エコロジーのタグまとめ

エコロジー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエコロジーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エコロジー」タグの記事(8)

  1. 環境建築→感境建築 - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    環境建築→感境建築

    環境建築という言葉は耳にすることがあるでしょう。では、感境建築という言葉を耳にしたことはありますか?おそらく、無いでしょう。感境建築は私が所属する神奈川建築士会 環境部会の勉強会で作った造語です。環境は自然環境や空気環境などから分かるように人間を取り巻く周囲の事物や状態です。様々な環境があり人間は快適とか不快と感じているのですね。ではその境(さかい)はどこか?快適とか不快と感じる境を研究しよ...

  2. 横浜 意匠設計事務所スタッフ急募 - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    横浜 意匠設計事務所スタッフ急募

    森建築設計では現在スタッフを募集しています。誠実で責任感があり、CADを問題なく使用できる方。特に自然エネルギーを有効活用する省エネ建築に興味のある方からのご連絡をお待ちしています。勤務地は東急みなとみらい線「馬車道」駅直結のビルの中です。まずはメールで履歴書を送ってください。面談の日程などご連絡いたします。Mail:morikentiku.mori@gmail.com【住環境性能+Desi...

  3. ZEH(ゼロエネルギーハウス)への体験宿泊 - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    ZEH(ゼロエネルギーハウス)への体験宿泊

    ZEH(ゼロエネルギーハウス)をご存知でしょうか?ZEHとは通称ゼッチと呼ばれています 。Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。 住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、高効率機器の使用、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。国が定...

  4. 地球に優しい エコラップの作り方♪ - Aromaticstyle

    地球に優しい エコラップの作り方♪

    女性の為の自然療法サロン『10年先も綺麗なママで☆』をサポートするナチュラルビューティーセラピストAromaticstyle のホームスです♪こんにちは。今日は思い立ったが吉日!エコラップを作ろうとひらめきました。(いつも私は思い立ったら止まらない〜〜♫性格でして。笑)幸いハンドメイドコスメなどを作っているのでお家にある材料で手軽に始めてみることにしたのです。最終的なエコラップがこちら♪最初...

  5. 第五回感共建築ラボ 勉強会&相談会終了しました  - 【太陽と風と人の五感に素直な建築】建築家ブログ

    第五回感共建築ラボ 勉強会&相談会終了しました 

    9月30日(土)に開催した第五回感共建築ラボの勉強会&相談会が終了しました。前半の勉強会では、「心地よい空間」、「体になじむリノベーション」、「資産運用」についてそれぞれ15分づつお話しさせていただき、後半の相談会で出席者の方々から具体的な相談をお受けしました。大きな夢や希望、切実な悩みなど皆様と密なお話ができて感謝しています。私は前半の「心地よい空間」についてお話しさせてもらいました。人が...

  6. 見上げれば - YAJIS OFFICE BLOG

    見上げれば

    ナナミノキが笑っていたWhen I looked up the sky, the holly tree laughed at me. 2017年8月中旬 兵庫県明石市明石公園Middle in Aug., 2017. Park of Akashi, Akashi, Hyogo Pref.MINOLTA α-7, MINOLTA New AF 28mm F2FUJIFILM FUJICOLOR...

  7. 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』とエコロジー - L'art de croire             竹下節子ブログ

    『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』とエコロジー

    『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』を見た。『ダンケルク』に続いて戦争映画を観るなんてどうかしている。 このシリーズの前二作は観ていない。20世紀にあった最初のシリーズも見ていない。これまで食指を動かされなかったのだ。猿に感情移入もできないと思った。 今回は予告編で「猿」の表情が人間より人間らしく見え、テーマも地球の未来と異種共存について考える私の心の琴線に触れるものがあったのだ。(日本...

  8. 地球のために何ができる?  3 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    地球のために何ができる? 3

    (承前)さて、『ラ・デクロワッサンス』紙の記事。見出しは「エリザベト・バダンテール  システムの哲学者」というものだ。 フィガロ紙のジャーナリストのウージェニー・バスティエはカトリック系エコロジー雑誌『リミット』の主幹でもあるが、自著の中でデクロワッサンス(つまり成長の反対の縮小)主義の先駆者でもあるクリストフ・ラッシュを引用して、フェミニズム運動が資本主義に汚染され、広告産業のようにスロー...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ