ウラナミアカシジミのタグまとめ

ウラナミアカシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラナミアカシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラナミアカシジミ」タグの記事(127)

  1. 5/30その1アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミ - ブログ和歌山の里山便り2

    5/30その1アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ウラゴマ...

    今年はすでにプチ遠征先でウラゴマダラシジミを撮影していたので、いつものポイントへ行くのはもういいか、なんて思ったりしていたのですが、休みの日にいい天気、ということになるとやはり出かけずにはいられませんでした(笑)。どうせならこの時期のゼフィルスすべても見たいな、と期待を込めて。すこし出遅れ気味に駐車ポイントに着くと、見慣れた蝶友さんの車が(笑)。先ずはウラゴマダラシジミを求めて歩き始めます。...

  2. 懐かしのゼフィルス~アカシジミ・ウラナミアカシジミ~ - *la nature*

    懐かしのゼフィルス~アカシジミ・ウラナミアカシジミ~

    懐かしのゼフィルス第2弾!シロツメクサ&アカシジミアップで♪ラストは夫撮影のウラナミアカシジミ^^引きで撮るのもいい感じ**6月7日舞岡公園にて*

  3. 2020のゼフィルスは惨敗 - 公園昆虫記

    2020のゼフィルスは惨敗

    話はかなり遡る。毎年地元で見られるゼフィルスは3種。今年はどうだったかというと、何年ぶりかで2種しか見られなかった。▲ウラナミアカシジミ▲アカシジミ(遠い)この2種もそれぞれ1個体しか見つけられなかったし、ミズイロオナガシジミは全く見つけられなかった。十数年間、ほぼ毎年見られていたのに寂しい。原因の一つには、昨年から地元のコナラやクヌギがナラ枯れを起こし、幼虫の食樹が減ってしまったこともある...

  4. ミヤマカラスシジミの交尾 - 蝶超天国

    ミヤマカラスシジミの交尾

    6月28日(記事が前後してしまいました)この日の朝一は本格的な雨降りでしたが・・9時には止むと予想してミヤマカラスシジミの生息地に向かいました。到着と同時に雨が止みましたが・・・暫くはあまりチョウが飛びません。下に降りて来たのはミヤマカラスシジミの♀でした。♂は擦れが多く、カメラを向ける気になれません。仕方なく梢をかるく叩いてみると・・・交尾が降りてきました。なんとこの後も交尾がハラハラと・...

  5. ウスイロオナガシジミ札幌ゼフの旅(その2) - 蝶のいる風景blog

    ウスイロオナガシジミ札幌ゼフの旅(その2)

    日本列島に前線がでんと居座って大雨の被害が出ている。札幌もその影響を受け、あまり天気が良くない。2日目の8日も天気が悪かった。昨年は晴天続きでゼフィルスが乱舞していたというが、やっぱりツキの問題か。ホテルで朝食を摂って8時に市内の公園に行ってみた。メスアカミドリシジミが多いというが曇り空ではまったく飛ばなかった。しばらく探索して札幌郊外の沢に行ってみた。気温15度、強い風が吹いていてさすがに...

  6. 里山の蝶 - 飛騨山脈の自然

    里山の蝶

    住居のある裏山的な場所を訪ねた。最盛期はとうに過ぎているがウラゴマダラシジミの♀が止まっていた。風が強く吹いて下に避難?しているのはウラナミアカシジミがいくつも見つかった。キマダラモドキは敏感で近づきくいが木の幹の分かりやすい所に止まった。別の個体が工事用の金属製フェンスに止まった。思いがけずシータテハも見ることが出来た。

  7. メスアカのテリ張と卍+α - 蝶超天国

    メスアカのテリ張と卍+α

    6月27日つづき朝一のジョウザン、オオミドリのテリ張を見た後は・・・メスアカミドリシジミのテリ張狙いです。第1ポイントでは昨年のように低い位置でのテリ張はしませんでしたが・・・・高い場所には新鮮な個体が静止してました。これでは翅表は見えませんが・・メスアカだと確認できますね。ここではウラナミアカシジミもいくつか居ました。ウラミスジシジミもここでは初めて確認できましたが・・・証拠写真がワンカッ...

  8. 雑木林 - 飛騨山脈の自然

    雑木林

    自宅から15分の雑木林は農免道路が作られゼフィルス類の観察場所になっている。多く見られるのがウラクロシジミになるが、いきなり交尾個体に出会った。左が♂です。単独の♂が下に止まっていた。ミズイロオナガシジミはイチゴの仲間に止まっている。近年非常に少なくなったウラナミアカシジミがマルバマンサクに飛来した。時間経過とともにウラクロシジミの♀が見られるようになった。栗の花から吸蜜しようとするウラクロ...

  9. 小畔川便り(オオミドリでレンズのチェック:2020/6/12-17) - 小畔川日記

    小畔川便り(オオミドリでレンズのチェック:2020/6...

    前日の11日に、修理に出していたニコン1用の10-30と70-300のズームレンズ、それに修理不能になったZ50とそれ用の50-250のレンズが戻ってきた。それで12日は70-300のレンズのチェックをしに、1V3+70-300とオリンパス OM-D EM-5Ⅲ+14-150 だけをもってオオミドリの公園に行く。オオミドリシジミは高い位置でテリハリをしていて下には降りてこない。家内撮影家内撮...

  10. ウラナミアカシジミ他6月20日 - 超蝶

    ウラナミアカシジミ他6月20日

    土曜日の遠征で、出会えたゼフです。ウラナミアカシジミアカシジミハヤシミドリシジミ?ジョウザンミドリシジミはフライングキマダラルリツバメは、1頭見つけたのですがシャッターを切る前にロスト(´;ω;`)

  11. 小畔川便り(オオチャバネセセリと赤系ゼフィルス:2020/6/11) - 小畔川日記

    小畔川便り(オオチャバネセセリと赤系ゼフィルス:202...

    6月11日は晴れだけど雲が多て15時くらいから雨。最高気温は31℃くらいか。オリンパスのカメラ(EM5)が届いてからこの日で5日目だけど、オオミドリの数が少ないので実戦での撮影が思ったように進まない。この日もオオミドリシジミとミドリシジミの確認に同じ場所に行く。ポイントに行く途中で、足元の木道にオオチャバネセセリが止まっていた。EM5を向けていると、鳥の糞の近くに止まった。吸い戻しをするかな...

  12. ゼフィルスの下見 - 蝶超天国

    ゼフィルスの下見

    6月12日明るい曇りで・・典型的なゼフィルス日和となりました。雑木林の梢を叩いても飛び出す個体はなかなかいません。やっとクロミドリシジミが1頭だけ降りて来てくれました。湿気でレンズが曇っていましたが・・拭く間もなく飛んでしまいました。次はミズイロオナガシジミでした。LEDを当てると開翅してくれました。ウラゴマダラシジミも見られました。今年は蛾の幼虫が大発生していて・・・クヌギやコナラは大打撃...

  13. 小畔川便り(オオミドリシジミとミドリシジミ:2020/6/10) - 小畔川日記

    小畔川便り(オオミドリシジミとミドリシジミ:2020/...

    6月10日は晴れで、最高気温は30℃以上。そろそろミドリシジミをちゃんと撮ろうと思って、オオミドリシジミとは別の場所に出かける。朝6時10分頃に家を出てポイとに着いたのが、6時40分くらい。何時も見かける場所に行くと何もいない。しばらく探すとクワの実で吸汁する個体を見つけた。周囲を探すけど、クワの実に3頭くらいいるだけ。他の個体は高くて、その日もっていったカメラ(D500+70-200、OM...

  14. 此処でも不調、両アカシジミ(2020/06/early) - 里山便り

    此処でも不調、両アカシジミ(2020/06/early)

    何処を回っても一向に姿が現れない '両アカシジミ'。今回は気分を替えて、電動アシストでの出動です。例によって時間は早くない。久し振りの近場巡りの道行だが、ペダルが重い。それでも鞭でしばくと軽快になってくるものです。鼻歌交じりとはいかなかったが、心は躍ったかな!?ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶)★★☆☆☆ゼフィルス【Zephyrus】The Zebra Hair...

  15. 今期絶不調、近場のゼフィルス(2020/06/early) - 里山便り

    今期絶不調、近場のゼフィルス(2020/06/early)

    このところ早朝に、自身の体調が整わない。したがって出動が遅れてしまい、ゼフィルスがよく見られる時間を過ぎてしまう。それに昨年あれほど見られた 'ORAGA里山' で全く見られない。一歩下草に踏み込めば湧き出る様に見られたポイントも、ソーラー畑の餌食になってしまった。下草が全くなく除草剤が散布してあった。そんな中 '天狗のお山' でも異変かな?全くセ...

  16. ウラナミアカシジミ飛翔写真の遊び - 蝶のいる風景blog

    ウラナミアカシジミ飛翔写真の遊び

    先日プチ遠征したウラミスジシジミの棲む雑木林はアカシジミやウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミなどが豊産していた。長い釣り竿でクヌギの枝先などを軽く叩くとゼフがちらちらと舞い降りて来る。それを眺めているだけで横から写真を撮らせて頂く。申し訳ないような気になる。属木林の下草からもアカシジミなどが飛び出して来て、楽しい一日を過ごすことが出来た。もっと早くやってみればよかったのだが、帰り際にな...

  17. 6月5日今日の虫 - Mag's DiaryⅢ

    6月5日今日の虫

    ウラナミアカシジミがいた。毎年、ここで出会う。ギンヤンマ♂(未熟)が飛んできた。一度目を離したら場所が分からなくなる。セスジスズメはすぐに見つけられた。

  18. ゼフィルスウラナミアカシジミ - 生きる。撮る。

    ゼフィルスウラナミアカシジミ

    やはりどうしても心残りで・・・もう一度頑張って行ってみた。期待しないで向かった場所。樹の上にカメラを向けておられる方の姿が。何を撮ってらっしゃるのか伺うと何と!探していた6種目のウラナミアカシジミ。お陰様で教えていただいて撮れた。絶対に一人では見つけられなかった。本当に幸運に感謝。残念ながらミドリシジミに逢うことはできなかったが・・・これで今季のゼフィルス撮りは終わり(にしよう)。平地のゼフ...

  19. ウラナミアカシジミ(2020/06/09) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ウラナミアカシジミ(2020/06/09)

    とあるFavoniusを狙いに出かけ、見事に空振り。これで3連続空振りで空振り三振。こんなに個人的に不作な年は初めてです。(おそらくフライングしただけなんですけれども)中々苦しい日が続きますが、まだワンナウト。めげずに頑張ります。というわけで撮影したチョウをとりあえず紹介します。ここではよく見られるウラナミアカシジミ。イメージより大きいチョウで、見る度にびっくりします。朝日と共にいろんなシー...

  20. ウラミスジシジミアラート解除へ - 蝶のいる風景blog

    ウラミスジシジミアラート解除へ

    レインボーブリッジに赤いライトが灯る。東京アラートが近く解除になり、生活が少しずつ元に戻って行く。高速道路には「県外移動は慎重に」という表示が出ていた。緊急事態宣言が出て以来初めて県外にプチ遠征をした。何か少し景色が変わるような気がした。何も変わることはないのに不思議な気がした。雑木林には数人の方がいて思い思いに撮影を楽しんでいた。アカシジミやウラナミアカシジミがクヌギの木から飛び出した。ミ...

総件数:127 件

似ているタグ