オピオイド消費量のタグまとめ

オピオイド消費量」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオピオイド消費量に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オピオイド消費量」タグの記事(11)

  1. 開腹婦人科手術の術後回復強化パスでの術後オピオイド使用におよぼす麻酔法の影響 - 麻酔科医の日々

    開腹婦人科手術の術後回復強化パスでの術後オピオイド使用...

    ・目的として、術後回復強化(ERAS)パスにおいて麻酔法が術後オピオイド使用におよぼす影響を検証しようとした。・開腹婦人科手術をERASパスで2014年11月から2018年12月にうけた患者を後向きに対象とした。全員の患者が術前鎮痛薬として、経口でアセトアミノフェン・プレガバリン・セレコキシブ・トラマドール徐放剤を、禁忌がない限り内服した。患者は局所創部浸潤麻酔をブピバカインで投与された;術...

  2. 全腹腔鏡下子宮全摘手術に対する経筋腰方形筋ブロック:二重盲検無作為化プラシーボ比較試験 - 麻酔科医の日々

    全腹腔鏡下子宮全摘手術に対する経筋腰方形筋ブロック:二...

    ・当手術センターで全腹腔鏡下子宮全摘手術を予定された患者の集団は、年齢や付随する手術、病態の良性・悪性といった多数の患者背景に関してばらつきがある。共通点といえば、中等度から重度の術後疼痛と相当なオピオイド消費量である。最近の手術特異的術後疼痛管理(PROSPECT)レビューによれば、対象の区域麻酔からえられる利点はない。経筋腰方形筋(TQL)ブロックが他の手術での最近の試験で有望な所見がみ...

  3. 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術をうける患者の術後オピオイド消費量におよぼす全静脈麻酔とバランス麻酔の比較 - 麻酔科医の日々

    腹腔鏡補助下幽門側胃切除術をうける患者の術後オピオイド...

    ・レミフェンタニルは全静脈麻酔(TIVA)かバランス麻酔(BA)で最もよく使用されるオピオイドで、これは薬理学的特性が好都合だからである。しかしながら、いくつかの研究で、術中にレミフェンタニルを使用した後のオピオイド誘発性痛覚過敏や急性耐性が報告されている。加えて、術後疼痛管理を低用量のオピオイド麻酔薬でおこなうことは必須である。それゆえに、プロポフォールとレミフェンタニルによるTIVAとデ...

  4. 乳癌手術のPROSPECTガイドライン:系統的レビューと手術特異的術後疼痛管理推奨 - 麻酔科医の日々

    乳癌手術のPROSPECTガイドライン:系統的レビュー...

    ・乳房手術後の疼痛治療に使用される疼痛プロトコルはかなりばらつきがある。この系統的レビューの目的として、この話題に関して利用できる文献を評価し、乳癌手術後の最適な疼痛管理の推奨をつくりあげようとした。系統的レビューとメタ分析の優先報告項目ガイダンスを手術特異的術後疼痛管理(PROSPECT)方法論で使用して、系統的レビューをおこなった。術後疼痛を鎮痛薬・麻酔薬・手術の介入で評価した無作為化比...

  5. 術中メサドンは疼痛と急性術後疼痛におけるオピオイド消費量を減少させる:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    術中メサドンは疼痛と急性術後疼痛におけるオピオイド消費...

    ・メサドンは強力なオピオイドで、その鎮痛効果はN-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗とセロトニン・ノルアドレナリン再取込阻害によって作用する。また、いくらかの手術にも使用されて、術後疼痛やオピオイド使用を減少させる。このメタ分析の目的として、術中メサドン使用が他のオピオイドと比較して、術後疼痛スコアやオピオイド消費量を減少させるかどうかを検証した。・二重盲検比較試験で言語制限なく検索対象と...

  6. 帝王切開における腹横筋膜面ブロックと脊髄くも膜下モルヒネ使用:後向きレビュー - 麻酔科医の日々

    帝王切開における腹横筋膜面ブロックと脊髄くも膜下モルヒ...

    ・帝王切開は、世界中でおこなわれている最も一般的な手術である。それは開腹による腹部手術で、相当な術後疼痛と関連する。この疼痛を和らげる助けとなる方法のひとつが腹横筋膜面(TAP)ブロックである。この解析では、このブロックが脊髄くも膜下モルヒネとともに用いられた場合の術後疼痛を評価しようとした。・後向きレビューをおこなった142人の患者は、当施設で帝王切開をうけた。このうち、43人の患者がTA...

  7. 関節鏡下前十字靱帯再建術後の疼痛に対する周術期プレガバリンの影響:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    関節鏡下前十字靱帯再建術後の疼痛に対する周術期プレガバ...

    ・前十字靱帯(ACL)再建術後の疼痛は術後早期にはたいてい強いが、マルチモーダルな鎮痛法の有効性は議論の余地がある。この研究の目的として、ACL再建術後のマルチモーダルな鎮痛においてプレガバリンの鎮痛効果を検証した。脊髄くも膜下麻酔でACL再建術をうけて静注の患者管理鎮痛(IV-PCA)を使用することに同意した患者が、プラシーボ(対象群、n=47)かプレガバリン150mg(プレガバリン群、n...

  8. 整形外科手術への末梢神経ブロック後における疼痛の増強は術後鎮痛やオピオイド消費量に影響をおよぼすか?ナラティブレビュー - 麻酔科医の日々

    整形外科手術への末梢神経ブロック後における疼痛の増強は...

    ・区域麻酔は術後疼痛管理を最大化させ、オピオイド消費量を最小化する最適なツールと考えられている。術後における疼痛の増強(リバウンドペイン)は、末梢神経ブロック後の疼痛過敏が特徴だが、一旦神経ブロック効果が消退するとオピオイド消費量が逆に増加するために、このツールの全般的な利点を減弱または無効にしてしまう可能性がある。我々は、整形外科手術をうける患者の末梢神経ブロック後における疼痛の増強の病態...

  9. 胸筋神経ブロックと乳房切除術後疼痛転帰:無作為化比較試験のメタ分析 - 麻酔科医の日々

    胸筋神経ブロックと乳房切除術後疼痛転帰:無作為化比較試...

    ・いくつかの研究で評価されてきたことだが、胸筋神経ブロックは乳癌手術後疼痛を改善する効果があるが、これらのなかで矛盾する所見となっていた。この研究の目的として、乳房切除術をうける女性の術後疼痛におよぼすPecsブロックの影響を検証した。・PRISMA声明に準拠して量的な系統的レビューをおこなった。無作為化比較試験の文献はPecsブロック(タイプIとII)を対照群と乳房切除術をうける患者で比較...

  10. レミフェンタニル−プロポフォール麻酔中の侵害受容レベルガイド下と標準的な治療の比較:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    レミフェンタニル−プロポフォール麻酔中の侵害受容レベル...

    ・侵害受容レベル指標(メダセンス・バイオメトリクス、ラマト・ガン、イスラエル)は、麻酔や手術における中等度から強い侵害刺激に対して信頼できる測定法である。主要な腹部手術をうける患者の無作為化試験で、標準的な治療とくらべて、侵害受容レベルガイド下による鎮痛では術中のレミフェンタニル消費量が30%少なくなった。侵害受容の多面的な指標である侵害受容レベルは、麻酔中の侵害受容事象の検出において血圧や...

  11. 術中高酸素状態は術後疼痛を減少させない:交互コホート研究のサブ分析 - 麻酔科医の日々

    術中高酸素状態は術後疼痛を減少させない:交互コホート研...

    ・術後疼痛はよくあることで、オピオイドの使用を促進させる。手術創は正常の灌流が阻害されているので低酸素である。局所の創部虚血やアシドーシスが切開による疼痛を促す。あるエビデンスによれば、手術創への酸素供給を向上すれば疼痛が減少する可能性がある。そこで我々が検証した仮説として、追加(80%吸入)の術中酸素が術後疼痛やオピオイド消費量を減少させる、とした。・我々は大規模単施設交互コホート試験の事...

総件数:11 件

似ているタグ