ウラギンシジミのタグまとめ

ウラギンシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラギンシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラギンシジミ」タグの記事(169)

  1. 初見初撮りの蛾2種、お馴染みの蝶2種 - 花と葉っぱ

    初見初撮りの蛾2種、お馴染みの蝶2種

    撮影:7月20日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)昼過ぎまで雨がしとしとと降っていた。今日も家に閉じこもり。昼過ぎから青空が見えてきたが、時折り思い出したように小雨が降った。明日は林や草原に出かけよう。晴れそうだが、台風の影響で風が少し強そうだ。モンクロベニコケガ(紋黒紅苔蛾)<初見初撮り>ヒトリガ科 コケガ亜科前翅は黄色で前縁から外縁にかけて薄い赤色で縁どられる。黒色の内横線と外横線があり...

  2. 低山の蝶 - 飛騨山脈の自然

    低山の蝶

    暑い日中ではあるが木陰でヒメウラナミジャノメが元気に飛んでいる。突然ルリタテハが近くの石に飛来した。綺麗なジャノメチョウも出てきてくれた。直射日光が強いのでウラギンシジミは草むらに逃げ込むように止まった。

  3. 照葉樹林の林道 - 飛騨山脈の自然

    照葉樹林の林道

    照葉樹の林道を歩いた。第1化の綺麗なルリタテハが地面で吸水していた。良く見ると黒っぽい塊があり、野生動物のフンのようなので吸汁になる。翅を閉じると周りに同化して姿が見えにくくなる。この状態が続けば鳥などの天敵から発見されるリスクは低くなると思われる。照葉樹林にふさわしいムラサキシジミ♀が開翅していた。ウラギンシジミもムラサキシジミと同じ環境に飛んできた。地元にアワブキは殆どないが、照葉樹林の...

  4. 女は爽やかブルー - いや、だから 姉ちゃん じゃなくて ネイチャー・・・ その2

    女は爽やかブルー

    裏翅は鮮やかな白銀表翅は雌雄で色が異なるウラギンシジミです昨日 UP したオレンジ色の♂と違いこのブルーの翅は♀です偶然目の前の葉っぱに着地してくれました一瞬でした

  5. ウラギンシジミとイケガケチョウとトンボ - なんでもブログ2

    ウラギンシジミとイケガケチョウとトンボ

    おはようございます。鳥ネタが尽きました。本日は鳥撮りの合間に撮った昆虫で更新です。ウラギンシジミでしょうか?!こちらはイケガケチョウ沢に居たからカワトンボの仲間かな?!本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

  6. 男は炎のオレンジ - いや、だから 姉ちゃん じゃなくて ネイチャー・・・ その2

    男は炎のオレンジ

    どう表現したらよいのかハイスピード かつ 迷走うぅ~んチョイと違うかそんな特徴的な飛び方のウラギンシジミ追いかけてみたら翅を広げてくれましたこれは ♂ です明日の ♀ に つづく

  7. ■シジミチョウ 3種21.6.17(ベニシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■シジミチョウ 3種21.6.17(ベニシジミ、ルリシ...

    曇り空から青空に、そして突然黒雲が湧いてザーっと雨が降ってきた。その後は。爽やかな風が吹く青空に。この爽やかな時間帯に、コロナワクチンの接種を受けに近くの集団接種場に出かけてきた。副反応が起きなければよいのだが。痒みは少しおさまってきたが、今日も散策はナシです。在庫写真の中から「シジミチョウ3種」を選びました。どれも羽化直かと思う新鮮個体でした。ベニシジミ21.6.11FUJIFILM X-...

  8. 里友さんとゼフィルス探し、ミドリシジミ(2021/06/02)比企丘陵 - 里山便り

    里友さんとゼフィルス探し、ミドリシジミ(2021...

    今回は「里山の案内人」 'Kj彡' とご一緒に、広範囲に渡り 'ゼフィルス' を探しました。.........☆ My Cup of Tea ☆..........初見、初撮りではないのですが、証拠撮りにもならずの中、何とか撮れたサイド・ビューです。-------------------------------------------------...

  9. 通行止めの道 - Mag's  DiaryⅣ

    通行止めの道

    知人が、豪雨で橋が落ちたままになっている道で、スミナガシを撮ったという。スミナガシ!会いたいねえ。6月7日、通行止めの看板が出ている道をゆっくり歩いてみたよ。クロセセリがいた。ウラギンシジミがいた。クロヒカゲがたくさんいた。スミナガシとの出会いはなかった。猪の通った跡がたくさん、早めに退散( `ー´)ノ

  10. 4/23その1ウラギンシジミ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ - ブログ和歌山の里山便り2

    4/23その1ウラギンシジミ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ

    所用があったのでお休みをいただき、所用を済ませた後、そろそろ出ているかもしれないミカドアゲハを求めて出かけてきました。結果は…タイトルからお判りですね(^^ゞ。まだ発生していないようでした。ウラギンシジミ高い樹に止まりテリ張り?をしていました。低いところに降りてこいと念を送ったのですが、それは叶わず。ミカドアゲハの代わりにときどき吸蜜に来ていたのは…アオスジアゲハ初見ではないけど、初撮りだっ...

  11. 地元の成虫越冬蝶たち - 公園昆虫記

    地元の成虫越冬蝶たち

    地元の公園では、ウラギンシジミ・ムラサキシジミ・ムラサキツバメ・キタキチョウ・キタテハ・ルリタテハ・アカタテハ・テングチョウ・クロコノマチョウなどがどこかで成虫越冬している。ウラギンシジミやムラサキツバメ・ムラサキシジミなど越冬している姿が見られるチョウもいれば、どこにいるのか確かめられないが、春になると動き出すのでそれと知れるチョウもいる。この冬は、いつもにも増して寒暖の差が激しく、かなり...

  12. ■越冬できた蝶たち21.3.13(キタキチョウ、ウラギンシジミ、ルリタテハ) - 舞岡公園の自然2

    ■越冬できた蝶たち21.3.13(キタキチョウ、ウラギ...

    夜半から降り続いた雨は3時頃に雷鳴轟く吹き降りになって夕方には収まった。明日は田んぼの「荒起こし」だが、びしょびしょだろうな。蝶が飛ぶ暖かな日に、キタテハ、テングチョウなどとともに無事に冬を越した蝶たちが飛び交っていた。キタキチョウ21.3.10FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO1000 1/3200,F8ウラギンシジミ〃〃ISO250 1/160,F8ルリタテハ3....

  13. 今日は啓蟄 - *la nature*

    今日は啓蟄

    いよいよ楽しみな季節がやって来ました!!今年はどんな昆虫、クモたちに会えるのかワクワクします^^・・・というわけで、久しぶりに虫特集~♪今年に入って出会ったものを集めてみました!1月13日児童遊園地この時期にカメムシ?と思いましたが、初めましてのミナミトゲヘリカメムシでした。クモとバッティング!何か起きるか!とドキドキしましたが、何も起こりませんでした(^-^;こども植物園ではとっても小さな...

  14. 見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近in2021.02.03~02.27見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼ越冬ウラギンシジミも終了間近in2021.0...

    鳥居ムラサキツバメが集団越冬しているEポイントでもウラギンシジミが越冬しています。日向ぼっこしている左側のムラサキツバメ雄↓を撮影している時に、偶然この越冬個体↓を見つけました。2月23日は雄個体だけでなくムラサキツバメ雌個体も舞い出しました。in2021.02.23見沼田んぼEポイント今日は残念ながらムラサキツバメが越冬ウラギンの傍に止まってくれませんでした(涙)。in2021.02.27...

  15. 青空にウメジロー - Magnolia lane 3

    青空にウメジロー

    紅白の梅にメジロが集まっていました🎶ジョウビタキ♀ヤマガライカルが綺麗な声で囀っていました🎶ミスミソウ(雪割草)が少し咲いていました✨ヒドリガモ争うカルガモまったりハシビロガモヨシガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロの姿がありませんでした・・・ヒキガエル(^^;)ウラギンシジミ♀も見つけました(*^-^*)いつもの散歩コース。すっかり春☀というか...

  16. ウラギンシジミ今日は鳥ばかりです - 蝶のいる風景blog

    ウラギンシジミ今日は鳥ばかりです

    山野博大さんの訃報が新聞に載っていた。舞踊評論の大御所のような方だった。長身、白髪でダンデイだった。慶応大学の学生の頃から評論活動を始め、地方のバレエ団の公演にまで出掛け公演評を書いていた。バレエ団の先生などを含めた俳句の会もやっていた。神楽坂の寿司屋で開かれた句会に出させて頂いたことがあるが、お酒、食事、座談の楽しい句会だった。84歳だった。昨日は妻と公園に梅を見に行った。紅梅、白梅に加え...

  17. 越冬ウラギンシジミのご神木ほかin2020.12~2021.01見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    越冬ウラギンシジミのご神木ほかin2020.12~20...

    今年度見沼田んぼの私が観察している場所では、1月10日以降越冬ムラサキツバメを見失い。越冬ムラサキシジミも塒の破壊、低温、降雪により1月30日現在確認出来ているのは1頭だけと激減しまいました。しかしながら越冬ウラギンシジミは、Cポイントにあるご神木の10頭を中心に14頭が越冬継続中です。in2021.01.24見沼田んぼCポイントご神木西面ご神木と勝手に言っている樹では、葉が縮れる病気になっ...

  18. 小畔川便り(ウラギンシジミ消滅:2021/1/8-28) - 小畔川日記

    小畔川便り(ウラギンシジミ消滅:2021/1/8-28)

    1月7日にモンキチョウの撮影から帰って、買い物のついでに公園に見に行った時には、3頭並んでいた最後の1頭(B)と翅のかけた I がいなくなっていた。8日は公園の様子を見た後、川原に行ってモンキチョウを撮影したけど、ウラギンについて見てみると、8日の時点で生き残っていたのは、A 個体。B,C,D,E,F個体はいなくなって G 個体。H 個体の3頭になった。こちらは I 個体のいたあたり。場所が...

  19. 越冬する昆虫たち - *la nature*

    越冬する昆虫たち

    しばらく鳥さん記事が続いたので、ここでちょっとティーブレイク☕それは1月2日の事、鳥さんを探して上を見上げたら葉っぱの裏側に白い物体を発見!ファインダーを覗いたら、ウラギンシジミではないですか!!葉っぱの裏側とは言え、この白さは目立ちますね^^7日に再び様子を見に行くとまだ同じ場所にいました。ムラサキツバメのように大きな集団では越冬せず、こうしてひっそりと寒さに耐えているんですね。昨年12月...

  20. 小畔川便り(ウラギンシジミの越冬:2021/1/1-6) - 小畔川日記

    小畔川便り(ウラギンシジミの越冬:2021/1/1-6)

    2021年の1月1日、晴れだけど朝の最低気温は―5℃、出窓のサッシについた水滴が凍っていた。いつものように近くの神社に初詣。ここは小さな神社なのでほとんど人に会わずにお参りできる。その後散歩がてら公園まで歩く。31日にいなくなってしまったムラサキツバメの越冬集団はこの朝も何もいない。ここでの観察はウラギンシジミになってしまったので、まず確認できる個体を見て回ってとりあえず記号を付ける。ban...

総件数:169 件

似ているタグ