ウラギンシジミのタグまとめ

ウラギンシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラギンシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラギンシジミ」タグの記事(23)

  1. そろそろ越冬開始?ウラギンシジミ+α in2017.11.11①+α - ヒメオオの寄り道

    そろそろ越冬開始?ウラギンシジミ+α in2017.1...

    そろそろ越冬蝶たちが塒探しをするのでは?と「見沼田んぼ」を電動アシスト自転車で探索してみました。              in2017.11.11見沼田んぼ東京都郊外の里山で見つけてもらった角のような突起を持つこの蟲は全体像はこんな感じで小さな黒っぽい顔が、突起と反対側にある「ウラギンシジミ」幼虫です。              in2017.09.02東京都郊外の里山昨日、見沼田んぼを歩...

  2. 近場の越冬場所定期観察 ホソミオツネントンボが越冬する林と自然公園内越冬トンボ集合場所再訪問 - オヤヂのご近所仲間日記

    近場の越冬場所定期観察 ホソミオツネントンボが越冬する...

    ■早朝、まだ早いと思いつつホソミオツネントンボの越冬場所探索今日は早朝から暖かく、7時過ぎで20℃近く。今月終わり頃から来月上旬がホソミオツネントンボが現れる時期ですが、ひょっとしたら既に越冬場所に到着している可能性もあり、念のため探索。結果は前回同様、まだ下草は緑が濃く、木の枝先には全く止まる姿は無し。近くの林にはウラギンシジミが2頭、仲良く並んで休息中。●ウラギンシジミ(Photohit...

  3. 小畔川便り(そろそろ冬支度?:2017/11/2,3,5) - 小畔川日記

    小畔川便り(そろそろ冬支度?:2017/11/2,3,5)

    11月2日は朝から晴れて気温も20℃を超えた。けれども蝶はほとんど出てこなくて、ドングリのあるカシの木の上を飛ぶだけ。もう一か所の方に行くと、ムラサキシジミが日光浴をしていた。ニコン1V3 1ニッコール70-300こちらの場所は11時過ぎから日が当たるので、その関係だろうか。ムラサキツバメが1頭ドングリの下の葉で静止している。ニコンD500 シグマアポマクロ150もしかしたらこの辺りで越冬態...

  4. ☆ ウラギンシジミ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ ウラギンシジミ ☆

     暖かい日が続きました。でも、11月・・・。公園の紅葉も進んでいます。 少しですが、パンパスグラスが日差しに輝いていました。 陽だまりでは、ホトトギスも咲いていました。 ハマボウの紅葉です、種も出来ていますね。 桜の紅葉も美しい。 カクレミノの実も、色づき始めています。 木々の間を、ウラギンシジミが何頭も飛び廻っていました。♀です。 ツチイナゴと・・・。 ♂は1頭だけ写せましたが、少し傷んで...

  5. ムラサキシジミ - 風の翅

    ムラサキシジミ

    蝶の姿もまばらになってきた11月照葉樹林の中の広場の日だまりのツバキの葉に美しいメタリックブルーの翅を広げるムラサキシジミの姿が見られる季節になったムラサキツバメやウラギンシジミもこの場所で同時期に見られる忙しい11月の空き時間をつくり蝶を撮影するひとときはとてもよい気分転換だ▲ムラサキシジミ▲ムラサキツバメ▲ウラギンシジミ

  6. 小畔川便り(台風の後で:2017/10/30.31、11/1) - 小畔川日記

    小畔川便り(台風の後で:2017/10/30.31、1...

    10月30日は2週連続の台風22号が通り過ぎて、冷たい北風が吹いて木枯らし1号になった。外はひゅうひゅう風が吹いていて、窓から見る川原もススキが大きく揺れてなにも蝶の姿はない。どうしようかと思ったけど、台風一過の真っ青な空を見ると落ち着かずに、こんな時の様子を見ておくのも大事かなと思って出かける。レンズも今までのニコン70-200に変えて、シグマアポマクロ150に変えてみた。今年はドングリが...

  7. 11月のチョウ - Mag's DiaryⅢ

    11月のチョウ

    そろそろ鳥撮りに切り替えだと、400mmレンズを持って川土手を歩く。カワウやマガモ、ヒドリガモがいたが、撮らずに歩く。おっ、チョウがいる、400mmレンズではどう撮れるだろう。橙色と色黄と緑色黄色と白チョウを撮るにはやっぱり100mmマクロだなぁ。。。

  8. 2017.10.27 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2017.11.2 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.10.27 東京・白金の森 ムラサキシジミ ...

    2017.10.27晴天2日目。港区にある自然教育園にムラサキツバメを探しに行く。例年、10月中旬がここではシーズンであるが、天気が悪く行く機会がなかった。9時過ぎにポイントに着くが、周りの木立が高くなったなったせいか道路にまだ日が射していない。湿地に行ってみると、ルリシジミ♀が1頭だけ弱々しく飛んでいた。そろそろ日が射し始める時間と、ポイントに戻るもののムラサキの類はなかなかやって来ない。...

  9. 手乗りウラギンシジミ Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    手乗りウラギンシジミ Byヒナ

    9月下旬、彼岸花に集うアゲハを撮りに行った際、ウラギンシジミが手乗り状態に。最初はジーンズに口吻を伸ばします。舐めがいが無かったのか、指に移動。ここは気に入ったようで中々離れません。これだけならありがちな事ですが、翌日同じフィールドに向かうと・・・またウラギンシジミがやってきました。良く見ると翅の破れ具合から昨日の子と同じだと分かりました。これだけ懐かれると情が移ります。家に帰ってくると愛犬...

  10. 2017.10.18 東京・白金の森 (1) ルリタテハ   2107.10.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.10.18 東京・白金の森 (1) ルリタテ...

    2017.10.18季節はずれの秋雨前線で雨の日ばかりでテニスもできずひきこもり生活が続いていたが、午前中だけは晴れるという。9月から延び延びになっている所へ遠出することも考えたが8月に撮っているので、結局は雨上がりで期待はできないが近場のムラサキツバメを見に行くことにした。空は晴れ上がっていても気温は低いのでムラツ日和だけれど路上は乾いておらず、これではムラツは出て来ないとすぐ諦め池の畔に...

  11. 今年も我が家に飛来ウラナミシジミ他 in2017.08~10 - ヒメオオの寄り道

    今年も我が家に飛来ウラナミシジミ他 in2017.08~10

               in2017.09.24埼玉県さいたま市自宅           in2017.09.24埼玉県さいたま市見沼田んぼ秋で最も色鮮やかなシジミチョウは「ベニシジミ」でしょう。黒ぽい夏型中心ですが朱色が綺麗ですね!表翅の綺麗なシジミチョウは「ヤマトシジミ」低温期型雌でしょう。ヤマトシジミ雄は新鮮な個体が多くあちらこちらで縄張り争いが散見されました。           in...

  12. 17年秋モデル登場 - 不思議の森の迷い人

    17年秋モデル登場

     一週間前の日曜日、陽射しはあまりないのですが、気温は25℃を越えました。ウラナミシジミの開翅を狙うには丁度良い条件だと思い、午後からいつもの里山へと向かいました。まず出迎えてくれたのはベニシジミです。このベニシジミ、オレンジの紋がとてもよく目立ち、10m手前からその存在に気づくほどでした。 こちらのベニシジミは葉の上で全開翅しています。きっとウラナミシジミもブルーを見せてくれると期待が膨ら...

  13. オシャレは裏にあり - 夜つぐみの鳴くところで

    オシャレは裏にあり

    オシャレのポイントはさりげない裏地ですね。そこへいくと子この子はとってもオシャレです。まあいつでも見えてますけど (^o^)丿ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶)です。シジミとは思えないサイズで十分アサリ以上です。翅の裏が銀白色に輝くことが和名の由来ですね。この子は♂で翅表は茶色地にオレンジ色を配しています。♀はオレンジの部分が白色か淡い水色です。さりげないオシャレな装いが素敵ですね。

  14. ウラギンシジミ 交尾と卵 - 90% Papillon -蝶の写真を撮っています-

    ウラギンシジミ 交尾と卵

    クズが両側にびっしりな小径を歩いているとウラギンシジミがパラパラと飛び出した。すぐ近くに着地。カップルだった。ウラギンシジミのカップルは初見。嬉しくてこっち側から、あっち側から、たくさん撮影。途中clossianaさんの「始祖鳥がいるけど〜」みたいな戯言が聞こえたけれど無視。あのお方はどうしてウラギンシジミを撮らないのだろうという疑問を持ちながらも始祖鳥のそばに行くと唖然。確かに始祖鳥に見え...

  15. コンクリから、何吸ってるのかなぁ?? - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    コンクリから、何吸ってるのかなぁ??

    水辺のすぐ脇ですが、水があるようには見えなかった、、、けど、何を吸っているのかなぁ。。ウラギンシジミさん。近寄るチャンスがあったので、近寄ってみましたら、苔の生えている辺りから給水中かな?羽もボロボロですね。この子は越冬するのかな、どうでしょう。ウラギンシジミさんは、脚の部分が面白いですね。私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!

  16. ウラナミシジミとウラギンシジミ - 蝶超天国

    ウラナミシジミとウラギンシジミ

    9月24日朝晩は多少涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が続いています。疲れが溜まっていたので遠出は諦めて地元の河原に様子を見に行きました。クズの蔓が一面に広がった場所では、ウラナミシジミが多く見られる時期になりました。歩いていると・・・運よく交尾を見つける事が出来ました。クズの葉をあちらこちらと点々と飛びまわり落ち着きません。センダングサの花の上にも止まりますが、クルクル回って落ち着か...

  17. ウラギンシジミ その2 - 自然がいっぱい3

    ウラギンシジミ その2

    ウラギンシジミ、アスファルトの上にとまっていました。Wiki先生によると、ウラギンシジミの幼虫の食草はクズやフジなどの豆科の植物なんだそうです。前回、クズの葉にとまっているウラギンシジミを紹介しましたが、幼虫が食草にしているため、成虫も集まってくるようです。そして、もうひとつ。成虫は、花、樹液、腐果、打ち水など何にでも集まってくるそうです。この子が、アスファルト上にいたのもそのせいなんですが...

  18. ウラギンシジミ その1 - 自然がいっぱい3

    ウラギンシジミ その1

      (CANON EOS5DⅣ+EF100mmF2.8Lマクロ)ウラギンシジミ、閉じた翅が真っ白のシジミチョウです。なぜか、この子はクズの葉にばかりとまっていました。しかも、低いところにばかりとまるから、思い切り寝転がって撮影です。こういうとき、P900は楽なんですけどね。5DⅣも、モニターがバリアングルだといいんだけど・・・。で、この子は翅の裏側が真っ白なので、それを銀色になぞらえて、...

  19. ■■ ぶどうの香りに包まれて♪ ~2~ ■■ - Sippo☆のネイチャー探索記 2

    ■■ ぶどうの香りに包まれて♪ ~2~ ■■

    私、ツノがある方が頭だと思って撮影してました・・・が!!!なんと、頭は反対側でしたツノのように見える部分ここが この幼虫さんのチャームポイントでしてびっくりすると、ここから火花のようなものが出てくるんですって!!実は、これを見たくて 探し続けていたとも言えるのですが^^;見つけたからには、やってみました。はい、脅かして・・・ツンツンって(幼虫さん ごめんね)でも、残念ながら、花火は見れません...

  20. アカボシゴマダラ      アンデルセン公園の蝶 - 蝶のいる風景blog

    アカボシゴマダラ アンデルセン公園の蝶

    地元のアンデルセン公園に行って来た。国内のテーマパークランキングで第3位と人気の公園だ。園内はいつも新しい花が植栽されとても美しい。最近は外国人の観光客も増えている。65歳以上は無料というのもうれしい。ちょうどヒガンバナが咲き始めで、そこで待っているとナガサキアゲハがやって来た。アカボシゴマダラもあちこちで見られた。船橋では4、5年目に侵入が始まっているが、あっという間に定着したようだ。秋の...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ