エンゼルスのタグまとめ

エンゼルス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエンゼルスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エンゼルス」タグの記事(32)

  1. MLBの、、、、QO? 菊池、、ア・リーグの 大谷 - SPORTS 憲法  政治

    MLBの、、、、QO? 菊池、、ア・リーグの 大谷

    連覇は………https://number.bunshun.jp/articles/-/832300ヤンキースが1998年から2000年まで3年連続で世界一に輝いて以来、連覇したチームは出ていない。この18年間のスパンは、MLB史上最長となった。NPBは、、、SOFT BANK の 2連覇!で 幕を閉じました、、、、、Major Leagueは、、、Boston RED SOxでした、、、、日...

  2. ドルフィンズ、大坂敗戦、エンゼルス新監督発表 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドルフィンズ、大坂敗戦、エンゼルス新監督発表

    NFL第7週が行われた。ドルフィンズはエースQBタネヒルを怪我で欠く中で奮闘したがライオンズに敗れ、4勝3敗となってしまった。第8週はTNFでテキサンズとの対戦であるが、果たしてタネヒルは復帰できるのだろうか。手術の選択肢はないとドルフィンズは言ってはいるが怪我の程度はどれほどなのか、コルツのラックほどではないしにても今シーズンの復帰が望まれる。SNFはチーフスとベンガルズの試合であった。開...

  3. 大坂3回戦進出、大谷、トラウトダブル受賞、週末はラリー・GB - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂3回戦進出、大谷、トラウトダブル受賞、週末はラリー・GB

    テニスの女子チャイナ・オープン2回戦、大坂なおみが登場し、世界ランク37位のコリンズと対戦した。第1ゲームをいきなりブレイクされてしまった大坂であったがここからがすごかった。続く6ゲームを連取して6-1で第1セットを奪うと、なんと第2セットは6-0と1ゲームも落とすことなく連続して12ゲーム連取スケジュールつ快挙でベスト16に進出した。またWTAからはWTAツアー・ファイナルズへの出場も発表...

  4. トップリーグ2節終了、エンゼルス4連勝、日本ハムも勝つ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    トップリーグ2節終了、エンゼルス4連勝、日本ハムも勝つ

    ラグビートップリーグは早くも第2節が終了した(北海道で開催予定の1試合は地震のため延期となった)。第1節から熱戦が多かったが第2節も熱戦が多かった。7試合中5試合が7点差以内という接戦であったのも第1節と同じであった。特に第2節は最後まで試合の行方がわからないケースも多く、昇格2試合目だった日野自動車は豊田自動織機相手に14-15とわずか1点及ばずに開幕2連勝とはならなかった。そして開幕戦黒...

  5. 強靭な精神力、NFL開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    強靭な精神力、NFL開幕

    2時間前に右肘靭帯損傷がわかり手術を勧められた大谷翔平、DHでの先発を直訴しての登場だったそうだ。初回の第1打席は四球で出塁し2点目の演出をした。2打席目は内野安打で出塁、そして3打席目はライトスタンドに17号ホームランと肘の靭帯を痛めているとは思えない活躍である。その大谷翔平の「SHOTIME」はまだまだ続き、苦手左腕投手との対戦となった第4打席は技ありの中前ヒットで出塁すると盗塁を成功さ...

  6. エンゼルス、日本ハム連勝、名古屋は7連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス、日本ハム連勝、名古屋は7連勝

    エンゼルスの調子がいい。首位アストロズに敵地で連勝である。プホルスが膝を手術したので左腕投手先発でもDHで先発することとなった大谷翔平、この日は6番で先発出場した。第1打席は凡退してしまったが第2打席は三塁前にボテボテのゴロ、快足を活かして内野安打とし8月の安打を20本とした。試合は6回にエンゼルスが集中打を魅せて3-0でアストロズに快勝した。大谷は3打数1安打で8月1か月の成績は20安打(...

  7. エンゼルス快勝、日本ハム勝越し、藤井七段快勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス快勝、日本ハム勝越し、藤井七段快勝

    エンゼルスがアスレチックスに快勝した。左腕投手先発の影響か、投手としてのブルペン入りのスケジュールを優先したためか(今日、ブルペン入りして捕手を立たせて約30球投げたそうだ)、大谷は欠場、そしてトラウトもDL入りしたエンゼルスであったが打線がつながり4-3でアスレチックスに勝利した。4番DHで出場したプホルスはアプトンの2ランで逆転したあとの6回第3打席でレフト前ヒットを放ってアリーグ通算1...

  8. 日本代表が快勝、トヨタは3位キープ、そしてエンゼルス - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本代表が快勝、トヨタは3位キープ、そしてエンゼルス

    ラグビーのテストマッチ月間がはじまった。各地でテストマッチが開催されたが日本代表の相手はイタリア代表であった。世界ランクは日本より下位であるが、ラグビー界には独特の階級があり「ティア1」に属している(日本はティア2)。また対戦成績も過去1勝5敗と苦戦しており、その1勝も2014年のものであった。イタリア代表に勝利して2015年W杯の活躍があったといってもいい試合、そのためには2014年以上の...

  9. ヒーニーがチーム初完封、豊島八段先勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ヒーニーがチーム初完封、豊島八段先勝

    エンゼルスのヒーニーが素晴らしいピッチングでロイヤルズをわずか1安打に抑える完封劇を魅せてくれた。27歳の誕生日登板となった左腕は5回に安打を許した以外はわずか1四球という完璧なピッチングであった。打線は5回にダブルスティールで1点をあげたのみであったがこの日のヒーニーにとっては十分な得点だったようだ。ただ、3割を超す打撃好調だったシモンズが試合前にダグアウトの階段を降りる際に右足首を捻挫し...

  10. 大谷、足で魅せる、藤井七段辛勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷、足で魅せる、藤井七段辛勝

    エンゼルスの大谷翔平が快速を披露した。ロイヤルズとの3連戦の初戦、先発が左腕投手だったためか(ソーシア監督は否定していたが)、ベンチスタートとなった大谷翔平であった。試合は両チームの先発投手が安定せず序盤は点の取り合いとなった。3-5とリードされた6回裏ホームランで4-5とし先発左腕から右腕投手に代わった一死無走者で大谷翔平が代打で出場した。2-1からの外角低めのツーシームを引っかけてしまっ...

  11. 日本ハム接戦を制す、大谷は2番DHで出場 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム接戦を制す、大谷は2番DHで出場

    首位攻防戦とはいえないかもしれないが、日本ハムは東京ドームで首位西武と戦った。日本ハムの先発はマルティネス、西武の先発はカスティーヨ、両チームとも新戦力投手の先発であった。マルティネス、前回の登板は調整不足であったのか、8失点の乱調であったが、この日は本来の投球ができたようであった。それでも強力西武打線に毎回ヒットを打たれてピントをつくられ、かろうじて無失点におさえる投球であった。一方のカス...

  12. 大谷今季最高のピッチング、トヨタは収穫のある完走 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷今季最高のピッチング、トヨタは収穫のある完走

    エンゼルスの大谷翔平が自身の4勝目とチームの3連敗阻止をかけて今朝のツインズ戦に先発した。アメリカは母の日とあって帽子などはピンク一色のいつもとは違った光景の中で試合ははじまった。ツインズの先発はロメロ、ここまで2戦2勝失点ゼロの完ぺきな投球をしている新人である。たちあがりいきなり内野安打を許した大谷であったが、無失点に切り抜けた。一方のロメロは三者凡退と完璧な立ち上がりであった。2回に入る...

  13. 永世七冠祝賀会、大谷は敵地でも爪痕を残す - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    永世七冠祝賀会、大谷は敵地でも爪痕を残す

    羽生善治永世七冠の祝賀会が昨日行われたそうだ。日本将棋連盟のホームページでも告知されていたが、2万円の会費で公募されていたので知っている人も多かったと思う。帝国ホテル・東京で開催され、約800人が集合したそうだ。来賓も多く、京都大学ips細胞研究所・山中伸弥所長や同時に国民栄誉賞を受賞した井山裕太七冠も出席した。安倍首相や長嶋茂雄さんからの祝辞も紹介されたそうで、羽生人気の高さがうかがえた記...

  14. Los Angeles AngelsMike Trout - SHI-TAKA   ~SPORTS PHOTO~

    Los Angeles AngelsMike Trout

    10代でメジャーデビューを果たし、メジャーNo.1スラッガーとの呼び声も高く、元ヤンキースのデレク・ジーターの後継者とも呼ばれている。

  15. Los Angeles AngelsAlbert Pujols - SHI-TAKA   ~SPORTS PHOTO~

    Los Angeles AngelsAlbert Pu...

    2001年のデビューから10年連続で、3割、30本、100打点を達成している、メジャーを代表する強打者の1人。この写真は、現地時間の5月4日のマリナーズ戦で、3000本安打を達成した試合。

  16. 日本ハムカード勝越し、大谷は3勝目 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハムカード勝越し、大谷は3勝目

    GW最終戦、日本ハムの先発は加藤貴之、ロッテの先発は初登板のオルモスであった。両投手の明暗は初回であった。加藤はいきなり2塁打、犠牲バントで一死3塁のピンチを招くが、後続をおさえて無失点で切り抜けた。一方のオルモスはいきなり西川に四球を与えてしまった。そして牽制が悪送球となり無死3塁となった。そして大田泰示の打席でワイルピッチで日本ハムノーヒットで先制である。大田泰示も四球を選び、出塁すると...

  17. エンゼルス連勝、日本ハム連敗ストップ、羽生竜王残念、そしてWEC - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス連勝、日本ハム連敗ストップ、羽生竜王残念、そ...

    GWは話題満載、まず将棋の王位戦挑戦者決定リーグ紅組、3戦全勝でトップを走っていた羽生竜王、木村九段との一局に勝利すれば紅組トップ通過がほぼ確定する。しかし、この対局は序盤から「千駄ヶ谷の受け師」と異名をとる木村九段が攻め将棋を展開して85手で羽生竜王に勝利した。木村九段が意地を見せたことで最終5回戦まで複数の棋士のチャンスがある混戦模様を呈してきた。最終戦、トップ通過し、白組トップ通過者と...

  18. 月間MVP候補発表、週末はWRC、そして大谷効果 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    月間MVP候補発表、週末はWRC、そして大谷効果

    プロ野球も20試合を経過し、好不調のチームがでている。パリーグでは西武が首位をはしり、開幕前台風の目になるのではといわれた楽天が最下位に沈んでいる。日本ハムは開幕3連敗と最悪のステートであったが、その後は五分の成績を残している。その中、3、4月の月間MVP候補選手がNPBから発表された。当然好調な西武からは投手部門では多和田、菊池の2投手、そして野手部門では森、山川、秋山、外崎、源田のなんと...

  19. 3度目登板は極寒で中止 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    3度目登板は極寒で中止

    大谷翔平のメジャー3度目の登板はロイヤルズの本拠地が極寒のため、試合直前になって中止となってしまった。この試合は、全米に生中継される予定だったというので、ロイヤルズとしても是が非でも試合を行いたかったのではないだろうか。特にアリーグの試合はこの試合を含めて数試合が中止となっている。悪天候が影響しての中止が今季のMLBは多いようだ。これで大谷翔平の3度目の登板がいつになるのか注目である。一般的...

  20. エンゼルス10勝、羽生竜王は1400勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス10勝、羽生竜王は1400勝

    エンゼルスが快進撃である。同地区のレンジャーズ戦3連勝、それもビジターでの連勝である。エンゼルスは当初6人の先発投手でローテーションを組んでいたが、開幕早々から3人(マット・シューメイカー、アンドリュー・ヒーニー、J.C.ラミレス)が故障者リスト入りして脱落し、この日はマイナーからの新人投手がメジャー初先発であった。パナマ出身ハイメ・バリアは初回、2四球と安定性を欠く投球で前途不安を感じさせ...

総件数:32 件

似ているタグ