オペラのタグまとめ

オペラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオペラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オペラ」タグの記事(25)

  1. 【ドイツ演劇賞】2018年度ファウスト賞(DER FAUST 2018)オペラ演出部門(Regie Musiktheater)ノミネート発表! - Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

    【ドイツ演劇賞】2018年度ファウスト賞(DER FA...

    http://www.buehnenverein.de/de/der-faust/der-faust-2018_1.htmlMartin G. Berger„Faust (Margarete)", Theater und Orchester Heidelberg Stefan Herheim„Wozzeck", Deutsche Oper am Rhein Düsseldorf Duisbu...

  2. オペラ「親鸞」の構想2007年 - 熊本幸夫のブログ「退屈夜話」

    オペラ「親鸞」の構想2007年

    オペラ「親鸞」は、2011年の「親鸞上人750年大遠忌」を目指して、大阪城創作野外オペラ「千姫」を再演した翌年、2007年に構想を立ち上げたものだった。ノートが手許に残っている。親鸞が法然の門に走った動機として「夢告」がある。オペラのタイトルは「夢告」がいい。親鸞の「夢」に現れた救世観音は、聖徳太子のお姿であったとするよりも、神々しい女性の姿であるほうがいい。そこで親鸞の終生の憧れのひと「玉...

  3. Linked Horizon - 暁の鎮魂歌 (進撃の巨人3ED) - ピンキージャンク

    Linked Horizon - 暁の鎮魂歌 (進撃の...

    この曲の事は俺はあまり触れないようにしてたけど、忙しくって割と時間かかったんでyou tube見たらTVサイズじゃなくフルで上がってたんで載せた。正直言うと最初はTVサイズで聴いた時の衝撃が強かったのでフルを楽しみにしてたけど、思ったより感動しなかった。やっぱりアニメーション付きじゃないと俺には合わないらしい。ストーリーを知ってたら感情移入しやすいしさ。だからと言って駄作って意味じゃないよ。...

  4.  「100巻からもれた作曲家たち」 その17 サリエリ - のんきなとうさんの蓼科偶感

    「100巻からもれた作曲家たち」 その17 サリエリ

    2018年8月18日(土)イタリアの作曲家アントニオ・サリエリ(1750~1825)は268年前の今日レニャーゴに生まれた。生前はヨーロッパ楽壇の頂点に立つ大人物であり、ベートーヴェン、シューベルト、リストらを育てた名教育家としても名高い。でももっともよく知られるところは、嫉妬してモーツァルトを毒殺した人物と、まことしやかに噂されることである。かのロッシーニなんぞは意地悪にもサリエリ本人に面...

  5. オペラ「蝶々夫人」ご紹介☆ - ROSE HOUSEの日常

    オペラ「蝶々夫人」ご紹介☆

    ネオちゃん、ミディちゃん、プチちゃん達に囲まれて幸せなY様がプロデュサーを務められるオペラ「蝶々夫人」が熊本県立劇場で行われます(≧▽≦)♪!熊本シティオペラ協会公演~志鳥音楽賞受賞記念~オペラ「蝶々夫人」2018年9月30日(日)13:30(開場)14:30(開演)熊本県立劇場演劇ホール素敵なチラシ、当店にもございます♪

  6. 本番の後 - フィンランドでも筆無精

    本番の後

    プンカハルユから戻った後ゆるゆると食事をして、この暑い中外よりもっと暑いお城の中のオーケストラピットで何時間も演奏していた友人たちを待ちます。この風景、好きだな〜。まさに夏のヴァカンスに来てる感じがします。

  7. 蝶々夫人 - 雪の朝帰り

    蝶々夫人

    通勤の車でプッチーニのマダム・バタフライのハイライトCDを聞いていて思った、何も死ななくていいんじゃないのって。アメリカ人のピンカートンが蝶々夫人と恋をして本国に帰ってしまう。その間に出来た赤ちゃんを抱いて夫人はピンカートンの帰りを待ちわびていたところ、軍艦に乗ってやってきたピンカートンは金髪美人を伴っていた。万事休すとばかりに夫人は自殺する。いや、ちょっと待って。金パツ美女とピンカートンの...

  8. 華麗なる音楽の都 ウィーンでオペラ鑑賞《セビリアの理髪師》その2. - ありママのなんちゃない日々

    華麗なる音楽の都 ウィーンでオペラ鑑賞《セビリアの理髪...

    ・・・続き開演時刻が近付きました。座席は定員7名のボックス席。扉を開けると、前室があります。ここにコートを掛けたり、荷物を置いたり、鏡で身だしなみを整えることもできます。私が選んだのは、最前列。☆印の座席です。昨年('17年11月)に字幕スーパーがタブレットになり、日本語のスーパーも見られるようになりました。私の席から見た平土間席と緞帳が下りているステージ。平土間席はなだらかな傾斜でしかない...

  9. 佐渡裕プロデュースオペラ「魔弾の射手」 - noriさんのひまつぶ誌

    佐渡裕プロデュースオペラ「魔弾の射手」

     7月25日(水)、佐渡裕プロデュースのオペラを観に行った。毎年この時期に開催されるもので、今年もダブルキャストで8回の公演がある。チケットを取るのが遅かったので、H列1番という一番左端の席しか取れなかった。オペラの場合には、舞台奥の映像などが見にくいことがある。 開演前に同業のSMRさんに会ったら、席が私の2列真後ろという偶然だった。終わって帰りに、ラブリーホール合唱団のSMDさんご夫妻に...

  10. プッチーニ・フェスティバル - 追分日乗

    プッチーニ・フェスティバル

    夏休みということで、ピサ郊外のトッレ・デル・ラーゴで開催されているプッチーニ・フェスティバルを訪問しました。当夜(7/20)の演目は蝶々夫人(Madama Butterfly)です。 この音楽際は毎年夏、プッチーニの故郷ルッカから程近く、彼が別荘を構えていた湖畔の小さな町トッレ・デル・ラーゴで開催されています。ピサからですと車で二十分くらいです。 https://www.puccinifes...

  11. サヴォンリンナへ - フィンランドでも筆無精

    サヴォンリンナへ

    車で南東に2時間、サヴォンリンナという街へ友人を尋ねて行きました。道中快晴ドライブ日和!サヴォンリンナはサイマー湖地方の真ん中に位置しているリゾートタウンです。リンナは「お城」の意味、サヴォンリンナは「サヴォニアのお城」。まずは到着後の一杯から。日が高いので、夕方なのに昼ビールを味わえます。(笑)訪問目的の一つは、毎年夏に行われるオペラフェスティバル。泊めてくれた友人はオーケストラでホルンを...

  12. これを聞かずに死ねるか! 歌劇《アンドレア・シェニエ》 - ありママのなんちゃない日々

    これを聞かずに死ねるか! 歌劇《アンドレア・シェニエ》

    2018年4月30日プラハ国民劇場ウンベルト・ジョルダーノ作曲 歌劇《アンドレア・シェニエ》あまたあるオペラの中で、私の好きな作品TOP5に入るのが、このオペラ。来世はソプラノ歌手として生まれて来たい。そしてかの三大テノールの一人、プラシド・ドミンゴの相手役で、このオペラを歌いたい。と、その昔そんなおバカな夢を見たこともある大好きなオペラです。フランス革命の時代の実在の詩人《アンドレア・シェ...

  13. バイロイト音楽祭 Wagner fur Kinder - Masae's concert information

    バイロイト音楽祭 Wagner fur Kinder

    16日からバイロイトに来ています。世界中から何万人ものワグナーオペラのファンが集まる夏のバイロイト音楽祭ですが、「Wagner für Kinder 」 として子供のためのオペラプログラムも開催されています。こちらの方は私の属しているオーケストラが担当しているので団員となった昨年から私も、夏のこの時期の3週間をバイロイトで過ごしています。子供オペラの上演は7月25日から8月4日までの毎日、そ...

  14. オペラ - 森の中でパンを楽しむ

    オペラ

    恐怖のオペラです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル先日誕生日を迎えた次男のリクエストは迷うことなくオペラ(|||゚ω゚)ヒイィィィ!!年に2回この面倒くさいオペラを長男と次男の誕生日に作るようになってもう何回目の夏を迎えたでしょうか長男の誕生日は冬でその季節に作るとあっという間にチョコが固まってやりにくいのですが夏は逆にバターもチョコも柔らかくてそれはそれで作りづらいんです・・...

  15. 「トスカ」を観てきました - 美鈴とトラと私とお庭

    「トスカ」を観てきました

    新国立劇場で「トスカ」を観てきました。私はまだまだ初心者なので高い席は勿体無いし、いつもどおりC席を取りました。4階の真ん中あたりの席でした。最後尾の一列手前なだけなのです。とっても高い位置なので、ちょっと怖いくらいです。舞台からは遠く離れてしまいますが、音は普通に聴こえますし、舞台が始まると、いつも全然気にならなくなってしまいます。ただ、いつもとちょっと違ったのは…隣の人の拍手の音が尋常で...

  16. プラハでオペラ鑑賞 フィガロの結婚@エステート劇場 - ありママのなんちゃない日々

    プラハでオペラ鑑賞 フィガロの結婚@エステート劇場

    2018年4月29日エステート劇場モーツァルト作曲 歌劇《フィガロの結婚》オーストリアのザルツブルクで生まれた、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、故郷から追放され、二度と戻ることはありませんでした。そんな彼はプラハが気に入ったようで、交響曲「プラハ」を作曲したり、オペラも書いています。エステート劇場は、彼が歌劇《ドン・ジョバンニ》を彼自身の指揮で初演されたオペラハウスです。プラハで...

  17. 続・至高のトスカ - ありママのなんちゃない日々

    続・至高のトスカ

    だらだらした印象しかなかった”トスカ”ですが、こんなにも美しい音楽てんこ盛りのオペラだったなんて・・・(気付くの遅すぎる。このばかちんがっ!)指揮者やオーケストラも大事であることを痛感。ソリストたちの歌唱は言うに及ばず、指揮者クリスティアン・ティーレマンとドレスデン歌劇場管弦楽団の素晴らしい演奏もさることながら、最後のシーンの演出にも感動いたしました。歌姫トスカは、銃殺された恋人カヴァラドッ...

  18. 至高のトスカ - ありママのなんちゃない日々

    至高のトスカ

    ちょっと待ってえ~。華丸さんじゃなくても、こう言いたくなるよね。Just Married って、律が結婚?月曜日に鈴愛にプロポーズして、火曜日にはもう4年経っていて、今日は「より子」さんと結婚?「より子」って誰よ?清でもなく、鈴愛でもなく「より子」よ、「より子」 そんな人今まで一遍でも出てこんやったやん。あまりの早すぎる展開にオバサン、もうついていけそうもないとやけど?って、また半分、青い。...

  19. 英国ロイヤルオペラシネマ 2017/18 マクベス - noriさんのひまつぶ誌

    英国ロイヤルオペラシネマ 2017/18 マクベス

     6月20日(水)、英国ロイヤルオペラシネマを見に行った。17/18シーズンのオペラの最終作品で、あとバレエを二つ残すのみとなった。18/19シーズンのラインナップも発表されて、楽しみである。 3時から上映している西宮TOHOシネマに行った。平日で観客が15人くらいと少ない。英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18ヴェルディ「マクベス」演出:フィルダ・ロイド 指揮:アント...

  20. 抹茶オペラ - miro's daily dining

    抹茶オペラ

    ケーキ屋さんのカフェにて、スイーツタイム。カフェだと、パティシエさんの素敵なデコレーション付き♪

1 - 20 / 総件数:25 件

似ているタグ