ウラジロミドリシジミのタグまとめ

ウラジロミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラジロミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラジロミドリシジミ」タグの記事(25)

  1. ウラジロミドリシジミ他 - 風任せ自由人

    ウラジロミドリシジミ他

    Kさんと再び標高のやや高いゼフポイントを巡った。前回ハヤシミドリシジミ雄を撮影した場所ではウラジロミドリシジミが多数確認でき、降りてきたハヤシミドリシジミは雌だけだった。1匹だけだが、緑色に輝く翅を披露してくれたゼフがいて、現地では種類を確定できなかったが、山地性のミドリシジミだった。その後巡ったポイントでは雨に祟られ、撮影できたのはウスイロオナガシジミだけだった。残念だったのは目撃だけに終...

  2. ゼフとヒョウモン - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ゼフとヒョウモン

    2021年7月10日(土),雨のち晴れ.山は朝の内雨が降っていたが,1時間ほどすると雨は上がり晴れてきた.綺麗なオオミドリシジミがどこからか飛んできて目の前に止まった.幸先良いスタートだったのだが.オオミドリシジミ♂はスレていたが数は多かった.目的のウラジロミドリシジミだったが♂の開翅は見れず.ウラジロミドリシジミ♀を撮影していたらサシガメがやって来て襲い掛かった.アカシジミウラナミアカシジ...

  3. ウラジロミドリシジミ - Mag's  DiaryⅣ

    ウラジロミドリシジミ

    今回の目標は、ウラジロミドリシジミ。そこそこの数を確認でき、オスらしき個体もいたのだけれど、ほとんどがメスだった。オスの青い表翅を撮りたかった(*´з`)1頭、頼まなくても翅を広げてくれたょ!(^^)!

  4. 2021年6/5ウラジロミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、ウラナミジャノメ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年6/5ウラジロミドリシジミ、ミズイロオナガシ...

    この日は蝶友さんたちと一緒にウラジロミドリ観察会となりました。ポイントに着いてほんの数叩きで早速登場。これは幸先が良い!ウラジロミドリシジミ♂雨上がりで曇ってもいたので開翅は無理がと諦めていたら、蝶友さんの裏技で開翅。ウラジロミドリの開翅をこんなに近くで見るのは初めてなので大興奮です。ウラジロミドリは青いだけかと思っていたんですが、光りの加減で緑色も見えたのには驚きました。それからもけっこう...

  5. ウラジロミドリシジミ - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ウラジロミドリシジミ

    撮影日2021年06月05日、06日久しぶりにナラガシワ系のゼフィルスに会いに行きました。主役ではありませんが、脇役のこの子たちがたっぷりと美しい姿を披露してくれました。

  6. 令和3年芒種蟷螂生その1 - 紀州里山の蝶たち

    令和3年芒種蟷螂生その1

    皆さん、こんにちはー。大和路のゼフ撮影会を開催しました。産地名に相応しく、奈良ガシワからヒラヒラと羽化直後のウラジロミドリシジミが登場してくれました。撮影会に参加いただいた蝶友の皆さん、早朝からお疲れさまでした。次回もよろしくお願いします。

  7. 6/6ウラジロミドリシジミ、アカシジミ、ヒメジャノメ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    6/6ウラジロミドリシジミ、アカシジミ、ヒメジャノメ他

    この日、蝶友さんにご案内いただき、プチ遠征。目的はウラジロミドリシジミ。地元では見られませんからねぇ…。ポイントに到着し、ナラガシワの梢を叩き棒でペシペシすると。飛び出しました!ウラジロミドリシジミ♂ちょっと遠かったけど、念願だった開翅シーンも見ることができました。ただ、残炎だったのは鮮度がイマイチだったこと。こればかりはしょうがないですが、またリベンジしたいですね。少し場所を替えると、新鮮...

  8. カバイロシジミ札幌ゼフの旅(その1) - 蝶のいる風景blog

    カバイロシジミ札幌ゼフの旅(その1)

    地球が壊れてしまったのではないかと考えることがある。毎年繰り返される未曾有の大水害。古い昔からの美しい日本の街並みが次々と豪雨に呑まれて消えて行く。コロナも心配だ。都知事はなぜもっと矢継ぎ早に手をうてないのか。もどかしい限りだ。そんな最中、札幌に行って来た。6月は沖縄旅行をキャンセルした。今回も直前になって感染者が急増し、行くかどうか迷ったが、悩んだ末に出掛けた。飛行機は一時の自粛時とは打っ...

  9. 信州のゼフ - 自然を楽しむ

    信州のゼフ

    オオムラサキのポイントでは各種ゼフもみられるようなので、現地には早朝に到着。ちょうど知り合いの方もみえたので、ご一緒させていただくことにした。まずは雌雄のクロミドリシジミが見つかり、LEDライトを当てると開翅。♀は綺麗な個体だったものの、♂の方はスレており、開翅するとすぐに飛び去ってしまった。他にも、ウラキンとウラジロミドリの雌雄、ウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミなどを見つけていただい...

  10. ウラジロミドリシジミ他6月27日 - 超蝶

    ウラジロミドリシジミ他6月27日

    朝7時頃、中信の公園に到着すると多くの同好の方さま、カシワの木の上の方に向かってカメラを向けていました。仲間に入れて頂いて、ファインダーを覗くとなんとウラジロミドリシジミの♀初見初撮りです。続いてウラキンシジミも声をかけて頂きました。ウラナミアカシジミウラゴマダラシジミミヤマカラスシジミがワチャワチャでした。スジボソヤマキチョウお会い出来た方さま、ありがとうございました。

  11. ミズイロ&ウラジロ - Mag's DiaryⅢ

    ミズイロ&ウラジロ

    ヒロオビミドリシジミを探しているときに出てきたのは、ミズイロオナガシジミ。残念ながら、表翅は撮れなかった。ウラジロミドリシジミも数頭降りてきた。ウラジロミドリシジミも、メスの方が多かったように思う。オスが翅を広げていたのに、撮る前に飛ばれてしまった。こちらはメス。さて、この子はいったいだあれ?ウラジロのメスだろうか。ヒロオビのメスだろうか。表翅の確認をしていないので、お手上げだょ。

  12. 雑木林にて - チョウ!お気に入り

    雑木林にて

    雨の翌日、早起きして雑木林を訪れてみました。ナラガシワを叩くとウラジロミドリの♀らしきが数頭飛ぶのですが、陽が差す前にもかかわらずほとんど降りてきません。車を停めた6時過ぎの車外温度がすでに22℃だったので気温が高いのが影響している気がします。お目当てのヒロオビミドリシジミはというと 8時半ごろに♂が飛び出し幸先が良いと思ったのもつかの間、その後はいつもだったら活発に飛び出す午前、午後の活動...

  13. 芒種蟷螂生その1 - 紀州里山の蝶たち

    芒種蟷螂生その1

    皆さん、こんばんはー。梅雨入り前に蝶友さんにゼフポイントを案内していただきました。お陰さまでファボニウス族ウラジロミドリと初見できました。同所で新鮮なミドリシジミ♀とも対面できました。先輩蝶友さん、お世話になりました。これから週末は、天気予報との睨めっこが続きます。

  14. ウラジロミドリの越冬卵を探せ - 蝶超天国

    ウラジロミドリの越冬卵を探せ

    2月9日今年シーズンは冬季の越冬卵探しを何年かぶりに満喫しています。まだ今年探していないウラジロミドリシジミの越冬卵を探しに・・・・急遽、早朝に家を飛び出して生息地に向かいました。この地方ではフモトミズナラ(モンゴリナラとは別種?)とか言うミズナラに似た木が食樹です。1本の木を少し探すとすぐに見つかりました。間違いなく綺麗なウラジロの越冬卵です。カメラを替えてもっと精密に見てみましょう。他に...

  15. ウラジロミドリシジミ - 風任せ自由人

    ウラジロミドリシジミ

    先日掲載した記事「ゼフ三昧」では触れなかったが、その日、カシワ林のポイントでウラジロミドリシジミを1匹だけ目撃していた。昨日はその撮影目的でカシワ林のポイントに再び出かけた。現地に着くと「蝶の玉手箱」のcactussさんが既に探蝶されていて手招きされたので急いで駆け寄るとウラミスジシジミが下草に留まっていた。その撮影を終えると、ウラジロミドリシジミも下草に降りている個体を見つけてあると、その...

  16. 高島市のゼフ探索(2019/06/09) - Sky Palace -butterfly garden- II

    高島市のゼフ探索(2019/06/09)

    転勤と引っ越しでブログを更新する余裕すらない日々を過ごしていました。遅い更新になってしまいましたが、6月9日に滋賀県へゼフ探索に訪れたときの蝶果のご報告です。目的はウラジロミドリシジミでしたが、予想が外れて全然個体を見かけません。仕方ないので他のチョウで空腹を満たします。ウラナミアカシジミは新鮮で、数頭見かけました。今まであまり気になりませんでしたが、本種は尾状突起が長いですね。■ウラナミア...

  17. ウラジロミドリシジミ - 自然を楽しむ

    ウラジロミドリシジミ

    今年もゼフィルスの季節がやってきた。今年最初のゼフィルスはウラジロミドリシジミ。これまでの他の蝶の発生状況から、本種も昨年より約1週間の遅れと予測。6/1の早朝、発生初期の新鮮個体の開翅を期待していつもの場所に出かけてみた。最初のナラガシワでは4頭ほどが飛び出したが、2頭はロスト、他の2頭も良いところには降りてきてくれず、開翅前に飛ばれてしまった。少し離れた他の2か所のナラガシワではなぜか1...

  18. 北海道旅行-2(ウラジロミドリシジミ:2018/7/16) - 小畔川日記

    北海道旅行-2(ウラジロミドリシジミ:2018/7/16)

    カラフトルリシジミの撮影を終えた後はこの日の宿がある層雲峡まで移動した。移動途中の駐車場でトイレ休憩。周囲を見るとエゾシロチョウが飛んでいる。家内撮影ニコンD5500ニッコール55-200家内が呼ぶので行ってみるとコヒオドシが吸蜜していた。ニコンD500ニッコール70-200ニコン1J51ニッコール6.7-13その後宿までの道すがら気になった場所をのぞいてみるけど空振りばかり。最後に見た林道...

  19. ウラジロミドリシジミ海岸のカシワ林で - 蝶のいる風景blog

    ウラジロミドリシジミ海岸のカシワ林で

    北海道の冬は厳しい。少しでも冬を和らげようと、先人の知恵で海岸線にはカシワの木などを植え、防風・防雪林にした。開発で今は急速に消えて来ているが、ところどころ残ったカシワ林は今もゼフィルスの格好の発生地になっている。以前訪れた小樽の海水浴場のカシワ林は夕方になるとキタアカシジミが乱舞していた。最近はキタアカシジミはなぜかあまり見られないという。ゼフには少し時期は遅いが、殺気立ったオオイチモンジ...

  20. ウラジロミドリシジミ② - Mag's DiaryⅢ

    ウラジロミドリシジミ②

    早起き5度目は、ウラジロミドリシジミのリベンジ。どうしても表翅を撮りたい( `ー´)ノ撮れたんだ。実物はもっと美しいのだけれどね。この日もいろいろあった。出てきたのはこの1頭だけ。6時17分。今日は風がないのでいいぞと思ったのだが、日が昇って明るくなっても翅を開かないのは前回と一緒。陽があたらないとだめだ! どうしよう、これでは8時まで待って、また、飛ばれるぞ。仕方ない、イチかバチか。ウラジ...

総件数:25 件

似ているタグ