オニシバリのタグまとめ

オニシバリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオニシバリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オニシバリ」タグの記事(8)

  1. 3月29日帝釈峡の花② - Mag's  DiaryⅣ

    3月29日帝釈峡の花②

    オニシバリが咲いていた。やっと、2度目の観察。ケスハマソウがまだ咲いていて、嬉しい。シロバナネコノメソウもまだ咲いていた。キビシロタンポポ満開。これはなあに? ジュウニキランソウという花があるんだけれど・・・。キバナノアマナも咲いていた。チョウジザクラが満開。チョウセンヒメツゲの花を初めて見た(*'ω'*)

  2. ■春を探しに (5)21.2.26(アマナ、ニワトコ、オニシバリ) - 舞岡公園の自然2

    ■春を探しに (5)21.2.26(アマナ、ニワトコ、...

    もう真冬は過ぎたのか、曇り空ながら寒さはきつくなくなった。2.26事件の日は雪が積もっていたというから寒かっただろう。冬の世界に蕾を捜してみました。アマナ21.2.22FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO3200 1/4000,F8毎年、群落が発生する場所で、アマナの葉の間に蕾が頭をのぞかせていた。ニワトコ〃〃ISO800 1/500,F8ニワトコの枝先の混芽の中で、蕾...

  3. ■赤い木の実19.6.2(ウグイスカグラ、ニワトコ、オニシバリ) - 舞岡公園の自然2

    ■赤い木の実19.6.2(ウグイスカグラ、ニワトコ、オ...

    薄曇りの朝、珍しく早めに家を出てゼフ探しに。一頭たりとも見つからずに徒労におわった。疲れた。パン作りに励んだ。16連敗のセリーグ・タイ記録を作ってしまったヤクルト・スワローズがやっと連敗をとめた。やれやれです。10日ぶりの植物登場とします。緑の中の赤は目立ちますね。ウグイスカグラ19.5.22FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/60,F9ふだんは人の目につく...

  4. 帝釈峡の花☆新しい道 - Mag's DiaryⅢ

    帝釈峡の花☆新しい道

    この道に入り込むのは初めてだょ。知ってはいたけれど、どこに続くのかわからなくて入らないでいた。途中で引き返せばいいじゃないのと言われて、そうだ、そのとおりだよね。花好き三人娘が先客にいて、お花見の仲間に入れていただいた。オニシバリを教わった。初見。オニヒョウタンボクも教わった。これも初見。三人娘さんありがとう。ホタルカズラはも知っている。イチリンソウが咲いていた。ニリンソウの群落があった。ヒ...

  5. ■春の木の花 3種19.2.25(サンシュユ、オニシバリ、十月桜) - 舞岡公園の自然2

    ■春の木の花 3種19.2.25(サンシュユ、オニシバ...

    明け方までの雨が上がったものの、天気予報はパッとしたものではない。午後、小谷戸の里でのお仕事に出かける。4時に終わって帰り道、鳥撮りポイントを覗くも何もいなかった。20日頃からの春の陽気に誘われて木の花がほころび始めている。サンシュユ19.2.20FUJIFILM X-T2 100-400mm 1.4×TC ISO400 1/320,F8園路からちょっと遠い位置で、黄色い蕾が綻びかけている...

  6. ■赤い実 3種18.5.20(ニワトコ、オニシバリ、ナツグミ) - 舞岡公園の自然2

    ■赤い実 3種18.5.20(ニワトコ、オニシバリ、ナ...

    今朝は窓を開けてビックリ。まるで夏を飛ばして秋が来たかのような青空と冷たい乾いた空気に。季節の変動が目まぐるしくてついていけない。今日はお休みに。この2~3日で出会った赤い実です。ニワトコ18.5.18FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/60,F8別の株ではまだ緑色のみだったので、この実を見つけてビックリ。うっかりしていると鳥に啄まれて、すぐに実無し状態に...

  7. ■オニシバリ18.3.9 - 舞岡公園の自然2

    ■オニシバリ18.3.9

    昨夜から明け方まで春の嵐が吹き荒れた。昼間も今にも雨が降ってきそうな曇り空が続いている。 「三角山」の細い道沿いにオニシバリの株が数本ある。雌雄異株なので、赤い実をつける株とつけない株がある。どちらも花が咲いているが、雌雄の区別が難しい。オニシバリ雄株18.3.6FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/400,F3.6〃雌株〃〃ISO400 1/160,F8

  8. オニシバリとヒスイカズラ - 旅のかほり

    オニシバリとヒスイカズラ

    今年もオニシバリと、ヒスイカズラの花をみることができました。オニシバリ香り高い紫系のジンチョウゲの花と比べて、ひっそりと目立たない色で咲いています。花期は2~4月頃、同じジンチョウゲ科の仲間です。鬼縛り、と漢字では書きますが、樹皮が丈夫で、鬼をも縛れるほど強いことからだそうです。ヒスイカズラ熱帯性の植物で、3~5月頃に咲き、日本では温室などでみられます。どちらも春に花期を迎え、個性的な色合い...

総件数:8 件

似ているタグ