エンゼルスのタグまとめ

エンゼルス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエンゼルスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エンゼルス」タグの記事(110)

  1. NFL第6週MNF、エンゼルスの新GM、久しぶりの対局 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第6週MNF、エンゼルスの新GM、久しぶりの対局

    NFL第6週MNFが開催された。AFC地区の優勝を狙うチーフスとビルズが対戦した。両チームとも地区首位を走っており1敗しているものの十分に地区優勝、リーグ優勝を狙えるポジションにいる。ポストシーズンの話をするのは早すぎるかもしれないがまずは勝つことが求められる試合であった。試合は予想通り熱戦となり、ビルズがFGで先制するとチーフスもTDを奪って逆転するど大熱戦の試合となった。その中でもチーフ...

  2. エンゼルス5連勝、福永リーディング、豊島逆王手、タナック優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス5連勝、福永リーディング、豊島逆王手、タナック優勝

    来季を見据えた戦力補強に動き出したと思われたエンゼルスだが、なんと今季初の5連勝である。特に昨日のアストロズ戦のダブルヘッダーが見事な勝利であった。第1試合、初回に大谷翔平のタイムリーで先制したものの、すぐに同点に追いつかれ、3回に3点を取られて逆転されてしまった。しかしエンゼルス、トラウトの300号本塁打などで4-4と追いついた。試合は一進一退の展開となり、アストロズが7回(ダブルヘッダー...

  3. エンゼルス、日本ハム連敗ストップ、藤井棋聖二冠なるか - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス、日本ハム連敗ストップ、藤井棋聖二冠なるか

    4連敗中のエンゼルスであったがジャイアンツ戦の初戦は劇的な幕切れであった。この試合、大谷翔平はベンチスタートとなった。試合は点の取り合いとなり(というよりはリードを守れないリリーフ陣がふがいなかった!)、9回をむかえて5-6と1点のビハインドであった。9回をバトリーが三者凡退に打ち取るとその裏、一死からフレッチャーがライト前ヒットで出塁するとラステラがライトに逆転サヨナラホームランをはなった...

  4. 大谷2戦連続マルチヒット、いよいよWEC再開 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷2戦連続マルチヒット、いよいよWEC再開

    エンゼルスは地元でアスレチックスとの3連戦、チームの調子はエンゼルスが3連敗、アスレチックスが9連勝と対照的である。ここはチームの連敗をストップし、ライバルチームの連勝をストップさせるためにも勝利が必須であった。大谷は5番DHで先発した。エンゼルスは初回、いきなり暴投で1点を先取すると不振だったレンドーンに2ランがでていきなり3-0とリードした。しかしアスレチックスも好調なだけにすぐに同点に...

  5. エンゼルス快勝、藤井棋聖二冠へ王手 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス快勝、藤井棋聖二冠へ王手

    大谷翔平の怪我で意気消沈しているかと思われたエンゼルスであったが、トラウトが産休から復帰しいきなり先制アーチで弾みをつけるとプホルスも2ランと初回に3-0とリードした。先発のヒーニーもリードを守り、6回途中まで1失点におさえると、リリーフ陣も踏ん張った。7回にフレッチャーの2ランで5-1と4点差をつけるとその後の反撃を2点におさえて5-3で勝利した。試合前、マドン監督は「彼なら(二刀流を今後...

  6. 大谷右腕違和感、渡辺二冠挑戦権獲得ならず - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷右腕違和感、渡辺二冠挑戦権獲得ならず

    またしてもエンゼルスの大谷翔平に悲劇が起こってしまった。3日のアストロズ戦に先発した大谷翔平は前回の登板とは見違えるピッチングで1回をわずか8球で三者凡退におさえた。これ以上ない出だしにまずはほっと一息であったが、2回に突如乱れてしまった。先頭打者に四球を出してしまうとなんと連続四球で無死満塁のピンチをつくってしまった。しかしここからがこれぞ大谷翔平というところを魅せてくれた二者連続三振であ...

  7. エンゼルス大勝、藤井棋聖快勝、日本ハム連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス大勝、藤井棋聖快勝、日本ハム連勝

    地元に帰ったエンゼルスがマリナーズに快勝した。ナショナルズから移籍したが、怪我のため出遅れていたレンドーンがエンゼルスで初出場したが、選球眼もよく2四球を選び出塁、最終打席ではレフトスタンドに初ヒットとなる一発を放り込みパワーも魅せてくれた。打撃面でも期待できそうな活躍を初戦から魅せてくれた。大谷翔平も開幕戦以来のヒットを放って初打点をあげ勝利に貢献したがまだまだ本調子とはいかないようだ。今...

  8. 野村骨折、大谷初登板 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    野村骨折、大谷初登板

    日本ハムの野村佑希がオリックス戦に先発出場した。しかし4回の守備の際、右手小指に打球を当てて途中交代してしまった。大阪市内の病院で精密検査を受け「右第5指基節骨の骨折」と診断され、長期離脱は確実となってしまった。ソフトバンク戦で2本塁打と打撃好調だっただけに何とも残念な結果である。怪我は野球選手にはつきものである、今後は怪我治療に専念してほしい。エンゼルスの大谷翔平が紅白戦にトミージョン手術...

  9. 藤井七段強し、MLB日程発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段強し、MLB日程発表

    将棋の第79期B級2組順位戦の橋本崇載八段対藤井聡太七段戦が行われた。B級2組の2回戦は7月8日に行われる予定であるが、藤井七段が棋聖戦に挑戦しており、第3局が9日に行われる予定であることから繰り上げて昨日対局が行われたようだ。先手番の藤井七段は腰掛銀の戦型からすきあらば攻めの手を繰り出す陣形をくみ上げ昼食休憩となった。休憩後、橋本八段が4ニ銀と受けの体制をとった瞬間に4五歩と仕掛けていき、...

  10. MLB7月開幕か、課題は選手会の承諾 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    MLB7月開幕か、課題は選手会の承諾

    MLBと30球団のオーナーが、新型コロナウィルスの影響で3月末の開幕が延期されている今季について7月4日の独立記念日前後に無観客で開幕する開催案を承認したと全米メディアの複数が報道した。内容は下記表に示す通り、東西の移動をさけるため、アリーグ、ナリーグとも同一地区での対戦のみとなる。またアリーグ、ナリーグの同一地区対決が増加するため、ナリーグの試合もDH制の採用がなされるという。試合数は82...

  11. 大谷初安打、有原2度目の先発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷初安打、有原2度目の先発

    エンゼルスの大谷翔平がオープン戦3試合で初安打を放った。レンジャーズとのオープン戦、初回にルーキーアデルのタイムリー2塁打で先制したエンゼルスは一死3塁で大谷がレフトにタイムリーを放った。オープン戦7打席目のヒットはタイムリーのオマケつきであった。またこの試合は右肘あてをつけずに打席にたったが、本人は「どんな感じなのかな?」と気にする様子はなく、また左足を上げないフォームについても「シーズン...

  12. 再び野手補強のエンゼルス、ラリー・スウェーデン開催危機 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    再び野手補強のエンゼルス、ラリー・スウェーデン開催危機

    ドジャーズからピーダーソンを獲得したエンゼルス、先発投手陣の補強が一番重要な事象だがどうもトレードで獲得するのは野手ばかりである。これで強力打線はつくれたが、問題は先発投手陣、MLBの予想では開幕投手に大谷翔平があがっており、昨年一度も登板していない投手を予想するほど核となる投手が不在のようだ。キャンプ中にもトレードで先発投手獲得ができればいいのだが、不安の残るエンゼルスである。不安といえば...

  13. エンゼルス捕手を補強、NFLもプレイオフ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス捕手を補強、NFLもプレイオフ

    エンゼルスが捕手を補強した。ツインズからFAとなっていたカストロ捕手を1年契約で獲得したそうだ。一応先発投手陣はコマが揃ったエンゼルス、弱体化している捕手陣の強化のためにカストロと契約したようだ。ただ実績を観ると、果たして捕手強化といえるのかは?である。リード面は記録には表れないがその他の面は年棒相当の活躍をしているとは思えない。実績面からの評価が年棒に現れているのなら数値以外の部分に価値が...

  14. 豊島二冠好調、エンゼルス不安要素は先発陣 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    豊島二冠好調、エンゼルス不安要素は先発陣

    豊島将之竜王・名人が好調である。昨日行われた第5期叡王戦本戦トーナメントで藤井猛九段を151手で破って準決勝に進出した。竜王位を奪取し、持ち前の序盤からリードしていく戦術に磨きがかかっているようである。準決勝は菅井竜也七段VS佐々木大地五段 戦の勝者との対局となる。佐々木大地五段といえば、第45期棋王戦挑戦者決定トーナメント、挑戦者決定二番勝負の第2局に登場する。棋王戦挑戦者決定トーナメント...

  15. 大谷リハビリ完了、エンゼルス投手を補強、大学ラグビー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷リハビリ完了、エンゼルス投手を補強、大学ラグビー

    エンゼルスの大谷翔平のリハビリが完了したと球団から正式に発表があったそうだ。日本への帰国も認められお正月は日本で過ごすことのようである。2020年1月下旬には渡米して2月のエンゼルスキャンプインに合流するスケジュールのようだ。2020年はプレイオフ進出を目指しているエンゼルスだけに投打二刀流の大谷翔平は欠かせないであろう。そのエンゼルス、重点補強の目玉である先発投手陣に新たにブレーブスからテ...

  16. 日本人メジャーリーガーとエンゼルスの補強状況 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本人メジャーリーガーとエンゼルスの補強状況

    今季のMLBのFA市場は大物選手が早々と移籍先を決めてしまった。ゲリット・コール投手、アンソニー・レンドン内野手、スティーブン・ストラスバーグ投手の契約が決まった。その影響も少しはあるのだろうが、日本人メジャーリーガーが誕生している。ポスティング制度を利用したDeNAの筒香がレイズ、そして巨人の山口俊がブルージェイズに入団することが発表された。いずれもアリーグ東地区チームへの移籍というのも不...

  17. ナショナルズ初優勝、マドン元監督就任、バドミントンは波乱なし - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ナショナルズ初優勝、マドン元監督就任、バドミントンは波乱なし

    MLBはリーグチャンピオンシップの真っ最中であるが、ナリーグはナショナルズが4連勝でカージナルスを破ってナリーグ制覇を成し遂げた。前身のモントリオール・エクスポズ時代を含めて、ワシントンD.C.移転後もナショナル・リーグでこれまで唯一ワールドシリーズ進出の経験が無かったナショナルズだが、ワイルドカードゲームから勝ち上がって怒涛の快進撃を見せて球史に残る快挙を成し遂げた。これで、ワールドシリー...

  18. 侍ジャパン発表、オースマス監督解任、永瀬叡王二冠達成 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン発表、オースマス監督解任、永瀬叡王二冠達成

    11月からはじまる第2回WBSCプレミア12に出場する侍ジャパンのトップチーム28名が発表された。プレミア12が東京五輪前最後の試合となるだけに稲葉監督としてはオリンピックを見据えた代表選考となったようだ。サプライズメンバーはソフトバンクの周東佑京である。レギュラーではないが「終盤に警戒されている中で盗塁ができ、ヒット一本で生還できるスピードが必要となってくると感じました」と稲葉監督は選考理...

  19. Anaheim Muzeoの常設展示 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    Anaheim Muzeoの常設展示

    日曜日に、Anaheim Muzeo という博物館で、日系人収容所の展示を見てきました。その帰りに、別館の常時展示をチェックしてきました。アナハイム市は、ディズニーランドがあり、プロスポーツでは、野球のエンゼルス(昔はアナハイムエンゼルスでしたが、今はそう呼びません。私としては、ちょっと複雑な心境です)とホッケーのアナハイム ダックスがあるところです。ダックスの拠点は、ホンダセンターといいま...

  20. 大谷翔平 - 太陽と月と時々、私

    大谷翔平

    エンゼルス・大谷翔平投手が本拠地アナハイムでの試合でメジャー通算、40本のホームランを5回の第3打席で放ちました!!62打点となり昨季を打点では超えてしまいましたね!!●猫の動物学●酵素ドリンク美容と健康を全力でサポート!●アナポリス 海軍兵学校

総件数:110 件

似ているタグ