オオミドリシジミのタグまとめ

オオミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオミドリシジミ」タグの記事(38)

  1. 6月の蝶の紹介。高尾周辺〜2018年6月3日,9日 - 蝶・花・山~自然の色使い

    6月の蝶の紹介。高尾周辺〜2018年6月3日,9日

    また撮りためた蝶の写真をはき出します。まだ6月上旬分です。6月3日は高尾周辺で、まだ蝶探しに入ったことのない場所に向かい、その後フジミドリシジミの場所に移動。結局フジミドリシジミは見ることができなかった。初めて蝶探しをしたポイントではオオミドリシジミを探した。以外にあっさり見つけたのだが、随分見上げなければならない場所で飛び回るばかり。なかなか青緑に光る表面は見られなかったのが残念。確実にい...

  2. ■蝶 3種18.7.1(オオミドリシジミ、ウラギンシジミ、?) - 舞岡公園の自然2

    ■蝶 3種18.7.1(オオミドリシジミ、ウラギンシジ...

    今年も後半に入った。夏至も過ぎて昼間の時間がどんどん減っていく。なんだか黄昏れた気分になる。今日も32℃近い暑さで、外出する気にもならない。梅雨明けが異常に早いということは、夏が終わって秋になるのも異常に早くなるのだろうか?それとも暑い夏がいつまでも続くのだろうか?これも憂鬱のタネだ。蝶の姿を見るものの、うまく撮れない。おとといの散策で出会った蝶のへたくそな写真でお茶を濁します。オオミドリシ...

  3. オオミドリシジミ③ - Mag's DiaryⅢ

    オオミドリシジミ③

    今日も飛翔を狙うぞ!そう思って頑張っても、やっぱりうまくいかないで、くじけてしまう。

  4. オオミドリシジミのテリ張と交尾 - 蝶超天国

    オオミドリシジミのテリ張と交尾

    6月24日続きジョウザンミドリのテリ張を観察した後・・・オオミドリシジミのテリ張時間に間に合うように次のポイントに移動しました。ところが、思いのほか天気の回復が悪く、曇り空ではテリ張は難しいです。諦めかけたその時・・・・薄日がさし・・・1頭のオオミドリが林縁を横切って行き程なく、テリ張が始まりました。かなり新鮮な個体のようですが遠かったのでトリミングしてあります。なかなか良い場所に止ってくれ...

  5. ジョウザンミドリシジミなど - 自然を楽しむ

    ジョウザンミドリシジミなど

    ハヤシミドリシジミを十分に楽しんだ後は、ジョウザンミドリシジミの出番です。こちらは叩き出しは必要なく、低いところでテリを張ってくれるので撮影はずいぶんと楽です。しかも新鮮な個体ばかりで、気持ちよく撮影できました。ただ、この頃から日差しが強くなってきたので、日陰を作ってやりながらの撮影です。↓この蝶はハヤシミドリを撮影していた時に現れた個体で、ハヤシミドリでもなく、ジョウザンミドリとも感じが違...

  6. ツバメシジミ・オオミドリシジミ(2018/06/22) - 里山便り

    ツバメシジミ・オオミドリシジミ(2018/06/22)

    撮らえきれなかったが、メス個体にブルーがのった個体でした。ツバメシジミ♀(燕小灰蝶)The Short-tailed blue [Everes argiades]まったく予想していない場所に、ヒラヒラ低空飛翔してきた。当初少し遅い 'ウラギンシジミ' かな?近づくにつれメス個体だと判断した。いきなり飛翔を止め、休んでいた此方の目の前に静止した。ウッウン?!良く見...

  7. オオミドリシジミ② - Mag's DiaryⅢ

    オオミドリシジミ②

    今日は、飛んでいるところを撮るぞ!と、意気込んではみたが、なかなかうまくいかない。時には3頭が絡むこともあって、再々、卍飛翔をするのだけれど・・・。一度だけ、長い時間絡み続けたことがあった。そのチャンスを生かし切れていないなあ。あきらめて。やっぱり静止画像(-.-)目の前に止まった個体。こちらも目の前に。今年はメスがやってこないょ('_')

  8. オオミドリのテリ張と産卵行動 - 蝶超天国

    オオミドリのテリ張と産卵行動

    6月9日つづき最初のポイントから移動してオオミドリシジミのテリ張を見に行きました。昨年は時期が遅くダメでしたが、今回も既にテリ張も終わりかけの時間です。日当りのある枝に場所を替えては止まります。しかし、なかなかこちら向きの良い角度にはなってくれません。やっと後翅まで輝く角度になってくれましたが、これが限界・・・距離は近くてとても良い場所なのですが、後は光らない写真ばかりでした。青空バックに翅...

  9. オオミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    オオミドリシジミ

    朝方の雨が止んで、空が明るくなってきた。天気予報では晴れになる。オオミドリシジミポイントへ行く。去年は6/18に撮っている。1週間早いのでまだかなと思ったけれど、もう翅に傷があった。ミヤマカラスアゲハやキアゲハなど、自分より大きいものも追っかけて追い払っている。傷だらけになるはずだよねぇ。飛び立っても同じ場所に戻ってくるので待っていれば撮れるのだけれど、みんな同じ絵になってしまうのよねぇ。ぶ...

  10. 小畔川便り(近くのゼフィルス-4:2018/6/3,4) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルス-4:2018/6/3,4)

    6月3日は朝から良い天気。ミドリシジミのポイントに行ってみたけど、1頭もいなかった。近くでたくさん見掛けたウラナミアカシジミ1頭もいない。天気は良いし、気温もそこそこ高い。いったい何が気に入らないのだろう。仕方ないのでオオミドリシジミの場所に行くと、オオミドリシジミは相変わらずテリハリ行動をしていた。ニコンD500ニッコール70-200ただ、2日と違ってあまり下には降りてこない。家内撮影ニコ...

  11. 群馬のオオミドリ&埼玉のオオミドリほか - ヒメオオの寄り道

    群馬のオオミドリ&埼玉のオオミドリほか

    そろそろ登場しているのではと群馬県の丘陵に出かけてみると個体数が少ないものの「オオミドリシジミ雄」が丘陵の山頂付近で、登場してくれました。しかし10時を過ぎると次第にいなくなってしまいました。丘陵を降りる途中では「ムラサキシジミ」トンボの撮影で立ち寄った湿地では朱色の表翅の「ウラギンシジミ雄」が飛び上がりました。 in2018.06.08 群馬県①オオムラサキで有名なこの公園...

  12. オオミドリシジミ - 風任せ自由人

    オオミドリシジミ

    オオミドリシジミ、昨年は2匹のみの出会いだったが、今年はかなりの数がいた。しかし、最初に訪れた年と違ってあまり低い所に留まってくれず、高い枝先に留まっているのを虚しく見ている時間が多かった。それでも、少し低い所に降りてきた時はカメラを頭上に持ち上げてモニターを見ながら撮ったり、下から見上げて翅裏を撮ったりと、それなりに写真を写すことはできた。ちょっと面白かったのは幹に留まって暫く翅を開いてい...

  13. オオミドリシジミ(2018/06/05)外秩父山地 [3] - 里山便り

    オオミドリシジミ(2018/06/05)外秩父山地 [3]

    本日の念願だった 'オオミドリシジミ' のご登場です。皆さんの掲載記事を読んで早めに現場到着です。現場到着早々は、'両アカシジミ'・'ミズイロオナガシジミ' などが、数多く撮影できたが、一向に現れなかった。到着から1時間半、やっとお出ましです。外観ではダメージが見られない個体です。出現は思惑と違い、暗所の &#039...

  14. 2018.5.25神奈川・雑木林の朝オオミドリシジミ2018.6.7 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.5.25神奈川・雑木林の朝オオミドリシジミ2...

    2018.6.25朝早く起きて、オオミドリシジミを撮りに行く。しかし、前日の天気予報にもかかわらず、現地についても薄い雲が拡がったままだった。オオミドリは林床の日のスポットで翅を拡げるのだが、これでは全く期待できない。7時15分、まだ暗い中、1頭が飛んできたが後が続かない。少し明るくなったので、スポットが当たる場所を探すがそれらしき場所は1か所だけ。しかし、時間が経つとそこも暗くなり、日が当...

  15. オオミドリシジミのなわばり・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    オオミドリシジミのなわばり・・・

    1週間ほど前に気付いたのだが、朝8時半ごろになると時鳥庵の窓の外に、何やらちらちらと光るものがすばやく、ぐるぐる回るように飛んでいるのが見える。ちょうど朝食をとっているころだ。ときには二つの飛翔物体が互いに追いかけるような飛び方もする。すぐに、これはオオミドリシジミのなわばり飛翔だと分かった。窓を開け外に出て確認すると、1匹のオスが庵の軒より少し上にある、ちょっと張り出したヒノキの枝先にとま...

  16. 小畔川便り(近くのゼフィルス-3:2018/6/2) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルス-3:2018/6/2)

    6月2日は週末で会社も学校も休み。孫の朝ごはんの面倒を見なくて良いので、家内と二人で早めの時間にミドリシジミの様子を見に行く。朝のうちは雲が多く、気温も低めで心配したけど、撮影場所に着くころには日が射してきた。歩いていく途中でも、木の上から、ウラナミアカシジミがぽろぽろ落ちてくる。早くミドリシジミのポイントに着かなければと気が焦るので、それらにカメラを向けるゆとりがなかった。ミドリシジミがド...

  17. オオミドリシジミ - 自然を楽しむ

    オオミドリシジミ

    クロミドリシジミが樹上へと戻った後は、オオミドリシジミの撮影へと移動するのがパターンとなっています。ポイントに到着した時には、すでに数頭がテリを張っていました。日差しが強く、気温も上がってくるとほとんど開翅しなくなってしまったため、日陰を作ってやるといい感じで開いてくれます。魚眼レンズで近寄ってもじっとしています。2018.6.3 岐阜県

  18. 小畔川便り(近くのゼフィルス-3:2018/05/27 06/01) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルス-3:2018/05/27...

    5月27日はオオミドリシジミの確認とミドリシジミの発生の確認に25日と同じ場所に出かける。ミドリシジミの姿はまだなかった。ただ、あちこち見ながら歩いて、現場に着いたのが8時20分過ぎだったので、その後の観察で分かったことを考えると少し時間が遅かったのかもしれない。家内が比較的新鮮なウラゴマダラシジミを見つけた。家内撮影ニコンD5500ニッコール55-200ニコン1V31ニッコール70-300...

  19. 小畔川便り(近くのゼフィルス-2:2018/5/23.24.26) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルス-2:2018/5/23....

    5月23日は曇りで時々日が射すような日だったけど、近場のフィールドにゼフの様子を見に行く。この前来た時から1週間たっているので、そろそろミドリシジミやオオミドリシジミが出てきているかもしれない。それに前回は見かけなかったミズイロオナガはどうなっているのかなと思いながらフィールドを歩く。1週間前はアカシジミが多かったけど、今回はアカシジミは少なかった。ニコンD500ニッコール70-200ニコン...

  20. オオミドリシジミゼフィルスの森で - 蝶のいる風景blog

    オオミドリシジミゼフィルスの森で

    関東も梅雨入り間近だという。天気予報を見ると明日からはずっと雨の予報になっている。用事をキャンセルしてオオミドリの森に出かけて来た。いつもは6月10日くらいが最盛期なのだが、ことしは10日くらい前から発生が始まっているという。小山を登ってピークに7時45分に着いた。いつもは他の撮影者と出会ったことはないが、今朝は先着が2人いた。見上げるとくるくると卍飛翔が始まっていた。雲がちょっとあって心配...

総件数:38 件

似ているタグ