エルタテハのタグまとめ

エルタテハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエルタテハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エルタテハ」タグの記事(56)

  1. ソバ畑のチョウ2種:その2/検証こそ重要、コロナ対策 - 赤いガーベラつれづれの記

    ソバ畑のチョウ2種:その2/検証こそ重要、コロナ対策

    最近は、生き物全てに興味が広がっているせいか、お出かけして目的の鳥さんに遇えなくても以前のようにがっくりは来なくなりました。チョウはよく分かりませんが、帰って図鑑を見ながら、調べる時間も楽しい。自然に感謝ですね。山際のソバ畑で出遇ったアカタテハさん?かな。もっと開いていて表がきれいに見えたらなあ。裏は枯れ葉のようなのに、表は鮮やかなエルタテハさん?裏の小さな白いL字が目印。緊急事態宣言が解除...

  2. 白樺林の蝶 - 飛騨山脈の自然

    白樺林の蝶

    白樺林で見られた新鮮なシータテハ。平地にもいるアカタテハ。エルタテハの♂。エルタテハの♀。クロヒカゲ。ルリタテハは3頭いたが1頭逃げられた。ルリタテハの開翅を撮ったらオオゾウムシも写っていた。シータテハの夏型♀がまだ綺麗な状態だった。道路の縁石で吸水している秋型のシータテハ。

  3. 快晴の1日でした - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    快晴の1日でした

    朝から晴れ、1日快晴でしたが、結構暑かった。午前中、今期最後のチャンスとばかり、キベリタテハ観察に出かけたが、最後のチャンスには現れる事が無かった。しかし、クジャクチョウやエルタテハ、シータテハなどはやって来た。大集結していたアサギマダラは南下の旅に出た様で、1頭も見かけませんでした。これから高原も寂しくなります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー早々に撤収し、...

  4. 9月のキベリタテハ観察 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    9月のキベリタテハ観察

    久し振りに青空のお天気を期待したが、結局、曇り時々晴れの1日だった。今朝も訳あって軽井沢町へ、所用が終わって買い物、帰宅後、軽い昼食を摂ってから、久し振りにキベリタテハ探索に出かけた。曇り勝ちでキベリタテハは現れない、しかし、晴れ間があれば必ず飛び出すと確信、待つこと1時間、晴れ間の瞬間に、何度か1頭若しくは2頭が同時に飛んで来た。相当に露出調整が狂って、変な画像になってしまった。別の個体は...

  5. 第15弾、お山の今時のタテハ類、今期初見のシータテハ(2021/08/Late)① - 里山便り

    第15弾、お山の今時のタテハ類、今期初見のシータテハ(...

    お山の蝶達もソロソロ終盤ではありますが、まだまだ撮りたい蝶達も沢山います。晴間さえあればじっとしていられません。お目当ての蝶ではなかったのですが、今期初見、昨年度は見られなかった 'シータテハ' がお目見えです。..........☆ My Cup of Tea ☆.........一見するとボロボロのように見えますが、ピッカピッカ個体です。日陰の中の「根暗撮り」...

  6. お天気良くてキベリタテハ - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    お天気良くてキベリタテハ

    今日から浅間高原も暫くお天気が良いらしい、少し早めに湯の丸高原に出かける。先日来のキベリタテハ観察の続きである。長年、姿を消したキベリタテハだから今は執拗に探索を継続してます。今日は幸運にも2頭のキベリタテハが一緒に見られた。キベリの色合いが2頭で違っております。白と黄色(ゴールド)で全く違いますね。2頭共に傷みも無く美しい個体でした。シータテハと一緒エルタテハと一緒クジャクチョウと一緒コム...

  7. お山のタテハチョウたちほか - トドの野鳥日記

    お山のタテハチョウたちほか

    近くの散歩コースではタテハチョウたちが道路のり面のコンクリートにへばりついているのをよく見かけます(あまり写欲は湧きませんがまとめて一枚目に)。二枚目はサカハチチョウ/ゴイシシジミ/アサギマダラ/ルリボシカミキリなど纏まりがありませんが記録まで。

  8. 第12弾、今期初見、エルタテハ(2021/08/mid)① - 里山便り

    第12弾、今期初見、エルタテハ(2021/08/mid)①

    どうやら今期は 'エルタテハ' が大当たりの様です。とはいえ例年の発生時期より大分遅れていました。皆さまご存じの岩場ポイント、到着と同時に複数の 'エルタテハ' が飛来してきました。信じられない事もありました。岩場の前(林道反対車線)に駐車、堂々とネットを取り出しスタンバイの採集者さんが居ました。当初撮影中は遠慮していたのですが、我慢できなくなって...

  9. 今日も山中に入る - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    今日も山中に入る

    午前中は比較的晴れ間があり、午後は雨もあるらしい予報だった。午前中、朝早く、ご近所でミヤマカラスアゲハ♀がブッドレア吸蜜でした。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー午前中、遅めの時間帯に湯の丸高原へ行った。ここでもミヤマカラスアゲハ♀と出遭った。スジボソヤマキチョウ♂が1頭林道を飛んでいた。エルタテハは多産のシーズンでした。今期初めて林道でキベリタテハを見...

  10. エルタテハ他 - 風任せ自由人

    エルタテハ他

    キベリタテハを撮影した崖やその周辺ではエルタテハ、クジャクチョウ、アサギマダラにもレンズを向けた。エルタテハクジャクチョウアサギマダラ

  11. 今日も雨・・・ - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    今日も雨・・・

    雨ばかりの日々が続いております。未掲載の蝶を貼ります。今シーズンはエルタテハの発生が多いです。ヘリグロチャバネセセリ、あまりUPする機会が無かったけど、浅間高原では健在な蝶です。

  12. 壁の好きなタテハ達 - 蝶超天国

    壁の好きなタテハ達

    7月11日つづきアイノのテリ張が10時頃終了した後は・・・次のポイントへ移動しながら途中で人工的な壁に張り付くタテハ達を狙いました。まずは、オオムラサキです。ルリタテハも来ていました。そしてコムラサキも・・・違う壁にはエルタテハもいました。そして狙っていたシータテハです。翅裏の「Cマーク」も撮っておきました。テングチョウやミドリヒョウモンは沢山いましたが、写真はありません。タテハではありませ...

  13. 20210528 【蝶】「C」か「L」か - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210528 【蝶】「C」か「L」か

    シシウドにタテハチョウが1頭止まっていました。「これは、CかLか?あるいはキタテハか?」翅を立ててくれました。「シータテハだ!」

  14. 白馬のヒメギフ(1) - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    白馬のヒメギフ(1)

    朝から快晴、気温も上昇、起床後、急遽白馬村のヒメギフに出かけた。取敢えず、朝一番に出遭った赤上がりのヒメギフ、朝二番に出遭った越冬明けエルタテハをUPしておきます。明日に続きをUPします。

  15. 多様性 - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    多様性

    弾けるようになりたい、、、美しい音を出せるようになりたい、、、・・・という目標は同じでも、そこに至るまでの過程は人それぞれ。手の大きさも違えば、器用さも違う。性格はもっと違う。仮にレッスンマニュアルがあったとして、その通りやれば皆が目標を達成できるとは限らない。合わない人にそれをやると、時に悲劇が起こりにけり。。。目標に至る過程はみな違う。マニュアル通りではなく、生徒の特長を見抜いて、臨機応...

  16. お隣近所の越冬明け蝶達 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    お隣近所の越冬明け蝶達

    今日も昨日同様に暖かくて穏やかな1日でした。何処にも出かけず、直ぐ近くの林で越冬明け蝶を観察出来た。クジャクチョウは先ず先ず越冬後としては綺麗な個体でした。白樺の樹液にはシータテハ2頭が吸蜜に執着してました。エルタテハも1頭見かけたけど、左前翅に傷みが見られた。越冬明けシータテハとエルタテハのユーチューブ動画↓越冬明けシータテハとエルタテハ

  17. 越冬明け蝶真っ盛り - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    越冬明け蝶真っ盛り

    朝から快晴、暖かい1日でした。とは言っても里とは違って15度位でした。午前中、居住区内のMFの白樺の樹液に今年も越冬明けの蝶が沢山やって来てました。(上からシータテハ、エルタテハ、エルタテハ、ヒオドシチョウ)上からエルタテハ、ヒオドシチョウ上からシータテハ、エルタテハ、シータテハ上からシータテハ、エルタテハ、シータテハ上からシータテハ、、シータテハ、エルタテハ、シータテハシータテハ3頭+エル...

  18. 復帰した生徒たち - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    復帰した生徒たち

    今年は、レッスンをしばらく休んだ後に復帰した生徒がけっこういる。社会人がふたり、高校生がふたり。ブランクがあるにも関わらず、みんなピアノの音色がきれいだなぁ。ワタクシのレッスンを生かしてくれて、嬉しい限りです。エルタテハがいた。これから成虫越冬。旭川の厳しい冬を乗り越え、来春また会いましょう。

  19. カンバ類自生地 - 飛騨山脈の自然

    カンバ類自生地

    シラカンバ・ダケカンバが生えるところはキベリタテハやエルタテハが発生する地域である。彼らに会いたくて出かけた。地表にいたエルタテハが高い位置の枯れたササで開翅した。少し待っていたらウダイカンバの幹に止まってくれたがやはり遠い。別の個体が壁に止まってくれた。きれいなサカハチチョウが1♂だけ見かけた。シータテハが少し古い獣糞に来ていた。標高が高いのでもう秋型になっている。残念ながらキベリタテハは...

  20. 終盤の湯の丸高原へ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    終盤の湯の丸高原へ

    天気予報では日中の天気は良かった筈でしたが、曇り時々晴れとあまり良くはなかった。今期の終盤が間近な湯の丸高原へ爺・婆・わんこで今日もコンビニ弁当持参でピクニック気分のお出かけでした。お天気が差ほどに良くなかったので、むしろ寒いくらいでした。まだ緑系ゼフが見られました。ジョウザンミドリシジミだと思います。白樺止まりのキベリを期待したけど、残念ながらエルタテハでした。キベリタテハと同じ食樹である...

総件数:56 件

似ているタグ