ウラギンヒョウモンのタグまとめ

ウラギンヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラギンヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラギンヒョウモン」タグの記事(78)

  1. 第15弾、お山の今時のヒョウモン類、やっと出会えたミドリヒョウモン(2021/08/Late)③ - 里山便り

    第15弾、お山の今時のヒョウモン類、やっと出会えたミト...

    今期何処に行っても少なかった?見られなかった?見られるようになってきたら、痛みが激しく撮影対象にしなかった。一山も二山も越えたこの場所には何と、そのヒョウモン類が群れていた。時期的には決して適期とは言えなかったが、本命撮りの間に、原型をとどめていた個体にカメラを向けた。メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)★★☆☆☆The Sagana Fritillary [Damora sagana or A...

  2. スキー場 - 飛騨山脈の自然

    スキー場

    スキー場は草原性チョウにとって好環境の場所になっている。近年スキー客の減少・雪不足などで経営悪化して閉鎖するところも多くなている。この地も存続するか閉鎖するかで議論されている所だ。オカトラノオで吸蜜中のヘリグロチャバネがいた。次にヒメジョオンで吸蜜した。ススキの葉上で開翅した同じ個体。思いがけずキマダラセセリが見られた。綺麗なウラギンヒョウモンが吸蜜していた。サトとヤマに分かれたがサトウラギ...

  3. ヤマウラギンヒョウモン?他8月8日 - 超蝶

    ヤマウラギンヒョウモン?他8月8日

    日曜日に出会えたその他の蝶達です。極美なウラギンヒョウモンフィールドガイドでは、ヤマとサトに分かれていますがさて、どっちでしょうか???クジャクチョウシータテハオオミスジコミスジアカセセリオオチャバネセセリキアゲハモンキチョウジャノメチョウ♀暑かったなぁ・・・また来年!!!

  4. 続・県境の花咲く高原で - 不思議の森の迷い人

    続・県境の花咲く高原で

    同じ場所、高原の群馬県側で出逢った、ミヤマシロチョウ以外の蝶たちをご紹介します。まずはゴイシシジミ、NAGUさんからゴイシシジミが多いと伺っていたのですが、見つかったのはこの一頭だけでした。ヒョウモンといえばやはりアザミでしょう。見つけたのはほとんどがウラギンヒョウモンでした。これは帰り道で撮ったウラギンヒョウモンです。昼頃には、より陽射しが力強く感じます。また、ウラギンヒョウモンと思ったの...

  5. 7月2日の三瓶山③ - 清治の花便り

    7月2日の三瓶山③

    7月2日男三瓶山頂1,126m山頂に二頭縺れる揚羽蝶歩地爺ウラギンヒョウモン男三瓶に蝶集くやお花畑歩地爺ナツアカネ山頂はガスで真白夏茜歩地爺アシブトハナアブ?踏み込まず足元に虻登山靴歩地爺下山ホツツジの蕾倒木に芥のやうなる梅雨茸歩地爺ツルアリドウシアクシバの蕾と花イチヤクソウウリノキ往きとは別花トリアシショウマ時鳥声聞き開く杜鵑草歩地爺ヤマボクチの蕾オオカニコウモリの蕾コバノハナイチゴホタル...

  6.  高原撮影第2弾、ヒヨウモン類と遭遇(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第2弾、ヒヨウモン類と遭遇(2021/07/...

    'ヒメシジミ' ばかりでなく、気温が上がってきたら、'ヒョウモン達' が数多く出てきた。まだ慣れていない 'OM-D' でテスト撮り。今期高原での初見の '蝶達' を怖がらずに撮影してみました。.........☆ My Cup of Tea ☆.......個人的にいい感じで撮れたと思っています。吸蜜に時間を...

  7. ウラギンヒョウモン交尾ペア他 - 風任せ自由人

    ウラギンヒョウモン交尾ペア他

    Kさんと2番目に向かったゼフポイントでは、種名不明のゼフが1匹飛んだだけだった。その周辺の木立の中ではウラジャノメも期待できるので、少し探してみようということになったが、ウラジャノメは見つからなかった。今年の山間部はどうも季節の進みが遅れているようだ。そこで見つけて一番熱心に撮影したのはウラギンヒョウモンの交尾ペアだった。ウラギンヒョウモンの交尾ペアを撮影した場所、最初に探索してハヤシミドリ...

  8. 低山の登山道 - 飛騨山脈の自然

    低山の登山道

    最高峰が900mに達しない低山に行ってきた。飛騨山脈を歩いているものにとって水場は必ずあるものと思っているが、この地に詳しい人によれば低山なので水場はないと言う。近年谷川の水を飲むのはいろんな理由で止めているが、顔を洗ったり涼を取るのに利用している。水場がないのを経験するの初めてだが、ピークを目指す山行きでないので構わない。登山道でササユリが優しく迎えてくれた。道端のアザミにカラスアゲハの♀...

  9. 初夏のチョウ - 野鳥がいるから

    初夏のチョウ

    高原のチョウを探しに行ってきました本格的な夏のチョウの時期ではありませんが他に当てもないので様子見です好天ではありましたがチョウの姿は少なめでした道沿いにはアサマイチモンジがちらほら見られましたそろそろ終わりのギンイチモンジセセリは数匹見られましたこの時期はよく花にとまりますヒョウモン類はウラギンヒョウモンだけでしたヒメシジミはまだやや早いのかあまり居ませんでしたが、交尾がじっくり見られました

  10. トネリコの木の上に(前編) - 不思議の森の迷い人

    トネリコの木の上に(前編)

    チョウセンアカシジミを見に行くのも今年で三年目になりました。今年は新鮮な個体を見たいと思い、少し早めの日程を選びました。雲は多いものの陽射しは十分な朝です。Yさんと二人で始発の電車に乗り、午前9時に目的地に着きました。まずトネリコを見上げるとチョウセンアカシジミは直ぐに見つかりました。念願の新鮮な個体に逢うことができました。近くの低木を捜すと、チョウセンアカシジミはそこここにポツンと留まって...

  11. 2021年5/22その6オオルリシジミ、ウラギンヒョウモン、ミヤマシジミ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/22その6オオルリシジミ、ウラギンヒョウ...

    保護されているオオルリシジミを見るために移動しました。少し前から発生していたようで、傷んだものもいましたが、新鮮なものもたくさん飛んでいました。オオルリシジミ曇りがちのお天気が幸いしたのか、本当によく開翅してくれました。翅裏を撮るのが難しかったくらいで、嬉しい悲鳴でした。そこに現れたオレンジのヒョウモン。ウラギンヒョウモンツマグロヒョウモンでなくて良かったです(笑)。さらに移動してミヤマシジ...

  12. オオルリシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    オオルリシジミ

    2021年5月29日(土),晴れ時々曇り.前日のクモツキの余韻が残る中,欲張って♀をもう少し撮りたかったのとできれば交尾も撮りたかったので二日目も行こうとしたところ,前日の夜から当日の早朝まで雨が降っていて,山の方を見ると厚い雲がどんよりと覆っていたためクモツキは諦めた.巷ではクモツキを撮影後にオオルリシジミを撮影しているブログがあるので,自分もオオルリシジミの公園へ出かけた.この公園では放...

  13. 高原にも夏の訪れ、元気に飛び回るヒョウモン類(2021/05/mid)外秩父山地 - 里山便り

    高原にも夏の訪れ、元気に飛び回るヒョウモン類(2021...

    'スミナガシ' 、 '黒系アゲハ' を狙っている最中にも既に出現していたが、思いついた時にカメラを向けても全く撮影は叶わなかった。今回は狙ってみました。.........☆ My Cup of Tea ☆.......平地でも発生する 'ヒョウモン' ですが、大好きな一種です。例年の平地の撮影場所が、「COVID-19」 の影響...

  14. 念願だったご対面!! - *la nature 2*

    念願だったご対面!!

    その存在を知ってからずっと会いたいと願っていた憧れのキバネツノトンボに会えました~~!!各地で激減している貴重な昆虫です。クリクリお目目の可愛い事♥そしてもう1つの嬉しい出会いは、これも是非会いたいと願っていた蛾界のオカメインコ!頬紅を付けたようなベニモンアオリンガです*思っていたよりかなり小さくて、ググっと寄らないとこの模様は気が付きません。インパクト大だったのはオスグロトモエ(たぶん・・...

  15. 4連休3日目 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    4連休3日目

    期待していたほどにお天気は良くなかったけど、孫娘達と近くの牧場に昼食持参で出かけた。この連休の人出は驚くほどに多いですが、広大な牧場なので蜜は避けられます。浅間山は雲の中で見られなかった。秋の浅間高原は驚くほどに蝶影が濃かった。ここへ来ればまだ退屈せずに多くの蝶に出会える。

  16. 蝶と花シリーズ(その3)…ウラギンヒョウモン、イチモンジチョウ他 - 上州自然散策3

    蝶と花シリーズ(その3)…ウラギンヒョウモン、イチモン...

    今回色々な蝶に出会えたが、名前が定かでない。間違いがあるのかも知れない。 ①ウラギンヒョウモン?とオミナエシ ②イチモンジチョウとマツムシソウ ③アカタテハとキセワタ ④イチモンジセセリとマツムシソウ ⑤ミヤマチャバネセセリ?とオミナエシ

  17. 大発生のミドリヒョウモン - 蝶超天国

    大発生のミドリヒョウモン

    8月1日つづき今年は何年かぶりにヒョウモン類が多い年のようです。高原のヒヨドリバナやアザミなどの花には沢山集まっていました。圧倒的に多いのはミドリヒョウモンでした。ひとつの花に4,5頭ずつ・・・どれだけいるのでしょうか。朝一には、こんな感じに沢山群れて静止していました。♂♀が同時に見られるのも普通です。ミドリヒョウモン以外にいろいろいました。メスグロヒョウモンがミドリヒョウモンに混ざっていま...

  18. 高原の蝶 - 飛騨山脈の自然

    高原の蝶

    高原のチョウと言えばヒョウモンモン類が代表格だが、コヒョウモンは高原よりは渓谷沿いがふさわしい場所になる。ボロの♀がさまよってきたものと思われる。ヘリグロチャバネは最盛期をとうに過ぎているが、まだあまりひどくない個体もいた。発生末期の個体ばかり目立ったが、これは多分今日羽化したと思われる新鮮なオオウラギンスジヒョウモンを見つけた。ウラギンヒョウモンが近年ヤマとサトに分かれたが、前翅が後翅の中...

  19. レッスン再開~ - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    レッスン再開~

    今日からレッスンが再開。発表会後だから、ゆるーくはじめてます(^^ゞまぁでも、発表会というひとつの目標を達成した直後の生徒の皆さん、新しい曲選びが楽しいようで。せんせーも嬉しいぞ~これからも練習がんばろう。練習は裏切らないから。裏切らない・・・裏切らない・・・裏切んない・・・ウラギンヒョウモン。。。。。。・・・旭川の夏は暑いので、これくらいでちょうど良いよね?(逃)

  20. 高原撮影第6弾、中型ヒウモン狙い(2020/07/22)群馬遠征①_2 - 里山便り

    高原撮影第6弾、中型ヒウモン狙い(2020/07/22...

    同じグループのネット・マン達に、2度も3度も遭遇するとテンションが下がってしまう。楽しみ方色々採集は否定しませんが、せめて,,,,, せめて,,,,, 今日でなくとも,,,,,何で今日なの?隊長の一言「全部持っていくなヨ!」に何も言わずに立ち去って行った。このエリアは採取禁止ではなかったのでしょうか?..........POTD.........今期初見、初撮りの 'ウラギン...

総件数:78 件

似ているタグ