ウラキンシジミのタグまとめ

ウラキンシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラキンシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラキンシジミ」タグの記事(27)

  1. 激減のウラキンと豊産のアイノ - 蝶超天国

    激減のウラキンと豊産のアイノ

    7月11日朝は5時半からウラキンシジミを探しましたが・・・・全く飛びません。しかし、2時間半粘ってついに綺麗な♀を見つけました。手を思いっきり伸ばして100mmマクロでライブビュー撮影・・・少しトリミングしてあります。小飛びして高い場所に移ったので300mm望遠の出番です。他には時々降りて来るミドリシジミだけでした。アイノミドリシジミのテリ張時間に間に合うように移動しました。到着すると沢山の...

  2. 自然公園Ⅱ - 飛騨山脈の自然

    自然公園Ⅱ

    木立の立った薄暗い所にコジャノメの姿があった。この地は暖かいせいか2化のツバメシジミの♀が見られた。キタキチョウも吸水にやって来た。テングチョウも参加してきた。ウラキンシジミが葉上で見られた。雨あがりの夕方あずまやの柱を舐めているルリタテハ。夕方のテリトリーを張る前のミヤマカラスシジミ。こちらは♂になる。

  3. ウラキンシジミの産卵行動など - 蝶超天国

    ウラキンシジミの産卵行動など

    6月26日つづき早朝のゼフを終えて・・・・次のポイントへ移動しました。ここでは最初にウラキンシジミが飛び出し・・・・枝の裏側にとまったのが確認できました。するとトネリコの木の枝をお尻を曲げながらゆっくりと歩いていました。その後もどんどん歩いていきます。枝の分岐部などの凹凸部まで行けば産卵しそうでしたが・・・・クモと出会ってしまったので・・・驚いて飛び去ってしまいました。近くのトネリコの幹を探...

  4. ウラキンシジミ6月20日 - 超蝶

    ウラキンシジミ6月20日

    日曜日の今日は、ラッキーな事に梅雨の中の晴れのお天気!!!迷わず中信のジョウザンミドリシジミ狙いで出掛けましたが・・・なんと、高原入り口で車両通行止め(´;ω;`)ジョウザンの口になっていたので途方に暮れつつ更に北上し、ゼフによく出会える公園に向かいました。8時30頃、現地に着くと、たくさんの撮影者が地面に向かって、シャッターを切ってました。小走りで近寄ってみると、ウラキンシジミ!!!その他...

  5. トネリコの木の上に(後編) - 不思議の森の迷い人

    トネリコの木の上に(後編)

    午後1時を回りました。Yさんと二人、チョウセンアカシジミ以外の蝶を探して林縁を歩きました。そしてやっと見つけたのはウラナミアカシジミでした。濃いオレンジに黒い縞模様がくっきり、新鮮な個体でした。それからしばらくは見つかるのはトンボとヒョウモンばかりでした。そろそろ引き返そうとしたときに現れたのはチョウセンアカシジミ?、ではないようです。木陰で暗かったのですが、よく見るとウラキンシジミでした。...

  6. ウラキンシジミ2021(2) - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ウラキンシジミ2021(2)

    撮影日2021年06月06日本日の主役の撮影は思い通りのシーンには出会えませんでした。やはりゼフィルスの撮影は簡単ではありませんね。8時過ぎには予定が終了したので帰り道にミドリシジミのポイントに立ち寄りました。ミドリシジミもウラキンシジミも姿が見えず、諦めて帰ろうとしましたが何気なく駐車スペースの上を見上げるとなんと新鮮なウラキンシジミがチョコンととまっていました。連日未明から出かけた疲れも...

  7. ウラキンシジミ2021 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ウラキンシジミ2021

    撮影日2021年06月01日、02日今週は仕事前に朝活してきました。前日に蝶友さんからウラキンシジミ発生との連絡いただいていたので迷うことなく出かけることができました。朝の吸水に降りてくる明るく新鮮な♂がターゲットです。初日 6月1日ポイントではたくさんのアカシジミが下草に降りてきました。また、3頭程ですがウラゴまで舞い降りてきます。主役のウラキンシジミは3頭確認。最初に吸水に降りてきた♂。...

  8. ウラキンはフライング??・・・早朝散歩 - 蝶超天国

    ウラキンはフライング??・・・早朝散歩

    7月5日早朝、いつものトネリコが多い雑木林にてウラキンシジミの発生確認に行きました。まだ発生していないのか・・と不安がよぎります。だいぶ経って・・やっと降りてきたのは、ピカピカな♂でしたが・・・・草の中に落ちてバタバタするので・・・撮影前に少し擦れてしまいました。なんとか草の上に這い上がって・・・近くの草に止まってくれたのが下の写真です。草の上から近くの木に飛びましたが・・・まだ翅が濡れたよ...

  9. ウラキンシジミ札幌ゼフの旅(終り) - 蝶のいる風景blog

    ウラキンシジミ札幌ゼフの旅(終り)

    蝶の生態はとても不可思議なところがある。同じ場所、似たような天気なのに今日と昨日はまったく違う。今日は6時前から道沿いの下草にゼフが次々と舞い降りて来た。気温もそんなに高くはないのに草の中に潜り込むものもいた。昨日はその前2日間が結構雨も降ったせいだろうか、こうした現象はまったく見られなかった。今日は前の日(昨日)の天気が雨もなく気温もかなり高かったことが原因なのだろうか。湿った道に降りて休...

  10. ミヤマカラスシジミの交尾 - 蝶超天国

    ミヤマカラスシジミの交尾

    6月28日(記事が前後してしまいました)この日の朝一は本格的な雨降りでしたが・・9時には止むと予想してミヤマカラスシジミの生息地に向かいました。到着と同時に雨が止みましたが・・・暫くはあまりチョウが飛びません。下に降りて来たのはミヤマカラスシジミの♀でした。♂は擦れが多く、カメラを向ける気になれません。仕方なく梢をかるく叩いてみると・・・交尾が降りてきました。なんとこの後も交尾がハラハラと・...

  11. 雨の高原でゼフに振られ - 風任せ自由人

    雨の高原でゼフに振られ

    もともとは先週末の予定だった高原に蝶友Kさんと出かけた。途中、雲の間から山頂付近が明るく見えていたので、ここは雨でも目指す高原は大丈夫だろうと思いながら、助手席で浮き浮きしていたが、ゼフを探索している間中ずっと雨だった。見つかったゼフはウスイロオナガシジミが1匹、ウラキンシジミが1匹、緑系のゼフ(恐らく全てジョウザンミドリシジミ)が数匹だけ。撮影できた・・・と言っても証拠程度、どちらも遠いし...

  12. 信州のゼフ - 自然を楽しむ

    信州のゼフ

    オオムラサキのポイントでは各種ゼフもみられるようなので、現地には早朝に到着。ちょうど知り合いの方もみえたので、ご一緒させていただくことにした。まずは雌雄のクロミドリシジミが見つかり、LEDライトを当てると開翅。♀は綺麗な個体だったものの、♂の方はスレており、開翅するとすぐに飛び去ってしまった。他にも、ウラキンとウラジロミドリの雌雄、ウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミなどを見つけていただい...

  13. ウラジロミドリシジミ他6月27日 - 超蝶

    ウラジロミドリシジミ他6月27日

    朝7時頃、中信の公園に到着すると多くの同好の方さま、カシワの木の上の方に向かってカメラを向けていました。仲間に入れて頂いて、ファインダーを覗くとなんとウラジロミドリシジミの♀初見初撮りです。続いてウラキンシジミも声をかけて頂きました。ウラナミアカシジミウラゴマダラシジミミヤマカラスシジミがワチャワチャでした。スジボソヤマキチョウお会い出来た方さま、ありがとうございました。

  14. ウラキンシジミ2020 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ウラキンシジミ2020

    撮影日2020年06月06日前日、ありがたいことに蝶友さんから当初行く予定のポイントの情報をいただき、お目当て未発生、しかも環境悪化で撮影困難との連絡をいただきました。そこで、予定を変更して自宅近くのウラキンシジミに会いに行きました。結果は大正解。蝶友さんに感謝です。ポイントではすぐに下草にとまる複数のアカシジミが見えました。しばらく座り込んで撮影していて、ふと後ろを振り返るとお目当てのウラ...

  15. トネリコの根元で卵探し - 蝶超天国

    トネリコの根元で卵探し

    1月19日大寒に入る前日ですが・・・当初の予定地は積雪となり・・・雪のない場所に変更しました。この日はトネリコの自生する林でウラキンシジミの越冬卵を探す事にしました。現地に到着すると・・・早速トネリコの根元を這いつくばって探しました。探し始めて暫くは大きな卵塊は見つかりませんでしたが・・・・なんとか4卵塊を見つけました。(3卵に見えますが裏にも1卵あります)この卵は・・・根元付近のこんな場所...

  16. 狙いを外しても・・・何とかリカバリー - 蝶超天国

    狙いを外しても・・・何とかリカバリー

    1月11日天気も良さそうなので久しぶりに信州に行きました。今回の狙いは・・・夏にメスアカのテリを見た場所で越冬卵を見つける事です。付近には良い感じのサクラはあるのですが、2時間探しても全く見つかりません。そこで狙いを変えてコナラを探してみるとウラミスジシジミの卵がありました。一見してジョウザンかと思いましたが、すぐ隣に2卵見つけて・・・ウラミスジだと分かりました。拡大すると長い突起の特徴が分...

  17. まさに鮮やかな「金」ウラキン♀など - 蝶超天国

    まさに鮮やかな「金」ウラキン♀など

    7月21日この日の朝は遅めの出勤でウラキンシジミの♀狙いです。2週間前に新鮮な♂がいたトネリコ林ですが、流石に♀でも遅いかもしれません。それらしき個体が降りてきた先を必死で探しますが、ロストばかり・・・・煤けた蛾のように見えたのは擦れた♀でした。やっとの思いでかなり新鮮な個体を見つけました。ウラキン♂は殆どおらず・・・奇妙な感じですが・・・2週間経っていることを考えるとこんなに新鮮な♀が居る...

  18. 雨の中でも諦めず - 蝶超天国

    雨の中でも諦めず

    7月7日この日は朝から小雨まじりで嫌な天気でした。取り敢えず、予定のウラキンシジミのポイントでトネリコ叩きからスタートしました。小雨の中でしたが、トウモロコシ畑の隅にちゃんと降りて来てくれました。縁毛が綺麗で新鮮そのものです。セロリ畑にも♂が降りてきました。畑周りの草むらにも・・・・しかし、まだ♂だけで♀は発生が遅れている様でした。続いてホシミスジが出ているというので・・・・大雨を掻いくぐり...

  19. 信州の高原Ⅱ - 飛騨山脈の自然

    信州の高原Ⅱ

    前日雨でまだ露の残る別の高原に行ってみた。梢をたたくと大量の雨露が降ってくる条件だったがアカシジミが降りてきた。尾状突起は2本あるが最盛期はとうに過ぎているので鮮度が悪いのは仕方ない。鮮度の良いミズイロオナガが開翅してくれた。前翅が少し欠けた個体も見られた。ウラキンシジミが突然ヒメジョンに飛来した。綺麗な♀個体だ。かなりくたびれた♂も見られた。メスグロヒョウモン♂が草むらから飛び立った。梅雨...

  20. 梅雨空の陸奥へ(弐) - 不思議の森の迷い人

    梅雨空の陸奥へ(弐)

    午後3時を過ぎた頃は、数多くのチョウセンアカシジミに出逢えたことの満足感に浸っていました。そんなときすぐ目の前の枝に、少し感じの違うシジミチョウが留まっているのを見つけました。翅の色が薄く、いやに模様がシンプルなチョウセンアカシジミには、尾状突起、しっぽが有りました。それが、ずっと逢いたかったウラキンシジミでした。意図しているのか、していないのか、シジミチョウは人に見つかると縦になってしまう...

総件数:27 件

似ているタグ