オニヤンマのタグまとめ

オニヤンマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオニヤンマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オニヤンマ」タグの記事(19)

  1. 香川照之の昆虫すごいぜ! 「もはやライフワーク」昆虫特番 3時間目が10・21再放送!【コメント全文】 - wind-force 我々は何を食べたのか、我々は何を食べているのか、我々は何を食べたいのか 思索

    香川照之の昆虫すごいぜ! 「もはやライフワーク」昆虫特...

    「もはやライフワーク」香川照之の昆虫特番 3時間目が10・9放送!【コメント全文】2017年09月22日 http://www.tvlife.jp/entame/140800『香川照之の昆虫すごいぜ!「3時間目 オニヤンマ」』は、Eテレにて再放送 10月21日(土)午後4・30~5・00放送。©NHK 香川照之による話題の昆虫番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』(Eテレ)の4本目となる「3時間目...

  2. オニヤンマ - Bravo! Birds

    オニヤンマ

    日本最大のトンボとして有名ですね。この日は非常に暑かったため、発見時には既に休憩中でした。そういえば今月上旬に、「香川照之の昆虫すごいぜ!~3時間目 オニヤンマ~」を放送していましたがあのシリーズ結構好きです(^^)子供の頃はよく虫取り網で捕まえていました。同じコースをゆっくりと飛ぶので捕まえやすかった印象があります。逆にギンヤンマは数えるほどしか捕まえられませんでした。今でもその頃のトンボ...

  3. ヤンマ3種 - 公園昆虫記

    ヤンマ3種

    カトリヤンマカトリヤンマは、昨年羽化直の目がまだ青くない個体に偶然に出会っただけだった。この秋、比較的近場で成熟した個体が見られるというので、ヘムレンさん、みき♂さんとともに行ってみた。1回目は気温が低すぎたのか空振り。2回目にやっと見られた。オスは同じ場所でずっとホバリングを続けていたので、それを撮り続けること数百枚、ついにこちらが根負けし、最後には集中力を失うほど。暗めの場所でホバルので...

  4. 古代米とアキアカネ - 旅のかほり

    古代米とアキアカネ

    実りの秋になりました。稲穂が垂れて、稲刈りも終わっているところもありました。栄養価も高いといわれる古代米の黒米もたわわに実ってアキアカネのカップルが忙しそうに飛んでいました。日曜日は陽ざしが強くてコントラストの強い画像になりましたが、トンボが飛ぶ里山の秋の雰囲気を味わいました。カップルが稲穂にしがみついて。アマガエルもちゃっかり休憩中。黒米の稲穂おいしそ~こちらは普通にみられる稲。白米や玄米...

  5. 地元でオニヤンマの産卵初撮影 Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    地元でオニヤンマの産卵初撮影 Byヒナ

    前回記事のサンコウチョウが水を飲みに来た場所にオニヤンマが産卵に来ました。オニヤンマの産卵撮影は、毎年夏の四万十遠征で楽しみにしています。それはオニヤンマが好きというのはもちろんですが、地元で見られる場所を知らないというのも大きいのです。1週間前にはオスが近くを回っていたので、こんなところにメスも来るのかなと思っていましたが、ビンゴでした。またサンコウチョウが来るかもと望遠レンズを付けたまま...

  6. 四万十遠征 オニヤンマの産卵 Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    四万十遠征 オニヤンマの産卵 Byヒナ

    四万十遠征二日目はオニヤンマの産卵からスタート。前日も到着してすぐ見に行きましたが、オスが何回かパトロールに来た後、とまってしまいました。オスが休憩に来ると、もうメスはやって来ません。ということで、これを撮って初日は撤収。いつもは10時台にやってくることの多いメス。二日目は早いかなと思いましたが、7時半位からスタンバイしました。産卵場所へメスがやってきたのは8時ちょうど。上手くできているもの...

  7. 2017夏トンボ色々 in2017.07~08石垣島・東京・甲信 - ヒメオオの寄り道

    2017夏トンボ色々 in2017.07~08石垣島・...

    夏バテで休養中なので今回も過去ネタから「トンボ」です。石垣島の山中では昨年の西表島ほどではないものの「オキナワチョウトンボ」(別名ベッコウチョウトンボ)が頭上高く青空を舞っていました。「アカスジベッコウトンボ」は与那国島と西表島では完全に定着していますが、石垣島の山中でも多く見かけるようになりました。「オオハラビロトンボ」雌でしょうか?雄やキイロハラビロトンボほど鮮やかな色合いではありません...

  8. おにやんま - 自然がいっぱい3

    おにやんま

    今年は、ツユクサをあまり見ていないなあ。けっこう念入りに草刈りをしたので、少なくなったのかも知れません。田んぼ仕事の休憩のときに、ふと足下を見たら咲いていたので一枚パチリです。この青が、なんと言えず好きですなあ。で、こちらはオニヤンマ。オニヤンマ君は、日中は忙しく飛び回っていてちっともとまりません。でも、ときどきは何かにつかまって休んでいることがあります。体が大きいので、ピントを合わせやすい...

  9. ハグロトンボとオニヤンマ - 武蔵野散歩Ⅱ

    ハグロトンボとオニヤンマ

    雲が多めながら概ね晴れて、気温も上がり猛暑日寸前まで行った様で、やっと夏らしい暑い一日でした。何時もの様に落合川の定例のコースを散歩後、MF4で2時間半ほど待機してみました。MF1には今日もカワセミの姿は無かったが、MF4では着いた時既に、何時もの成鳥の♂と幼鳥の♀が小競り合いをしていました。しかし、幼鳥の♀は撮れたが成鳥の方は撮れる所には止まってくれず、且つ、動きが速いので画像を得る事が出...

  10. 再び岡山遠征 オニヤンマの交尾 Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    再び岡山遠征 オニヤンマの交尾 Byヒナ

    昨年この地でオニヤンマの交尾を撮影できましたが、今年も機会を得ました。ここはオニヤンマの数が多いので、交尾が成立する割合が高そう。交尾時間は長いので、見つけられればじっくり撮ることができます。まずD800とAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで。絞り値は7.1、本当はもっと絞りたいけれど暗くなってしまうのでこの値で妥協。ぎりぎりオス、メス両方の眼にピントが合い...

  11. オニヤンマ - fumufumu日記

    オニヤンマ

    毎年撮りに行っているポイントで今年も撮影できました。ようやく止まってくれました。トンボの王者ですね。にほんブログ村---- ↑ ----ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援クリックをお願いします。

  12. 房総遠征-1 ネアカヨシヤンマ羽化場所訪問 - オヤヂのご近所仲間日記

    房総遠征-1 ネアカヨシヤンマ羽化場所訪問

    ネアカヨシヤンマ羽化場所に産卵撮影で訪問。早朝5:30から12時過ぎまで待ったものの、とうとう現れず。マルタンヤンマの羽化殻もありましたので、マルタン産卵にも同時に期待をしていたのですが、こちらも同様の結果。夜明け直後から湿地上空も見ていましたが、飛ぶ姿は1頭もなく、それでもこれも一つの観察結果です。待ちながら周りの様子を確認。●モートンイトトンボ6月には丁度交尾態が沢山いたモートンイトトン...

  13. ヤンマの黄昏飛翔 Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヤンマの黄昏飛翔 Byヒナ

    この日のヤンマの黄昏飛翔は最大10頭前後。かなり高い所を飛んでいたので、あまり撮影機会はありませんでした。それでも今季初の黄昏飛翔撮影に挑戦。一番多かったのはギンヤンマ。この子はメスですね。この子もギンヤンマのメスかな。オニヤンマのオス。マルタンヤンマのメス。マル♀は昨年奄美で沢山飛んでいましたが、速すぎて全く撮れず。今回1枚だけ何とか撮れました。今度は低い所を飛んでいるときに挑戦したいです~

  14. 岡山遠征 オニヤンマのメス Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    岡山遠征 オニヤンマのメス Byヒナ

    昨年は奄美や四万十で沢山撮ったオニヤンマ。もちろん岡山でも撮りました。昨年はこの地で交尾を撮れて大満足でしたが、今回はその機会には恵まれず。しかし多くのメスに出会いました。1頭目2頭目は明るい場所に居たので、ノーフラッシュで。私は気づきませんでしたが、友人のKさんがこの子の上でレアキャラを発見!その子の紹介は次回の記事で。オニヤンマはたまに陽の当たるところで休んでいますが、そんな場所で寝れる...

  15. オニヤンマ - 昆虫(動植物)撮影記録

    オニヤンマ

    コオニヤンマとの見分け方背中のところの模様。オニヤンマはこんな形→ↀコオニヤンマは3つに分かれている尻尾の黄色いバンドオニヤンマは切れ目が狭いコオニヤンマは離れているオニヤンマは垂直にしか止まらないコオニヤンマは地面に水平に止まることもある。なので地面に止まっていたら、それはコオニヤンマ

  16. 恐ろしいもの~~~ - ピアノ教室の風景

    恐ろしいもの~~~

    今日はお休み。散策に出たら、鬼に会った。。。オニヤンマ。。。そして、鬼よりおそろしいヤツにも。。。勇気のある方は、more↓↓↓をクリック! マムシ~~~どれだけいるのぢゃ毒があります、気をつけませう。神居古潭にて。

  17. ハス 今が盛り - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    ハス 今が盛り

    夏はこの花が主役!とばかりに咲き誇っている。一輪の花の命はそう長くはない。然し、その花が朽ちる前に次の花が次々と開いて、夏の間は蓮池の花は絶える事は無い。「ハス」は蕾も花も綺麗だが、咲き終えた花托(かたく)もなかなか味わいがある。大形のトンボ「オニヤンマ」も、これがお気に入りで時間を忘れて何時迄も止まっている。Borg 36ED / Olympus OM-D E-M10Pentax DA35...

  18. オニヤンマ羽化 初の定位からの撮影 - オヤヂのご近所仲間日記

    オニヤンマ羽化 初の定位からの撮影

    オニヤンマの羽化は過去、観察できた所では木道からのものばかりで、且つほぼ上からのものばかりでした。今回、初めて定位からじっくり撮影することが出来ました。●オニヤンマ羽化Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MacroOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8Olympus E-M5II+M.ZUIK...

  19. オニヤンマ - あだっちゃんの花鳥風月

    オニヤンマ

    昭和記念公園にチョウトンボを撮りに行ってみました。6月17日(土)の午後から出掛けました。午前中は掛かりつけの医院で健康診断を受けました。西立川口の入り口前の花壇が綺麗でした。入って直ぐの場所に咲いていたスカシユリ。トンボの池の付近の東屋前の池にいた、オオシオカラトンボ♂と♀。トンボの池にいたショウジョウトンボ。日本庭園の池にいたクロイトトンボ。花菖蒲が綺麗でした。花壇に咲いていたカワラナデ...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ