エッセイのタグまとめ

エッセイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエッセイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エッセイ」タグの記事(323)

  1. 【キャンプ】夜の魅力を知らずして、キャンプをしたと言えるか? - SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !

    【キャンプ】夜の魅力を知らずして、キャンプをしたと言えるか?

    最近、キャンプ場のルールが厳しくなり、就寝時間の制限が早まっている傾向があります。これはこれで言うまでもなく仕方ないところです。そうせざる得ないからです。一方起きていたい=簡単には寝たくないという欲求もあります。何故なら夜こそキャンプに求める非日常の最たる時間だから。宴会のために起きていたいというのは、ここでは論外。宴会は日常の延長です。そうではなく、夜の本当の魅力を堪能したいという欲求です...

  2. 鳥類学者 無謀にも恐竜を語る - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

    NHKのラジオ「夏休み子ども科学電話相談」の、鳥の分野の先生としておなじみの川上和人先生。「はいどうもこんにちは川上でーす」の挨拶にはじまり、ユーモアを交えた軽快な口調で、鳥のことをわかりやすく教えてくれる先生です。その川上先生の本が話題になっているとのこと。まず、この本が文庫化されました。テーマは恐竜…?!川上先生が、恐竜をどう語るのか…?鳥類学者 無謀にも恐竜を語る川上和人/新潮社、新潮...

  3. はじめからその話をすればよかった - TimeTurner

    はじめからその話をすればよかった

    大好きな本や音楽、三人の子供たちとの暮らしを紡いだ身辺雑記、書評、創作の背景を語る自著解説などなど、宮下奈都の初エッセイ集。文庫化に際し、掌編小説2編とエッセイ2編を収録。なんだか読んだ記憶のあるものが幾つかあるなあ。『緑の庭で寝ころんで』や『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』とかぶってるものがある気がする。本当はこれが最初のエッセイ集だから、あとの2つがだぶって収録しるんだけどね。掌...

  4. 今年は喪中だから - 化石最北ブログダダーンDXDX!!

    今年は喪中だから

    今年は実母と外祖母が他界して喪中だから、喪中により年末年始の御挨拶を控えさて頂きますことをここにお知らせします。北海道アンモナイトまだまだ魅力的な価値ある。あきら

  5. コッツウォルズが夢に  笑    2018 冬 - Hawaiian LomiLomi ハワイのおうち 華(レフア)邸

    コッツウォルズが夢に 笑 2018 冬

    私、お誕生日が終わってから 全てが目まぐるしく変わるので切り替えが早い私といえど付いて行くのに必死です。お客様に話しても え!それは忙しい と驚かれます。はい。私も自分で忙しすぎて もう、、。旅行のきっかけはいつも突然やってきますが今回もその口。今回は 老人を連れて (母ですが 笑) コッツウォルズ含めイギリスフランスを旅してきます。その段取りがもう 大変でした。私もこだわりが強いので ...

  6. 牧師ノート 2018年12月 - 日本ナザレン教団 尾山台教会

    牧師ノート 2018年12月

    「え、もう12月ですか!?」。最近、何人もの方とそんな会話をする事が多くありました。暖冬のせいなのか、秋の気分が全く抜けきらず、今年は時間が過ぎるのが早いなと、私だけでなく皆さんも感じているのではないでしょうか。12月と言えばイエス・キリストのご降誕を祝うクリスマス。教会では1年でもっとも忙しい月なのですが、今年は12月に「不意打ち」されたので準備が遅れ、更に先週は妻がインフルエンザで倒れ…...

  7. So by - MATSUDAS

    So by

    少し古い話題となりましたが、年間の流行語大賞が「そだねー」になったそうです。北海道弁で「そうだね」との意味ですが、天草ですと「そうバイ」となります。昔は、「そがんねー」あるいは「じゃっと〜」などと言っていましたが、近年は古い方言や長ったらしい言い方が敬遠されて「そうバイ」となってきたのでしょう。結構自分は気に入っている言い回しで、スタッフ:「インチョー、右上2はメタボンですよね?」私:「そう...

  8. 冬の食卓 - MATSUDAS

    冬の食卓

    庭の紅葉も過ぎる頃になると暖かい鍋料理などが恋しくなります。とはいっても毎日鍋とはいかないので、家人が時々冬らしい食べ物を準備してくれますが、カブとアサリの炊き合わせは好物の一つです。アサリの出汁がカブに染み渡り、柚子の香りを少し立たせると冬に相応しい優しく暖かい味になります。とはいうもののなぜか今日は暖かく、気温25度、春のような陽気になりました。今晩の献立に予定していたニシン蕎麦は少し延...

  9. ああ言えばこう言う - JasmineTea Break

    ああ言えばこう言う

    「 ああ言えばこう言う」⇒あれこれと屁理屈をつけて言を左右し、口答えすること一見子どものやりがちなことを連想するが、実はそうでもない。むしろ大人の方がはるかに多いし、やりかたが狡猾だ。しかし冷静に観ると根拠が稚拙なことが多い。飲酒運転で殺傷事故を起こした容疑者の言から国会答弁に至るまで、身を守るためにみんな恥も外聞もなく必死で実践している。近年特にこれが多くなったのは、あふれかえる情報の谷間...

  10. 被害妄想止まらない今月のベスト - 化石最北ブログダダーンDXDX!!

    被害妄想止まらない今月のベスト

    今月上半歯医者通いが続きスケジュール溜まり過ぎてアンモナイトアタック不可能な事態が続いて 23日に外祖母が102歳にて他界して 我がメンタルやられてる。実母に続いて身内が不幸が続き、被害妄想止まらない。rzさんブログに浅はかなコメントしたばかりにコメント削除されて稚内市アンモナイト語る資格はないという事態に追い込まれ 精神は破壊された。来月冬場乗り切っていきたい。さらし首の写真のようなメンタ...

  11. ツワブキの花のちらし寿司と水彩画 - はなひかり2

    ツワブキの花のちらし寿司と水彩画

    水曜日の色17ツワブキの花のちらし寿司と水彩画下田に行ったら、ツワブキがまるで屋久島のように明るく元気よく咲いていた。下田の海は青く、日の当たる坂道はぽかぽか陽気で、そんな風景や日差しが、まるで屋久島のようにと私に思わせたのかもしれなかった。帰って来て何日かして、お昼にちらし寿司を買って来て食べたのだが、ツワブキの花のちらし寿司のことを思い出した。それは、私が毎日読むのを楽しみにしていた、屋...

  12. 【コラム】キャンプから100円ライターが消えた日 - SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !

    【コラム】キャンプから100円ライターが消えた日

    世はキャンプにつれ、キャンプは世につれ・・そんな言い方はありませんね(笑)とはいえ本当にキャンプも時代で大きく変わります。だって今のキャンプスタイル、10年前には稀だったし、20年前には存在すらしなかったわけですから。大きな現象ではなく、細かな事象も変わってきていることがあります。最近ふと気が付いたのが「ライター」の存在。キャンプ専用のライター(ガスマッチ)のことではありません。100円ライ...

  13. お悔やみ - 化石最北ブログダダーンDXDX!!

    お悔やみ

    今朝外祖母が死んだ。102歳。 日曜日にはそうぎた

  14. 払暁の釣人 - MATSUDAS

    払暁の釣人

    狩猟解禁以来ほぼ毎日診療前に出猟しています。昨日日曜は午後からとある研修だったので、ほんの一時間ほどですが猟場へ向かいました。道すがら夜明けを迎える海沿いの道路で写真を撮っていると一人の釣人が腰辺りまで立ち込んでロッドを振っています。天草とはいえさすがに海中は冷えるだろうと思いますが、声をかけるとシーバスと太刀魚を釣っているとのことです。釣人が朝やけに重なり思わず開高健のフィッシュオンの「川...

  15. 狩猟解禁 - MATSUDAS

    狩猟解禁

    昨日11月15日は狩猟(鳥猟)解禁日でしたが、天草に帰郷以来この日ばかりは休診を決め込んでいます。この30年ほどで唯一例外だったのは2009年のGC社講演の講師の時だけです。昨日も夜明まえから夕方まで里山を駆け回りましたが、なんと獲物皆無でした。いつものフィールドで他のハンターとバッティングしたことも一因ですが、30年前とはフィールドも少しづつ変わってきていることも原因です。あぜ道が散歩道に...

  16. 牧師ノート 2018年11月 - 日本ナザレン教団 尾山台教会

    牧師ノート 2018年11月

    先日、子どもの学校での漢字テストが戻ってきました。点数はよく頑張ったのでともかく、テストの紙をよく見ると、綺麗な字を書こうと、失敗した字を何度も消しゴムで消した跡がありました。「止め」や「はらい」をキチンと書かないと「○」がもらえないとの事。子ども達も頑張ってるなと思います。ふと、私達の人生も、「こういう事がありました」とテスト用紙に書いて、生涯の終わりの時に神さまにお返しするものだとしたら...

  17. やわらかなレタス - 人材サービスの品格 ~リアルライフ~

    やわらかなレタス

    こんにちは!小春ですタイトルからして、またしてもご飯の話か・・・と思われたかも知れませんが!今日は、私の大好きな作家である江國香織さん について書きたいと思います✨私は基本的に女流作家が好きなのですが、なかでも特に、江國香織さん と 三浦しをんさん のファンです。江國香織さんは、文体が好き。三浦しをんさんは、お話の展開が好き。お二人の作品は手元に残して何度も読み返したくなります。そして、タイ...

  18. 左肩にれいがたたんたんツイテイルトキハ - 化石最北ブログダダーンDXDX!!

    左肩にれいがたたんたんツイテイルトキハ

    5年前から自分左肩にれいがたたんたんツイテイルトキハ『基本的に霊が憑いているときはおんぶしている形になるので、左肩だけでなく、全体的に重くなるという感覚です。左には負のアンテナ、右には生のアンテナがあるという点で言えば、左に少し比重がかかることもあると思いますが、そんなに変わりません。また、いいものは頭から、わるいものは足元から体に入ってくるといいます。足が重くなる時は、憑かれている場合があ...

  19. 御土居の茶菓子 - MATSUDAS

    御土居の茶菓子

    元来甘党ではないのでスイーツといわれてもまったく反応しません。しかし、これだけはなぜかピクリと反応してしまいます。京都の北野天満宮の御土居のもみじ苑はこれから紅葉の盛りを迎えますが、秋にここでだけしか食べることができない茶菓子なのです。一見コンパクトなどら焼き風ですが、白味噌風味。老松という老舗の店が作っていますが、直にお店に行っても販売されておらず、この時期の御土居の茶店でのみ供しています...

  20. 「シズコさん」 - Kyoto Corgi Cafe

    「シズコさん」

    佐野洋子の「シズコさん」を読みました。佐野さんのエッセイは4年ぶり。歯に衣着せぬ文体と視点は相変わらず魅力的ながら、出来ればもっと前に読みたかった。親の老いを経験した者にはリアル過ぎてちょっと苦い。母親のシズコさんがずっと嫌いで、老人ホームに入れてお金で母を捨てた罪悪感を抱いていた洋子さん。認知症になった母にベッドで添い寝しながら「ごめんね、母さん」と号泣する場面は身につまされます。強烈な出...

総件数:323 件

似ているタグ