オペラのタグまとめ

オペラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオペラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オペラ」タグの記事(26)

  1. METオペラライヴビューイング コジ・ファン・トゥッテ - 原語から見える聖書のイメージ

    METオペラライヴビューイング コジ・ファン・トゥッテ

    今年の3月31日に本場で上演されたばかりのライヴがゆったりしたシートで気楽に鑑賞できるMETのライヴビューイングは最高ですねモーツァルトのコジ・ファン・トゥッテ 今回の新演出がとにかく最高にクール泣き笑いの渦の中に「死にそう」という台本のセリフがあちこちで生きてましたモーツァルトって今風にいえばクールですね演出の要は遊園地の大道芸人さんたち火を噴いたり、剣を飲み込んだり、蛇使いさんやアクロバ...

  2. 長い旅が終わりました - ありママのなんちゃない日々

    長い旅が終わりました

    4月22日に自宅を出て今日まで、お陰様で元気に旅を続けることが出来ました。いま、日本は5/8午前3時を過ぎた頃でしょうか。ウィーンは、5/7午後8時過ぎです。明朝ウィーンからフランクフルトへ飛んで、羽田行き全日空機に乗り換えて帰国する前に、現地から旅のご報告です。4/29 ドイツのドレスデンからチェコの首都プラハまでチェコ国鉄の電車で移動しました。6人コンパートメントで、ドイツ語を話すおばち...

  3. メトオペラの今シーズン終了・・なので、まとめ。 - 都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末

    メトオペラの今シーズン終了・・なので、まとめ。

    この週末、メトオペラのCendrillon(シンデレラ)を観て、我が家のメトオペラ・2017-2018年シーズンが終了しました。今シーズンは、5本観ました・・・体調や仕事でキャンセルしたものもなく、無事に全部観れてよかった~・・・^^なにせ、半年前にチケット買いますから。そんなわけで、今シーズンのまとめ、行ってみたいと思います笑1)NORMAソンドラ・ラドヴァノスフキーとジョイス・ディドナー...

  4. リセウ音楽学院のマスター生徒によるオペラ「チェネレントラ」 - gyuのバルセロナ便り  Letter from Barcelona

    リセウ音楽学院のマスター生徒によるオペラ「チェネレントラ」

    先日、リセウ音楽学院のマスターの生徒による、ロッシーニのオペラ「チェネレントラ」を聞きに行きました。去年、モーツアルトの「魔笛」を聞きいてなかなか良かったので、今回もぜひ聞いてみたかったのです。会場はリセウ音楽学院のホール。新しくて音響が良く、椅子の座り心地がとても良いホールです。椅子の背もたれが高くて、退屈したら眠れるくらい(笑)。ステージは簡潔そのもの。オペラはコンサート形式ではなく、す...

  5. ヴィッチーニ村の地域犬ビリー君と行く(後編)カバリエーレ・ルスティカーナの舞台散策 - シチリア島の旅ノート

    ヴィッチーニ村の地域犬ビリー君と行く(後編)カバリエー...

    …前回の続き…さて、無事酒場の見学を終えた私たちをビリー君はさらに旧市街の細道に案内してくれてます。軽自動車も通れないような細い道…ひっそりとして私たち(と一匹)以外は誰もいません。そしてやってきたのが「サントゥツゥアの家」。サントゥツゥアはカバリエーレ・ルスティカーナの主役ですね。「恋人」と信じていたトリッドゥに裏切られ、嫉妬と怒りに我を失った彼女の行動が後に恋人の死を招く結果となる、悲し...

  6. ちょっとそこまで♡ - 毎日スミ☆の日記

    ちょっとそこまで♡

    ちょっと暖かくて夜はちょっと寒いこれで風が吹かなければ桜はだいぶもつだろう3月は春に変わっていく季節水のように変化していく季節に流されるままについていくだけだから自分や季節や空気に敏感じゃないと風邪とかひいちゃうなんか試されているような季節その日その日の朝の空気を敏感に感じ取って服を選ぶ すこし寒い日に薄着してしまうとぜったい後悔するけどウールのコートとか冬物を着たところで暑すぎでこれもまた...

  7. メトオペラ、とんでもないピアノ?を売る - 都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末

    メトオペラ、とんでもないピアノ?を売る

    先日、メトロポリタンオペラ観た帰りに、メトオペラ・ショップに寄ったのですが・・・そこで売ってたこのピアノ風のバッグ・・・なんか、鍵盤おかしくありません?^^;こちらのピアノがま口?は、鍵盤大丈夫みたいですね~笑メトでもこんなん売っちゃうんだな~と、そのアバウトさにちょっと安心?しました笑にほんブログ村

  8. Rinaldo @ Barbican - Music for a while

    Rinaldo @ Barbican

    『リナルド』はヘンデルのオペラ作品の中でも、見て聴いてすんなり楽しめるという点でトップ3に入る佳作だと思う。有名アリア等聴きどころが多く、魔法オペラのジャンルの中でも人物像も勧善懲悪のストーリー展開も単純明快かつエンタメ度が高いからだ。        サシャ・クックとイエスティン・デイヴィスこれまでに4つの異なるプロダクション(ケルン、グラインドボーン、ブリュッセル、フランクフルト)を鑑賞し...

  9. カイロ・オペラ・ハウス来歴 - ばはる☆あびあど

    カイロ・オペラ・ハウス来歴

    ロシア国立バレエを観たついで、でもないのですが、最近、オペラハウスや劇場そのものの歴史にも関心を持つようになったので、改めて調べてみました(ほとんどWiki頼りですが)。現在のカイロ・オペラ・ハウスが日本政府の無償資金協力により再建されたものであることは、私たちの業界(?)の間では有名な話なのですが、その前身となった歌劇場や、そのためにヴェルディが『AIDA』を作曲したことなどは、漠然としか...

  10. 映画3.リゴレット〜ロイヤルオペラシーズン2018 - すでにあたらしい世界へ☆もんもく日記2

    映画3.リゴレット〜ロイヤルオペラシーズン2018

    *Rigoletto『椿姫』『イル・トロヴァトーレ』と並ぶヴェルディの中期三大傑作の一つ。1851年3月ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場で初演。原作は、実在のフランス王 フランソワ一世の放蕩を告発した、文豪ヴィクトール・ユーゴーの戯曲『王は愉しむ』タイトルのリゴレットは、主役の好色なマントヴァ公爵に使える、道化師の名前である。リゴレットは妻を亡くし、残された1人娘を溺愛。貴族たちの...

  11. ロッシーニ『セミラーミデ』 METライブビューイング - ばはる☆あびあど

    ロッシーニ『セミラーミデ』 METライブビューイング

    Courtesy: Metropolitan Opera今日のメトロポリタンオペラ(MET)ライブビューイングは観た事も聴いた事もなかったロッシーニの『セミラーミデ』。古代アッシリアのお話。歌唱技術が難しすぎて歌えるキャストを集められないということで、20世紀前半は全く上演されず、METでも25年ぶりの再演となったそうです。確かに、さすがMET、世界トップクラスの歌手を集めたのだと思いますが...

  12. ロシア国立バレエ『白鳥の湖』カイロ・オペラ・ハウス - ばはる☆あびあど

    ロシア国立バレエ『白鳥の湖』カイロ・オペラ・ハウス

    カイロオペラハウスでロシア国立サンクトペテルブルクバレエ団の『白鳥の湖』を鑑賞してきました。『アラブの春』の革命前までは、カイロにも海外のバレエ団やオペラ、オーケストラ、アーティストなどの公演も結構あったものですが、2016年に私がエジプトに再赴任してからは、めっきり減っているような気がします。それでも、ゲストソリストなどは時々来てくれますが。今回のロシア国立バレエもせっかく来てくれるのは嬉...

  13. オペラがはねたら 老舗のローマ料理店で (ローマ再訪 10) - ばはる☆あびあど

    オペラがはねたら 老舗のローマ料理店で (ローマ再訪 10)

    そもそも南欧のイタリアやスペインの人々は宵っ張りで、夕食の時間がとても遅く、まともな店は20時以降にしか開きません。だから、観劇の前にプレシアターメニューをいただいてから、なんて文化がないんです。最近では、オペラの開演も少し早くなってきていて、週末などは18時、19時に開演ということもありますが、普通は20時以降、夏なら21時。幕間を含めて3時間から3時間半のオペラがはねるのは23時以降とい...

  14. ローマ歌劇場来歴とオペラ座の芸術家展 (ローマ再訪 8) - ばはる☆あびあど

    ローマ歌劇場来歴とオペラ座の芸術家展 (ローマ再訪 8)

    平土間(プラテア)から天井のシャンデリアを見上げるローマ歌劇場来歴 Teatro dell'Opera di Romaローマ歌劇場(Teatro dell'Opera di Roma)は、1880年に開場したコスタンツイ劇場(Teatro Costanzi) がその前身となっています。1871年、統一イタリアの首都となったローマに近代的な歌劇場を建設しようと、ドメニコ・コスタンツィ(Dom...

  15. こうもり 〜やられたらやり返すのが礼儀なの?〜 - 美鈴とトラと私とお庭

    こうもり 〜やられたらやり返すのが礼儀なの?〜

    1月の終わり頃、新国立劇場にオペレッタ「こうもり」を観に行ってきました。新国立劇場の入口には大きな生花が飾ってあり、華やかでした。一人だったのでちょっと寂しいな〜、と思いましたが、人を誘えないから、仕方ないですね。でも、会場はほぼ満席でした。三階席の左端の方でしたが、二列前の背の高い男性の頭が舞台の中心に!でも、まぁ、見えました。こうもりは小さな舞台で観たこともあり、あらすじが分かって居るの...

  16. オペラ「ホフマン物語」 〜終わり方の違い!〜 - 美鈴とトラと私とお庭

    オペラ「ホフマン物語」 〜終わり方の違い!〜

    先日、初台にある新国立劇場でオペラ「ホフマン物語」を見てきました。以前、METライブビューイング(舞台を映画にまとめたもの)で観たことがあり、バレエでも観ているのですが、とても面白い作品なので、また観たくて、チケットを買いました。原作は同じはずですが、今回も観終わったあと、その終わり方の違いに驚いてしまいました…。あらすじはMETのオペラとほぼ同じですが、今回のミューズは始めからホフマンの恋...

  17. 大人になっても社会科見学 - 夏の箱庭 - le sud de la France -

    大人になっても社会科見学

    こんにちは。夏の箱庭へようこそ。しばらく放ったらかしでしたが、引っ越しやら、フランス語クラスの最終テストが無事終わり、お久しぶりな投稿。なんかプロバンス地方なのに雪降ってるし〜春が待ち遠しい今日この頃です。先週はフランス語クラスのメンバーと FESTIVALE AIX の企業版オープンキャンパス的なイベントに行ってきました。彼らは毎年2回行われるオペラの開催を総括している団体で、舞台のスペシ...

  18. Met Live Viewing Tosca - ハドソン川の西岸で

    Met Live Viewing Tosca

    2/17新宿ピカデリーでMet Live Viewingのトスカを観ました。石丸幹二さんのトークショー付きでした。トークショーは大したことはありませんでしたが、石丸さんを生で見れた分お得でした。司会の朝岡さんは、私がテレ朝で翻訳をしていた時に、その番組のキャスターをされていたので、なんか懐かしかったです。そんなことはどうでも良いのですが、トスカ、良かったです。この作品は交代に次ぐ交代で曰く付...

  19. プッチーニ『ラ・ボエーム』METライブビューイング - ばはる☆あびあど

    プッチーニ『ラ・ボエーム』METライブビューイング

    今週のMETライブビューイングはプッチーニ(Giacomo Puccini)の超人気演目『ラ・ボエーム』(La bohème)でした。予定通り、というか、ちゃんと泣いてきました。私が選ぶ「3大泣けるオペラ」のひとつ。これ観て泣けなければ、逆に返金して欲しい作品です。パリのカルチェ・ラタンで、芸術を志し、貧しくとも明るい将来を夢見て必死に生きるボヘミアンの若者たちの愛と友情と死。分かりきってい...

  20. ドニゼッティ『愛の妙薬』MET ライブビューイング - ばはる☆あびあど

    ドニゼッティ『愛の妙薬』MET ライブビューイング

    今日のアレキサンドリア図書館アートセンターでのメトロポリタンオペラ(MET)ライブビューイングは、ドニゼッティ(Donizetti)の『愛の妙薬』(L'Elisir d'Amore)でした。本作品も全編観るのは初めて。でも、第2幕のテノールのアリア"Una Furvia lagrima"は大好きなので、これを聴きに来たといってもいい。上映前、主催者側の女性が会場の客入りが少なく、ドニゼッティ...

1 - 20 / 総件数:26 件

似ているタグ