オホーツクのタグまとめ

オホーツク」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオホーツクに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オホーツク」タグの記事(41)

  1. 行き当たりばったりの知床の山 - 赤柴 の ほとり

    行き当たりばったりの知床の山

    空気がピーンと張りつめた日は知床連山がよくみえる。夏にはなかった所から突然姿を現したりするから冬の山っておもしろい。去年の11月末の行き当たりばったりのあの道が今日の散歩コース。^^行け行けどんどん (* ̄0 ̄)/ おうっとっとっと.....坂道の途中に突然のジャーンプ!ひねりを加えてもういっちょジャーンプ!両足そろえてピョンピョンな足跡 ↑ はいったい誰でしょね。^^歩幅の広い一直線の足...

  2. 2020年大晦日晩餐と2021年元旦・その2 - 『文化』を勝手に語る

    2020年大晦日晩餐と2021年元旦・その2

    <中 篇>四畳半小上がり北西角にあるわが家の神棚折々に買い集めた小さな動物たちと囲むように配置された干支の鈴(北海道神宮)あと3ヶで十二支が揃う。1段下に水(浄水器を通した岩見沢の水道水)酒(Kヴィレッジオーナーにいただいた北雪/杜氏なかせ)米(蘭越産)餅(生協で購入)塩(やっぱり今年は湧別つらら)*元旦あさ6時、自然に目覚める。一挙にちょうど6時間、ぼくの理想的睡眠だ。まず日課の父の写真の...

  3. オホーツク湧別漁港 - 『文化』を勝手に語る

    オホーツク湧別漁港

    『つららはうす』から湧別漁港はすぐ。B棟の玄関の詳細を決めて一段落、漁組の直営店『湧鮮館』のある漁港に行ってみる。でもあいにく定休日、漁港探索に切り替えてブラブラしてみる。それにしても広い。施設も立派で大きい。港湾工事のゼネコンらしきものの社屋も目立つ。冬に備えて岡にあげられた漁船群、これまた立派で壮観・・漁組の裕福さを物語っている。街の施設にも相当税金が投下されてるようだ。単純にgoogl...

  4. 「散歩の途中」 - 藍の郷

    「散歩の途中」

    晴天にほだされカメラ背負って、負荷をかけ、坂道散歩青空でも寒い、今日のオホーツク20分も歩けば・・・・そして、散歩路は積雪もなく快適見上げれば冬空8318歩(2020/11/23 0℃)<散歩の途中><見上げれば><冬の空>

  5. 鮭をゲット - びぃのブログ

    鮭をゲット

    釧路から移動し尾岱沼の漁港で、一昨年ここで事故にあい亡くなった義理の従兄弟のお参りに行った。そこに軽トラがピタッと停車し、地元の水産会社の方と思われるおじさんと目があった。たぶん、怪しい者と思われたに違いないと察したので、「こんにちは」と挨拶したら、たった今、真空パックにしたと言う鮭を頂いた。今年は昨年以上の不漁と言う話だが、こんな見ず知らずのオジジに鮭をくれるなんて、本当に申し訳ない。

  6. 「足もとの秋」 - 藍の郷

    「足もとの秋」

    足元にも「秋」が、かさこそと…木漏れ日が知らせてくれます<落ち葉><木漏れ日の落葉><成長できたかな・・・? >

  7. 「芝桜」 - 藍の郷

    「芝桜」

    「芝桜」もそろそろ終焉の季節花弁が集団で、それぞれが語り合っている雰囲気なにを話しているのでしょうかどんな言葉を吐いているのでしょうか・・・・NHK ラジオ番組の「飛ぶ教室」をよく聞きますが、その中において、近ごろNSNの誹謗中傷のせいで一人の若い女性が命を絶った。この報道から一冊の本の紹介、「誰もが自分が正しいと思って言葉を吐く、しかし、その言葉がどこかで誰かに深くキズを付けることがある。...

  8. 「ツツジ」 - 藍の郷

    「ツツジ」

    今、(令和2年6月6日)当地で満開のツツジ少しだけ街並みを見下ろすツツジですそして少しだけの青空夏の始まりです<見下ろす町並み><ツツジ><おまけ 6月のツツジ>

  9. 浜茹で直送、オホーツク毛ガニ - 『文化』を勝手に語る

    浜茹で直送、オホーツク毛ガニ

    たくさんの恵みをもたらす流氷がオホーツク沿岸から去って行ったら、その恩恵を受けた毛ガニが水揚げされるシーズンになる。その猿払で水揚げされた800グラムをいただく。さっそく食す。ガステーブル改修後でカウンターをキレイにしていたところだったので、グッドタイミング。コーリアン(人工大理石)の上そのままで、解体ショー・・まずハサミも含めて足片側4本を一挙に。さすが浜茹で甘くて美味。いつもは第1関節だ...

  10. オホーツクの紋別へ#2 - アネンドのいろとりどりの日々

    オホーツクの紋別へ#2

    ついて早々ラーメンで昼ご飯🍜間違えて激辛味噌ラーメンうん!美味しいけど、真っ赤なスープ。むせる。そこそこ辛い。でも激辛好きとしては満足!お腹も満たされた所でその辺散策。道の駅周りを!当初の目的のガリンコ号でしたが……流氷接岸しておらず、運休!!!!!だろうね!知ってたよ!という事で木製………………。模型………………。これでガリガリするのね。どっちみち見えないから大丈夫...

  11. 北海道オホーツク海沿岸を巡る・4 - 『文化』を勝手に語る

    北海道オホーツク海沿岸を巡る・4

    持参の雑誌『HO/ほ』に載っていたがために、ホタテバーガーを求めて湧楽座からサロマ湖畔へちょっと戻る。途中の紅葉があまりにも美しいので、車を停めてパシャッ。湖畔の国道239号に山側へ展望台の案内板を見つけて、時間に余裕があったので寄ってみる。曲がりくねった山道を30分ほど走ると到着。これがなかなかの景色で、サロマ湖が一望できる。(写真は東から西へ俯瞰してみたところ)紅葉もあってか、素晴らしい...

  12. 釣果と秋の空(北海道絵日記紀行5) - 第3の釣り

    釣果と秋の空(北海道絵日記紀行5)

    令和元年9月12日(木)。ホテルさるふつでは余り熟睡出来なかった。昨夜のうちにイトウ、鮭は諦めてニジマス狙いに変更する気でいた。朝飯を食べて午前8時過ぎにホテルを出た。いきなりの雨が降ってきた。気温は20度を下回っている。南下する途中、ポロ沼を見たが、やはり一人の釣り人すら居なかった。途中雨が降ったり止んだりを繰り返しながら、一時間ほど走ると枝幸町に入った。以前、鉄人の人に教えて貰った鮭釣り...

  13. オホーツク海に向かう(北海道絵日記紀行4) - 第3の釣り

    オホーツク海に向かう(北海道絵日記紀行4)

    令和元年9月11日(水)。朝飯を食っていると外人二人組のフライフィッシャーに話しかけられた。前日の夕食の席でも顔を見た初老の釣り友チーム(フレンドリーなごっついオッサンとビル・ゲイツ似の神経質っぽいオッサン)だ。何やら自分たちの昨日の釣果自慢と私の釣った場所を聞きたいらしい。英語じゃ上手く説明できないので、スマートフォンの地図アプリを使って場所を説明した。彼らも同じように場所を教えてくれた。...

  14. 2月のオホーツク⑨ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク⑨

    夕陽の撮影を終えて帰途に就きましたが、途中でいい感じの空の色を見て寄り道をして撮影してみました。ラストは斜里町にある「天に続く道」です。ここをこの時間に撮影したのは初めてでした。

  15. 2月のオホーツク⑧ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク⑧

    今日は夕陽を入れた写真をアップしてみます。この日はきれいな夕陽と流氷のコラボが見られてラッキーでした。

  16. 2月のオホーツク⑦ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク⑦

    陽が傾いて来て空の色もいい感じになってきました。今日は夕陽を入れていない写真をアップしてみます。ラスト3枚は陽が沈んだ後の写真です。

  17. 2月のオホーツク⑥ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク⑥

    流氷と夕陽を絡めて撮ろうと知床までやってきましたが夕陽まで時間があったので近くにあったオシンコシンの滝を撮ってみました。一部が氷瀑になっていて、自然の造形美を見る事が出来ました。

  18. 2月のオホーツク⑤ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク⑤

    しつこいですが、流氷の写真が続きます。能取岬でも撮りましたが、知床の山を入れた写真です。

  19. 2月のオホーツク④ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク④

    能取岬から移動しました。ここは流氷を間近で見られるお気に入りの場所です。この日は流氷の上にも乗る事が出来ました。

  20. 2月のオホーツク③ - Photo Of 北海道大陸

    2月のオホーツク③

    今日は能取岬から知床方面の山を撮った写真をアップしてみます。空気が澄んでいたせいかきれいに見る事が出来ました。

総件数:41 件

似ているタグ