮るのも蝶とイトトンボ以外は滅多にありません今回もほとんど蝶ですが・・...

  7. 2019.5.10神奈川・ヤマツツジのヒルトップクロアゲハ2019.5.18 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.5.10神奈川・ヤマツツジのヒルトップクロア...

    2019.5.10快晴。スミナガシはともかく、ミヤマカラスアゲハを目的で午前中から山頂に詰める。山頂にはミヤマカラスアゲハやカラスアゲハが舞っていた。時おり、クロアゲハ、アゲハ、さらにモンキアゲハが飛んで来る。しかし、花のピークを過ぎたのか、咲いているヤマツツジには吸蜜しようともしない。しようともしないのではなく、黒系アゲハがヤマツツジに近づくと、両方の尾状突起がないミヤマカラスアゲハが絡み...

  8. ウスバシロチョウ② - Mag's DiaryⅢ

    ウスバシロチョウ②

    ハルジオンの花がきれいに咲いているので車を止めたら、ウスバシロチョウが舞っていた。よおし、今回は飛び姿を撮るぞう、連写に連写。ハルジオンから少し離れて飛んでくれればいいのになぁ。ハルジオンのピンクに染まったウスバシロチョウを撮りたかった、撃沈!交尾嚢がついているので、これはメス。

  9. ウスバシロチョウ5月12日 - 超蝶

    ウスバシロチョウ5月12日

    5月12日の日曜日、東三河へ・・・ウスバシロチョウに会いに行きました。今季も、ふわりふわりと、癒されました。フィールドガイドによると著しく、白化タイプと黒化タイプがあるそうです。この日出会えた、最も白いタイプ最も黒いタイプウスバシロチョウのバリエーション楽しみの一つとなりました。ダイミョウセセリの東日本タイプも、この時期は魅力的です。

  10. ツマキチョウとウスバシロチョウ(ウスバアゲハ) - 公園昆虫記

    ツマキチョウとウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)

    地元で唯一見られるチョウのスプリング・エフェメラルはツマキチョウだが、今年はよい撮影チャンスがなかった。4月7日に撮ったオス4月19日に撮ったメスどちらも表翅を1カット撮っただけで飛ばれてしまい、裏翅は撮れなかった。あとは、飛んでいるぼけ写真のみ。それほど少なかったわけではなかったが、いつも観察していた場所の花の開花とツマキチョウの出現がずれてしまい、行き当たりばったりの出会いになってしまっ...

  11. ウスバシロチョウ - SWAN

    ウスバシロチョウ

    なんじゃそれー!普通の人は名前も聞いたことはないし、見たこともないと思います年に一度だけ出現し、やや山沿いの草原や川縁に居ます(他のアゲハチョウの仲間は年3,4回発生します)1ヶ月くらいしか見られません(ホントは2週間くらいのような気がします)ギフチョウ等と同じ古代蝶・古いタイプの蝶ですアゲハチョウの仲間です蝶が翔んでいるシーンを撮るのは鳥よりも遥かに難しいです鳥は直線飛行かせいぜい波状飛行...

  12. 2019.5.8東京・高尾山麓ウスバシロチョウ2019.5.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.5.8東京・高尾山麓ウスバシロチョウ2019...

    2019.5.8連休が終わりハイカーが少ないだろうと出かけてみると、ウスバシロチョウは連休前より少し増えていたが、とまらない時間帯。チョウの顔を入れたくて、チョウの少し前を走りながら連射する。そんな中、もう二度と撮れないだろうと思われる1枚。20分ほどでここを切り上げ、先を急ぐ。ミツバウツギには先日と同じ採集者。次々とお召採っていたらしい。2本ネットは手強い。諦めて林道を進むが、オナガアゲハ...

  13. ☆野に遊ぶ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆野に遊ぶ☆

    10日、五月晴れの野に出掛けました。「植物いろいろ」梅の古木にヨウラクラン・・・花はこれからだそうです。ツリバナハナイカダフジの花ヤブウツギタンザワウマノスズクサハシドイの花も、これからです。「チョウいろいろ」まだ、ウスバシロチョウは飛んでいますが、交尾嚢を付けています。アオスジアゲハ暗いところで、サト?キマダラヒカゲを。ジャコウアゲハの雌雄ダイミョウセセリ

  14. 5/12写ん歩写真 - SWAN

    5/12写ん歩写真

    いつも可愛こちゃんばかり見てても飽きますちょいブスの方が飽きにくいと言うのが痔論ですカルガモの赤ちゃんばかりも飽きますそれに最近急激に成長し可愛くなくなってきましたなので今日の朝は別のところへツツジの黒TバックTバックばっかし言ってますがスキャンティーも好きなのは定説です道端の可憐な草道端カレン臭ーシリーズ新道端カレン道端カレンなオオモミジって、なんでも道端カレン道端カレンの毛ってヒツコイで...

  15. ウスバシロチョウ雌黒化型 - 風任せ自由人

    ウスバシロチョウ雌黒化型

    ヒメウツギが咲く渓流沿いでウスバシロチョウ雌の黒化型を撮影した。この黒化型の形質は雌に出現し、雄には殆ど見られないそうだ。webで検索すると「完全黒化型」というものも出ていてそれは凄い。最初の写真は図鑑的に見せるために回転してトリミングもしている。2枚目は見つけた時の写真。その後、吸蜜しながら葉の下などに潜り込んでしまいなかなかよい位置での撮影ができなかった。ほぼ完全な開翅は頭が手前の4枚目...

  16. ウスバシロチョウ - 旅のかほり

    ウスバシロチョウ

    アオバセセリが好きなミツバウツギの花にはそのほかにも色々なチョウが吸蜜に訪れていました。白っぽい花が好きなウスバシロチョウ前翅の模様がなんだか目に思えてきます。5月10日

  17. ウスバシロチョウ - Mag's DiaryⅢ

    ウスバシロチョウ

    サンカヨウを見た帰り道、道路わきの休耕田でウスバシロが飛んでいた。地域の人に許可をいただいて田の中に入る。飛んでばかりで止まらない、いつものことだねえ。時々止まるのを待って。おや、2頭が絡まっているよ。結局恋は実らず。拒否ったチョウはずっとこの姿勢を保ち全く動かなかった。引き上げるときもまだいた。何をしていたのだろう。

  18. ウスバシロチョウ裏高尾を散策(続) - 蝶のいる風景blog

    ウスバシロチョウ裏高尾を散策(続)

    昨日、アオバセセリを探して裏高尾を散策した。5月になってから一番の快晴だったが、蝶の姿は意外と少なかった。つつじはちょっと盛りを過ぎていたが、例年だと黒いアゲハがひっきりなしに訪れるのだが、時折道を横切る黒いアゲハは見かけたがつつじに集まる姿はまったくなかった。たまたま昨日は少なかったのか、今年は少ないのかは分からなかった。ウスバシロチョウがふわふわと舞っていた。その中に黒いウスバシロチョウ...

  19. ウスバシロチョウ他GW 高知市にて - 超蝶

    ウスバシロチョウ他GW 高知市にて

    高知市のウスバシロチョウの生息地へ30数年ぶりに行って見ました。愛知県の新城市ほど多くありませんでしたが健在でした。その他のアゲハ蝶達です。アオスジアゲハナガサキアゲハモンキアゲハオナガアゲハとナガサキアゲハ♀

  20. 2019.5.2東京・高尾山麓ウスバシロチョウ2019.5.8 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.5.2東京・高尾山麓ウスバシロチョウ2019...

    2019.5.2今年はどうもチョウの発生が遅いようだ。前夜の天気予報は大きく外れ、曇り空。場所によっては雨のようだ。現地に着いてみると、青空が覗き始めた。第一目標はウスバシロチョウ。しかし、1頭が遠くに飛んでいるだけ。付近に花も少なく、さらに採集者。ということで林道を先に進んだが、ミツバウツギはまだ蕾。2つ目のミツバウツギもほとんど蕾。ちょうどクロアゲハが飛んできたが、いつもはいるオナガアゲ...

総件数:73 件

似ているタグ