ウラナミシジミのタグまとめ

ウラナミシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラナミシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラナミシジミ」タグの記事(124)

  1. 2019.10.8東京・恵比寿キマダラセセリ2019.10.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.8東京・恵比寿キマダラセセリ2019....

    2019.10.8夜中に雨が降り、朝は薄曇り。ヤマトシジミの撮影にはもってこいだったが、数が少ない。名前不明のピンクの小さな花が一輪だけ。ここに交代で吸蜜に現れた。まだ、気温が高い日が続き、夏の装いのまま。カタバミの花もほとんど散り葉も黄ばんでいるので、萩の花の所へ行く。ウラナミシジミが相変わらず飛び回っているが、静止に耐えうる個体は少ない。何個体目かにやっと綺麗な♀にありつく。♂は翅を少し...

  2. ORAGA里山、まだまだ現役ウラナミシジミ(2019/10/08)荒川② - 里山便り

    ORAGA里山、まだまだ現役ウラナミシジミ(2019...

    ..........POTD.........例のやつです、まだまだ勉強中、でも楽しい,,,,,-------------------------------------------------------------'キタテハ' 探索中にビュンビュン飛んでいました。「超イケメン君」 です。え~!!! 今時~??ウラナミシジミ♂(裏波小灰蝶)The Long-tai...

  3. 秋のチョウ~ウラナミシジミの求愛などなど - チョウ!お気に入り

    秋のチョウ~ウラナミシジミの求愛などなど

    三重県中部まで南下してみました。お目あてはヤクシマルリなのですが見当たりません。周りを見渡すとウラナミシジミがやたらと飛んでいます。道端でウラナミシジミの♂が求愛中です。翅を小刻みに震わせて時折パッと広げます。単に興奮して翅を広げているのかとも思ったのですが、帰ってPCで見てみるとちゃんと♀に見えるような格好で翅を広げています。最初は無関心そうだった♀ですが、♂が♀の右に行ったり左に行ったり...

  4. 里山レポート「台風去って」 - 不思議の森の迷い人

    里山レポート「台風去って」

    台風翌日の日曜日、午後になって風も弱くなってきたので、里山の蝶たちの様子を見に行きました。家を出たときは晴れていたのに、いつの間にか雲が広がっていました。諦めて帰ろうかと思ったころ、またいつの間にか空が晴れてきました。上空はまだ風が強いので雲の流れも速いようです。翅の傷みの少ないウラナミシジミが見つかりました。まだ午後2時半なのですが、光に夕方の気配が混じっていました。昨日まで気温が高かった...

  5. 秋の五目狙い - 蝶超天国

    秋の五目狙い

    10月7日つづきヤクルリ以外のチョウについても記録を残しておきます。センダングサには少し擦れたアオスジアゲハが多く見られました。アゲハも多く、近づいても逃げません。ヒメアカタテハもいました。狭い範囲にツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ、チャバネセセリ、キチョウ、ウラギンシジミも飛び周り普通種ですが・・・まさに蝶超天国(蝶の楽園)でした。セセリの幼虫探しも少しだけ・・・これはチャバネセセリで...

  6. 小畔川便り(ウラナミシジミの産卵と飛翔:2019/10/4.7) - 小畔川日記

    小畔川便り(ウラナミシジミの産卵と飛翔:2019/10...

    台風19号による被害は各地で出て大変なことになっているけど、幸い自宅付近では特に何もありませんでした。でも車で20-30分の、時々撮影に行く場所の近くではかなりの被害も出てしまったようです。ほんとにお気の毒です。-----------------10月4日は朝は小雨が降っていた。孫が学校に行く7時半ころに上がったので、雫が消える11時頃に川原に出る。蝶の姿はあまりない。キアゲハが一度だけキバ...

  7. 2019.10.7東京・恵比寿ヤマトシジミ2019.7.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.7東京・恵比寿ヤマトシジミ2019.7...

    2019.10.7曇っていたので100マクロでヤマトシジミを撮りに行く。最初に見つけたのは交尾ペア。隣に小さなクモがいるが何事もなかった。久しぶりのマクロだが、やはりいい。望遠に比べると、軽いのでアングル選びが楽だ。少し空が明るくなるたびに翅を開く。このアングルは苦手。眼と前翅と後翅の縁毛の3点にピントがなかなか合わない。先ほどの交尾ペアがフラフラと飛んできて近くにとまる。♂はちょっとだらし...

  8. 2019.10.3東京・恵比寿ウラナミシジミ2019.10.12 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.3東京・恵比寿ウラナミシジミ2019....

    2019.10.3彼岸花は部分的に萎れ始めたが、相変わらずアゲハがやって来ていた。ワンパターンで撮りすぎたのでさすがに撮影も食傷気味。今回、この彼岸花で10年分を撮った気がする。ただ、黒系アゲハが来てもいいはずだが付近で一度も見なかった。本題はウラナミシジミ。背景がうるさいと、どこにチョウが写っているのかさえ判らない。妙に若葉の萩があり、ここでも♀が集まっていた。白花の萩で産卵場所を探す♀は...

  9. 楽園ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)とウラナミシジミ(裏波小灰蝶)他 - 身近な自然を撮る

    楽園ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)とウラナミシジミ(裏波小...

    1 ヤブツルアズキウラナミシジミ<クリックすると拡大表示され、再度クリックすると元の大きさに戻ります><9月下旬に撮影>園の北側に1段高くなった円形の場所がある。広さは直径10mくらいか。そこに灌木が生えている。その中からぴょんと飛び出した黄の花が群れて咲いている。蔓性植物だから、他のものに巻き付いて伸びる。花は淡くて爽やかな黄。花の上を盛んに飛び交っているのはすべてウラナミシジミ。このチョ...

  10. 蝶々色々 - SWAN

    蝶々色々

    ここ2,3日に撮った蝶の写真色々です名前は間違えている可能性大です鍵コメでも良いので間違っていたら教えてくださいウラナミシジミの表光の当たり方にもよるんでしょうが、この蝶は裏の方が綺麗かもイチモンジセセリミドリヒョウモンかな?モンシロチョウでしょう前がキチョウ、後ろのボケてるのはモンキチョウキチョウここから難しくなりますシータテハかな?キタテハ?Lって書いてあるみたいだしエルタテハかな?でも...

  11. 2019.10.2東京・恵比寿ウラナミシジミ2019.10.11 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.2東京・恵比寿ウラナミシジミ2019....

    2019.10.2カタバミは花がずいぶん減り♂だけが飛んでいた。日が当たるのが遅くなり、日の向きも変わり自分の影に入り撮りにくい。毎日、同じ場所。彼岸花が色褪せ始めた。ブッドレアにはアオスジとツマグロが相変わらず集まっているが、この花では撮りたいと思わない。アオスジが小菊に来た。キタキチョウ♂は晴れると色がすぐ飛ぶ。晴れたので撮影条件はいいが、相変わらず思った絵が撮れない。もっと絞ることがで...

  12. 美女と猛女 - ぷんたのかあさん Photo徒然草

    美女と猛女

    好天で気温も高くチャンスと見てでかけましたがお目当ての蜂が姿を表さない!近くの小さな花壇にウラナミシジミが訪花してますので彼女とで遊ぶことに(^^)可愛らしいです!美女は産毛さえキラキラと装いを飾り立てますクマバチ母さんも盛んに吸蜜ぶい~~ん♪♪キレイな背景で写せば可愛くなるかと思いきややっぱりクマバチ母さんは猛女人目も憚らず花粉を撒き散らしながらお食事まぁでもどちらもやっぱり可愛い美女と猛女

  13. 9月29日県北のチョウ - Mag's DiaryⅢ

    9月29日県北のチョウ

    ミツバベンケイソウで吸蜜するスジボソヤマキチョウ、黄色い花に黄色いチョウ!(^^)!サカハチチョウは葉の上。ヤマトスジグロシロチョウかなと思って撮ったのだけれど(*´з`)オオバクサフジにいたウラナミシジミ(*^-^*)おまけはルリタテハの幼虫、食事中だ(*^^)vいつもの場所でいつものチョウたちに出会い、久しぶりの遠出はおしまい。整形外科の医師からは、どんどん歩いて筋力をつけるのが大事だと...

  14. 2019.10.1東京・恵比寿(1)オオウラギンスジヒョウモン2019.10.9 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.1東京・恵比寿(1)オオウラギンスジヒ...

    2019.10.1さて、サッポロビールの花壇。いつもツマグロヒョウモンが飛び回っているが、ほとんど撮ることがなくなった。オミナエシが少し咲いており、♀のツマグロヒョウモンが珍しく吸蜜を始めたので、翅を開くのを待っていた。一瞬開いた後、♂に追いかけられ飛び去った。黄色と背後のピンクのボケもいいが、この翅の開き加減がとてもよかった。目的はウラナミシジミ。もう大狂乱状態で手がつけられない。何回シャ...

  15. ☆スジボソヤマキチョウ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆スジボソヤマキチョウ☆

    9月27日、八千穂高原の「花木園」で、スジボソヤマキチョウを見ました。シミが多かったのでヤマキチョウを期待しましたが、翅の班点を繋ぐとスジボソの様です。咲いている花も終盤。オヤマリンドウが咲き残っていました。ミドリヒョウモンや、ウラナミシジミなどが見られました。蝶友さんの指に止まらせて・・・「ムツアカネ」だそうです。ヤナギランも綿毛になっていました。

  16. 花から花へ♪ - *la nature*

    花から花へ♪

    淡い控えめな色合いが魅力のウラナミシジミお花が変わるとそれぞれ違った雰囲気に*ニンジンボク絡みは初めて!ウラナミシジミって何故かなかなかピントが合いません・・・。普通に撮ると白とびしちゃうし、露出補正が難しい^_^;風に煽られて背景が面白い感じに白い小花絡みもふんわりとしていい感じ♪萩の花が前より咲き進んできました*翅の縁が青白っぽくキラキラ輝いていたんです*鮮やかな黄色のお花とのコラボ♪今...

  17. 2019.9.30東京・恵比寿(1)ヤマトシジミ2019.10.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.9.30東京・恵比寿(1)ヤマトシジミ201...

    2019.9.30自宅から徒歩5分圏。こんな写真を撮ってもしょーがないのかもしれないが、かなり気に入ってしまった。ウェスティンの花壇にはカタバミが混在しているのでヤマトが飛び回っている。右はツバメだが、こうした背景にするとどちらも見違えるほどお洒落。建物を入れて飛翔を狙ったが、ヤマトはなかなかこちらに来てくれなかった。やっと撮れたのだが、この時は曇っていて色が出なかった。そろそろウラナミシジ...

  18. ノビタキ - 菜奈ちゃんコーナー

    ノビタキ

    彩湖の土手に行くとノビタキが道で青虫を見つけて食べていたチョット別の場所に移動するとウラナミシジミが飛び回っていたするとアリスイの声が聞こえた、何と電線に止まっていた

  19. 新規の水辺に - 野鳥がいるから

    新規の水辺に

    富士川の近くに池のある公園があると聞き様子を見にでかけました冬にはカモ類もそれなりに入るようなので下見も兼ねていますこの時期は何かトンボでも見られれば良いな程度のお出かけですオオルリボシヤンマでも見られれば嬉しかったのですが普通にいそうなのがそれなりに見られただけでしたオオアオイトトンボはもう少しいるかと思いましたが数頭見ただけでしたアカネではマユタテアカネが多かったのですがさりげなくリスア...

  20. ■ウラナミシジミ(ミゾソバに来た虫たち)19.10.4 - 舞岡公園の自然2

    ■ウラナミシジミ(ミゾソバに来た虫たち)19.10.4

    台風17号からかわった温帯低気圧に向かって強い風雨が明け方に吹き荒れた。昼前には青空になったが、散策は控えた。ミゾソバが満開になり、ウラナミシジミもやって来ていた。ウラナミシジミ19.10.3FUJIFILM X-T2 80mm/macro(trimming) ISO400 1/800,F8 コチャバネセセリ〃〃 ISO400 1/400,F8ハナアブ〃〃 ISO400 1/160,F8

総件数:124 件

似ているタグ