オオミドリシジミのタグまとめ

オオミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオミドリシジミ」タグの記事(91)

  1. オオミドリシジミ♀ - Mag's  DiaryⅣ

    オオミドリシジミ♀

    👩「あっ、チョウがいるよ。magさんの好きなチョウじゃないの?」 「わあ、見つけてくれてありがとう!私の好きなゼフで~す。」オオミドリシジミのメスだ。数回シャッターを押しただけで、木々の向こうへ消えた。4人で渓谷を歩くから出会えた。一人ではきっと、出会いがなかったょ。

  2. ゼフとヒョウモン - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ゼフとヒョウモン

    2021年7月10日(土),雨のち晴れ.山は朝の内雨が降っていたが,1時間ほどすると雨は上がり晴れてきた.綺麗なオオミドリシジミがどこからか飛んできて目の前に止まった.幸先良いスタートだったのだが.オオミドリシジミ♂はスレていたが数は多かった.目的のウラジロミドリシジミだったが♂の開翅は見れず.ウラジロミドリシジミ♀を撮影していたらサシガメがやって来て襲い掛かった.アカシジミウラナミアカシジ...

  3. 蝶の撮影 - 何でも写真館

    蝶の撮影

    6月15日、東秩父村にて蝶(オオミドリシジミ・ゴマダラチョウ)を撮影しました。その時に、埼玉県の県蝶は「ミドリシジミ」と教わりました。シジミ類は大変小さな蝶で、オオミドリシジミは35~40mm位です。また、見る方向で色が変わって見える蝶なので、大変面白いです。因みに、ゴマダラチョウは、60~85mmです。オオミドリシジミ次に、ゴマダラチョウ

  4. ウラクロシジミ - 飛騨山脈の自然

    ウラクロシジミ

    日本海側はウラクロシジミの産地が多い。そんな1つを訪ねた。いつか開翅を撮りたいと思っているが、なかなか開いてくれない。キアゲハがツツジに吸蜜に来ている。左の尾突が欠けているのが残念だ。久しぶりにシロスジカミキリを見た。子供のころはナラの木を蹴るとシロスジカミキリが良く落ちてきたものだ。正面から大写しするとなかなか迫力がある。夕方にオオミドリシジミが出たが、暗いのと遠いのでうまく写せなかった。

  5. オオミドリシジミ - チョウ!お気に入り

    オオミドリシジミ

    昔々採集をしていたころは結構邪険に扱っていたオオミドリシジミですが、いざ撮影となるとなかなかうまくいきません。今年ようやくまっとうな撮影ができました。朝方は比較的低いところに止まってくれました。でもあまり太陽の方は向いてくれないのでうまく後翅が光りません。なんとか後翅も光りましたが、すぐに横を向いてしまいチャンスは一瞬でした。葉の上の朝露に反射した光が翅にあたります。日が昇るにつれ上の方に止...

  6. オオミドリシジミ③ - Mag's  DiaryⅣ

    オオミドリシジミ③

    朝からとてもいい天気、オオミドリシジミもとても元気。さあ、頑張って飛翔を撮るぞ、いい天気だからいい色が撮れればいいなぁ。と、思ったのは甘かった。いい天気過ぎて、チョウの姿がうまく見えない、撮れない。撃沈。で、いつもの、静止画像。今回は裏翅が撮れたのでよしとするか(*´з`)

  7. オオミドリシジミ雌開翅他 - 風任せ自由人

    オオミドリシジミ雌開翅他

    蝶仲間のKさんとゼフ探索をした。その時撮影したヒメジョオンの花に乗ったウラミスジシジミの写真は既に掲載したが、今回はその他の収穫。オオミドリシジミの雌が自発的に降りてきて開翅をしてくれた。背丈よりも少し高い場所だったので手を伸ばしてバリアングルモニターを見ながらの撮影だった。その後、少し刺激したら、下草に降りて開翅・小飛を繰り返してくれた。別のウラミスジシジミも何匹か飛び出したが、撮影が叶っ...

  8. オオミドリシジミ② - Mag's  DiaryⅣ

    オオミドリシジミ②

    下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。ほんに良い時代に写真を撮る。ぜーんぶカメラまかせ('ω')

  9. オオミドリシジミ - Mag's  DiaryⅣ

    オオミドリシジミ

    今年もオオミドリシジミの観察!(^^)!遠征しなくても身近で観察できるゼフ(*^-^*)「いい加減に静止を撮るのから卒業しなよ。」って言われているのだけれど。。。おまけのヤクシマルリシジミ。静止画像でも苦労するなんだもん( `ー´)ノ

  10. 地元のオオミドリシジミ - *la nature 2*

    地元のオオミドリシジミ

    やっと地元でもオオミドリシジミの姿を見る事が出来ました!まずはフィールドお仲間さんに教えて頂いたポイントへ♪ここへは何度か様子を見に行っていましたが全くおらず、今回やっと姿を捉える事が出来ました!それも5頭ほどいたでしょうか?上空でクルクルと卍飛翔を繰り返し、なかなか下には降りてくれませんでしたが・・・。かなり遠くで何とか隙間から📷正面顔!だいぶ翅が擦れて傷んでいます...

  11. 毎年苦戦のミドリとオオミドリ - *la nature 2*

    毎年苦戦のミドリとオオミドリ

    予想通り今年も苦戦していたミドリシジミとオオミドリシジミもうゼフィルスも終盤、これ以上の成果はなさそうなのでアップします(^-^;6月5日桑の実絡みでミドリシジミ♂これがなかなか開かないんですよ・・・やっと半開翅B型の♀もいました位置が悪い・・・(^-^;6月8日この日は木道に降りました~!ちょっとグリーンっぽく見えます後は裏翅ばかり・・・6月12日フィールドお仲間さん方が既に撮影済みの紫陽...

  12. オオミドリシジミ斑紋異常 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    オオミドリシジミ斑紋異常

    撮影日2021年06月07日この日は午前中休みを頂いて、久しぶりに近場のオオミドリシジミに会いに行きました。ポイントに着いてしばらくするとオオミドリシジミが登場。左右の空間に1頭づつ陣取りました。ただ、止まる場所が高いので翅表の撮影は難しかったです。また、陽が高くなると気温が急上昇したため開翅角度も控えめでしたしばらく撮影した後で1頭が肛角の橙色紋が黒化していることに気づきました。この斑紋異...

  13. オオミドリシジミ - 自然を楽しむ

    オオミドリシジミ

    今年もいつもの場所で、いつものようにオオミドリシジミのテリ張りを観察することができた。ソヨゴの低めの葉に止まった時に脚立に登り、手を伸ばして表翅を撮影。2021.6.5

  14. ミズイロオナガシジミ他 - 風任せ自由人

    ミズイロオナガシジミ他

    ゼフの期待できるポイントとその周辺で撮影した蝶。最初に見つけたのは下草に降りていたゼフだが、種類が分からなかった。帰宅後調べたところオオミドリシジミ雌と判明した。ミズイロオナガシジミは複数見つかった。ウラナミアカシジミもいたが、撮影はできなかった。新鮮なヒオドシチョウも複数見つかった。道路の湿った所でアゲハが吸水していた。

  15. 2021.5.26神奈川県・朝の雑木林オオミドリシジミ2021.6.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.5.26神奈川県・朝の雑木林オオミドリシジミ...

    2021.5.26毎年のように行っていたオオミドリシジミのテリ張りポイントは周囲の木が高くなりすぎ、開翅する低木も大きくなり撮影しにくくなったので少し遠くに出かけたが、ここも木が高くなりすぎ、全体が暗すぎる印象。7時をすぎてからやっと1頭飛び出し、少しはなれた場所にも1頭飛んできたが、いずれも高い場所にしかとまらなかった。そのうち数が増えるだろうと待っていた時、地元のKrさんが現れ、違うポイ...

  16. It's "翔" time - 不思議の森の迷い人

    It's "翔" time

    5月下旬の休日、Yさんからご連絡を頂き早朝のShowを観に行くことになりました。ただ、私の家からではどうしても途中から、いえ終盤からになってしまうのですが。"翔" timeに沸くのはアメリカだけではないのです。私が着いたときには、もうオオミドリシジミの開翅の真っ最中でした。朝陽は左から右に当たっています。陽の当たる角度によっては翅は全く輝きません。留まる角度が少し違うだけ...

  17. ウラミスジの卵塊に興奮 - 蝶超天国

    ウラミスジの卵塊に興奮

    3月7日緊急事態宣言の影響もあり・・暫くは自粛ムードで殆ど外出していませんでした。少しコロナも落ち着いて来たので・・久しぶりに山に遠征してみました。自宅付近では新生蝶も飛び始めましたが・・今回の狙いはゼフの越冬卵です。まずはオオミドリシジミです。いつもの枝の分岐部ではないので拍子抜けです。他には見つからないので早々に諦めて移動しました。次のポイントではウラミスジシジミが思いのほか沢山見つかり...

  18. 6/27オオミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、アカシジミ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    6/27オオミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、アカシジミ他

    さて、移動してきて高標高地では、先日情報をいただいた蝶友さんとバッタリ。一緒に探索することにしました。先日撮影されたというピンポイントをご教示いただき、そこで待ってみたものの一向に現れず。待ちくたびれて周辺をウロウロすると、満開の山栗の木があったのでチョウが吸蜜に来ていないかしばらく眺めていたときのこと。近くの木立の奥で緑色の光りが舞っているのに気付きました。あれに間違いないと、近くに来るの...

  19. 6/20その3ゼフィルスを求めて - ブログ和歌山の里山便り2

    6/20その3ゼフィルスを求めて

    やがて少しは明るくなってきて、時折雲の切れ間から青空も見えるようになったものの、逆に雨粒が落ちてきて雨宿りを余儀なくされるという、なんとも言えない天気の中探索を続けると、ようやくゼフィルスたちが出てくれました。オオミドリシジミこれのテリ張り撮影が主目的だったのですが、出たのはこれ1頭だけで開翅もなし。まぁ、この天気じゃ仕方ないね。ミズイロオナガシジミいちばん多かったのはこれ。発生最盛期だった...

  20. はじめてのオオミドリシジミ - 八分目とり日記

    はじめてのオオミドリシジミ

    近場でミドリシジミを探しましたが、真っ黒な個体しか見つけられませんでした。そこで、思いきってオオミドリシジミにトライしました。ポイントまでが遠かった。探鳥地ではなく、初めて行く場所。山の上にあり、結構な急坂を登っていきました。やっと着いたと思ったら、同業っぽい人がおらず、ポイントがわかりません。仕方なく、漠然とした情報を頼りに歩き回りましたが、あるところでそれっぽい蝶が舞う姿を目撃。とまるの...

総件数:91 件

似ているタグ