ウラミスジシジミのタグまとめ

ウラミスジシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラミスジシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラミスジシジミ」タグの記事(43)

  1. ウラミスジシジミ2021 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ウラミスジシジミ2021

    撮影日2021年07月04日今シーズンの山地性ゼフィルスは不作。今日はあまり期待せず2か所ほどポイントを廻ってきました。2か所目のポイントではウラミスジシジミは例年並みの発生数でいくつか確認することができました。ただし、気温が高く、開翅時間直前で下におろすことができず、翅表は撮影できませんでした。その代わりいままで撮影できなかった広角や、カシワどまりを精魂込めて撮影しました。

  2. ウラミスジシジミ - 自然を楽しむ

    ウラミスジシジミ

    4年ぶりのウラミスジシジミ。証拠写真撮影後、すぐに見失ってしまったが、そばのワラビの上でじっとしているのを見つけた時にはまだ運があることを感じた。すでに陽が差してきており、いつ飛び上がっても不思議ではない状況で、動きはなく30分ほど経過。ところが、傘で影を作って2-3分経った時に、突然翅を開き始めた。半開翅からは一気に全開翅。影を作ってやったため開翅したのかどうか、本当のところはわからないが...

  3. クロミは開翅もウラミスジはNG - 蝶超天国

    クロミは開翅もウラミスジはNG

    6月26日天気はゼフには絶好の曇り空・・・早朝に現地に到着し早速探すと・・・・いきなり2頭のクロミドリシジミが飛び出しました。その内の1頭を見失わない様に目で追うと・・・良いところに止ってくれました。這い上がって花の上にとまりました。もちろん吸蜜なんてしませんが・・・他にも何頭か降りてきてくれました。食べ尽されて葉がないクヌギが多く・・・個体数も以前の様にいないようです。それでも何頭か降りて...

  4. ウラミスジシジミ - Mag's  DiaryⅣ

    ウラミスジシジミ

    今回、仲間と声を上げて喜んだのが、ウラミスジシジミの登場(*^-^*)めったに出会いがないゼフ。草被りだから駄目だなんて、そんなもったいないこと言わないよ(*'ω'*)

  5. オオミドリシジミ雌開翅他 - 風任せ自由人

    オオミドリシジミ雌開翅他

    蝶仲間のKさんとゼフ探索をした。その時撮影したヒメジョオンの花に乗ったウラミスジシジミの写真は既に掲載したが、今回はその他の収穫。オオミドリシジミの雌が自発的に降りてきて開翅をしてくれた。背丈よりも少し高い場所だったので手を伸ばしてバリアングルモニターを見ながらの撮影だった。その後、少し刺激したら、下草に降りて開翅・小飛を繰り返してくれた。別のウラミスジシジミも何匹か飛び出したが、撮影が叶っ...

  6. ウラミスジシジミヒメジョオンが群れ咲く中で - 風任せ自由人

    ウラミスジシジミヒメジョオンが群れ咲く中で

    仲間が林縁をトントンするとウラミスジシジミが飛び出した。そのウラミスジシジミはヒメジョオンが群れ咲く中に落ちた。慌ててそっちに行くと、ウラミスジシジミはヒメジョオンの茎にしがみついていた。暫くすると茎を伝って上り出した。そうなれば願うのは花の上に乗ること。そしてその願いが叶った。暫く落ち着きなく花の上をくるくると回っていた。

  7. 久し振りにゼフィルスの森へ②(2021/06/09)遠征 - 里山便り

    久し振りにゼフィルスの森へ②(2021/06/09)遠征

    前回見られなかった 'ウラミスジシジミ' が目の前にいる~!!!向こうには 'クロミドリシジミ' が出ている。皆さんから手招きで誘われるが、何せ初見の蝶が目の前にいるのに、躊躇しながら証拠撮りして皆さんにお付き合いです。戻ってきてもまだジット動かずいてくれた。良かった~!!........☆ My Cup of Tea ☆.............

  8. クロミドリの開翅 - 蝶超天国

    クロミドリの開翅

    6月5日例年より早い発生を予想して1週間早くクロミドリシジミを狙いました。現地に到着すると1本目のクヌギから幸先よくクロミドリ♂が降りてきました。その後暫くすると・・・・1頭が開翅してくれました。傷一つない完品です。薄日がさすと多少色合いに変化も・・・・もう1頭降りてきて開翅しましたが・・・こちらも新鮮なのに・・・何故か尾突がなく・・・・その後は急に日差しが強くなり・・・飛んでも降りてくれま...

  9. ウラミスジシジミ - 風任せ自由人

    ウラミスジシジミ

    林縁でゼフを探した。ちょうどウラミスジシジミ発生のタイミングに合ったようで、下草に隠れるようにしていた個体、樹上から降りてきた個体などが次々と見つかった。たくさんの個体に出会えたのはラッキーだったが、開翅撮影のチャンスがなかったのは残念だった。ウラミスジシジミ1下草に留まっているのを見つけた。その後、小飛を繰り返した。ウラミスジシジミ2この子は小さくて、白線が極めて細かった。ウラミスジシジミ...

  10. クロミドリシジミとウラミスジシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    クロミドリシジミとウラミスジシジミ

    2021年6月6日(日),雨時々曇り.筑波山の予報は10時頃から雨だったので雨が降る前にMFへ.行く途中で雨が降り始めたが現地に着いたら雨は上がっていたのでラッキーだった.朝5時に起床し6時ごろ現地着.ところが調子に乗って来た8時半ごろから雨が降ってきて残念ながら帰宅.ウラナミアカシジミはそろそろ終盤かな.ミドリシジミ♀のO型が開翅していた.ミドリシジミ♂.撮る角度が変わると色も変わる.ミド...

  11. ウラミスジの卵塊に興奮 - 蝶超天国

    ウラミスジの卵塊に興奮

    3月7日緊急事態宣言の影響もあり・・暫くは自粛ムードで殆ど外出していませんでした。少しコロナも落ち着いて来たので・・久しぶりに山に遠征してみました。自宅付近では新生蝶も飛び始めましたが・・今回の狙いはゼフの越冬卵です。まずはオオミドリシジミです。いつもの枝の分岐部ではないので拍子抜けです。他には見つからないので早々に諦めて移動しました。次のポイントではウラミスジシジミが思いのほか沢山見つかり...

  12. 6/20その3ゼフィルスを求めて - ブログ和歌山の里山便り2

    6/20その3ゼフィルスを求めて

    やがて少しは明るくなってきて、時折雲の切れ間から青空も見えるようになったものの、逆に雨粒が落ちてきて雨宿りを余儀なくされるという、なんとも言えない天気の中探索を続けると、ようやくゼフィルスたちが出てくれました。オオミドリシジミこれのテリ張り撮影が主目的だったのですが、出たのはこれ1頭だけで開翅もなし。まぁ、この天気じゃ仕方ないね。ミズイロオナガシジミいちばん多かったのはこれ。発生最盛期だった...

  13. ウラミスジの開翅とオナガ3兄弟 - 蝶超天国

    ウラミスジの開翅とオナガ3兄弟

    7月24日つづき2つ目のポイントに到着すると・・・なんと・・知り合いがウラミスジシジミを撮影しているではありませんか。取り敢えず撮影させてもらいました。まさにピカピカの新鮮個体です。狙っていた開翅を待ちますが・・・なかなか開かず・・・・手っとり早くLEDを試すと見事に開翅・・・・??でも写真は不自然ですね。LEDをどかすと直ぐに閉じてしまい上手く行きませんでした。途中を飛ばして・・・・2回目...

  14. 中国山地の他のチョウたち - Sky Palace -butterfly garden- II

    中国山地の他のチョウたち

    中国山地で撮影したハヤシミドリシジミ以外のチョウを紹介します。ウラミスジシジミは、個体数が少なく、中々降りてこなくて苦戦しました。相変わらず翅表が中々撮れないですね。■ウラミスジシジミWagimo signatus何だか変な色のゼフは降りてきたと思ったら普通のミドリシジミでした。ここで見られたのは初めてです。オスでしたが翅を開かずに飛んで行きました。■ミドリシジミNeozephyrus ja...

  15. 山奥の一本道をひとり行く - 蝶超天国

    山奥の一本道をひとり行く

    7月5日つづきトネリコの雑木林を後に何年かぶりの場所にアイノミドリシジミの様子を見に行きました。卍が始まっていましたが、この日は何故かテリ張り場所が悪く・・写真になりません。ダメダメ証拠写真を貼っておきます。運が良いと近くに静止するのですが・・・日差しが殆どないのも影響してか、遠くから眺めるだけでした。(笑)明るさも徐々になくなり9時半すぎにテリ張は終了です。こんな状況も想定内で・・・沢山卍...

  16. メスアカのテリ張と卍+α - 蝶超天国

    メスアカのテリ張と卍+α

    6月27日つづき朝一のジョウザン、オオミドリのテリ張を見た後は・・・メスアカミドリシジミのテリ張狙いです。第1ポイントでは昨年のように低い位置でのテリ張はしませんでしたが・・・・高い場所には新鮮な個体が静止してました。これでは翅表は見えませんが・・メスアカだと確認できますね。ここではウラナミアカシジミもいくつか居ました。ウラミスジシジミもここでは初めて確認できましたが・・・証拠写真がワンカッ...

  17. ウラミスジシジミ2020 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ウラミスジシジミ2020

    撮影日2020年07月04日本来なら信州へゼフィルス撮影に遠征する予定でしたが、遠征先が大雨の予報。急遽行き先を変更しました。ここのところ撮影できていないウラミスジシジミを狙いました。天気は曇り時々雨、雨の止んでいる間があれば開翅の絶好の条件です。メインのポイントへ行く前に途中のカシワを叩くと、いきなりウラミスジが下りてきました。まだ、雨が降ていたので蝶を足元に傘をさして待機しました。1時間...

  18. 絶不調のゼフ散歩 - 蝶超天国

    絶不調のゼフ散歩

    6月21日前日とは場所を移して早朝の雑木林に向かいました。ここでも例年と比較して個体数が激減でした。それでも複数のウラミスジシジミが降りてくれました。もう少し翅が立ってくれ~と思いますね。クロミドリシジミも降ろしてもらいました。翅表に目立つような傷もなく綺麗な♂です。手前のススキが邪魔ですね・・・などと言いながら・・・皆さんで楽しく撮影させて貰いました。この雑木林でもヘリグロチャバネセセリが...

  19. 今年のゼフは何処へ消えた?? - 蝶超天国

    今年のゼフは何処へ消えた??

    6月20日朝早くにいつもの雑木林に行ってみました。狙いは前週に発生確認済みのゼフィルスで・・・最盛期を迎えているはずでした。しかし、個体数は全く増えておらず飛び出しません。それでも唯一降りてきたのがウラミスジシジミでした。LEDで開翅してくれましたが・・・メチャメチャ綺麗でした。正面から撮影しようとしたら・・・飛んでしまいました。ウラナミアカは既にスレていたのでスルー・・・朝露をまとったヘリ...

  20. ウラミスジシジミ他 - 風任せ自由人

    ウラミスジシジミ他

    この時期ウラミスジシジミは外せない。下草留まりが見つからなかったので、長竿で叩き出した。ウラミスジシジミ同じ林縁でウラギンヒョウモンとメスグロヒョウモン(共に雌)の新鮮個体に出会った。ウラギンヒョウモンメスグロヒョウモンオオチャバネセセリが元気に飛び回っていた。オオチャバネセセリ他にはヒオドシチョウ、テングチョウ、ヒカゲチョウ、ウラナミアカシジミなどが見つかった。

総件数:43 件

似ているタグ