オナガシジミのタグまとめ

オナガシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオナガシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オナガシジミ」タグの記事(47)

  1. 謹賀新年 - ブログ和歌山の里山便り2

    謹賀新年

    明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になり、ありがとうございました。2020年は新型コロナウイルスの蔓延で、たいへんな年になってしまいました。残念ながら未だ終息の気配は見られず、今年もまだまだ続きそうな気配。医療関係の皆様にはたいへんご苦労されていることと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。それなのに、心ない言葉が投げられたりされていることを思うと、心が痛みます。一刻も早く...

  2. ミヤマシジミ / スジボソヤマキチョウ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ミヤマシジミ / スジボソヤマキチョウ

    昨日同様、今日も朝から1日ドン曇でした。午後、ミヤマシジミの最終化の終焉を観察でした。ナギナタコウジュでメスが吸蜜していた。ミヤマシジミの個体数も少なくなって来たので、最終化が産卵した卵を探してみた。これは最終化としては珍しく、コマツナギの根回りの葉表に産卵していた。まだ薄緑色なので産卵後差ほどに日時が経過していない。コマツナギの這っている地面側にこの様に産み付けるケースが普通だと思う。これ...

  3. レスキューのオナガシジミその後 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    レスキューのオナガシジミその後

    今日は雨こそ降らなかったけど、ほぼ1日ドン曇でした。今日は週末、近所のキッズパークは自粛要請が解除されて、大混雑、孫達がやって来ても敢えてここは避けてたけど、都会からこんなに幼児連れの親子が集まるのは如何なものだろう.今年、軽井沢・蝶の楽園にお伺いした際、昨年にイケマの種子をお届けした種が全く発芽しなかったとお聞きした。どうやら、採取した種子が十分に成熟してなかったのが原因らしいとのこと、な...

  4. オナガシジミ最後の蛹が・・・ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジミ最後の蛹が・・・

    先日、探し物をしていて、収納ケースを見たら蝶の図鑑が2冊出てきました。昭和29年発刊、昭和51年発刊の2冊でした。最近は新しい図鑑やフィールド図鑑を見ることが多くなって、すっかり忘れていた図鑑だった。先般、オナガシジミの情報提供者から頂いた内容が昭和51年版だったから、早速見開いたら、後翅表肛角部にオレンジ紋のある標本個体があった。しかし、老眼の裸眼では確認出きなかったけど、ルーペで見たら確...

  5. 今年も出会えたオオヒカゲとオナガシジミ - 蝶超天国

    今年も出会えたオオヒカゲとオナガシジミ

    7月19日つづき久しぶりに晴れる予報だったので、暗闇に潜むオオヒカゲを探してみました。草地を歩くといきなり飛び出しました。ここでは陽のあたる場所で止まるのでギラギラです。日陰に入るとそれらしくなります。ここはクルミの木も多いところなのでオナガシジミが出てきました。ちょうど羽化が始まったところの様で・・・とても新鮮でした。クルミの葉裏に隠れました。クルミに止まると絵になりますね。どの個体も新鮮...

  6. レスキューオナガシジミ羽化した - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    レスキューオナガシジミ羽化した

    早朝はオナガシジミの蛹に変化無かった。過去の2014年のレスキューオナガシジミの記録を見たら、7月21日羽化開始、最終羽化8月1日だった。今年は7月23日羽化開始だったので、今日(8/2)当たり最終羽化があって良いのではないかと思ったので、午前8時15分見たら、羽化が始まっていた。見た時は蛹が一個、定位置に無くて、大きな蟻が入り込んでる様に見えた。しかし、それはタッパーの中で小さなオナガシジ...

  7. 見て、見て、見て!こんなのあり? - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    見て、見て、見て!こんなのあり?

    朝から長雨、全く止みません、なので今日は何も無いと思ってたら、今日も午前中にレスキューオナガシジミが2頭羽化してた。しかし、しかしですよ、こんなオナガシジミ♂が生まれたんですよ~。画像大きめ目にUPしてます。オナガシジミは後翅表の肛角部にオレンジ紋なんてあったけ!今迄、そんな認識は全く持ち合わせていなかったけど、これは若しかしたら斑紋異常では?ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

  8. レスキューのオナガシジミが一斉に羽化した! - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    レスキューのオナガシジミが一斉に羽化した!

    今日は1日雨、なので何も起こらないだろうと思っていた。しかし、午前中近くの農産物直販所へ野菜を買いに出かけて、11時過ぎに帰宅したらオナガシジミが3頭羽化していた!毎朝、午前6時には確認していたのだけど、今日も早朝には羽化していないことを確認していた。午前11時30分、羽化してネットに留まる個体や水槽下部にも2頭が居るではないですか。12時頃、家内に蝶が3頭羽化したよと言ったら、覗いて見てい...

  9. オナガシジミ - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    オナガシジミ

    撮影日2020年07月11日今年2回目の長野遠征です。天気予報を見ながら初日の行き先と決めたとある公園。昼前に到着した時にはまだ雨が降っており、雨雲レーダを見ながら30分程雨が止むのを待ちました。この公園の蝶たちはいずれも旬を過ぎていてあまり期待はできませんが天気が悪くても何かしら撮影できるありがたいポイントです。雨も止んだので、クルミを叩くといきなりオナガシジミが降りてきました。既に2週間...

  10. 雨の高原でゼフに振られ - 風任せ自由人

    雨の高原でゼフに振られ

    もともとは先週末の予定だった高原に蝶友Kさんと出かけた。途中、雲の間から山頂付近が明るく見えていたので、ここは雨でも目指す高原は大丈夫だろうと思いながら、助手席で浮き浮きしていたが、ゼフを探索している間中ずっと雨だった。見つかったゼフはウスイロオナガシジミが1匹、ウラキンシジミが1匹、緑系のゼフ(恐らく全てジョウザンミドリシジミ)が数匹だけ。撮影できた・・・と言っても証拠程度、どちらも遠いし...

  11. オナガシジジミ蛹化1号 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジジミ蛹化1号

    好天は続かず今日は朝からドン曇、自宅から1歩も出ることなく1日が過ぎて行きます。午前中、オナガシジミの幼虫の寝床を清掃して、新しいオニグルミの葉を入れ替えました。タッパーを開けたらオニグルミの葉も萎れてる、幼虫は必ず葉裏に張り付いており、外からでは見えません。葉裏では大きくなった幼虫が前蛹の頃合になって来ました。1個だけ蛹化して間もない個体がタッパーに張り付いて居ました。第1号の蛹です。シジ...

  12. オナガシジミ観察 / 庭の蝶 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジミ観察 / 庭の蝶

    朝から過ごし易い晴々とした1日でした。朝、レスキューのオナガシジミのオニグルミの葉を交換しようと見たら、水差しのオニグルミの葉が枯れ初めていた。しかし、何と2令の幼虫が食餌をしていたのです。交換用に取り置いていた葉なので幼虫が居るとは考えていなかった。恐らく1週間前ですから1令で見つける事が出来なかったのでしょう。小さいので綿棒と比較して見ました。新しいオニグルミの葉を採取に出かけた。帰宅後...

  13. オナガシジミの観察状況 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジミの観察状況

    今日から関東地方も梅雨入り、午前中はまだ曇り空だったけど、午後から雨になって来ました。朝、レスキューしたオナガシジミの様子を見たら、鉢植えに挿したオニグルミが枯れて来たので幼虫が困っている様子だった。早速、一番近い場所まで高枝バサミを持参でオニグルミの枝を取りに行った。良さそうな枝先を素早く切り落とした帰宅して、念のため葉裏を確かめると、何と終令らしきオナガシジミの幼虫が2匹居ました!ここの...

  14. お天気良くなくて - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    お天気良くなくて

    朝からドン曇、午後3時から小雨が降ってます。雨の降らなかった午前中はアサマシジミの幼虫観察でした。熟齢幼虫、大量に食べて糞も沢山まだ小さな幼虫も居ます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー午後、自宅のレスキューオナガシジミの幼虫観察でした。オニグルミの新芽は幼虫とよくにていて探すのが大変です。このシーンなど何処かに隠れている様に見えますが、幼虫は居ません。...

  15. すっきりとしない天気が続きます - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    すっきりとしない天気が続きます

    またまた今日もお天気がはっきりとしないで、曇り時々晴れ間がある程度の1日でした。午前中、昨夏にヒメシジミが大量発生していた高原にヨモギ喰いのヒメシジミが見られるかと思い、出掛けて来ました。ヨモギに食痕らしきものは見られますが、2時間近く粘って探しましたが、全く見られませんでした。昨夏、驚くほどに大量のヒメシジミが見られたので、必ず幼虫は居る筈なのですが・・・アサマやミヤマは簡単に見つかるので...

  16. ヤマキチョウ飛び出さず / オナガシジミ観察 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヤマキチョウ飛び出さず / オナガシジミ観察

    午前中、晴れ時々曇り、午後、曇りでしたが、今日は一転してヤマキチョウは飛び出さずでした。A,B区ともに全く姿見せず、その他のフィールドを回ってもタンポポ満開ですが、未だに1頭も見たことが無い、今期は覚醒が遅れたとは言え、不思議な現象です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー久しぶりにオナガシジミの様子を見てみた。鉢植えのオニグルミの挿し穂は元気に芽だしがあります。既にオ...

  17. オナガシジミの移住作戦 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジミの移住作戦

    午前中、晴れ、午後、曇りでしたがこのところ急に季節が進んで、春らしいと言うか初夏のように暖かい。午後、オナガシジミの卵の様子を見たが、次第に卵殻が目立って孵化が進行しておりました。孵化しても幼虫が余りにも小さくて何処にいるのか分かり辛い、このままではとても観察しきれない、鉢植えのオニグルミが昨日の暑さで急に休眠芽が芽吹き始めた。なので、卵の付いている穂先を切り詰めて、鉢植えオニグルミに結束ワ...

  18. オナガシジミの卵 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    オナガシジミの卵

    昨夜からの大雨は午後3時頃には上がって夕刻には晴れて来ました。こちらでは思ったほどの強風はありませんでした。今日は何も無いので、先日来のレスキューしたオナガシジミの卵を眺めて見ましたが、まだまだ孵化の様子は無くて、後2週間後位からでしょうか。オナガシジミ、ゼフィルス25種の中で可愛さでは一番だと思います。こんな蝶が沢山生まれることを願っております。

  19. 真冬日で寒かった / オナガシジミ救出その2 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    真冬日で寒かった / オナガシジミ救出その2

    浅間暮らしが始まって、今期一番の寒さでした。朝の内、少し雪が降ったけど、その後は晴れ時々曇りで、決してお天気は悪くなかった。最高気温は3度位だったのでしょう。都内は16度の予報でしたが、こちらとは10度以上も気温差があったでしょう。(.)昨日の浅間山をUPしておく。しかし、寒くても確実に春が近付いていることは分かる。咲いてる花はダンコウバイ?でしょうか。柳も花が咲いてます。里から移住した、ツ...

  20. エルタテハ一斉覚醒/オナガシジミ救出 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    エルタテハ一斉覚醒/オナガシジミ救出

    晴れ時々曇り、気温も12度程度だったと思うが、穏やかで体感温度は比較的暖かい1日でした。自宅周辺、居住区内のマイフィールドではエルタテハが多く飛び出しました。樹液を吸蜜するシーンが多く見られた。シータテハは1頭、ヒオドシチョウは不思議と見られなかった。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー昼食後、昨日のオニグルミのオナガシジミ救出作業に出かけた。まだ伐採後の...

総件数:47 件

似ているタグ