オオウラギンスジヒョウモンのタグまとめ

オオウラギンスジヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオウラギンスジヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオウラギンスジヒョウモン」タグの記事(19)

  1. 秋のヒョウモンチョウの仲間色々in2019.09~10 - ヒメオオの寄り道

    秋のヒョウモンチョウの仲間色々in2019.09~10

    台風19号の想像を絶する被害に茫然としております。さいたま市大宮区の我が家は、地下室前に土のう積みをしたり、ルーフバルコニーの植木を片づけたり、排水口を清掃したり、事前に準備していたので何とか無事やり過ごすことが出来ました。さて、関東平野の秋のヒョウモンチョウというとやはり「ツマグロヒョウモン」でしょう。以前はあまり見かけないチョウだったようですが、今では関東平野あちらこちらで観察できます。...

  2. 2019.10.1東京・恵比寿(1)オオウラギンスジヒョウモン2019.10.9 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.1東京・恵比寿(1)オオウラギンスジヒ...

    2019.10.1さて、サッポロビールの花壇。いつもツマグロヒョウモンが飛び回っているが、ほとんど撮ることがなくなった。オミナエシが少し咲いており、♀のツマグロヒョウモンが珍しく吸蜜を始めたので、翅を開くのを待っていた。一瞬開いた後、♂に追いかけられ飛び去った。黄色と背後のピンクのボケもいいが、この翅の開き加減がとてもよかった。目的はウラナミシジミ。もう大狂乱状態で手がつけられない。何回シャ...

  3. 今日は居住区内での探索でした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日は居住区内での探索でした

    昨日は1日雨で休養日でしたが、今日の早朝は全く雲の無い快晴でした。最低気温は8.1度だったとか。午前中は晴れ、午後は晴れ時々曇りでした。午前10時頃、近所のトンボ池へキトンボの発生を再度確認に行った。キトンボのオスのみ発生を確認したけど、まだ少なく2,3匹居たと思うが同時に複数を見ていないので分からない。タカネトンボのオスがメスを探している様でした。シオカラトンボがアオイトトンボらしき昆虫を...

  4. 朝の高原にて - 蝶超天国

    朝の高原にて

    8月10日朝涼しいうちに何かいるかな・・・と思いながら高原の草原を散歩しました。そこではオオウラギンスジヒョウモンがアザミで吸蜜していました。見渡す限りヒョウモンの姿は殆どありませんが・・・・歩いていくと隠れる様に吸蜜していました。沢山いても良いはずのミドリヒョウモンは♀しかいません。草原を歩いていくと時々ジャノメチョウが飛び出してきます。キアゲハはまだ活動時間ではない様でした。アザミの花に...

  5. 午後ぶらっと - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午後ぶらっと

    午後2時、午前中に続いて孫2人をキッズパークに送って、爺はさらっとフィールドを流してきた。ミヤマカラスシジミヘリグロチャバネセセリアカセセリコキマダラセセリリョウブの花にオオウラギンスジヒョウモン♀リョウブの花にジャノメチョウ何と何とアゲハチョウに遭遇です、何年ぶりだろう?浅間高原でアゲハチョウは珍蝶なのです。

  6. ヒョウモンチョウ - 野鳥がいるから

    ヒョウモンチョウ

    高原にはヒョウモンチョウの仲間もよく見られます今回は6種のヒョウモン類が見られましたウラギンヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンが多かったのですが前翅が丸い感じのヒョウモンが目に入りました久しぶりに見るウラギンスジヒョウモンでしたオオウラギンスジヒョウモンと比べるとこじんまりした感じがしますこちらはオオウラギンスジヒョウモンです今回、一番嬉しい出会いは1匹だけですがヒョウモンチョウを見たこ...

  7. ヒョウモン2種 - Mag's DiaryⅢ

    ヒョウモン2種

    ミドリヒョウモンがいた。ミドリヒョウモン♂ミドリヒョウモン♀こちらはオオウラギンスジヒョウモン♂↑と同一個体。裏が見えなかったので、ミドリかオオウラギンスジかずいぶん迷った。性標が3本あるが細いので、オオウラギンスジかな。黒い斑紋もオオウラギンスジのようだ。今日は頭の体操ができたょ。

  8. 12オオウラギンスジヒョウモン「蝶図鑑」 - 超蝶

    12オオウラギンスジヒョウモン「蝶図鑑」

    ウラギンスジヒョウモンとよく似た蝶ですがちょっと大きめ、オオウラギンスジヒョウモンです。

  9. オオウラギンスジヒョウモン?他6月26日 - 超蝶

    オオウラギンスジヒョウモン?他6月26日

    栗の木で吸蜜中の個体オオウラギンスジヒョウモンと判定前翅の縁取りがへこんでいます。メスグロヒョウモンミドリヒョウモンウラギンヒョウモンスジボソヤマキチョウ

  10. 夏~秋に出逢ったヒョウモンチョウの仲間ほかin2018.06~09 - ヒメオオの寄り道

    夏~秋に出逢ったヒョウモンチョウの仲間ほかin2018...

    里山で夏の訪れを告げるヒョウモンチョウの仲間は「(サト?)ウラギンヒョウモン」でしょう!草原を楽しそうに飛んでいました。in2018.06.02埼玉県中北部の公園ミヤマモンキチョウを探しに出かけた標高2,000m程度の高原でも「(ヤマ?)ウラギンヒョウモン」が舞っていました。この日(ヤマ)ウラギンヒョウモンに混じって見つけたヒョウモンチョウの仲間は「ミドリヒョウモン」です。in2018.08...

  11. ヒョウモン類など - 風任せ自由人

    ヒョウモン類など

    ヤマキチョウとスジボソヤマキチョウと出会えた場所で撮影した蝶とオミナエシ。クジャクチョウオオウラギンスジヒョウモンミドリヒョウモンウラギンヒョウモンオミナエシ

  12. キリシマミドリシジミ再挑戦(2018/8/4) - 小畔川日記

    キリシマミドリシジミ再挑戦(2018/8/4)

    8月4日は、霧島緑さんとキリシマミドリシジミに再度チャレンジした。(ちょっとややこしい)前回は天気もあるけど、多少日が射した時も全く姿が見えなかった。もしかしたら未発生だったのではないかということで再チャレンジすることにした。ポイントに着いたとたんに目の前をキリシマミドリシジミが横切った。もしかしたら葉に止まっていた個体を驚かしてしまったかと少し残念。その後は時々近くを飛び回るけど全く止まら...

  13. 高原のチョウ(1) - 飛騨山脈の自然

    高原のチョウ(1)

    カシワ林からジョウザンミドリのポイントへ移動した。卍ともえも始まっていて、止まってもすぐに飛び立つので静止写真でも撮りにくい状態になっている。暑いせいか地面で吸水しているのをを見るのは久しぶりだ。比較的に近くに寄れた画像がこれです。ヒメシロは各地で激減しているがここはまだ見ることが出来る。新鮮な♂個体だ。食草ツルフジバカマの花で吸蜜中の♀個体。産卵シーンは上手く撮れなかった。オオウラギンスジ...

  14. 飛騨の草原(1) - 飛騨山脈の自然

    飛騨の草原(1)

    飛騨には草原が少ないと言ったが、人工的だがスキー場は草原で生きるチョウたちには大切な場所になっている。標高の高いところは高原と言われるが陽ざしが強いのでベニシジミは吸蜜に余念がない。この時期のベニシジミは翅表が暗色化するので、飛び回ると見失いやすいチョウの1つだ。雨上がりの夕方で陽ざしはなかったが、オオウラギンスジヒョウモンがオカトラノオに群れていた。思いがけないスジグロチャバネセセリが出て...

  15. オオウラギンスジヒョウモン(2018/06/13) - 里山便り

    オオウラギンスジヒョウモン(2018/06/13)

    'メスグロヒョウモン' を再度撮影に出向いた。絶好のヒョウモン日和、'オオウラギンスジヒョウモン'・'ミドリヒョウモン'が飛び回っていた。勿論 'メスグロ' もオス・メス確認できた。今日は 'オオウラギンスジヒョウモン' のみの初撮り、証拠映像を掲載です。オオウラギンスジヒョ...

  16. 秋のタテハ&ヒョウモンチョウin2017.09~10埼玉県 - ヒメオオの寄り道

    秋のタテハ&ヒョウモンチョウin2017.09~10埼玉県

    埼玉県の秋のタテハチョウというとやはり「ヒメアカタテハ」が一番素敵ですね!同色のキバナコスモスとのツーショット大好きです。キバナコスモスにゴージャスな蝶登場です。in2017.09.16見沼田んぼこの時期最も個体数の多い「ツマグロヒョウモン」雄のようです。in2017.09.24埼玉県中北部の公園「ツマグロヒョウモン」雌は雄以上の豪華さで、その美麗さは輝いて見えます。in2017.09.18...

  17. 藤山麓のタテハチョウその1ヒョウモンチョウ類(2017/08/20) - Sky Palace -butterfly garden- II

    藤山麓のタテハチョウその1ヒョウモンチョウ類(2017...

    ヒョウモン類やヤマキチョウを見たくて、富士山麓にまたやってきました。結果としては、ヤマキチョウは見れずじまい。見られたヒョウモン類は3種でした。■オオウラギンスジヒョウモンArgyronome ruslana

  18. 高原~里山でヒョウモンチョウの仲間と遊ぶin201708~09長野・山梨・東京 - ヒメオオの寄り道

    高原~里山でヒョウモンチョウの仲間と遊ぶin20170...

    上信国境の高原で出逢ったヒョウモンチョウの仲間は、まず裏翅の模様が素敵な「コヒョウモン」?です。近くの草原でヒョウモンチョウも見たことがあるので同定に全く自信ありません。コヒョウモンの飛び立ちも何とか撮りこめました。この子は表翅の黒筋が目立つことより「オオウラギンスジヒョウモン」かな?痛みがある個体ですが、アザミの花からの舞い上がりを上手く写せました。裏下翅の上部の白点が4個であることより「...

  19. オカトラノオ:蝶が好む花(2011-2016) - Butterfly & Dragonfly

    オカトラノオ:蝶が好む花(2011-2016)

    週末に少し散歩してみましたが、冷たい風が強く吹き、蝶の姿を見ることはできませんでした。それでも所々で梅の花が咲き始めていますし、少しづつ春が近づいてきていることを感じます。さて、蝶が好む花のご紹介を続けさせていただきます。2011年~2016年の間に、私が観察できた範囲で14位となったのはオカトラノオ、マリーゴールド及びタンポポでした。まずはオカトラノオをご紹介しますが、平地のみならずちょっ...

総件数:19 件

似ているタグ