オケラのタグまとめ

オケラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオケラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オケラ」タグの記事(18)

  1. 桃色の可愛い花 - 花と葉っぱ

    桃色の可愛い花

    撮影:2021.10.06(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)加曾利貝塚縄文遺跡公園の横を流れる川幅の狭い早戸川。公園と早戸川の間の湿地にツリフネソウと並んで可愛い花が一面に咲いていた。ミゾソバ(溝蕎麦)?タデ科 タデ属湿地に生育する、草丈30~100センチの一年草。葉は互生し、先は鋭く尖り、基部は耳状に張り出す。花は茎頂に頭状に十数個つき、花被は5裂し5弁のように見える。裂片の下部が白色で上...

  2. ガガイモ、オケラ、アケボノオシロイタケ、セセリ蝶 - 花と葉っぱ

    ガガイモ、オケラ、アケボノオシロイタケ、セセリ蝶

    撮影:2021.09.07(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)葉の脇から長い花柄を伸ばし、その先に淡紫色の花がかたまって咲いていた。ガガイモ(蘿芋)ガガイモ科ガガイモ属湿地などに生育する多年草です。淡い紫色の花は径約1センチで、花弁の先端は5裂し、その内面に白い毛が密生しています。オケラ(朮)キク科オケラ属山地の木陰に生える多年草。茎は細くて硬く、高さ80センチくらいになる。頭花は白色で径2セ...

  3. 綿毛 - 里山の四季

    綿毛

    昨日は、とても穏やかな日和、いつもの散歩道、ウォーキングの方々でにぎわっていました。花は見られなくても空が青くてうれしい気分・・・オケラ朮キク科オケラ属2021.2.6果実はそう果で上向きの毛が密生しています。綿毛(冠毛)には、羽毛状の枝があるのが特徴です。魚の骨みたいな苞葉もまだしっかりしています。頭花は筒状花のみ、筒状の花冠も残っていました。秋の姿2019.102020.10春には白毛に...

  4. 黄昏れて木瓜を愛でる - 花と葉っぱ

    黄昏れて木瓜を愛でる

    撮影:11月11日(千葉市・泉自然公園)マヤランを見た後、いずみ橋近く、野草園近傍の草原に通じる小道をとぼとぼ。花がほとんどなかった今日、道端にボケの花が鮮やかに咲いていた。ボケの品種名の同定は難しい。「緋の御旗」??「東洋錦」??すぐそばにロウバイの枯れきった実が筋だけになってぶら下がっていた。晩秋の寂しげな風情を感じる。足元にはオケラの花も枯れて面影を残すのみ。これから冬にかけて種をつけ...

  5. オケラ朮 - 里山の四季

    オケラ朮

    キク科オケラ属里山の台地の草原で見つけました。頭花の総苞が”魚の骨”みたいなのがおかしくて出会った時はいつもうれしい気持ちになります。今年の夏の暑さのためか葉が枯れてしまった個体を多く見ました。これはまだよく残ったほうです。葉の縁に細かい鋸歯があります。オケラは雌雄異株で、これは雌花です。これは両性花、まだ咲き始めです。外側の筒状花から順に同心円状に咲いていきます。花粉が出ています。筒状花の...

  6. 雲月山911m① - 清治の花便り

    雲月山911m①

    9月27日島根広島県境の山雲月山(島根では「うんげつさん」広島では「うづきやま」へ峰すべて霧に沈みて雲月山歩地爺・オタカラコウ(雄宝香)この辺りでは道端に咲く花のよう・オケラ(朮)島根に帰ってきてからは三瓶で二度あっただけの花・忽然と霧より生まる花朮歩地爺・ウメバチソウ(梅鉢草)・ホクチアザミ(火口薊 )終り花を見て・・ヒゴタイかと・ムラサキセンブリ(紫千振)・紫千振の伏して咲けるや霧の底歩...

  7. もりの観察会。 - つれづれ日記

    もりの観察会。

    10月になりました。森の観察会も涼しくてほっとしました。ツリフネソウ。ミチヤナギ。ボントクタデ。ツリガネニンジン。ヤマウド。シラヤマギク。オケラ。ホトトギス。

  8. フジマメにウラナミシジミ - Magnolia Lane 2

    フジマメにウラナミシジミ

    フジマメにウラナミシジミが集まっていました♪チョウマメ(バタフライピー)エビスグサ(ケツメイシ)ネコハギタヌキマメイヌゴマ(チョロギダマシ)ゴマレモンエゴマオケラシモバシラトカゲがあちこちに^^ツマグロヒョウモンゲンノショウコヌマトラノオゼフィランサス・エージャックスとタマスダレウコンワタミシマサイコキブシオオミサンザシノグルミシオンちょっと珍しい植物も見られる薬用植物園にて。蝶たちも多く見...

  9. パラサイト半地下の家族 - 陽だまりcafe

    パラサイト半地下の家族

    映画「パラサイト半地下の家族」鑑賞。久々に大満足の映画。最初から最後まで食い入るように見入ってしまった。映画の内容はあまり詳しく言えないので、大まかにお話すると、韓国の底辺(半地下で暮らしている)貧乏だけど愛に溢れている家族がひょんなことから、大金持ちで豪邸に暮らしている一見幸せそうな家族(実は表面だけ取り繕っている)のところに寄生してしまうお話。笑いあり、サスペンスあり、バイオレンスアクシ...

  10. 最後のあなた - お花びより

    最後のあなた

    冬の華咲いたこのコはオケラ気が付けば62枚も撮っていました背景を変え絞りを変え縦横位置を変えカメラ内の設定を変え一時間以上も撮っていたので最初の写真と最後の写真で光の加減がまるで違いますそういう撮り方をする時はせっかく撮ってもたいていが一番最初のカットが好きだったりするのですがこの日はこのカット最後の一枚が好きでした

  11. オケラ朮 - 里山の四季

    オケラ朮

    インターネットで「オケラ」と検索すると初めに”虫のケラ”がでてきます。コオロギと近縁とか。このオケラはキク科の多年草、植物のオケラです。古くは万葉集に「うけら」として詠まれたそうです。里山の乾いた草地に点在していました。2019.10オケラ朮キク科オケラ属キク科の頭花~舌状花はなく、筒状花だけで成り立っています。連日の雨、露に濡れて頭花を包んでいる苞葉が魚の骨みたい若菜は山菜として美味地下茎...

  12. ■秋の草花 3種 (3)19.10.13(オケラ、イヌショウマ、ノコンギク) - 舞岡公園の自然2

    ■秋の草花 3種 (3)19.10.13(オケラ、イヌ...

    台風19号は、東日本各地の河川堤防を決壊して水害を残して北方に進んで消えた。大きさを比較するために名前の出た「狩野川台風」には、高校1年生の秋、地学部員として校庭の隅にあった「百葉箱」で気象観測する当番だったが、あまりの荒れようで免除された記憶がある。5日の散策で見つけた「秋の草花」です。オケラ19.10.5FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO400 1/2500,F4背...

  13. オケラ - つれづれ日記

    オケラ

    オケラ。ヤマトシジミ。

  14. マヤラン - つれづれ日記

    マヤラン

    台風情報が流れ続けている中、横浜は晴れ間が出ている。森に行って来ました。雨に濡れてマヤランが咲いていました。オケラ。シラヤマギク。アザミ。落ち葉。一昨日の写真。ツリフネソウ。蜘蛛の巣とヤブミョウガの実。修理中だったレンズは2週間で修理が済み送られてきた。上限15000円希望でちょうど14580円也でした。年月が発ちつい乱暴に扱っていたと思い反省、ちょっと大事にしています。でも、いずれはカメラ...

  15. 初秋の三瓶山④*子三瓶→室の内* - 清治の花便り

    初秋の三瓶山④*子三瓶→室の内*

    祝 稀勢の里10勝祝 なおみちゃん決勝へ祝錦織マゼルOP4強(東レには出ちょらんだっただなん)昨日の続きです。マルバハギと子三瓶山赤雁山を過ぎた辺りに小さき花野盛りを過ぎたイヨフウロ赤雁山は登山道脇摘まずおく松虫草は野の花よ汀子子三瓶山はすぐそこ太陽が出て暑くてやれんかった体力を消耗。。子三瓶山頂男三瓶山は雲隠れ笹の向こうは孫三瓶ジャノメチョウ伐採された自然林元に戻る気配なし男三瓶山室の内に...

  16. ■生き物の名のつく花 3種18.9.20(ヤマホトトギス、ヒヨドリジョウゴ、オケラ) - 舞岡公園の自然2

    ■生き物の名のつく花 3種18.9.20(ヤマホトトギ...

    秋雨前線が西から伸びてきたのか昼前から雨がシトシト降っている。今日は「休養日」に。きのう小谷戸の里で撮った花たち、共通して生き物の名がついていることに気づいた。 ヤマホトトギス18.9.19CANON G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/120,F4.5この名前は花びらにある紫色の斑紋がホトトギス(小鳥)の胸の斑紋と似ていることから付けられたとされている。ヒヨドリジョウゴ〃〃IS...

  17. 池の段の花 - Mag's DiaryⅢ

    池の段の花

    この日出かけたのは池の段、たくさんの花が咲いていた。晴れていたらなあ(*´з`)ミヤマアキノキリンソウかな。キュウシュウコゴメグサ、咲き残りがあった。花友が探してくれたオケラサンインヒキオコシかな。センブリがもう咲いていた。何度か訪れている池の段だが、センブリは初めて見た。例年より半月遅く来たからだろうね。

  18. ケラ・ケラ・ケラ - 静かに過ごす部屋

    ケラ・ケラ・ケラ

    7月7日からの断水我が家地内は7月14日に通水されました。まだ呉市内では解除されていない地域も多々なので、水が出たと言ってラビアンローズな生活は厳禁な生活体制を整えてます。ここ数日は狂気的な暑さで写真も撮れず。6月中旬の写真を(笑)オウンスロー2018/6/21スカポスス2018.6.18

総件数:18 件

似ているタグ