オオウラギンスジヒョウモンのタグまとめ

オオウラギンスジヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオウラギンスジヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオウラギンスジヒョウモン」タグの記事(35)

  1. この高原はヒョウモンの季節? - 蝶超天国

    この高原はヒョウモンの季節?

    8月9日つづき午後は違う場所でもヤマキチョウを探しましたが・・・またしても成果はありません。その代り・・ここではヒョウモン類が時々吸蜜していました。ウラギンスジヒョウモンは♂も♀も新鮮な個体がいました。♀は前翅の先にある白紋が良いですね。他の♂は少し擦れていて・・・こんな感じです。コウリンカが似合います。ここでは少ないオオウラギンスジヒョウモンにも出会えました。アザミの花はまだ少なく感じまし...

  2. 高原撮影第9弾、嬉しい出会いスジボソヤマキチョウ(2020/08/11)東信 - 里山便り

    高原撮影第9弾、嬉しい出会いスジボソヤマキチョウ(...

    再び高速を乗り継いで、標高2000m以上、「鳥撮り」で何回か訪れた場所ですが、蝶では初めて訪れました。ここでも 'ヒョウモン類' が多く集まっていた。温度は高かったが不快指数は低く、窓を開けたドライブでは心地よさも感じられた。幾つかの 'ヤマキチョウ・ポイント' をご案内戴くも、まだ発生はなかったようです。道すがら 'ヒョウモン類&#0...

  3. 大発生のミドリヒョウモン - 蝶超天国

    大発生のミドリヒョウモン

    8月1日つづき今年は何年かぶりにヒョウモン類が多い年のようです。高原のヒヨドリバナやアザミなどの花には沢山集まっていました。圧倒的に多いのはミドリヒョウモンでした。ひとつの花に4,5頭ずつ・・・どれだけいるのでしょうか。朝一には、こんな感じに沢山群れて静止していました。♂♀が同時に見られるのも普通です。ミドリヒョウモン以外にいろいろいました。メスグロヒョウモンがミドリヒョウモンに混ざっていま...

  4. 高原撮影第8弾、湿原で五目撮り(2020/08/01)群馬遠征①_5 - 里山便り

    高原撮影第8弾、湿原で五目撮り(2020/08/01)...

    ここでも晴れ間はなかったが、蝶影は濃かった。湿原に入ると様々な蝶達が飛び交っていた。今回も撮影順不動で投稿です。他に 'CMさん達' もなく、広い湿原で自由撮りです。..........POTD.........'ミドリヒョウモン♀' が華やかに 'チダケサシ(乳茸刺)"Chidake-sashi" [Astilbe ...

  5. オオウラギンスジヒョウモン☆ヒヨドリバナ - Mag's  DiaryⅣ

    オオウラギンスジヒョウモン☆ヒヨドリバナ

    ヒヨドリバナに、オオウラギンスジヒョウモンが数頭集まっていた。こちらはオス、性標が3本ある。こちらはメス、オスより翅の色が濃い。メスの翅裏、もやもやっとしている。

  6. オオウラギンスジヒョウモン☆ヌマトラノオ - Mag's  DiaryⅣ

    オオウラギンスジヒョウモン☆ヌマトラノオ

    ヌマトラノオにオオウラギンスジヒョウモンが群れていた。白い花にヒョウモンのチョウ、気持ちのいい組み合わせだょ。一度に撮れたのは2頭だけ。

  7. ミヤマカラスアゲハなど - 自然を楽しむ

    ミヤマカラスアゲハなど

    キリシマミドリの出待ち時間に見かけた蝶たちです。朝早い時間帯に道路脇で給水していたミヤマカラスアゲハの♂この場所で見かけたのは初めてです。少ないながら、今年も発生が確認されたクロシジミの♀ノリウツギの花で吸蜜するオオウラギンスジヒョウモンの♂アワブキの葉先にいたスミナガシの幼虫食痕はたくさん見られたが、見つかった幼虫はこれだけです。モリアオガエルの卵塊2020.7月

  8. 7月下旬に撮影した高原の蝶 - 風任せ自由人

    7月下旬に撮影した高原の蝶

    7月下旬に高原で撮影した蝶でブロブ掲載していなかった写真をまとめて紹介する。ミヤマモンキチョウを高層湿原で撮影した。その時の行き帰りに散策路で撮影したクロヒカゲ、ヒョウモンチョウ、ギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン。クロヒカゲ図鑑によればクロヒカゲの裏・前翅の眼状紋は1〜2つで鮮明〜不鮮明とあるが、この個体は3つはっきりと見えて、クロヒカゲモドキのようだ。ギンボシヒョウモンとウラギンヒョ...

  9. 夕刻の和田野の森 - 不思議の森の迷い人

    夕刻の和田野の森

    久々の白馬、ホテルに到着したのは午後4時半でした。今日は予報よりも天気が良く、まだ陽が出ています。そこで夕食前に少しだけ和多田の森の散歩道を歩くことにしました。和田野の森の散歩道には白い野草の花が幾つも咲いていて、そこに集まるのはヒョウモンチョウの仲間です。一番多いのはミドリヒョウモンです。以前は千葉の里山でもよく見られた蝶ですが、最近はさっぱり見かけなくなりました。雄はオレンジ色が濃くて鮮...

  10. Y邸バタフライガーデンの蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    Y邸バタフライガーデンの蝶達

    午前中、晴れ時々曇り、午後、曇り、午後3時頃より雨が降る。午前中、訳あって軽井沢に出かけた。午後、昼食後、ご近所のY邸バタフライガーデンでのんびり蝶観察でした。観察デッキで腰掛けて、目の前のオカトラノオにやって来る蝶にレンズを向けるだけです。今日はミドリヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンがひっきりなしに吸蜜にやって来た。左、オオウラギンスジヒョウモン♂中央、ミドリヒョウモン♀右、ミドリヒ...

  11. 再び高原へ - 不思議の森の迷い人

    再び高原へ

    そして一週間後、再び高原に集合しました。今日のメンバーはNAGUさんご夫妻、Yさん、私の4人です。Yさんと私は最寄り駅でNAGUさんの車に便乗させていただきました。お陰様でバスで行くより40分は早く着きます。長靴に履き替え、さっそくミドリシジミを探します。ミドリシジミの仲間を何頭か見ましたが、その中で1頭だけが低い位置に留っていました。アイノミドリシジミです。林の中で、スポットライトのように...

  12. 梅雨の合間 - 飛騨山脈の自然

    梅雨の合間

    雨が止んだので近場に出かけた。前夜までの雨で樹上の葉には雨粒があり、梢に触れると大量の水滴が降ってくる。そんな中オオウラギンスジヒョウモンが降りてきた。どうやら羽化したばかりのようだ。すぐ翅を開くので翅裏をしっかり撮れなかった。日差しはないが日向のヒメジョオンに♀が吸蜜に訪れた。暗い神社の境内にオオムラサキが飛んでいた。一瞬より暗い地表に吸水に降りたが、カメラの設定を変えるなどしていて満足に...

  13. 逢いに行ける幸せ(壱) - 不思議の森の迷い人

    逢いに行ける幸せ(壱)

    6月19日にやっと県外に移動できるようになりました。平地産ゼフィルスの発生には間に合いませんでしたが、場所を変えれば出逢いのチャンスもあるかと、始発電車で出かけました。目的地についてさっそくゼフィルスを探しましたが見つかりません。梅雨というのに、朝から強い日差しがいっぱいです。数が多かったのはヒョウモンの仲間です。後裏翅を二分するタイプは何種かいますが、これはオオウラギンスジヒョウモンと思わ...

  14. 秋のヒョウモンチョウの仲間色々in2019.09~10 - ヒメオオの寄り道

    秋のヒョウモンチョウの仲間色々in2019.09~10

    台風19号の想像を絶する被害に茫然としております。さいたま市大宮区の我が家は、地下室前に土のう積みをしたり、ルーフバルコニーの植木を片づけたり、排水口を清掃したり、事前に準備していたので何とか無事やり過ごすことが出来ました。さて、関東平野の秋のヒョウモンチョウというとやはり「ツマグロヒョウモン」でしょう。以前はあまり見かけないチョウだったようですが、今では関東平野あちらこちらで観察できます。...

  15. 2019.10.1東京・恵比寿(1)オオウラギンスジヒョウモン2019.10.9 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.10.1東京・恵比寿(1)オオウラギンスジヒ...

    2019.10.1さて、サッポロビールの花壇。いつもツマグロヒョウモンが飛び回っているが、ほとんど撮ることがなくなった。オミナエシが少し咲いており、♀のツマグロヒョウモンが珍しく吸蜜を始めたので、翅を開くのを待っていた。一瞬開いた後、♂に追いかけられ飛び去った。黄色と背後のピンクのボケもいいが、この翅の開き加減がとてもよかった。目的はウラナミシジミ。もう大狂乱状態で手がつけられない。何回シャ...

  16. フィールドaの記録2 2019/9/29 - へっぽこな・・

    フィールドaの記録2 2019/9/29

    この頃よく見かけるこのチョウ(名前は分かりません)じっとしていたのでカメラを向けてみたじっくり写そうと思っていたら、手の甲に蚊が血管の上にピタリと止まってくれましたよ...まったく-_-;追記;しらこばとさんの情報でオオウラギンスジヒョウモンの♀らしいまでにたどり着きましたしらこばとさんに感謝します

  17. 今日は居住区内での探索でした - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日は居住区内での探索でした

    昨日は1日雨で休養日でしたが、今日の早朝は全く雲の無い快晴でした。最低気温は8.1度だったとか。午前中は晴れ、午後は晴れ時々曇りでした。午前10時頃、近所のトンボ池へキトンボの発生を再度確認に行った。キトンボのオスのみ発生を確認したけど、まだ少なく2,3匹居たと思うが同時に複数を見ていないので分からない。タカネトンボのオスがメスを探している様でした。シオカラトンボがアオイトトンボらしき昆虫を...

  18. 朝の高原にて - 蝶超天国

    朝の高原にて

    8月10日朝涼しいうちに何かいるかな・・・と思いながら高原の草原を散歩しました。そこではオオウラギンスジヒョウモンがアザミで吸蜜していました。見渡す限りヒョウモンの姿は殆どありませんが・・・・歩いていくと隠れる様に吸蜜していました。沢山いても良いはずのミドリヒョウモンは♀しかいません。草原を歩いていくと時々ジャノメチョウが飛び出してきます。キアゲハはまだ活動時間ではない様でした。アザミの花に...

  19. 午後ぶらっと - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午後ぶらっと

    午後2時、午前中に続いて孫2人をキッズパークに送って、爺はさらっとフィールドを流してきた。ミヤマカラスシジミヘリグロチャバネセセリアカセセリコキマダラセセリリョウブの花にオオウラギンスジヒョウモン♀リョウブの花にジャノメチョウ何と何とアゲハチョウに遭遇です、何年ぶりだろう?浅間高原でアゲハチョウは珍蝶なのです。

  20. ヒョウモンチョウ - 野鳥がいるから

    ヒョウモンチョウ

    高原にはヒョウモンチョウの仲間もよく見られます今回は6種のヒョウモン類が見られましたウラギンヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンが多かったのですが前翅が丸い感じのヒョウモンが目に入りました久しぶりに見るウラギンスジヒョウモンでしたオオウラギンスジヒョウモンと比べるとこじんまりした感じがしますこちらはオオウラギンスジヒョウモンです今回、一番嬉しい出会いは1匹だけですがヒョウモンチョウを見たこ...

総件数:35 件

似ているタグ