ウラナミシジミのタグまとめ

ウラナミシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラナミシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラナミシジミ」タグの記事(28)

  1. ウラナミシジミとキタテハの飛び立ち撮影(2017/10/8) - 小畔川日記

    ウラナミシジミとキタテハの飛び立ち撮影(2017/10/8)

    10月9日は、先日ウラナミシジミの広角写真を撮っていて、飛び立つシーンを撮り忘れていたのでその撮影に出かけた。土手を歩いていると、キタテハが多い。この時期のキタテハは赤くてきれいなので、この飛び立つシーンも撮影することにする。ニコン1V3 1ニッコール10-30青空背景に狙うけど、なかなか思ったようには撮影できない。ニコン1V3 1ニッコール10-30ニコン1V3 1ニッコール10-30家内...

  2. ダンギクとキマダラセセリとウラナミシジミ Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ダンギクとキマダラセセリとウラナミシジミ Byヒナ

    昨日の記事のアオスジハナバチを撮っていると、キマダラセセリがやってきたのでモデルチェンジ。今秋初めての撮影でした。ウラナミシジミも来ました。

  3. 今年も我が家に飛来ウラナミシジミ他 in2017.08~10 - ヒメオオの寄り道

    今年も我が家に飛来ウラナミシジミ他 in2017.08~10

               in2017.09.24埼玉県さいたま市自宅           in2017.09.24埼玉県さいたま市見沼田んぼ秋で最も色鮮やかなシジミチョウは「ベニシジミ」でしょう。黒ぽい夏型中心ですが朱色が綺麗ですね!表翅の綺麗なシジミチョウは「ヤマトシジミ」低温期型雌でしょう。ヤマトシジミ雄は新鮮な個体が多くあちらこちらで縄張り争いが散見されました。           in...

  4. 17年秋モデル登場 - 不思議の森の迷い人

    17年秋モデル登場

     一週間前の日曜日、陽射しはあまりないのですが、気温は25℃を越えました。ウラナミシジミの開翅を狙うには丁度良い条件だと思い、午後からいつもの里山へと向かいました。まず出迎えてくれたのはベニシジミです。このベニシジミ、オレンジの紋がとてもよく目立ち、10m手前からその存在に気づくほどでした。 こちらのベニシジミは葉の上で全開翅しています。きっとウラナミシジミもブルーを見せてくれると期待が膨ら...

  5. 小畔川便り(ウラナミシジミ-1:2017/9/30.10/1) - 小畔川日記

    小畔川便り(ウラナミシジミ-1:2017/9/30.1...

    9月30日は自宅から15分ほどの、いつもコムラサキやギンイチの観察をしている場所に、黄色くなった田んぼを背景に蝶の写真が撮れないかと出かけてみる。ニコン1J5 1ニッコール6.5-13ところが、今年は田んぼの周りにほとんど花が咲いていなくて蝶の姿がない。センダングサに来るキタテハを撮るけど、田んぼとは向きが違う。ニコンD500 ニッコール70-200家内が田んぼに向かってカメラを向けていたけ...

  6. この秋みられたチョウⅢ - 旅のかほり

    この秋みられたチョウⅢ

    9月末に撮ったウラナミシジミ秋の楽しむように、いろいろな花に遊んでいました。コセンダングサに。湿地で。ミゾソバの咲く水辺にもう終わりかけの萩の花に。ツバメシジミカワセミのいる池にはヤマトシジミも戯れていました。小さなヤマトシジミはホントに元気ですウラナミシジミは今季これで見納めになるかもしれません

  7. 2017.9.29 東京・中目黒 ウラナミシジミ   2017.10.8 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.29 東京・中目黒 ウラナミシジミ   ...

    2017.9.29前日は雨。朝から晴れた徒歩20分の公園。ウラナミシジミがまだ奇麗なうちにと出かける。しかし、擦れ個体が多く飛翔さえ撮る気が起らなかった。しばらくすると珍しく新鮮なクロアゲハがやって来たので急いで順光側に駆け付ける。花壇の花がいい感じに撮れた。パタパタやっている後ろに回る。アゲハチョウもやってきたが、なかなか落ち着かない。どうやら引き上げようと思った11時すぎからこの花には集...

  8. ウラナミシジミ - 公園昆虫記

    ウラナミシジミ

    秋になると、ウラナミシジミの到着が気になる。今年はなんと8月8日に地元の公園でその姿を見た。その後目にしなかったので、台風かなにかで飛ばされてきた個体かもしれない。次に地元で見たのは9月20日。だいたい例年通りだ。しかし、あっちでもこっちでも見られる年もあるが、今年はあまり多くないようだ。私は今のところ地元ではこの個体を2~3日見ただけだ。9月26日、ツマグロキチョウなどを探しに栃木県方面に...

  9. * - Flores*Flores

    *

  10. 家にいれば良かったのに - 不思議の森の迷い人

    家にいれば良かったのに

     10月になり里山もすっかり秋、キタテハのオレンジが良く似合う季節です。この日は朝から晴天で気温も25℃まで上がりましたが、少し強めの風が心地よい一日でした。午前中に買い物を済ませ、昼過ぎから2時間ほどを散策の時間にあてました。 この日蝶がよく見られたのはセンダングサの花です。このところ数が多くなったヒメアカタテハですが、この蝶も秋が似合います。 シロチョウの仲間もセンダングサの花が好みのよ...

  11. 2017.9.26 東京・中目黒 翅の中にレインボウ Ⅱ   2017.10.2 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.26 東京・中目黒 翅の中にレインボウ ...

    2017.9.26所要があったついでに中目黒の公園に寄る。この公園の花壇はなかなか派手でチョウも集まる。花壇の一角にベニシジミが飛んできた。晴れて暑いせいか翅を閉じたままだったので、日陰を作ったら半分だけだが、翅を開いてくれた。夏から秋の装いだったが、翅の付け根の輝きにびっくりした。虹色にきらきら輝く。ただ、日陰だとあまり虹色に輝かない。日陰を外すとすぐ翅を閉じる。日陰を作り開翅させ、翅を閉...

  12. ■ ウラナミシジミがやってきた   17.9.29 - 舞岡公園の自然2

    ■ ウラナミシジミがやってきた   17.9.29

    爽やかな秋の気候に。大勢の鳥待ちカメラマンが集まった丘の上に早めに行ったが、皆あちこちに視線を向けていて目指す鳥はいないようだった。4日ぶりに行ったミゾソバの群落に、西からやって来る蝶「ウラナミシジミ」の姿を見つけることができました。ミゾソバ群落のある木道脇   17.9.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/480,F8        木道の左側...

  13. 2017.9.22 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2017.9.28 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.22 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   ...

    2017.9.22この日も曇り。日課となった朝の散歩。曇っているとてきめんに蚊が出て来るので、防虫スプレーと刺された時のムヒが欠かせない。いつもの花壇に行ってみると、どういうわけかイチモンジセセリはほとんどおらず、背丈の低い小菊にウラナミシジミがきていた。少し明るくなったので翅を拡げ始めた。ただ、花な密集したこの小菊の植え込みは、意外と撮りにくい。チョウはともかく、花弁が欠けていたり枯れた花...

  14. ウラナミシジミとウラギンシジミ - 蝶超天国

    ウラナミシジミとウラギンシジミ

    9月24日朝晩は多少涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が続いています。疲れが溜まっていたので遠出は諦めて地元の河原に様子を見に行きました。クズの蔓が一面に広がった場所では、ウラナミシジミが多く見られる時期になりました。歩いていると・・・運よく交尾を見つける事が出来ました。クズの葉をあちらこちらと点々と飛びまわり落ち着きません。センダングサの花の上にも止まりますが、クルクル回って落ち着か...

  15. 2107.9.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2017.9.25 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2107.9.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   ...

    2017.9.259月の日課となってしまったSビールの花壇。萩にウラナミシジミが少し来ていた。時々♀♂が絡むが、簡単に撮れるようで撮れなかった。構図的にもいい場所ではないし、ピントも甘すぎいいところなし。(今後のための忘備録です)黄色いオミナエシより萩かこの菊の花が好きなようだった。この♂はとても小さかった。しかし、強かった。近くにやって来る別な大きな♂をことごとく追い払い舞い戻って来た。前...

  16. 気まぐれな空の下で - 不思議の森の迷い人

    気まぐれな空の下で

     午前中でした。用事があって車で出かける途中、信号待ちのときに道の脇の空き地を何気なく見ると、数頭のウラナミシジミが飛び交っていました。気温はあまり上がりませんがまずまずの陽射しがありました。そこで、用事を済ませた午後一時前、いつもの里山にやって来ました。そして、カナムグラの花にウラナミシジミを見つけました。 足元の地面の近くをヤマトシジミが飛び回っています。雄が多いようです。葉にとまった一...

  17. 2017.9.13 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2017.9.23 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.13 東京・恵比寿 イチモンジセセリ  ...

    2017.9.139月中途半端な季節。こういう時は近くに限る。少しだけ咲いている彼岸花にはクロアゲハが来たが一瞬だった。教育園にはモンキアゲハが異常に多かったようだが、約1km離れただけのこちらにはほとんどやって来ない。新顔はウラナミシジミだけ。2017.9.14たくさん出ているイチモンジセセリと遊ぼうかと、ガーデンプレースのサッポロビール前に出かける。センター広場の特設花壇には、今年は花が...

  18. ウラナミシジミ 羽化時期 - オヤヂのご近所仲間日記

    ウラナミシジミ 羽化時期

    台風で予定していた茨城遠征が中止。朝方はまだ小雨だったので、近場のポイントを一回り。そろそろウラナミシジミが見られる頃。いつも見られるクズの草原へ。■ウラナミシジミたち●羽化後間もない個体(8:50頃)ざっと見て近付いても飛ばない個体が5~6頭。どうやら雨の前に羽化したものの様で、小雨だったので葉の上にでてきた模様。尾状突起はまだまだ柔らかく、翅を乾かしている様子。Olympus E-M1I...

  19. A公園の蝶 - 菜奈ちゃんコーナー

    A公園の蝶

    先ずはS公園に行くと入り口の草むらにウラナミシジミが沢山居たoオンブバッタの交尾桜並木に入っていくとツツドリAKの森に移動 曼珠沙華が見頃に成っていた広場に入っていくとアゲハモドキがいた樹液を吸いにルリタテハ羽を閉じると何処にいるかわからないコムラサキもいたミカンの木にナガサキアゲハの4齢幼虫

  20. 新チャンピオン君臨 - 不思議の森の迷い人

    新チャンピオン君臨

     先週後半は突然気温が下がりました。日曜日はまた少し蒸し暑くなりましたが、近くの里山にウラナミシジミを探しに行きました。実に5月の連休以来の散策です。初めに見つけたのは表がブルーの雄でした。 このところ夜は虫の声が聞こえるようになりました。でも、昼間はまだ蝉の声が流れています。ミンミンゼミに混じってツクツクボウシの声が目立ちます。この季節にウラナミシジミは数を増します。こちらは雌です。 今日...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ