エゾミドリシジミのタグまとめ

エゾミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエゾミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エゾミドリシジミ」タグの記事(24)

  1. ゼフの開翅3連発 - 蝶超天国

    ゼフの開翅3連発

    7月27日台風が来ているのにフィールドに出るべきか迷いましたが・・・・・信頼している天気予報によると曇り基調なので・・・出かけることにしました。ラッキーなことに予報通り曇り空から早朝スタートできました。ある意味ゼフィルスには最高の天気です。この日の狙いは先週イマイチだったゼフの開翅です。まずはウラミスジシジミが降りて来て・・・・暫くすると開翅してくれました。とても新鮮な個体で暫く開翅していま...

  2. 開翅してくれないゼフ - 蝶超天国

    開翅してくれないゼフ

    7月20日つづきウスイロオナガシジミを撮影した時には、他のゼフィルスも当然いました。今年こそ、アイノ(特に♀)の開翅を撮ろうと頑張ると・・・・アイノミドリシジミ♀が早速降りて来てくれました。LEDを使用しても開翅する気配はありませんでした。どれも新鮮で飛ぶ姿はB型やAB型に見えます。翅裏の色は赤っぽく見えますね。同じような翅裏の色で一瞬間違えますが、ミドリシジミも混じります。アイノ♂も時々降...

  3. エゾミドリシジミ - 風任せ自由人

    エゾミドリシジミ

    今回の主役のエゾミドリシジミも、前回の記事の主役であるウスイロオナガシジミ同様、最近4回のゼフ探索で4回とも出会うことができた。1回目の時に撮影したエゾミドリシジミは「ゼフ三昧」の記事で既に紹介済み。2回目はメスアカミドリシジミ雌の開翅に酔い痴れた後、そろそろエゾがテリを張る時間だろうと奥に進んでいくと、既に皆さん大集合で、その輪に入る余地はなく、隙間から望遠レンズで撮るのがやっとだった。そ...

  4. メスアカミドリ、エゾミドリなど - 自然を楽しむ

    メスアカミドリ、エゾミドリなど

    7/7 午後から天気が回復してきたので、メスアカミドリのテリ張り場所へと向かった。最初に現れたのはエゾミドリ。しばらく開翅した後、どこかへ飛び去ってしまった。メスアカミドリは、すでに数日前から多くの方が撮影されている個体と同じと思われる♂が撮影対象となってくれた。その他、同場所ではミスジチョウ、イチモンジチョウ、クジャクチョウなどがみられた。

  5. 高原のゼフィルス蝶を楽しむ(2019/07/13)群馬遠征① - 里山便り

    高原のゼフィルス蝶を楽しむ(2019/07/13)群...

    高原のゼフィルスを楽しみに 「蝶と山 てくてく写日記」 の 'banyan10さん' に同行しました。現地では 'banyan10さん' のお知り合い 'Tさん' ともご一緒しました。..........POTD..........嬉しい初見、初撮り。'メスアカミドリシジミ♀' を選びました。-------...

  6. ゼフ三昧 - 風任せ自由人

    ゼフ三昧

    薄曇りという天気予報を信じ、それなら早朝からでなくても大丈夫だろうと、いつもだったら早朝に到着するように出かけるカシワの林に5時半頃の出発で出かけた。途中、青空が広がっている場所もあってちょっと焦ったが、現地は期待通りの薄曇りだった。そこには何年かぶりだったが、カシワの木も含めて林が切り開かれて畑が広がっていた。それでも、ちょうどゼフの適期だったようで、多くのゼフを撮影することができた。とこ...

  7. クロミドリシジミ他6月26日 - 超蝶

    クロミドリシジミ他6月26日

    南信の公園の続きで蝶友さんが、あっクロミドリシジミって声をかけて頂きました。望遠で確認すると、確かに!!!間も無く、開翅帰りにキマルリの生息する高原に寄りました。3時頃まで待ちましたが、目の前を1頭スルー撮影には至りませんでした。ふと、カシワの葉に、クリソ系ゼフ尻尾が太く短いので、エゾミドリシジミ高原を下っていると、毎年出会える場所今年は、少し近くでテリハリ中発見でも、高い。メスアカミドリシ...

  8. 今年のゼフは低調? - チョウ!お気に入り

    今年のゼフは低調?

    今年はどうもうまくタイミングが合いません。フジミドリのブルーに魅せられて訪れたものの 1回目は全く見ず。一週間後に再訪問した時にはボロボロの個体ばかりでした。単にタイミングだけなのかもしれませんが、他の種を含め今年は全体的に個体数が少ない気がするのですが気のせいでしょうか・・・この日は他の種を含めチョウの姿は少なく、ようやく見つけたフジミドリシジミの♀です。♀もこの日見たのは2頭のみでした。...

  9. 北陸のゼフ:アイノミドリ、エゾミドリ、ジョウザンミドリ - 自然を楽しむ

    北陸のゼフ:アイノミドリ、エゾミドリ、ジョウザンミドリ

    8時近くになると、アイノミドリが現れ、あちこちでテリを張り始めた。しかし、目線より高いところに止まり、またすぐに飛び出して他の♂への追飛が始まるので、なかなか撮影のチャンスがない。少し離れたところでテリを張っていたのは、ジョウザンミドリ(だと思う。)こちらは、エゾミドリシジミでしょう。2時間くらい遊んだところで、早めに本命のポイントへ移動です。

  10. エゾミドリ・オオミドリシジミ北陸の蝶④ - 蝶のいる風景blog

    エゾミドリ・オオミドリシジミ北陸の蝶④

    北陸滞在中、山間の鄙びた旅館に2泊、シティーホテルに2泊した。旅館に宿泊した時は朝5時に宿を出て林道を散策、7時の朝食に戻りまたゼフ探しをした。ホテルの時は4時にホテルを出た。朝から活動するゼフの観察が目的だからやむを得ない。林道ではエゾミドリシジミ、オオミドリシジミも発生が始まっていた。Chrysozephyrusのアイノミドリ、メスアカミドリと比べると、Favoniusのエゾミドリ、オオ...

  11. 狙いの越冬卵は見つからず・・・ - 蝶超天国

    狙いの越冬卵は見つからず・・・

    3月9日そろそろ新生蝶がいろいろと飛び出すと思われますが・・・もう少し越冬卵を探したくて早朝に出発し雪の残る山に向かいました。今回の狙いは今シーズンは未見のウスイロオナガシジミです。ミズナラの林で越冬卵を探すのですが、これまで数回しか見つけたことがありません。こんなにミズナラだらけの林の中から探すのも大変です。比較的若い木の幹を舐める様に探したり・・・・横に張り出した枝の凹部を中心にLEDで...

  12. 越冬卵の弾丸探索その2 - 蝶超天国

    越冬卵の弾丸探索その2

    2月23日つづき午後はクヌギやコナラなどが多い山の中にチャレンジしてみました。今まで探したことのない場所ですが、情報によると色々見つかるとのことです。ここでは探したことがありませんが、これは知人の情報です。コナラの大木から上向きに生える枝の分岐にエゾミドリシジミがありました。カメラが分岐で近寄れないのでトリミング画像はこんな感じで綺麗です。山の斜面を登っていくとミズナラにウラミスジシジミの卵...

  13. エゾとアイノの復活?? - 蝶超天国

    エゾとアイノの復活??

    7月14日昨年は個体数が極めて少なかった場所に今年も定点観察に行きました。一番の狙いはウスイロオナガでしたが、エゾミドリシジミばかりでした。エゾミドリは昨年激減していましたが、かなり復活していました。特に♀は次々と降りて来てくれました。笹の上で突然開翅しました。角度を変えて・・・下草に降りてきた個体を全部撮影していると時間が無くなってしまうので・・・・ミズナラに静止したシーンを・・・・地面に...

  14. 陽が出ればゼフ登場~アイノミドリシジミ - チョウ!お気に入り

    陽が出ればゼフ登場~アイノミドリシジミ

    前回の続きです。樹々に陽が当たり始めるとどこからともなく一気にゼフィルスが飛び出します。翅が緑色に光っており今度こそはアイノミドリのようです。あちらこちらで卍巴飛翔が起こります。飛翔写真も試みますが今回もNG写真の大量生産となってしまいました。結構近くにも止ってはくれるのですが、止ってもすぐに他の個体を追いかけスクランブル発進を繰り返し、シャッターチャンスが無い状況でした。撮影のことを考えな...

  15. 2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(4)ウスイロオナガシジミ2018.7.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(4)ウス...

    2018.7.3(続き)前日と同じメスアカミドリシジミのポイントに着くと、青空が見え始める。まだ薄暗い中、すぐに1頭が飛んで来て翅を拡げるが距離は遠い。一度姿を消すが、日が当たり始めるとすぐ戻ってきた。日の当たる場所が増えるにつれ近くにもやってきたが、頭の向きが問題。遠くても頭がこちら向きだと4翅とも輝く。が、トリミングすると解像度がまるで不足。やっと、距離5~6mでも翅を拡げるものの、前日...

  16. 2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(2)エゾミドリシジミ2018.7.10 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(2)エゾ...

    2018.7.2(続き)メスアカミドリシジミのテリ張りが終わり、そろそろエゾミドリシジミのテリ張りが見られるだろうと林道をゆっくり流す。15時30分、駐車スペースがあったので車を降り、日の当たる梢を探すとゼフが飛んでいた。遠くてよくわからなかったが、撮影してみるとエゾミドリのようだ。1頭を追いかけてこの場所から消えてしまったので、近くを探すと薄暗い谷間の中を飛び回っているゼフがいた。ただし距...

  17. 真夏の高原で(壱) - 不思議の森の迷い人

    真夏の高原で(壱)

    春先から蝶たちの発生が例年より早いので、7月初めに群馬の高原に出かけることにしました。1泊2日の予定でした。1日目は「蝶と自然。」のNAGUさんと現地でお会いすることになっていました。私が降りるバス停を間違えたせいで、だいぶお待たせしてしまいました。少し早まってしまったのか、目当てのミドリシジミの仲間は飛んでいません。それでもNAGUさんの奥さまが羽化したてのようなエゾミドリシジミを発見され...

  18. 2018.7.2ー3群馬・ゼフィルスの高原メスアカミドリシジミ(1)2018.7.7 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.7.2ー3群馬・ゼフィルスの高原メスアカミド...

    2018.7.2梅雨は明けたが、これからが東京はチョウ的には苦しい季節。どうしようかと思っていたところ、NさんSさんご夫妻から群馬県にゼフィルス撮影のお誘いがあり便乗した。早朝からは行けないので、アイノミドリとジョウザンミドリのテリ張りが一段落する11時少し前、現地近くのコンビニで待ち合わせ拾ってもらう。まず、11時ころからがメスアカミドリがテリ張りするというポイントに行く。しかし、メスアカ...

  19. メスアカミドリシジミなど - 自然を楽しむ

    メスアカミドリシジミなど

    午後は、少し寄り道をしながら、いつものメスアカミドリのテリハリポイントへと向かいました。現地に到着した時は、夏の太陽が照り付け、ゼフの姿は全く見られなかったものの、流れる雲が少しの間日差しを遮ったと同時に、卍をする2頭の蝶が目の前に現れました。しかし、縄張り争いに勝利した方はすでに少し破損やスレがある個体。今年もベストの撮影のタイミングを逃してしまいましたが、それでも目の前で繰り返しテリを張...

  20. ゼフィルス巡り・・・②ジョウザン・エゾ・ハヤシミドリシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゼフィルス巡り・・・②ジョウザン・エゾ・ハヤシミドリシジミ

    2年前、野鳥の会の先輩の影響でシジミチョウ科だけは一通り撮っても良いなと思うようになった。それまではギフチョウとクモマツマキチョウ・オオムラサキ程度と、ルリシジミやヤマトシジミにベニシジミという身近なシジミしか撮ったことがなかった。ある日、アカショウビンを探していると青緑色のキレイなシジミチョウが舞っていた。すかさず500mmで撮っては見たものの、ミドリシジミ系だとは解っても名前がさっぱりわ...

総件数:24 件

似ているタグ