オナガアゲハのタグまとめ

オナガアゲハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオナガアゲハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オナガアゲハ」タグの記事(65)

  1. 台風の余波で天気悪かった - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    台風の余波で天気悪かった

    昨夜の雨は早朝の短時間だけ上がっていたけど、その後再び雨、午後2時頃まで小雨が続いた。午後2時から3時まで1時間だけ嘘のように晴れ渡った。その後はドン曇で日が暮れた。朝6時、庭で蝶が居ると家内が言っていたので、出てみるとオナガアゲハのオスが留まっていた。全く動く気配は無く、昨夜からここで過ごしていたのでしょう。暫くして見たら、性標の白帯が左に見えていたので、少しは動いた様でした。その内、雨が...

  2. ツマミヤガラス(TMG)-1322020.08.29記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1322020.08.29記

    【ミヤマカラスアゲハ・サカハチチョウ他】今回は、前回同様とあるキャンプ場で撮影したものを紹介する。今回も時系列ではまとめず種類別でまとめて紹介する。【アゲハチョウ】前回同様、クサギのポイントにはミヤマカラスアゲハなどがやっていた。中旬はそのアゲハの飛ぶ量が減り、そして奥の方で訪花していたこと。正直それで撮影はしづらくなってしまった。それでも、一部はそれなりに近くにもやってきた。その後、下旬に...

  3. ドン曇の1日でした - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ドン曇の1日でした

    予報では一時晴れのマークもあったかと思うけど、結果は1日通してドン曇でした。こんな日はどうしたら良いのかと考え込んでしまう。ミヤマシジミならこんな日でも観察出来ると思うことにして、午前中に出かけた。ところが、お天気良くても暑くて開翅せず、ドン曇でもやはり開翅せず、挙句の果てLEDライトでも開翅せずでした。(.)暫しメスの新鮮な個体を探しておりましたが、気温も低くて、諦めて3化の幼虫を探して見...

  4. ツマミヤガラス(TMG)-1312020.08.12記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1312020.08.12記

    【サカハチチョウ・ミヤマカラスアゲハ他】今回は、とあるキャンプ場で撮影したものを紹介する。なお、時系列ではまとめず種類別でまとめて紹介する。【アゲハチョウ】最初は、別の昆虫を探しに林道を歩いていた。すると、偶然立ち寄ったところにクサギが生えていた。それがきかっけで、このキャンプ場のポイントを知ることとなった。そんなクサギのポイントにはミヤマカラスアゲハなどがやっていた。中でも最終日に出会った...

  5. クリンソウを訪れる虫たち - チョウ!お気に入り

    クリンソウを訪れる虫たち

    今年もクリンソウの咲く河原を覗いてみました。お目当てのミヤマカラスアゲハは見られなかったもののオナガアゲハやクロアゲハが飛び、他にも多くの虫たちが見られました。しきりに吸蜜するクロアゲハ別日の写真です。早い時期だと下の方の花も咲いています。こんな風景も見られました一度だけでしたがオナガアゲハも見られました。今年はトラマルハナバチも見られました。鋭い爪を花びらに掛けて止まります。花の表面にでき...

  6. アゲハチョウ達の集団吸水②(2020/05/in the middle) - 里山便り

    アゲハチョウ達の集団吸水②(2020/05/in t...

    'アオスジアゲハ' は多数吸水していたのですが、お相手してくれた '黒系アゲハ' 類はこの1頭だけでした。時折 'カラスアゲハ' も立ち寄ったり、'モンキアゲハ' や 'ナガサキアゲハ' も飛来はしてくるのですが、撮影チャンスはなかった。それでも1頭とはいえ、限られた時間内で楽し...

  7. オナガアゲハ - 飛騨山脈の自然

    オナガアゲハ

    黒系アゲハを撮って一休みしていると足元にコジャノメが飛び出した。地元ではほとんど見かけないので嬉しいものだ。この小石がお気に入りのようで他へ飛んでもまたこの石に戻ってきた。開翅までしてくれ充分楽しめた。オナガアゲハも吸水に下りるようになった。カラスアゲハが車に轢かれているので、時折その周りを飛翔していた。間もなくこんな光景が地元で見られることを願っている。

  8. やっと出会えた今年初のオナガアゲハ - 蝶超天国

    やっと出会えた今年初のオナガアゲハ

    5月11日前日の雨も上がり良い天気になったので近くのフィールドを周ってみました。まずは、ハルジオンに集まるアオスジアゲハを狙ったのですが・・・以前あったハルジオンが殆どなかったので、1,2頭が忙しく飛び周るだけで・・・以前は沢山いたアオスジアゲハですが・・とても少なかったです。次に狙ったのが・・・今シーズン未撮影のオナガアゲハです。以前は道路沿いのアザミなどで良く吸蜜してくれましたが、今年は...

  9. 初夏のアゲハ-5(吸水:2020/5/13) - 小畔川日記

    初夏のアゲハ-5(吸水:2020/5/13)

    5月13日は晴れ、最高気温は27℃くらい。この日は、11日にきちんと写真が撮れていないカラスアゲハとミヤマカラスアゲハを撮影しようと、11日と同じ場所に出かける。最初にアオバセセリの様子を見に行くけど、この日は姿を見せなかった。ウツギにはアオスジアゲハが来ていた。オナガアゲハも。家内の姿が見えないと思ったら、飛んできたカラスアゲハを追いかけていったら、シャガで吸蜜したという。家内撮影後で調べ...

  10. 初夏のアゲハ-4とアオバセセリ:2020/5/11 - 小畔川日記

    初夏のアゲハ-4とアオバセセリ:2020/5/11

    5月11日は晴れて、気温も最高29℃くらい。風もなく絶好の撮影日和。アオバセセリを撮影しようと思って奥武蔵のポイントへ出かける。ポイントに着くとbanyanさんが見えていた。ウツギの花はやや盛りを過ぎた感じ。アオスジアゲハが来たけど、光線が強くてあまり良い写真にはならない。(家内の写真だけど、私のはもっとひどい)家内撮影オナガアゲハやアオスジアゲハが飛んでいた。家内撮影ウスバシロチョウも飛ん...

  11. 黒系アゲハ吸水 - 風任せ自由人

    黒系アゲハ吸水

    前回の記事はアオスジアゲハの集団吸水だったが、今回は同じ場所で撮影した黒系アゲハの吸水。カラスアゲハは同時に複数個体が飛来していた。そのために個体によって大きさや翅の色彩が違うことがよく分かった。残念ながら自分の目で見て綺麗だなと思う個体ほど神経質で撮影が難しかった。オナガアゲハは同時に2匹飛来することがあった。ナガサキアゲハは一瞬飛来して他の黒系アゲハに追われながらも吸水もしてくれてどうに...

  12. 黒系アゲハ - 風任せ自由人

    黒系アゲハ

    この時期、渓流沿いでいつも楽しませてもらっている黒系アゲハだが、昨秋の台風による大水の影響で不作なのか?或いは、4月に入ってからの天候不純で発生が遅れているのか?と心配していたが、ここに来て随分数が増えてきた。中にはかなり翅が傷んだ個体も見つかることから、早くから発生している個体もいたようだが、全体的には遅れていたようだ。掲載する写真はここ数日の成果。モンキアゲハ車で走っている時に見かけた個...

  13. ツマミヤガラス(TMG)-1172020.05.01記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1172020.05.01記

    【ミヤマカラスアゲハ・オナガアゲハ・カラスアゲハ他】今日は、ミヤマカラスアゲハとオナガアゲハを撮影できた。なので、そのことについて報告する。【2020.05.01東京都天気:晴れ時々曇り最高気温:26℃】現地到着は、07:30頃。到着早々、クロアゲハを目撃する。最初ツツジに止まるも暗すぎてまともな写真は撮れず・・・しばらくすると、葉っぱに止まったので撮影。その後、再びツツジへ訪花する。2回目...

  14. キベリタテハ白樺の高原で - 蝶のいる風景blog

    キベリタテハ白樺の高原で

    白樺の高原にキベリタテハを探しに行った。このところなかなか出会いがない。夜明け前に家を出た。少し前までは4時になると明かるかったが、5時になっても暗い。秋も深まっているのだ。夜が明けると青空が広がった。久しぶりのよい天気だ。白樺の高原に着くとまだ寒い。陽が当たり出すと気温が上がって来た。イチモンジセセリが飛んでいる。少し暖かくなるとヒョウモンが、そしてアカタテハが元気よく飛び始めた。間もなく...

  15. ヤマキチョウ見つからず - 風任せ自由人

    ヤマキチョウ見つからず

    「蝶のいる風景blog」のFarfalla65さんとヤマキチョウを探した。計画をしたのは数日前で、その時点では晴れ予報だった天気が当日は悪い方に変わってしまった。そして、朝のうちは多少陽光もあったものの、基本的には曇り空の下での探索となり、午後になると雨も降ってきてしまい、それ以上の探索は諦めた。オナガアゲハこの時期のオナガアゲハを撮影したのは初めてかもしれない。ミドリヒョウモンイチモンジセ...

  16. 今日も目玉の消えたクジャクチョウ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日も目玉の消えたクジャクチョウ

    今日は天気予報と違って、午前10時頃より晴れてとても良いお天気でした。午前10時頃、一昨日に出遭った目玉の消失したクジャクチョウを探しに行った。まだ晴れ始めたばかりなので、殆ど蝶影が無かったけど、クジャクチョウが1頭のみ吸蜜していた。何とこれが目玉消失のクジャクチョウだった!しかし、このシーンを撮った後、カメラ設定をしていたら視界から消えてしまった。(.)その後、スジボソヤマキチョウやノーマ...

  17. 朝の高原にて - 蝶超天国

    朝の高原にて

    8月10日朝涼しいうちに何かいるかな・・・と思いながら高原の草原を散歩しました。そこではオオウラギンスジヒョウモンがアザミで吸蜜していました。見渡す限りヒョウモンの姿は殆どありませんが・・・・歩いていくと隠れる様に吸蜜していました。沢山いても良いはずのミドリヒョウモンは♀しかいません。草原を歩いていくと時々ジャノメチョウが飛び出してきます。キアゲハはまだ活動時間ではない様でした。アザミの花に...

  18. オナガアゲハの求愛Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    オナガアゲハの求愛Byヒナ

    グンバイトンボに後ろ髪を引かれつつ、13時には近くの山へ向けて出発。これまたこの時期恒例の、オナガアゲハやヒョウモンチョウのフィールドへ。オナガアゲハは既にアザミで吸蜜していました。いつもより出発が遅れたので、アゲハの吸蜜には良い時間です。まずは望遠で。広角に持ち替えて、飛翔撮り。メスを撮っていると、オスがやって来て求愛開始。求愛時はゆっくり飛ぶので、アゲハの飛翔を撮るには1番のチャンスです...

  19. 蒼白いナガサキアゲハなど「台湾と関東南部の黒系鳳蝶(和名:アゲハチョウ)」 - ヒメオオの寄り道

    蒼白いナガサキアゲハなど「台湾と関東南部の黒系鳳蝶(和...

    来週、北海道の大雪山中へ蝶撮に出かける予定なので過去ネタから掲載します。今回は昨年9月から今年5月までに台湾北部と関東南部で撮影した黒系鳳蝶(和名:アゲハチョウ)の仲間です。in2019.04.29宜蘭県西部の渓流沿い台湾の「大鳳蝶(和名:ナガサキアゲハ)」雄は、表翅が超大型のゼフィルスのように蒼白く金属光沢に輝きます。in2018.11.10埼玉県中部の公園関東南部に生息している同種雄も少...

  20. 初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11) - 小畔川日記

    初夏のアゲハ-6(アオスジアゲハ変異型:2019/5/11)

    前の記事でアカボシゴマダラの異常型について書いたけど、他にも異常型(変異型)を撮影していたのを思い出したので、あまり古くならないうちに載せておくことにします。北海道のヒメギフや黒系アゲハの整理をしているうちにすっかり忘れてしまいました。5月11日、この日は9日と同じ奥武蔵の渓流に、主にオナガアゲハの撮影に行きました。晴れで、気温も最高25℃以上になったような日だった。オナガアゲハはこの日も見...

総件数:65 件

似ているタグ