オニヤンマのタグまとめ

オニヤンマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオニヤンマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オニヤンマ」タグの記事(34)

  1. トンボ - SWAN

    トンボ

    今回の記事は気乗りしません何故ならトンボが特に好きでもないし、蝶のように花に来る訳でもないし名前も詳しく知りませんなら貼るなよってか?ホントは好きです。子供のころは追い掛け回したり、目の前でグルグルしたりトンボを見ると仮面ライダーを思い出します(笑)トンボと言えばオニヤンマですなシオカラトンボよく似たコナフキトンボとかもいるし違うかも??????翅が綺麗ですアキアカネ?このトンボは何時もお尻...

  2. ハマシギ - SWAN

    ハマシギ

    今日はアサギマダラが来ていないかと思い某所へ、まだアザミも咲いておらずフライングでしたあと、1、2週間後ですなその後千里浜へハマシギを撮ってきましたこんな所です時には脚を水に漬け、波打ち際で遊んでいるようです一番普通に見られるシギだそうですこの鳥はチョコマカ動く姿が可愛く、写真より動画の方が酔いです象(30秒)今日撮ったその他の写真オニヤンマよく見ると食事中でしたスズメバチも食うそうです

  3. ■ネットの中のトンボ 3種19.8.25(オオシオカラトンボ、ギンヤンマ、オニヤンマ) - 舞岡公園の自然2

    ■ネットの中のトンボ 3種19.8.25(オオシオカラ...

    涼しい北の高気圧のおかげですこし過ごしやすい日に。夕方ちかく田んぼを歩いた。防鳥ネットの中にいろいろのトンボがいる。オオシオカラトンボ♂19.8.25CANON Powershot G7X 8.8-36.8mm(trimming) ISO800 1/100,F9〃♀ギンヤンマ 1〃〃ISO800 1/160,F9〃 2どちらも翅が網から出ていたので、引っ張り出してやった。元気に空高く飛んで行...

  4. ヒロオビオニヤンマとオニヤンマ個体群の比較Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヒロオビオニヤンマとオニヤンマ個体群の比較Byヒナ

    富山出張から帰ってきました。今月は西表遠征と2度の出張で慌ただしい月でした。今回も前回同様、フライトまでの時間で立山アルペンルートを往復するという弾丸ツアー決行。お目当ては高山蝶です。いずれこの記事を書きますが、西表編の後になります。本題です。ヒロオビオニヤンマを撮ったことで、オニヤンマの本土個体群、沖縄個体群、奄美個体群と、ヒロオビの写真が揃ったので、並べて違いを見てみたいと思います。条件...

  5. オニヤンマ♂と♀ - 続 鳥撮るclub

    オニヤンマ♂と♀

    先日オニヤンマを撮った山道へ行ってみた今日も山道を巡回中下のは♂腹の先端の形が決め手そして枝にぶら下がっているのは♀(以下の写真は全て♀)腹先端の突起が腹側がとがっているこれは卵を生み付ける針のようだこうして見比べるとメスの方が腹が太く体そのものがひとまわり大きい鳥もそうだけどメスの方が大きいのが普通今日は望遠レンズではなく90mmマクロで追って見た

  6. オニヤンマ - 空の色

    オニヤンマ

    飛んでいる姿は迫力満点ですが休んでいるときは只々美しい姿です。カメラ女子ランキング

  7. オニヤンマを撮ってみた - 続 鳥撮るclub

    オニヤンマを撮ってみた

    山道を行ったり来たり縄張りをパトロール中のオニヤンマがいっぱいいたなかなかとまらないので思い切って飛んでるところを狙ってみることにあらためてこういうときのズームレンズは便利だファインダーから外れても気にしない〜何度も回ってきてくれるので連写でバシバシ!数打ちゃ当たる戦法だ撮ってるうちにこちらもそのテンポに少し慣れてくる自分の縄張りに蜂や虻が入るともの凄い勢いで追い払う目が良いのだなあ〜4枚の...

  8. オニヤンマ 産卵とパトロール撮影 - オヤヂのご近所仲間日記

    オニヤンマ 産卵とパトロール撮影

    ■夏の定番のオニヤンマ撮影ミヤマアカネ撮影後、マルタンヤンマの産卵狙いで訪問した湿地。目的のマルタンヤンマの産卵はとうとう1頭も来ず、何か妙な感じ。待っている間にオニヤンマが産卵。地面に尾部先端がぶつかる音が案外大きく、広角で撮影。●産卵うまくすると長時間産卵するのですが、今回は不手際で逃げられてしまった。SONY α7RIII+Carl Zeiss Batis 2/25●こちらも定番のパト...

  9. ポンテデリアの花 - あだっちゃんの花鳥風月

    ポンテデリアの花

    東高根森林公園では、水辺の花が咲いていました。入口の池に咲いていた、ホテイアオイ。オモダカの花。木道の池にはポンテデリアの花が咲いていました。ギボウシの花。キツリフネの花が咲きだしていました。オニヤンマが飛んでいましたが、やっとと止まってくれました。

  10. 蓮の花とヤンマ - 野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

    蓮の花とヤンマ

    池の畔の一画に「ハス」が育っていて、所々に白やピンクの花が咲いている。すでに終わりに近づいた花もあるが、まだ沢山の蕾が膨らんでいるので、今後もまだまだ見られそう。蓮の蕾の先端部は尖っているが、その部分が、お気に入りなのか、大型トンボの「オニヤンマ」が止まったり離れたりを繰り返していた。b36em10mk2+50081-190625

  11. 2018/10/7(日)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2018/10/7(日)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:7:00~12:007時の気温:26℃8時の気温:27℃9時の気温:29℃10時の気温:30℃11時の気温:30℃12時の気温:32℃天候:晴探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ定期観察しているフィールドで、前回の訪問は9/29です。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。繁殖水...

  12. エゾビタキ、オニヤンマ、サガミラン - あだっちゃんの花鳥風月

    エゾビタキ、オニヤンマ、サガミラン

    地元の公園です。サンショウクイが撮れて、気を良くしました。エゾビタキも撮る事が出来ました。今年はコサメビタキは少ないようで、私は見ていません。エゾビタキの飛び出しです。帰りに菖蒲田で、オニヤンマが撮れました。今年はオニヤンマに縁がなく、初めでした。山で鳥を撮っていた方にサガミランの場所を教えて貰いました。マヤランは何回も見ていますが、サガミランは初めてでした。とても暗い場所で、APSのカメラ...

  13. 嵐の前の静けさって・・・ - 自然がいっぱい3

    嵐の前の静けさって・・・

    コスモスの葉についた宙玉、すごくきれいでした。今日は、台風24号がやってくる日。昨日は、福井国体においでいただいた天皇・皇后両陛下も今日の予定を変更してお帰りになりました。台風24号が福井県に最接近するのは、夜中の0時頃と聞きました。本当に台風がやって来るのと思うくらい平穏な一日でしたが、これから雨風が強くなってくるのでしょう。先ほど、外回りを確認してきました。これから、心配な夜がやって来ま...

  14. フィールドm8の記録(2)2018/9/25 - へっぽこな・・

    フィールドm8の記録(2)2018/9/25

    オニヤンマ♂ナワバリを周回していたのが、ふと止まってくれました。今年初の撮影です飛んでいるトンボは撮れた試しがなく、撮るのはあきらめています何度か挑戦したけど撮れず、ストレスが溜まるばかりでしたアキアカネ♂ナツアカネ♂

  15. 今日のカエル谷 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    今日のカエル谷

    2018年9月3日晴れ気温 27℃~29.2℃ (9:50~13:06)台風の後片付けで、Sさんと、カエル谷へ入りました。車道もそうでしたが、車を降りてカエル谷へ向かう道の上も、台風で落ちた枝や木の葉で一杯でしたが、昨年の台風のときのように倒れている木はなく、小屋も、物置も無事でした。ただ、雨量はあったようで、草地に水が流れた跡や、どの取水地も土砂で流れが変わったり、パイプが詰まっていました...

  16. 岡山遠征オニヤンマByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    岡山遠征オニヤンマByヒナ

    今年も岡山へヤンマのぶら下がりを撮りに行ってきました。例年8月10日までに行ってましたが、今年は仕事と天気と休日の折り合いがつかず、8月13日に。今年はヤンマが少なめという事前情報もあり、この時期にマルタンヤンマのオスに出会えるか不安を抱えての出発。現地に着くといつも周回しているオニヤンマのオスが見当たりません。木陰に入ってみるとまだ午前中なのに、すでに休んでいました。やはりこの夏は昆虫にと...

  17. 夏休み三連休 - オヤヂのご近所仲間日記

    夏休み三連休

    ■夏休み3連休休み残り1日頂き土曜から3連休。●ミルンヤンマこの連休は最後のミルンヤンマ羽化探しとし、以前ヤゴが見つかった沢を訪問。5:30頃、沢を行ったり来たりの縄張り飛翔と思えるミルンヤンマを確認。9月になれば産卵開始となる頃で、今季は羽化殻を見る事もなく、今季探索は終了。来季は6月末頃から7月中の羽化探し予定。コシボソヤンマの産卵撮影で訪問した場所で見つかった羽化殻は持ち帰り、あとで同...

  18. みなさんとヤブヤンマを観る - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    みなさんとヤブヤンマを観る

    2018年8月26日晴れ気温33℃(10:10)仕事で忙しかったMさんが、姪御さんをつ連れてカエル谷へ来られるとのことで、10時頃、カエル谷へ入りました。1時間ほど前に来たとのことで、Mさんたちは古池畔にいました。10:40位に、ヤブヤンマが2頭来て、古池と奥池の周辺を飛び始め、内、1頭が、数か所で産卵をしてくれました。産卵が始まった頃、Iさんも合流。池で体を冷やしていたオニヤンマも、近くの...

  19. 2018/8/18(土)のフィールドワーク② - フィールドワーク撮影記

    2018/8/18(土)のフィールドワーク②

    2018/8/18(土)のフィールドワーク①の続きキイトトンボ♂SONY α7ⅢSIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art当地では、個体数が少ないトンボです。オニヤンマ♂SONY α7ⅢSIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Artパトロール飛翔の合間に、静止してくれました。やや斜め上から撮影しました。オニヤンマ♂SONY α7ⅢSIGMA 70mm F2.8...

  20. 青空を見上げると - 野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

    青空を見上げると

    残暑が続く中ではあるが、空を見上げると清々しい秋の空が見える事も有る。二十四節気の暦の上では今は「秋」立秋(りっしゅう)8/8頃から始り、立冬(りっとう)11/7頃の前日迄の約90日が「秋」となっている。「秋」の季節の節目を現す言葉として立秋、処暑(しょしょ)8/23頃、白露(はくろ)9/8頃、秋分(しゅうぶん)9/23頃、寒露(かんろ)10/8頃、そして霜降(そうこう)10/23頃と、六つ...

総件数:34 件

似ているタグ