オオルリシジミのタグまとめ

オオルリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオルリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオルリシジミ」タグの記事(17)

  1. 2021年5/22その6オオルリシジミ、ウラギンヒョウモン、ミヤマシジミ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/22その6オオルリシジミ、ウラギンヒョウ...

    保護されているオオルリシジミを見るために移動しました。少し前から発生していたようで、傷んだものもいましたが、新鮮なものもたくさん飛んでいました。オオルリシジミ曇りがちのお天気が幸いしたのか、本当によく開翅してくれました。翅裏を撮るのが難しかったくらいで、嬉しい悲鳴でした。そこに現れたオレンジのヒョウモン。ウラギンヒョウモンツマグロヒョウモンでなくて良かったです(笑)。さらに移動してミヤマシジ...

  2. オオルリシジミの産卵など - 蝶超天国

    オオルリシジミの産卵など

    5月30日朝から晴天に恵まれました。オレンジの再挑戦か迷いましたが・・・早朝に現地着が厳しく・・・日帰りにしては少し遠いですが・・・オオルリシジミを選択しました。現地に到着するなり活発に飛びまわる姿が目撃できました。あちらこちらで朝日を浴びて開翅しますが・・・鮮度はイマイチです。♂同士の誤求愛シーンも見られました。時期的には♀の産卵が始まった感じでした。産卵しては近くの花で吸蜜します。そして...

  3. 安曇野のオオルリシジミたち2021 - トドの野鳥日記

    安曇野のオオルリシジミたち2021

    春の妖精(スプリング エフェメラル)蝶シリーズが続きましたが、今回シリーズの最後は、安曇野で保護活動が行われているオオルリシジミたちです。

  4. 遠征のお土産、オオルリシジミ(2021/05/26) - 里山便り

    遠征のお土産、オオルリシジミ(2021/05/26)

    感激、興奮の連続の 'クモマツマキチョウ' 撮りの余韻がある中、'M彡' にもう一つのおねだりをする。帰路から大回りをしていただき、'オオルリシジミ' 撮りです。.........☆ My Cup of Tea ☆.......此方も久方ぶりのご対面です。「コロナ下」の影響で見られないのでは?心配をよそに、元気にお目見えです。--...

  5. オオルリシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    オオルリシジミ

    2021年5月29日(土),晴れ時々曇り.前日のクモツキの余韻が残る中,欲張って♀をもう少し撮りたかったのとできれば交尾も撮りたかったので二日目も行こうとしたところ,前日の夜から当日の早朝まで雨が降っていて,山の方を見ると厚い雲がどんよりと覆っていたためクモツキは諦めた.巷ではクモツキを撮影後にオオルリシジミを撮影しているブログがあるので,自分もオオルリシジミの公園へ出かけた.この公園では放...

  6. オオルリシジミ安曇野の公園で - 蝶のいる風景blog

    オオルリシジミ安曇野の公園で

    北アルプスにクモマツマキチョウを観察に行った。前夜は松本に泊った。ニュースで大手町のコロナワクチンの集団接種が予定より早く28日から受け付けることになったのを知った。妻は地元の接種では7月27日だった。少し早くしたいので31日から始まる予約受付を息子に頼んでいた。クモツキに同行している息子に伝え急遽明日の予約を頼んだ。予約開始は午前11時。クモツキの飛ぶ北アルプスから予約を入れた。しばらくす...

  7. 小満紅花栄(べにばなさかう) - 紀州里山の蝶たち

    小満紅花栄(べにばなさかう)

    皆さん、おはようございます。引き続き、遠征レポートです。保全された自然公園でオオルリシジミを探索しました。雄はやや擦れが出ていました。交尾個体も居ましたよ。

  8. 43オオルリシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    43オオルリシジミ「蝶図鑑」

    毎年、クモマツマキチョウとセットで楽しんでいます。オオルリシジミです。

  9. 安曇野のオオルリシジミたち - トドの野鳥日記

    安曇野のオオルリシジミたち

    5月末に山小屋から少し足を延ばして安曇野へ再び出かけるも狙いの蝶は空振り、来年の課題としましょう。帰りにオオルリシジミ(絶滅危惧種)の保護活動を行っている公園で、ムラサキツメクサ、食草のクララなどに留まる多くの個体を見かけました。

  10. オオルリシジミの誤求愛と交尾 - 蝶超天国

    オオルリシジミの誤求愛と交尾

    5月18日天気予報が好転したのでオオルリシジミの保護地を訪問しました。食草のクララがまだ小さくて花穂も出ていませんでしたが・・・・既に♂は擦れた個体も多く、風に飛ばされて行きました。羽化直で翅が固まっていない♂がクララにぶら下がっていたので撮影していると・・・羽化直の♂に元気な♂が誤求愛していました。この日はこんなシーンがあちらこちらで見られました。狙われている♂はだいたい新鮮な個体です。交...

  11. オオルリシジミ(初) - オヤヂのご近所仲間日記

    オオルリシジミ(初)

    ■国営アルプスあづみの公園での第一の目的のオオルリシジミ看板の説明によると生息場所としては「安曇野市、東御市・飯田市、九州の大分県や阿蘇地方」と日本では4ヶ所しかなく、絶滅危惧種I類に指定されている。ここではマメ科の食草のクララを植え、ここに産み付けられた卵を蝶まで育て放蝶して大切に保護している。名前に「オオ」が付くがその名の通り、かなり大きめな姿。▼交尾残念ながら一部植物の影に▼産卵全てS...

  12. オオルリシジミ - 小畔川日記

    オオルリシジミ

    5月16日は "里山便り" のphotobikersさんとオオルリシジミの撮影に行ってきた。現地に着くと、すぐにphotobikersさんが、草むらに止まるオオルリシジミのメスを見つけてくれた。きれいに開翅していてくれたので、幸先が良いなと思って喜んで撮影する。個体数はあまり多くはなかったけど、蝶の集まる一角があってそこでいろいろなシーンを撮影することができた。少し羽化不...

  13. オオルリシジミ撮影記 - 風任せ自由人

    オオルリシジミ撮影記

    先日、オオルリシジミの撮影に出かけた。2009年5月の「オオルリシジミ親子観察会」に参加したのが初めて。それ以来何回も訪れているが、こんなに風に泣かされたのは初めてだった。しかし、最終的には色々なシーンを撮影できた。以下は当日の撮影記。受付で記名しながら当日の先客をチェックすると、長野県でよくお会いするHさんの名前があり、二人で来られているようだった。フィールドに出ると間も無くHさんの姿があ...

  14. オオルリシジミ初撮り(2019/05/16)東信遠征① - 里山便り

    オオルリシジミ初撮り(2019/05/16)東信遠征①

    平地の蝶達の映像が多くあり、整理に時間がかかって、掲載が滞っている。平地の蝶達の掲載は遅れても、遠征に行った蝶達が鮮度が落ちる気がして、先に掲載です。今回も「小畔川日記」の 'dandara2さん' とご一緒です。到着早々現れた、幸先の良いスタートです。オオルリシジミ♀(大瑠璃小灰蝶)The Large Shijimi Blue [Shijimiaeoides divi...

  15. 東御市オオルリシジミ観察会の日 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    東御市オオルリシジミ観察会の日

    昨日は曇り、今日は曇り時々晴れ予報の浅間高原、ヤマキチョウは飛ばない、信州は1日快晴の予報、急に思いついて隣町のオオルリシジミに爺、婆、わんこで出掛ける。県境の地蔵峠までは曇り空、峠からは向こうの信州は何と快晴、一転して180度の違いとまでは言えないけど120度の違いです。何も親子観察会のお邪魔をしたい訳ではなので、観察会場以外のオオルリシジミのフィールドで時間を稼ぐ作戦でしたが、まだ発生に...

  16. オオルリシジミ再び - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オオルリシジミ再び

    天気予報が快方に向かった今週、今日が一番良さそうなので、今朝になって、爺、婆、わんこで急遽オオルリシジミの観察に出掛けた。午前9時過ぎに到着、ほぼ同じ頃、既に到着していた埼玉のnagさんご夫妻が撮影開始しておられた。今日は他には何方もおられなかった。先日は発生を確認出来なかったメスでしたが、今日はクララで直に見付かった。羽化直の綺麗な個体でした。メスは黒点模様が可愛い。オスの求愛は今日もまた...

  17. 東御市のオオルリシジミ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    東御市のオオルリシジミ

    今日も朝から快晴、暖かいので隣町の東御市へオオルリシジミの発生を確認に出掛けた。昨年は5月12日に出掛けたが、雌雄共にかなり沢山の個体が飛び交っていたけど、今年はクララの成長もまだ遅く、昨シーズンより1週間遅れの様でした。個体数はオスばかりで10頭以内でしたでしょうか。蓼科山を背景にオスを撮って見ました。観察会は19日(日)らしいけど、今年はその頃が一番見頃だと思われる。今年も草刈が行われ、...

総件数:17 件

似ているタグ