ウラナミシジミのタグまとめ

ウラナミシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラナミシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラナミシジミ」タグの記事(241)

  1. 小春日和 - 飛騨山脈の自然

    小春日和

    今の季節は朝冷え込むので小春日和になっても気温が低く、チョウの活動は日中の1時間くらいしかない。イモカタバミが植えてある所は蜜を求めて蝶がやってくる。プロキャプチャーモードでキタキチョウの♀を狙ってみた。飛翔中も口吻を伸ばしているのが見られる。ベニシジミが目立たぬところで止まっていた。ウラナミシジミの綺麗な♂がいたがあとどのくらい生きれるのだろう。

  2. ヤマトシジミ住宅地の蝶 - 蝶のいる風景blog

    ヤマトシジミ住宅地の蝶

    駅前のマンションの植え込みのソテツで育っているクマソを見て来た。このところの寒さは南方系のクマソには耐えられる限界なのだろう。羽化失敗や羽化不全の個体を見て生きて行く厳しさを実感した。コロナで若い人の自殺が増えているという。何とか頑張って欲しいと願うばかりだ。マンションや商業施設が並ぶ住宅街だが、不思議と蝶が目に付いた。ソテツの間のツワブキの黄色い花にヤマトシジミやウラナミシジミがやって来た...

  3. ■ウラナミシジミ20.11.25 - 舞岡公園の自然2

    ■ウラナミシジミ20.11.25

    寒い暗い小雨降る1日。「寒い」と言っても、12月初旬の気温だというのだが、23日までは暖かな日が続いていたのだから、その変化の大きさについていけない。「クロマダラソテツシジミ」を捜していて気付いたのが、見かけがそっくりな「ウラナミシジミ」が、元気よく飛んでいることだった。毎年、南方からやってくる「ウラナミシジミ」の初出時期を注意しているのに、その消失時期には気にもとめていなかったのです。この...

  4. ヒメヒゴタイとヤマラッキョウにウラナミシジミByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヒメヒゴタイとヤマラッキョウにウラナミシジミByヒナ

    鬼滅の刃を読んでいます。単行本を揃えるのはNURUTO以来で、久しぶりに漫画でワクワク感を堪能中。一気に読むのはもったいないので、1日一巻。今日は映画が空前の大ヒットになっている、その巻を読みました。この物語の多くの魅力の中の一つは、登場人物のセリフがグッと来るところだと思うのですが、胸に刺さる言葉が特に多い巻でした。ミーも私と同じく完全にハマっています(^.^)本題です。秋の終わりと冬の始...

  5. 今日は再び秋晴れのお天気だった - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日は再び秋晴れのお天気だった

    朝から良く晴れました。午前中、panasonic DMC LX100のストロボに俄か造りでディフィザーを作った。(^.^)結局、専用ストロボが2台(シルバー/ブラック)になったので、シルバーのストロボをディフィザー専用にして、取敢えず、どうなるかと俄か造りをした。(材料、透明プラスティク板&レジ袋)右にあるのが通常使用にするストロボ(ブラツク)早速、庭先でカマキリを撮って見た。ストロボ発光無...

  6. 初フィールドで出会った生き物たち - *la nature*

    初フィールドで出会った生き物たち

    横浜にこんな公園もあったのね!と初めて行ってみる事に♪野鳥との出会いを期待していたんですが・・・でもそれなりに昆虫との出会いはありました^^太陽が顔を出し蝶たちが活発に飛び交っている様子を目で追っていたら・・・???これはどういう事?先にヤマトシジミが吸蜜しているところにグイグイと後ろに割り込んできた蝶これもヤマトシジミかな??ただ吸蜜に来ただけ???秋らしく落ち葉どまりも&#127...

  7. 好天続きの毎日です - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    好天続きの毎日です

    今日も朝から快晴、雲一つありませんでした。何処にも出かけず1日自宅でした。庭の向こうでは相変わらずいろんな蝶が飛び交っておりました。とにかく毎日が暖かくて良いです。

  8. 秋のチョウたち2020 - 公園昆虫記

    秋のチョウたち2020

    東京で秋のチョウといえば、まずウラナミシジミ。渡りをするチョウで、東京に移動してくるのが秋だからだ。今年は9月5日に初見。クズが繁茂する茂みの上を数頭が飛び回っていた。なかなか止まらなかったので、メスを探すオスだったのかもしれない。そこで数日見られたが、撮影のチャンスはほとんどないまま、クズが刈り取られてしまった。昨年は、コセンダングサが生える草地で多数観察できたのだが、今年はそのポイントの...

  9. クロコノマチョウ、ムラサキシジミ、ウラナミシジミ、コゲラ - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    クロコノマチョウ、ムラサキシジミ、ウラナミシジミ、コゲラ

    2020年11月7日今日は冬鳥を探して町内を散策しました、11,855歩。クロコノマチョウ今年は蝶で有名な公園で大量発生したそうですが、我が町にも沢山いました。ムラサキシジミウラナミシジミコゲラ冬鳥は見当たりませんでした!下の写真の場所にも来ましたが、葉っぱに隠れて撮れるわけありません!X-T4、XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR久しぶりに一万歩を超えました、疲れ...

  10. 悩ましい・・・サメビタキ。 - 鳥見んGOO!(とりみんぐー!)野鳥との出逢い

    悩ましい・・・サメビタキ。

    過去にエゾビとしてアップしていた画像ですがその当時もかなり悩んでいた個体。どうしても腑に落ちないのでよくよく再度画像引っ張りだして確認しました。一番ポピュラーな識別点のお腹の斑は不明瞭。又アイリングもかなりはっきりしている。嘴基部の山吹色もエゾビよりあるようなないような・・・。うーん悩ましい・・・。今回再度識別で決定打としたのは目先の暗色部と顎線と頬線間。エゾビなら明色で明瞭。サメなら暗色で...

  11. 裏波の乱 - 夜つぐみの鳴くところで

    裏波の乱

    雑草に覆われたさくら草自生地です。何やら低い場所のそこかしこでシジミチョウが乱舞していますよ。翅を開いているのが多くてヤマトシジミ(大和小灰蝶)かと思いましたが、閉じているのを見つけるとみんなウラナミ(裏波小灰蝶)でした。ジジミチョウって姿だけでなくホントかわいい顔をしていますよね。暖かい内に子孫を残しあわよくば越冬して欲しいものだと願っています。こちらカミさん撮り。

  12. コセンダングサ - いや、だから 姉ちゃん じゃなくて ネイチャー・・・ その2

    コセンダングサ

    草むらの小さな花に小さな蝶がやってきました半島製の格安・大口径・中望遠レンズで逆光に透けるきれいな翅を撮りましたこんな写りも嫌いではありません

  13. 今年は当たり年? - *la nature*

    今年は当たり年?

    昨年まで目撃情報のなかった各地で姿を見せたクロマダラソテツシジミそれと共にウラナミシジミも散策の度によく出会いました♪どちらも今年は当たり年だったんでしょうか?昨日の港の見える丘公園でも数頭が忙しなく飛び回って吸蜜していました*ウラナミシジミのこの優しい色合いが好きです*10月7日児童遊園地にて千日紅絡みでセージ?で開翅蝶写真、まだまだあります^^

  14. 10月の河川敷にて - チョウ!お気に入り

    10月の河川敷にて

    10月の河川敷で出会ったチョウです。センダングサにキタテハやモンシロチョウウラナミシジミがやってきます。この時期多くの昆虫の蜜源になっているようです。クズの葉は色が変わりつつ秋を感じます。一方、最近どこへ出かけても見かけるテングチョウはここでも出会いました。ウラギンシジミは河原で吸水中でした。ツマグロヒョウモンもあちらこちらで見かけます。オレンジ色が鮮やかです。鳥ではノビタキを見つけました。...

  15. 晩秋のチョウⅠ - 飛騨山脈の自然

    晩秋のチョウⅠ

    気温が低くなった晩秋は天気の良い時だけチョウが見られる。郊外の人里近くを歩いた。イモカタバミにキタキチョウの♂が吸蜜していた。綺麗なツマグロヒョウモンの♂がセイヨウタンポポで吸蜜している。ヤマトシジミは秋深くなると青くなるがこの個体は今一だ。かなり擦れているのでまだ朝が冷え込まない時期に羽化したのかもしれない。秋に爆発的に増えるウラナミシジミだが今年は少ない。キタキチョウの飛翔にチャレンジし...

  16. てふてふ - 気ままな生き物撮り 弐

    てふてふ

    うら繋がりでウラギンシジミウラナミシジミ

  17. ツマミヤガラス(TMG)-1362020.10.30記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1362020.10.30記

    【ウラナミシジミ・キタテハ・ミヤマアカネ他】今回は、東京のとある川の河川敷で撮影した収穫を報告する。【2020.10.18-10.30東京都X川河川敷】ここでは、主にウラナミシジミとミヤマアカネを撮影しに行った。まずは、ウラナミシジミ・・・オスとメス両方いた。なお、この場所にはかなりの数がいた。ほかにチョウでは、キタテハやベニシジミなどがいた。続いて、ミヤマアカネ・・・河原に止まる個体が多い...

  18. 久し振りに鳥撮りです。って、蝶ですけれど,,,(2020/10/28)② - 里山便り

    久し振りに鳥撮りです。って、蝶ですけれど,,,(202...

    鳥待ちの手持ち無沙汰の合間に、チョイと飛来してきたこの児と遊ぶ。此処は撮り鳥のメッカ、私の行動に皆さん違和感があるようです。..........POTD.........いい感じの吸蜜シーンです。-------------------------------------------------------------'セイタカアワダチソウ(背高泡立草)Tall goldenrod...

  19. アサギマダラ-1(2020/10/20) - 小畔川日記

    アサギマダラ-1(2020/10/20)

    10月21日はアサギマダラを撮影しに秩父の道の駅に行く。昨年は10月26日に行って、ピークをやや過ぎていたので、今年は花が遅れ気味なのを考慮してこの日にした。9時頃に家を出て、現地には10時半ころに着く。思ったよりも天気が悪く、雲の間から少し青空が見えるだけで、日は射していない。昨年アサギマダラがいた道の駅裏側のフジバカマのところに行くけど何もいない。それではと、少し歩いたフジバカマ群落のと...

  20. 三種のシジミたちByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    三種のシジミたちByヒナ

    今回は3種類のシジミの紹介です。最初はヤマトシジミ。ヤマトは良い構図で出会うことが少ないですが、この時はカワミドリで吸蜜していたので久しぶりに撮りました。ルリシジミとウラナミシジミは同じハギの花で吸蜜していました。まずルリシジミ。ウラナミシジミ。ウラナミは別の花でも吸蜜していました。この花は何かな~アゲハの季節が終わったので、これからはタテハやシジミがモデルです~

総件数:241 件

似ているタグ