ウズベキスタンのタグまとめ

ウズベキスタン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウズベキスタンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウズベキスタン」タグの記事(38)

  1. ウズベキスタン - 山登り系 KADHAL

    ウズベキスタン

    根っからの中央アジア・中東・トルコあたりの料理好きでして。なにかで見つけたこのレストランは、中野にある「ヴァタニム」というウズベキスタン料理の店。中野駅から商店街をぬけたあたりにある。もとお蕎麦屋さんだったみたいで、不思議空間になってます。名物のこのパン。もう見ただけで美味しそうなのがわかるけど、焼き立ての熱々で、もっちりと香ばしい。他にも、肉の串焼きとか、マトンのスープとかいろいろ食べたけ...

  2. 激走!シルクロード104日の旅(3)「中央アジアオアシス都市を巡る」再放送のお知らせ - ユーラシア大陸 お仕事日記

    激走!シルクロード104日の旅(3)「中央アジアオアシ...

    NHK BSプレミアムで再放送されている「激走!シルクロード104日の旅」、来週は中央アジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタンの3か国を旅します。=================激走!シルクロード104日の旅(3)「中央アジアオアシス都市を巡る」8月4日(火)17:00~17:59NHK BSプレミアムにて番組詳細はこちら=================Googleフォトが...

  3. "UZBEKISTAN" Белое полусухое вино("ウズベキスタン" セミドライ白ワイン) - ポンポコ研究所(アジアのお酒)

    "UZBEKISTAN" Бело...

    ウズベキスタンのワイン「"UZBEKISTAN" Белое полусухое вино("ウズベキスタン" セミドライ白ワイン)」ポンややフルーティーな香りを持つ白ワインポンマグロなんかの寿司に合わせたポンが、なかなか合ってたポン~銘柄:"UZBEKISTAN" Белое полусухое вино("ウズベキスタ...

  4. ウズベキスタン④(2019.5.6.Mon サマルカンド→大阪) - WHAT A WONDERFUL WORLD

    ウズベキスタン④(2019.5.6.Mon サマルカン...

    8:00 朝食昨日は飛び込みだったのでテラスで、今日は屋内で食事。古い建物をそのまま使っていて、ものすごく素敵だった。他の宿泊客は、みんな上品でおしゃれだった。年配の女性2人組(イギリス人だろうか)など、夢のような部屋着で朝食をとっている。10:30 出発しようとすると、スタッフから「君のドライバーが電話してきて、可能なら出発を早めたいそうだが?」と打診される。タシュケント空港までの車を...

  5. ウズベキスタン③(2019.5.5.Sun サマルカンド) - WHAT A WONDERFUL WORLD

    ウズベキスタン③(2019.5.5.Sun サマルカンド)

    6:00 寝苦しそうにしていたおじさんが、観念したのかすぐそばで起きて座りだしたので寝ていられなくなり渋々起きる。列車はちょうどどこかに停まっていたのでトイレに行こうとするが(トイレは車両の両端に2つ。男女兼用)全然開かないので、通りがかりの人に聞いてみると動き出したら開くとのこと。コンパートメントに戻ると、他の3人が起きて座っていた(1人は私のベッド)ので、再び4人で向かい合って座る。少...

  6. ウズベキスタン②(2019.5.4Sat  タシュケント→ヒヴァ→サマルカンド) - WHAT A WONDERFUL WORLD

    ウズベキスタン②(2019.5.4Sat タシュケン...

    1:30 アラームグズグズしているとあっという間に時間がたつ。めちゃくちゃ眠い。2:25 ドアがノックされる。さっきの女性が、タクシー来たよと呼びに来てくれた。ドライバーと値段交渉。2$と言ってみたが、5$で譲らないので5$。「ちょっと待って」と受付の女性が、滞在証明の紙をくれる。言われなければ、忘れていた。忘れそうだな、と思っていたけど、やっぱり忘れていた。10分ほどで、国内線空港へ。...

  7. ウズベキスタン①(2019.5.3.fri.  大阪→タシケント) - WHAT A WONDERFUL WORLD

    ウズベキスタン①(2019.5.3.fri. 大阪→...

    5.3(FRI) 大阪(KIX)10:50→ソウル(ICN)12:40 アシアナ航空OZ1115.3(FRI) ソウル(ICN)17:00→タシュケント(TAS)20:20 アシアナ航空OZ5735.6(MON) タシュケント(TAS)22:20→ソウル(ICN)08:55+1 アシアナ航空OZ5745.7(TUE) ソウル(ICN)14:05→大阪(KIX)15:50 OZ...

  8. 433. とんでもイスタンブール / アミール・ティムール博物館とウズベキスタン国立歴史博物館 - 世界の建物 awesome1000

    433. とんでもイスタンブール / アミール・ティム...

    『ティムール広場』を囲む1キロ四方ほどのエリアが首都タシケントの中心になる。緑地の間にぽつぽつ大きな建物があってスケールアウトした公園のように整然と遠い。【写真↑アミール・ティムール博物館】公共性の高いホテル、劇場、役所、図書館、大学そして博物館もある。青いドームの『チョルスー・バザール』から地下鉄を乗継いできた『アミール・ティムール博物館』もまた遊園地を想わせる青いドーム屋根だった。【写真...

  9. 432. 地下鉄でGO / チョルスー・バザールとタシケント地下鉄駅 - 世界の建物 awesome1000

    432. 地下鉄でGO / チョルスー・バザールとタシ...

    『ハズラティ・イマーム広場』から、青い大きなドームの『チョルスー・バザール』へ歩く。緑は多いが変化に乏しく人も少ない。20分ほどで青い屋根の先端が見えた。目指して来てみると静かすぎる?800メートルほど東にある『タシケント・サーカス』だった。まぎらわしいなぁ~タクシーにした方がよかったかも。通行人に聞き聞き、活気あふれるバザールに着いた。【写真↓チョルスー・バザール】シルクロードの交差点、タ...

  10. 431. まんぷく / ハズラティ・イマーム広場 - 世界の建物 awesome1000

    431. まんぷく / ハズラティ・イマーム広場

    ウズベキスタン旅行は4日間。大まかにいうとヒヴァ、ブハラ(泊)、サマルカンド(泊)を各一日。一人旅ならではの余裕をみない高密度な旅程を滞りなく実践して最後の都市タシケントに入った。首都タシケントはバンコクからの直行便(週3~4便)があるウズベキスタンの玄関で、サマルカンド方面への新幹線(一日3~4便)の起点でもある。どちらもびっくりするほど少ない。(それで最後に迷惑をこうむるのだが)乗換時...

  11. 430. 葬られた王妃 / ビビハニム廟とショブ・バザール - 世界の建物 awesome1000

    430. 葬られた王妃 / ビビハニム廟とショブ・バザール

    大物単体の名所が多いサマルカンドで『ビビハニム・モスク』の回りは充実している。【写真↑ビビハニム廟からビビハニムモスクを望む】幅が広く見通しの良い前面道路(タシケント通り)はグリーン・ベルトで分けられた3車線、いずれも歩道(中央を電動のミニ・バスがたまに走る)。土産物屋やカフェが多く、散策気分で何度も行き来した。【写真↓タシケント通り。左端ビビハニム・モスク、その横がショブ・バザールの門】道...

  12. 429. スキャンダル建築史 / ビビハニム・モスク - 世界の建物 awesome1000

    429. スキャンダル建築史 / ビビハニム・モスク

    勝手にサマルカンド4大遺跡を選定すると、『シャーヒズィンダ廟』、『レギスタン広場』、『グーリ・アミール廟』それに『ビビハニム・モスク』【写真↑ビビハニム・ホテルから】ビビハニム・モスクはティムール王のインド遠征中に王妃からの贈り物として計画された。世界最大のモスク建設工事は難渋を極める。王の凱旋にぎりぎり間に合ってモスクはできたが、竣工前に王妃と設計者もできちゃった。それが王にばれ二人とも処...

  13. ビザ免除でらくらくウズベキスタン1名様から催行のフリープラン【UZ】【TAS】【SKD】【BHK】【UGC】 - ■ JIC トピックス ■  ~ ロシア・旧ソ連の情報あれこれ ~

    ビザ免除でらくらくウズベキスタン1名様から催行のフリー...

    タシケントとサマルカンド ツアー 5日間のご案内です。日本各地、成田、関空、名古屋発ソウル乗り継ぎで中央アジアのウズベキスタンへ。首都タシケントと青い都サマルカンドの5日間の旅。タシケント~サマルカンドの移動では特急列車にも乗車します。5日間でサマルカンドをメインにご旅行していただけるプランをご用意しました!ブハラにも訪れる3都市6日間、さらにヒヴァで4都市たっぷり8日間のツアーもございます。

  14. 428. 表現青い / シャーヒズィンダ廟群 - 世界の建物 awesome1000

    428. 表現青い / シャーヒズィンダ廟群

    サマルカンド旧都があった『アフラシャブの丘』の南側に王族の墓所が、その一角に『レギスタン広場』に匹敵する建物『シャーヒズィンダ廟群』がある。広場は写真通り圧巻の、廟群は想像が及ばなかった空間の美があった。【写真↓廟群左側の墓所】入口は麓。三日目になっていささか見慣れた青いゲート(1435年、ウルグベク建立)をくぐると階段(『天国への階段』)、おばあちゃんがしんどそうに登っている。左側『コシ...

  15. 427. コペルニクスより早く / ウルグベク天文台 - 世界の建物 awesome1000

    427. コペルニクスより早く / ウルグベク天文台

    ウズベキスタン観光では、建国者ティムールに続いてウルグベク(ウルグ・ベク/1394-1449年)の名を聞く。『ウルグベク・マドラサ』はブハラ(1417年)とサマルカンド(1420年)にあってまぎらわしいが、いずれも素晴らしかった。ウルグベクはティムールの孫で、ティムール帝国第4代君主。40年近くにわたってサマルカンドを統治した。ティムールの死後、目まぐるしい大河ドラマさながらの戦国時代を切り...

  16. 426. 三方青い / レギスタン広場 - 世界の建物 awesome1000

    426. 三方青い / レギスタン広場

    ウズベキスタンを代表する『レギスタン広場』はサマルカンドにある。14世紀末から15世紀、ティムール朝の首都として栄えたサマルカンドは、シルクロードの中継点であり東西文明の交差路だった。中国の陶磁器とペルシャの青い染料が出会ってできた青いタイルがレギスタン広場の3つの建物を彩る。コの字形に並ぶ向かって左から『ウルグベク・マドラサ』、『ティラカリ・マドラサ』、『シェルドル・マドラサ』。写真で見...

  17. 425. なほあまりある昔 / グーリ・アミール廟 - 世界の建物 awesome1000

    425. なほあまりある昔 / グーリ・アミール廟

    14世紀ティムール(1370-1403年)は今のウズベキスタン辺りに大帝国を樹立した。その中心サマルカンドは京都にたとえられる。ブハラ(奈良)からウズベキスタン新幹線で1時間40分。5時半にサマルカンドに着くと、早速名所の一つ『グーリ・アミール廟』(アミール・ティムール廟)を目指す。サマルカンドで、ブハラ・ヒヴァ以上に壮麗な建物を見るのだが、その建物をつなぐ魅力的な街並みはなかった。頑張れば...

  18. 424. 池のほとりで / タキとラビハウズ - 世界の建物 awesome1000

    424. 池のほとりで / タキとラビハウズ

    ブハラは奈良にたとえられる。歩いていると古い建物が次々に現れ、散策路はときにドームに導かれた。中はひんやり涼しい。屋台を割って四方に道が伸びる。交差点に建っているから。それが『タキ』(丸屋根の意)と呼ばれる道路市場。【写真↑タキ・ザルガラン】人が集まる交差点に屋根をかけて店を作るのは驚くほどではないがブハラ固有のもの。(たぶん。ウズベキスタンの他の三都ではなかった)【写真↑タキ・テルパクフル...

  19. 423. 華やかな舞台の裏 / カラーン・モスク - 世界の建物 awesome1000

    423. 華やかな舞台の裏 / カラーン・モスク

    『アルク城』から東へ歩く。中世ブハラに迷い込んだよう街並みが始まった。土壁の大通りは両側にカラフルな香辛料などの市場が並び、青いドームが迫る。【写真↓】ワクワク感は『カラーン・モスク』と『ミル・アラブ・(メドレセ)』(1536年)の間にある小広場でピークを迎える。幾何学模様とアラビア文字をあしらった鮮やかな青い門が競うように向かい立ち、アイヴァーン(尖がりアーチの凹み)が招く。【写真↓カラー...

  20. 421. ある苦情 / バラハウズ・モスクとアルク城 - 世界の建物 awesome1000

    421. ある苦情 / バラハウズ・モスクとアルク城

    『サーマーニ公園』を出ると『バラハウズ』へ向かってゆるやかな坂を下った。さっき車で横を通ったからわかる。間口の広いモスク前は広場で、インドの貯水池のような池に水はわずか。(ハウズは水の意味)段々になった大庇を10×2本の高く細い柱が支え、柱頭飾りや軒天のカラフルな幾何学模様がイスラム建築美をさらっと見せる。【写真↓】金曜だったが人はほとんどいない。裸足になって入ると赤いじゅうたんの大部屋にム...

総件数:38 件

似ているタグ