オオミズナギドリのタグまとめ

オオミズナギドリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオミズナギドリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオミズナギドリ」タグの記事(23)

  1. オオミズナギドリ - fumufumu日記

    オオミズナギドリ

    オオミズナギドリ今年は近所の海岸によく現れています。にほんブログ村人気ブログランキングにほんブログ村---- ↑ ----ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援クリックをお願いします。

  2. 遠くて証拠ですが・・・オオミズナギドリ。 - 鳥見んGOO!(とりみんぐー!)野鳥との出逢い

    遠くて証拠ですが・・・オオミズナギドリ。

    アオバトの来る海岸では遠くをたくさん飛んでいたオオミズナギドリを証拠レベルですが、撮影しました。何とか特徴は分かると思いますので今さらですが、ライファとします。この2枚が一番近かったかな〜。これでも多分150mくらい距離あります。魚の群れでもいるのかかなり固まって降りていました。いつか師匠にガイドしてもらいながら航路で撮影してみたいです。皆様に押していただきますととても励みになります。(^^...

  3. オオミズナギドリ - 北の野鳥たち

    オオミズナギドリ

    7月25日の十勝沖海鳥調査よりお声をかけていただき先日道東方面へ走った。出港は早朝5時、前日に浦幌入りして車中泊。今回は車中泊専用に仕立てた車にお気に入りの枕を積み込み出発!おかげで万全な体調で乗船することができました。この日は終日濃い霧に悩まされた。視界は良くて300m程、悪い時は50m程と調査にとっては非常に厄介。ただ風なし波なしと、船は揺れることなく快適なものでした。濃い霧の中を飛び交...

  4. オオミズナギドリ - 北の野鳥たち

    オオミズナギドリ

    先日の海鳥クルーズではオオミズナギドリの群れが いくつも見られた。群れは大小さまざまではありますが こんな大量は久々!お腹いっぱい楽しませてもらいました (^^♪撮影地:登別沖

  5. 約束①【ハヤブサ・オオミズナギドリ・クロサギ・イソヒヨドリ・アオバト】 - 鳥観日和

    約束①【ハヤブサ・オオミズナギドリ・クロサギ・イソヒヨ...

    3年前の5月に亡くなった親友との約束。昨年、ご家族から形見分けして頂いたカメラとレンズ。生前、カメラとレンズは私に譲ると話され亡くなった際にはその機材を持って北海道と大好きだったこの地へ連れて行くと約束をしてました。北海道はコロナやら個人的な都合等で中々ブラキストン線を越えることが出来ず本人曰くMyハヤブサのこの地へ6/27~30(最終日は私の大好きな地へ)一緒に出掛けて来ました。。。雛2羽...

  6. 今回のミッションを伝える。ネタ不足を打破せよ!(笑) - Olive Drab

    今回のミッションを伝える。ネタ不足を打破せよ!(笑)

    天気も良さそうだし、行くしかないだろ…海鳥ツアーをキャンセルして一週間。待っていたのは深刻なネタ不足だった(笑)。ストックフォトならたくさんあるが、いつまでもそんなもんに頼ってるわけにも行かない。さて、どうしたもんか…これと言った情報源もないし。。。いろいろ考えた結果、一度諦めた海鳥撮影に賭けることにした。選択肢としては苫小牧航路でウミスズメを狙うか、八丈航路で本命中の本命であるアホウドリを...

  7. 荒海に吹く風に乗れ! - Olive Drab

    荒海に吹く風に乗れ!

    海が荒れ、風が吹く。船が揺れる。足下がおぼつかない中、必死でオオミズナギドリを追いかけた。これだよ、これ。来た来た来た来た~!+++++海が荒れれば当然船も揺れるから、その上で撮影なんかやってたら安定してシャッター切れないのは当たり前。ところが、こういう条件の時こそビシッと決まるとカッコイイ写真が撮れるから、これは一種の撮影の醍醐味というものだろう。海が荒れる時は悪天候ってことだから、光の条...

  8. 凪の海のオオミズナギドリはナギがナギしてナギナギ…え? - Olive Drab

    凪の海のオオミズナギドリはナギがナギしてナギナギ…え?

    海鳥を求めてフェリーでの撮影に臨むと、(カモメ類を除いて)必ず最初に見るのがこれ。日本周辺の外洋に最も普通にみられる海鳥で、その数推定数十万羽、当ブログでもお馴染みのオオミズナギドリである。数の上では他の海鳥を圧倒し、海鳥として大繁栄しているようにも見えるが実は極東の海の固有種で、他の海域では見ることはないという。さらに生息数では、1970年代に200~300万羽いたのが2012年に100万...

  9. オオミズナギドリ - 北の野鳥たち

    オオミズナギドリ

    先週の海鳥クルーズから。行きは全く見られなかったミズナギドリですが、帰港時群に当たった!鳥さんたちと広い海で出会うのは ほんと運次第なんです (^^;) この日は50羽程の群れが2~3見られました (*'▽')撮影地:室蘭沖

  10. プロバードウォッチャーと行く、魅惑の秋田苫小牧フェリー航路で海鳥観察 - ひとり野鳥の会

    プロバードウォッチャーと行く、魅惑の秋田苫小牧フェリー...

    久しぶりの投稿になりますが、今回はムダに(鳥以外の)写真が多い旅行記になります。旅行記といっても、弾丸旅行です(笑)先日、♪鳥くんが東北にいらっしゃるということでお話をさせていただいたところ、「秋田~苫小牧ルートって海鳥どうなんだろうね」といった内容になり、一緒に行かないかい?とお誘いをいただきました。天気次第な部分もあり保留していたのですが、快晴が見込めそうなので同行させていただきました。...

  11. No title - ちいさな森-mode:κ-

    No title

    10/13S3754-2:強風時恒例オオミズナギドリ。10/13S3771-2:10/13S3826-2:羽根の白さと顔の黒さがオオカワラヒワっぽい気がする。今年の冬鳥小鳥組第一号はオオカワラ?10/11S3399-2:飛び回ってるカワセミ。10/11S3594-2:止まってるカワセミ。10/13S3684:はやにえされて、すっかり忘れられてそうなバッタ。

  12. アジサシ祭り - ちいさな森-mode:κ-

    アジサシ祭り

    今日の香良洲、アジサシの量とんでもなかったわ…09/16S1014-2:09/16S1034-2:コピペ+縮小かな?09/16S1064-2:09/16S0957-2:09/16S1006-2:なんか盛大に違うひといますー。09/16S0993-2:アジサシたちをソナー代わりにしている釣り人の、アジサシが遠のくたびに砂浜でずりーっずりーって揺らされるルアー。

  13. 台風後 - ちいさな森-mode:κ-

    台風後

    08/16S9659-2:台風はミズナギとの距離を縮めてくれたくらいですねぇ。08/16S9684-2:逃げるタイミングを逃して「やべぇ」ってなってるひば。ごめんね速やかに離れるからね!08/16S9695-2:ここでソリハシは珍しいなぁ、って撮って先へ進んだら、彼らの定位置は見事に全て水没中。成る程!08/16S9710:大物がうち上がっている…

  14. オオミズナギドリ - 北の野鳥たち

    オオミズナギドリ

    今回確認できたのは数羽ほど。そのほとんどがイルカの群れに付いて飛び回っていた。この海域では秋に向け どんどん数を増やしていきます (^^♪撮影地:室蘭沖

  15. 小笠原・硫黄島3島クルーズ最終日ー⑭ - 写真で綴る野鳥ごよみ

    小笠原・硫黄島3島クルーズ最終日ー⑭

    7月7日撮影いよいよツアー最終日。早い人は5時頃にはデッキに出られたようですが、私は6時半すぎになってしまいました。5時頃にはアカオネッタイチョウが、6時頃にはカワリシロハラミズナギドリの暗色型が出たようです。① 6:37:52アカアシカツオドリが飛んでくれました。またアカアシ~と思ったのですが、小笠原航路だからこそ撮れる鳥なのでまた撮りました(^^)v② 6:42:31アカアシカツオドリの...

  16. おがさわら丸航路ー① - 写真で綴る野鳥ごよみ

    おがさわら丸航路ー①

    7月2日撮影BIRDER 誌を見ると「7月2日~7日小笠原硫黄島3島クルーズとメグロの島・母島」がA社の広告に載っていました。行きたいと思っていたので、即申し込みました。硫黄島まで行くのは年1回だそうなのでこのチャンスを逃すと来年になってしまいます。竹芝フェリーふ頭から父島までは1,000km24時間かかります。おがさわら丸は3代目で揺れなくなったとはいえ、心配なので酔い止めの薬は飲みました...

  17. 船上からの海鳥観察ー① - 写真で綴る野鳥ごよみ

    船上からの海鳥観察ー①

    6月1日撮影今季4回目の海鳥観察の船に乗りました。天気予報は曇りから晴れ、風は弱いようなので、無事出航!①出航してから20分くらいでカンムリウミスズメの若鳥に会いました。あたりに親鳥は居ません。もう一人立ちしてるみたいです。7:45:03②ハシボソミズナギドリ7:56:07③カンムリウミスズメ8:07:52④潮目にオオミズナギドリが群れで浮かんでいました。8:47:02⑤カンムリウミスズメの...

  18. 八丈島探鳥会ー2 - 写真で綴る野鳥ごよみ

    八丈島探鳥会ー2

    3月22日撮影八丈島での早朝探鳥では、予定の時間には雨が降っていたので時間変更。雨が止んだ1時間後に出発しました。宿からほど近くでアカコッコの鳴き声を聴きました。同行の方が、アカコッコが樹上で鳴いているのを見つけてくださり、スコープで捉えたところを見せて頂きました。カメラは持たないで行ってしまいましたので撮影できませんでした(-_-;)さて、一旦宿に戻って朝食を頂きました。荷物は宿の方が港ま...

  19. 八丈島探鳥会-1 - 写真で綴る野鳥ごよみ

    八丈島探鳥会-1

    日本野鳥の会神奈川支部主催の八丈島探鳥会に参加しました。3月20日東京港竹芝客船ターミナル集合。22:30出航東海汽船の橘丸で船内泊。3月21日八丈島に着く前、早朝船から(クロアシアホウドリ、フルマカモメ、シロハラトウゾクカモメが出たそうですが、私は見つけられませんでした)①オオミズナギドリ6:48:04②オオミズナギドリ6:49:31③八丈島が見えてからなかなか着かなかったです。(底土港 ...

  20. 黒潮の上に飛ぶ - Olive Drab

    黒潮の上に飛ぶ

    海鳥を求めて某航路のフェリーに乗った。昨年乗った陸沿いに進む大洗~苫小牧航路と違い、外洋の離島へ向かう航路だ。写真は本ブログでも度々登場するオオミズナギドリ。日本近海の航路上では(カモメ類を除いて)もっとも普通に観られる海鳥で、今回の撮影でも数の上で圧倒的に多かった。そんな海の上では「普通にいる」オオミズナギドリも、普段陸の上の鳥しか見ないバーダーさんたちには馴染みが薄い。俺もこの鳥を現実に...

総件数:23 件

似ているタグ