オピオイドのタグまとめ

オピオイド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオピオイドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オピオイド」タグの記事(27)

  1. オピオイドと前立腺癌の早期生化学的再発:無作為化前向き臨床試験 - 麻酔科医の日々

    オピオイドと前立腺癌の早期生化学的再発:無作為化前向き...

    ・前立腺癌は男性患者で最もよくみられる悪性腫瘍のひとつであり、手術が主要な治療である。オピオイドには免疫調整効果があるが、悪性腫瘍の再発との関連性は不明である。我々は、前立腺摘出術中に使用されたオピオイドが生化学的無再発生存に影響をおよぼすかどうか、を評価した。・前立腺摘出術を予定された前立腺癌患者146人を、オピオイドフリー麻酔群かオピオイドを主体とした麻酔群に無作為化した。ベースラインの...

  2. 術中オピオイドはトリプルネガティブ乳癌での無再発生存期間向上と関連する - 麻酔科医の日々

    術中オピオイドはトリプルネガティブ乳癌での無再発生存期...

    ・オピオイド誘発性免疫調節はトリプルネガティブ乳癌(TNBC)で特に重要とおもわれ、そこでの免疫応答は転帰の向上や免疫療法への反応と関連する。我々は術中オピオイドと腫瘍学的転帰の関連性を評価し、TNBCでのオピオイド受容体発現パターンを検証した。・連続したステージI〜IIIの初発TNBC患者を前向きに整備されているデータベースで同定した。腫瘍微小環境でのオピオイド受容体発現パターンの解析は、...

  3. 膝関節全置換術後における慢性使用におよぼす入院患者オピオイド消費の影響 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後における慢性使用におよぼす入院患者オピ...

    ・膝関節全置換術(TKA)は、回復の予想期間を超えてオピオイド使用が継続される頻度が高いことと関連する。この研究の目的として、慢性使用への進展におよぼす入院患者オピオイド消費の影響を検証しようとした。・オピオイド未経験で初回の単純なTKAをうける患者が、単施設の前向き観察研究の対象となった。術後に、オピオイド処方を整形外科上級医か研修医によっておこなわれ、正看護師によって投与された。個々の入...

  4. 術後オピオイドと呼吸抑制リスク−三次病院における投与とモニタリングという通常業務の横断評価 - 麻酔科医の日々

    術後オピオイドと呼吸抑制リスク−三次病院における投与と...

    ・オピオイドは術後疼痛治療にて最も協力な鎮痛薬である。しかしながら、呼吸抑制は重大な副作用である。この研究の目的として、ノルウェー大学病院における術後オピオイド投与の現在の臨床行為と通常業務を評価し、臨床上の安全装置が呼吸抑制リスクに関する患者の安全を十分に保護しているかどうかを検証しようとした。・この研究は後向き横断研究デザインで、対象とした200人の患者は術後オピオイドで治療された。患者...

  5. 米国退役軍人における慢性的な術後オピオイド使用の頻度:リスクファクターを同定する全国研究 - 麻酔科医の日々

    米国退役軍人における慢性的な術後オピオイド使用の頻度:...

    ・目的として、術後日数による慢性的な術後オピオイド使用の頻度を計算し、その予測因子を同定しようとした。・背景として、手術患者の中には長期的にオピオイドを使用続けるものがいる。術後日数によるリスク因子の重要性は不明である。・研究デザインは、後向きコホートである。・場は、術後期間である。・患者は、オピオイド使用経験のない米国退役軍人である。・手術群は19のよくある侵襲手技のうち1つをうけた。対照...

  6. 急性術後鎮痛における周術期デュロキセチン:無作為化試験のメタ分析 - 麻酔科医の日々

    急性術後鎮痛における周術期デュロキセチン:無作為化試験...

    ・マルチモーダルな鎮痛は、最新式の手術と回復強化の過程で基礎的な部分である。デュロキセチンはセロトニンとノルエピネフリンの再取込阻害薬で、慢性神経障害性疼痛の治療として有効性が認められてきた。デュロキセチンの急性術後疼痛治療に対する補助薬としてのエビデンスは議論の余地がある。我々はメタ分析をおこなって、周術期の急性期におけるデュロキセチンの有効性を検証しようとした。・文献検索は主要なデータベ...

  7. 腹部手術後の術後低酸素血症におよぼす静注アセトアミノフェンの影響:FACTOR無作為化臨床試験 - 麻酔科医の日々

    腹部手術後の術後低酸素血症におよぼす静注アセトアミノフ...

    ・オピオイド誘発性呼吸機能低下や低酸素血症は、術後患者によくみられて重症となり、しばしば認識されていないことが多い。非オピオイド鎮痛薬がオピオイド消費量を減少させる点で、これらにより術後低酸素血症を減少させる可能性がある。・目的として、低酸素血症の時間がプラシーボを投与された患者よりも静注アセトアミノフェンを投与された患者で短い、という仮説を検証しようとした。・無作為化プラシーボ比較二重盲検...

  8. 入院病棟における持続のカプノグラフィとオキシメトリを使ったオピオイド誘発性呼吸抑制の予測:国際前向き観察試験 - 麻酔科医の日々

    入院病棟における持続のカプノグラフィとオキシメトリを使...

    ・オピオイド関連有害事象は入院患者の重大な問題である。一般病棟でオピオイド誘発性呼吸抑制事象をきたしやすかったり、モニタリング改善や早期介入で利益をえられる可能性のある患者について、よく分かっていない。この試験の目的として、オピオイドを投与されている患者の呼吸抑制リスク予測モデルをつくって妥当性を検討しようとし、持続のパルスオキシメトリとカプノグラフィのモニタリングで検出した。・カプノグラフ...

  9. 最初術後3日以内の低酸素血症は周術期オピオイドや他の交絡因子で調整後における1年術後死亡増加と関連する - 麻酔科医の日々

    最初術後3日以内の低酸素血症は周術期オピオイドや他の交...

    ・術後低酸素血症(POH)はよくあることで、最初は一時的な酸素補助で治療される。POHの臨床的な影響はときに小さなこととされるため、それをもっと理解しようとしたり最小限にしようとすることは限られてしまう。そこで我々の仮説として、周術期に投与されるオピオイドや他の交絡因子で調整後において、最初術後3日(PODs)以内に報告されたPOH事象の頻度(POH%)が術後1年死亡増加と関連する、とした。...

  10. トラマドール関連幻覚:病態生理・診断・治療の系統的レビューと記述的統合 - 麻酔科医の日々

    トラマドール関連幻覚:病態生理・診断・治療の系統的レビ...

    ・最近の処方傾向としては、米国とカナダでおこなわれている政府主導の取り組みを反映してオピオイド消費が減少している。こうした供給状態が反映しているのは、トラマドールを好んで使い、多くの力価の強いオピオイド使用が減少していることである。他のオピオイドよりもトラマドールが優れているという利点にも関わらず、トラマドール関連幻覚(TAH)についてはほとんど知られていないままである。・我々は系統的文献検...

  11. 下肢関節全置換術をうける患者における術後せん妄のリスクファクター:後向き集団ベースコホート研究 - 麻酔科医の日々

    下肢関節全置換術をうける患者における術後せん妄のリスク...

    ・高齢集団において、関節全置換術の要請と術後せん妄の重荷は増加傾向にある。大規模データに欠けているため、全置換術における周術期リスクファクターと術後せん妄の関連性を検証した。・この後向き集団ベースコホート研究では、全保険者プレミア医療データベースからの全国訴訟データを利用し、そのなかには25%を超える全国での入院における詳細な支払情報が含まれている。対象患者は待機的に股関節/膝関節の全置換術...

  12. 婦人科手術後におけるオピオイドの使用と乱用 - 麻酔科医の日々

    婦人科手術後におけるオピオイドの使用と乱用

    ・目的として、婦人科手術でのオピオイド使用率を検証し、初めてオピオイドを処方された女性における慢性的なオピオイド使用を調査した。・後向きコホート研究を、MarketScanデータベースを使っておこなった。MarketScanは訴訟を基にしたデータベースで、50万人以上のプライベート保険加入患者と12州におよぶ6百万人のメディケイド加入者からの訴訟を集めた。対象とした女性は、2009年から20...

  13. 開腹腹式子宮全摘術後の中等度から高度の疼痛がある患者における静注メロキシカムの鎮痛有効性と安全性 - 麻酔科医の日々

    開腹腹式子宮全摘術後の中等度から高度の疼痛がある患者に...

    ・静注(IV)メロキシカム製剤は、中等度から高度の疼痛管理に対して開発された。この研究では、開腹腹式子宮全摘後におけるIVメロキシカムの安全性と有効性を評価した。IVメロキシカムは研究用製剤で、米国食品医薬品局には認可されていない。・女性(N=486)で開腹腹式子宮全摘後に中等度から高度の疼痛がある患者を対象とし、多施設無作為化二重盲検プラシーボ実薬比較試験でおこなった。患者は単回投与で、I...

  14. 術後認知機能障害はファストトラックな股関節と膝関節の全置換術後ではまれである−しかしオピオイド使用と関連する可能性 - 麻酔科医の日々

    術後認知機能障害はファストトラックな股関節と膝関節の全...

    ・術後認知機能障害(POCD)は非ファストトラック手術ではよくみられる術後合併症のままで、日常生活や仕事への復帰に負の影響をおよぼす。ファストトラックな股関節と膝関節の全置換術(THA/TKA)では3ヶ月後POCD頻度が8〜9%と報告されたが、特別な周術期リスクファクターに関しての詳細はなかった。そこで、よく管理された患者集団におけるPOCDの頻度と予想される因子の役割を再検証して、将来的に...

  15. 術中オピオイド使用とオピオイドを使わない麻酔における鎮痛の影響:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    術中オピオイド使用とオピオイドを使わない麻酔における鎮...

    ・オピオイドは術後鎮痛のために周術期に投与され、手術侵襲に対する交感神経反応をコントロールするために術中に投与され、しばしば想定される疼痛の代理とみられている。しかしながら、手術中のオピオイド使用は現代の医療現場では議論の的であり、術後嘔気嘔吐といった副作用リスクを含有している。このメタ分析では、オピオイドを使った麻酔がオピオイドを使わない麻酔とくらべて、術後嘔気嘔吐の頻度を増加させずに術後...

  16. 膝関節全置換術後における周術期スタチン使用と術後疼痛の関連性 - 麻酔科医の日々

    膝関節全置換術後における周術期スタチン使用と術後疼痛の関連性

    ・周術期スタチン使用が術後疼痛を増強するのか減弱するのかを検証できるデータは不十分である。この研究の目的として、脊髄くも膜下麻酔下でおこなった膝関節全置換術後における周術期スタチン使用と疼痛転帰との関連性を検証しようとした。・この後向き観察研究は、2005年1月から2017年10月のある三次病院での医療診療録に基づいておこなった。医療診療録は待機的に膝関節全置換術を脊髄くも膜下麻酔下に入院し...

  17. オピオイドを使わない麻酔が胸部手術後の術後硬膜外ロピバカイン必要量におよぼす影響:後向き非対応ケースコントロール研究 - 麻酔科医の日々

    オピオイドを使わない麻酔が胸部手術後の術後硬膜外ロピバ...

    ・胸部手術をうける患者は重度な術後疼痛のリスクである。開胸後疼痛の緩和はたいてい胸部硬膜外鎮痛(TEA)でおこなう。術中オピオイドの使用は痛覚過敏となり、鎮痛薬の消費量を増加させる可能性がある。我々は、オピオイドを使わない麻酔(OFA)が開胸後の硬膜外ロピバカイン必要量におよぼす影響を検証した。・この後向き研究では開胸術をうけて術後硬膜外ロピバカインを投与される必要量の比較を、オピオイドを基...

  18. カナダのオンタリオ州での慢性軸性脊椎疼痛に対する高周波熱凝固後における医療利用とオピオイド使用の後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    カナダのオンタリオ州での慢性軸性脊椎疼痛に対する高周波...

    ・高周波熱凝固(RFA)は慢性軸性脊椎疼痛に対してよくおこなわれる方法である。その有効性について議論のあるところで、実際の現場における転帰はRFAがますます使用されているにもかかわらず評価されていない。この研究では、カナダのオンタリオ州でのRFA後における医療利用とオピオイド使用の変化を検証した。・この後向きコホート研究は入院登録データを使ってオンタリオ州でおこなった。オンタリオ州在住で、最...

  19. 肺葉切除の胸腔鏡下手術後において胸部硬膜外は術野のリポゾーマル・ブピバカイン浸潤とくらべてオピオイド消費量減少と関連する - 麻酔科医の日々

    肺葉切除の胸腔鏡下手術後において胸部硬膜外は術野のリポ...

    ・胸部硬膜外鎮痛(TEA)は胸部手術の術後疼痛管理における標準的な方法と考えられているが、低血圧・尿閉・出血といった望ましくないリスクと関連する。最近、術野のリポゾーマル・ブピバカイン(LB)浸潤がTEAに取って代われるものとして用いられている。著者らは、肺葉切除の胸腔鏡下手術(VATS)をうける患者で、TEAかLBでの総オピオイド消費量を比較した。・研究デザインは、後向きコホート研究である...

  20. 長期オピオイドを使用している慢性疼痛患者に対する有害事象報告システムの健康的有益性 - 麻酔科医の日々

    長期オピオイドを使用している慢性疼痛患者に対する有害事...

    ・現実世界での長期オピオイド治療からえられる安全データは慢性非癌性疼痛(CNCP)であまり研究されていない。この研究の目的として、医薬品安全監視データ報告システムをつくりあげ、この報告システムに参画することで疼痛管理が改善し患者の健康状態が向上するかどうかを評価した。・医薬品安全監視データ報告システムを24ヶ月間おこなった。データは患者による自己報告(疼痛・有害事象[AEs]・医療資源使用)...

総件数:27 件

似ているタグ