オナガシジミのタグまとめ

オナガシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオナガシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オナガシジミ」タグの記事(18)

  1. 朝一番にオナガシジミとオオヒカゲ - 蝶超天国

    朝一番にオナガシジミとオオヒカゲ

    7月28日台風の影響も殆どなく先日よりは天気よさそうな予感です。朝一は今年撮影していないオナガシジミを狙いました。クルミの木を叩いて回ると少ないながら降りて来てくれました。次は・・・先週未確認のオオヒカゲを見にスゲの湿地に向かいました。ここ数年は採集圧もあり個体数が激減しており、見られるか心配していました。何とか今年も発生が確認でき・・・・遠くから証拠写真です。逆光でしたが大きな個体を複数確...

  2. 胡桃の森へ - 不思議の森の迷い人

    胡桃の森へ

    7月半ばの朝、上野駅で神奈川のYさんと待ち合わせ宇都宮線に乗りました。最寄り駅には9時ころ着いたのですが、タクシーがいないのです。やっと私たちの順番が来たのは20分後でした。運転手さんに伺うと「車はあるけど運転手がいない」とのこと、どこも人手不足は深刻です。既に車で到着していたNAGUさんご夫妻と合流できたのは10時になってしまいました。それぞれ胡桃の森でオナガシジミを探したのですが、やっと...

  3. オナガシジミ(2019/07/28) - Sky Palace -butterfly garden- II

    オナガシジミ(2019/07/28)

    梅雨があけて天気予報が良かったはずの週末でしたが、熱帯低気圧が突如発生したせいで予報が格段に悪化ました。かろうじて、信州は午前中くらい天気が持ちそうな感じだったので、開田高原のオナガシジミを見に行きました。今年は全体的に蝶の発生が遅いので、nullが怖かったのですが、少ないながらも見ることができました。その内1頭は目の前に降りてきて、数カット撮影後高い位置へ逃げてしまいました。満足には至りま...

  4. 10オナガシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    10オナガシジミ「蝶図鑑」

    食草は「オニグルミ」どこにでも生えている木ですがでもなかなか出会えない蝶オナガシジミです。2015年7月11日長野県2015年7月11日長野県2015年7月11日長野県2015年7月11日長野県2018年6月30日長野県2018年6月30日長野県2018年6月30日長野県

  5. 狙いの越冬卵は見つからず・・・ - 蝶超天国

    狙いの越冬卵は見つからず・・・

    3月9日そろそろ新生蝶がいろいろと飛び出すと思われますが・・・もう少し越冬卵を探したくて早朝に出発し雪の残る山に向かいました。今回の狙いは今シーズンは未見のウスイロオナガシジミです。ミズナラの林で越冬卵を探すのですが、これまで数回しか見つけたことがありません。こんなにミズナラだらけの林の中から探すのも大変です。比較的若い木の幹を舐める様に探したり・・・・横に張り出した枝の凹部を中心にLEDで...

  6. 越冬卵の弾丸探索その1 - 蝶超天国

    越冬卵の弾丸探索その1

    2月23日今年は例年になく雪が少ないことを知人から聞き・・・・いつもならこの時期行けないところにも行くことが出来るとの事でした。そこで早朝出発し・・・まずは定点観察ポイントに向かいました。到着すると周りの山も雪は少なく、朝でも寒く感じません。ここはハルニレも多いのですが、難問はカラスシジミです・・・。以前は簡単に卵が見つかりましたが、ここ数年は簡単には見つけられない状況です。今年見つかった木...

  7. 河川敷 - 飛騨山脈の自然

    河川敷

    隣町の河川敷にオニグルミが沢山あるのでオナガシジミを見に行った。あっ無い、オニグルミが伐採されている。かなり広範囲に切られているが数本残っているオニグルミに期待するしかない。新鮮なヒメジャノメが出迎えてくれた。ハグロトンボがいたが敏感で近づけない。陽が当たると翅の細部が良く見える。強い朝日を避けるようにウラギンシジミが葉陰に止まった。素早く翔ぶぶ正体不明の蝶が高い位置に止まった。望遠で見たら...

  8. 激減のオオヒカゲを探せ - 蝶超天国

    激減のオオヒカゲを探せ

    7月16日いつもよりゆっくりとした朝のスタートになりました。まずはクルミの多い場所でオナガシジミを探してみました。クルミの葉の上に新鮮な個体がジッと静止していました。同じシーンを広角でも・・・・ここは個体数は多くありませんが、確実に生息しているようです。別個体も撮影できる範囲に降りて来てくれました。何が引き金になったのか開翅する個体も・・・・新鮮な個体だと良かったのですが、少しスレた感じです...

  9. オナガシジミ - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    オナガシジミ

    今年はチョウが少ないなぁ(^_^;)6月とか、寒かったからなぁ。植物の生育も遅いような気が。北邦野草園、トリカブトがぜんぜん育ってなかったし。そんな中、こんなチョウを見つけた。オナガシジミ、初撮りかも?さてさて、昨日から仕事が再開してます。今日も午後から仕事です~

  10. 再び胡桃の林へ - 不思議の森の迷い人

    再び胡桃の林へ

    昨年は天気も良くなく、満足できる写真が撮れなかったので、今年も同じ時期に公園の中の胡桃の林を訪れました。自宅を6時前に出て、電車を乗り継ぎ9時半前に目的地に到着しました。到着して間もなく、今年は葉の上に留まるオナガシジミに出会えました。地上3m程でしょうか、ひっそりと翅を休めています。地上から離れることのできない私は、位置を変えて葉が被らない場所を探しましたが、なかなか良い場所が見つかりませ...

  11. ☆オナガシジミ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆オナガシジミ☆

    僅か一週間経っただけなのに、草原からチョウの姿が消えていました。賑やかだったヒメシジミもほんの数頭いただけです。この日はオナガシジミが目的でした。昨年は見る事が出来ませんでしたが、今年はどうでしょう?ポイントを探し回って一時間半経ったところで、一昨年見た場所で一頭見つけました。緑被りして黒っぽく見える個体です。日陰の葉の上で静かにしています。草などを使って飛ばしても、少し移動するだけ・・・。...

  12. オナガシジミ信州の高原(続) - 蝶のいる風景blog

    オナガシジミ信州の高原(続)

    炎暑の下界と打って変わって信州の高原は爽やかだった。前回来た時は濃霧に包まれていたが絶好の天気で頂上近くの展望台からはアルプスがくっきりと見えた。草原のあちこちからヒメヒカゲが飛び出したがヒョウモンも我が物顔のように飛び交っていた。気温が少し高いせいか、なかなかアザミなどの花に止まらないが、観察すると多くはギンボシヒョウモンの天下だった。コヒョウモンモドキでもいないかと期待したが、やっと草む...

  13. オナガシジミ6月30日 - 超蝶

    オナガシジミ6月30日

    オオムラサキの生息地・・・私にとっては、魅力的な蝶オナガシジミです。食草はオニグルミそこら中にあるのですがなかなか巡り合えない蝶です。この日は、幸運にも数頭に出会えました。

  14. オナガシジミ - 風の翅

    オナガシジミ

    昨年の発生記録に沿って7月20日に出掛けたものの見事に外れてしまった今度は8月2日ならまだ間に合うかなと思い出掛けたがもうほとんど見られず遅かったようだそれでも帰り間際に2頭だけ見つけ目的は何とか果たすことができた蝶の発生を読む難しさをあらためて思い知らされた▲開翅した姿

  15. 翌週も海のない県へ - 不思議の森の迷い人

    翌週も海のない県へ

    翌週も海の無い県、今日は栃木へシジミチョウの姿を求めて妻と二人で向かいました。午前9時半頃現地に着くと既にカメラを持った人が一人いらっしゃいました。今日探しに来たのはこの蝶です。こんな偶然ってあるのでしょうか? お会いしたのは4日前に榛名でお話を伺った方でした。そして11時頃、オニグルミの葉の裏にオナガシジミがとまったのを教えて頂きました。翅が尖っているので雄だそうです。オナガシジミは低いと...

  16. オナガシジミ - 風任せ自由人

    オナガシジミ

    とある公園。クルミの木が多い場所を見て回っていると…いましたいましたオナガシジミたくさん見つかったけど、下に降りてきてくれる子はほとんどいなかった。時期的にも少し遅かったようだ。

  17. その後のゼフィルス初撮り5種 - 公園昆虫記

    その後のゼフィルス初撮り5種

    6月20日~7月11日までに見たゼフィルス(ミドリシジミ亜科)の初撮りは以下の通り。クロミドリシジミ(栃木県)なかなか見つけられなかったが、たまたま蝶を観察されていた方がいると教えてくださった。初めは遠くの近寄れない場所で、全身は見えなかったが、粘り強く待っていると(というか他にいないか探している間に)だんだん全身を現し、近寄れるようになった。残念ながら開翅は見られなかった。オナガシジミ(山...

  18. いつもの越冬卵探しも成果半減? - 蝶超天国

    いつもの越冬卵探しも成果半減?

    早咲きの梅は既に終わりかけですが、庭の梅は真っ盛りです。(2/19撮影)2月18日春も間近だと思うのですが、久しぶりに山に行ってみるとやはりまだ冬でした。なんとか辿り着いた場所でクルミの木からオナガシジミの越冬卵を探しました。枝はには氷の結晶もついていますが、気温はそれほどでもなく-3℃でした。2卵、3卵とついていることもあります。アップで見るとオナガシジミ独特の突起が確認できます。続いてク...

総件数:18 件

似ているタグ