エドヒガン(江戸彼岸)のタグまとめ

エドヒガン(江戸彼岸)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエドヒガン(江戸彼岸)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エドヒガン(江戸彼岸)」タグの記事(7)

  1. プランCで、桜めぐり - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    プランCで、桜めぐり

    出来るだけ三密の空間や人ごみを避けるとなると、この季節の過ごし方はどうしても「プランC」になってしまう。午前中に夕食の買い物を兼ねてウォーキングをし、昼食を人の少ないお気に入りのカフェなどでそこそこに済ませ、あとは、春ならゆっくりとご近所の知られざる「エドヒガン(江戸彼岸)」などの桜めぐりや、「コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)」などの絶景スポットで花めぐりをするというコース。この日も、黒...

  2. エドヒガン咲きました見事です - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    エドヒガン咲きました見事です

    市天然記念物にも指定されている一庫公園の「エドヒガン(江戸彼岸)」桜が咲きました。見事です。「オオシマザクラ(大島桜)」も一緒に開花しました。我々はといえば、鹿に破られたネットの修復、苗を植樹したあと、ツリー・シェルターで保護している「クヌギ(椚、櫟)」の幼木に絡まっている蔓取りをし、そのあとは2年ほど前に我々が周辺整備をし、すっかり景観が良くなったエドヒガン群生林を愛でる。桜を見に来る来園...

  3. ご近所の公園めぐり、花めぐり - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    ご近所の公園めぐり、花めぐり

    ご近所の桜です。すぐ近くの66階段の脇に独り立ち、周りの桜よりいつも1週間近く早く咲く。しかし樹勢の衰えは隠せないようで、上の先端は枯れ始めているようだ。「ソメイヨシノ(染井吉野)」ではないかと思うのだが、多分この団地ができた50年ほど前に移植されたのだろう。「ソメイヨシノ」の寿命は60年ほどと言われているので、もうそろそろ寿命か。そう思うといっそう色鮮やかに感じる。こちらは、寿命千年といわ...

  4. 迎えてくれたのは小葉の三つ葉躑躅と黒文字 - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    迎えてくれたのは小葉の三つ葉躑躅と黒文字

    やっと咲いた「エドヒガン(江戸彼岸)」桜。その花見をする暇もなく、山頂付近へ倒木処理に向かう。尾根筋には「エドヒガン」はないが、ほぼ同じ頃に咲き出す「コバノミツバツツジ(小葉の三つ葉躑躅)」が、その鮮やかな淡紫色で迎えてくれる。今日も散策路の頭上の折れ枝や倒木の処理。すっかり暖かくなったので、一枚脱いでも汗・・・。下りの路に、この山に多い「クロモジ(黒文字)」が黄緑色の花を付けだしたのに気が...

  5. エドヒガン咲きました! - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    エドヒガン咲きました!

    待ちに待った「エドヒガン(江戸彼岸)」桜が咲いた。「オオシマザクラ(大島桜)」なども・・・。さあ、明日は早めに作業を切り上げて、お花見だ!!今宵のピアノ、「ジョージ・シアリング/George Shearing」の演奏で「Sakura Sakura」。1987年、「富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル/Fujitsu-Concord Jazz Festival」でのライブを収録したアルバム...

  6. 一庫公園桜づくし - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    一庫公園桜づくし

    森林ボランティアの活動フィールドである兵庫県立「一庫公園」。市天然記念物に指定されている「エドヒガン(江戸彼岸)」群生林の整備を続けてきたが、お待ちかね「エドヒガン」をはじめとして、「ヤマザクラ(山桜)」、「オオシマザクラ(大島桜)」が、一斉に咲き出した。例年は開花の時期に時差があるのだが、厳冬が続いた後、一気に暖かくなったためか、百花繚乱、一斉に咲き誇りだした。やはり「桜」が咲かないことに...

  7. 鹿も気になる?桜の開花 - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    鹿も気になる?桜の開花

    活動フィールドである「一庫公園」の桜の開花時期を調査するため、観察指定樹木へと向かう。親子連れの鹿、3頭が一昨年から市天然記念物に指定された「エドヒガン(江戸彼岸)」群落を見上げている。鹿も桜の開花が気になるもだろうか?今年から、市より「地球温暖化観察員」という大層な肩書きを委託されたが、平たく言ってみれば、市内全域にある桜の開花時期を調査するためのボランティア要員である。担当のこの公園では...

総件数:7 件

似ているタグ