オミナエシのタグまとめ

オミナエシ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオミナエシに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オミナエシ」タグの記事(60)

  1. シトシト雨降り - ささつぶ

    シトシト雨降り

    霧雨のような線の細い雨が降っていた日でしたでも、こんな雨の降り方が嫌じゃないかも

  2. お散歩したら・・・キビタキ。 - 鳥見んGOO!(とりみんぐー!)野鳥との出逢い

    お散歩したら・・・キビタキ。

    別箇所で鳥見しましたが気配なしの為そこからすぐ近くだった森を久し振りにお散歩しました。ここは以前よく探鳥した森ですので地理は頭に入っており庭みたいなものです。鳥さんが出そうな場所を覗いたらこの子が少し遊んでくれました。キビタキ雌。少し移動し水場を覗いたらこの子が水浴びに降りて来ました。ここでもキビタキ雌。水浴びシーンは可愛いですね。おまけのオミナエシ。秋の渡りであちこち行きたいのですがなかな...

  3. 仲秋の野 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    仲秋の野

    連休はいい天気が続いて良かったですね。あちこち人出も多かったようで、これで必要以上に縮こまっていた(ような気がする)社会が、少し風通しが良くなればいいなと思います。なんて、オマエが心配すんなっていう話ですが・・・。まあ、私なんぞはもう世捨て人のようなもんで、祝日も平日も関係ないんですけどね。でもそんなおっさんでも、ただウロウロするというのは気が引けまして、その点、世間が休みですと、後ろめたさ...

  4. オトコエシ男郎花 - 里山の四季

    オトコエシ男郎花

    スイカズラ科オミナエシ属里山の草地にわずか数株、残っていました。女郎花より強くて丈夫そうに見えるから男郎花という名前だけど・・・「これってジェンダーバイアス?」草地の奥、花は以前から見えていたのですがスズメバチが怖くて近づけませんでした。花冠の先が5裂、雄しべは4個、雌しべ1個。子房のまわりに小苞があります。果実になると小苞が「うちわ」のように大きくなって取り巻きます。オミナエシ女郎花スイカ...

  5. オミナエシに集まる虫たち - Taro's Photo

    オミナエシに集まる虫たち

    オミナエシにはいろいろな虫が集まっています。ひょっとしてルリモンハナバチ(瑠璃紋花蜂)が見られるのではないかと、見に行ってきました。私は虫のことなんて何にも知らないのですが、京都新聞に、市内でルリモンハナバチが観察されたという記事が出ていました。青いミツバチです。なんか見たような気がしていたので期待が高まります。で、いました。青い蜂。アオはアオでもメタリック系で光沢があります。オオセイボウと...

  6. 2020年白露の庭 - 山庭居 ~庭に居ます~

    2020年白露の庭

    山の家に行く道すがらにはススキの穂が出始めました。山の庭に差す朝の陽光は黄色味がかって薄まっています。こうなってくるともう寂しくなってくるのです。8月丸々一月間 雨を見なかった庭に、台風の余波の雨風がざーっときて、細い茎オミナエシやコスモスをなぎ倒していきました。9月はじめの庭オオケタデ、コスモス、奥にミソハギ左 秋咲きのクレマチス(マダムジュリア・コレボン)右 ギボウシ 古木の花桃の下のシ...

  7. 女郎花・小紫・山うど - 里山の四季

    女郎花・小紫・山うど

    まだまだ暑い日が続きます。それでも夜になれば秋の虫の大合唱が聞かれ、また、果実が色づいたり、秋の七草が咲いたり、秋の気配に気づかされます。オミナエシ女郎花コムラサキ小紫ヤマホウシ山法師ススキとヤマウド山うど

  8. ツマグロヒョウモン - Taro's Photo

    ツマグロヒョウモン

    このところ、朝のお散歩で近所を歩いています。今回は小倉池。ハスはどうなっているかな?気になったので。ハスはまだまだたくさん咲いています。他所はもう終わりだと思うのですが、小倉池は満開かと思わせるような咲きっぷり。土曜日だったので、カワセミねらいのカメラマンがたくさんいました。私は待つのは苦手なのでカワセミはあきらめていますが、ハスの花とカワセミのツーショットが撮れればいいだろうな、とは思って...

  9. 花 - 暮らしの中で

    公園にだんだん花が増えてきた。

  10. 西の原の秋① - 清治の花便り

    西の原の秋①

    台風の不気味な風の近づきぬレーダーに雨雲のなきこの台風九号追ふ未曽有の台風はマリワナ歩地爺・時折の風はからら雨はなし4:30過ぎ・・大田市に高潮警報が出た模様・8月31日さんべ荘の帰り・・RiLuはアクアスの白イルカへ僕らは西の原に立ち寄ったツリガネニンジン釣鐘草はホタルブクロのこと・透通る紫の花秋の花歩地爺・ヒヨドリバナ・サワヒヨドリ・カセンソウ・オミナエシ・粟飯の女飯となり女郎花歩地爺・...

  11. 鉢植えオミナエシまだまだ綺麗! - 気ままにデジカメ散歩

    鉢植えオミナエシまだまだ綺麗!

    #それぞれクリックすると拡大サイズ開きます#母が一番好きだと言ったオミナエシ、庭植え無くし鉢植え購入、まだ綺麗に咲いています。アゲハがよく飛んでくるんですが、多分夫が庭植えしてるキンカンの葉で育ってるのかもこれはサルスベリ、枯れた筈だけど脇芽すくすく育ちました。絡んでる蔓、取ってあげたいけれどそこまでの間に伸びた草が…やぶ蚊も又いて(;^_^Aその雑草の一つヘクソカズラの花、可愛くてついつい...

  12. 猛暑の中の秋の気配 - 上州自然散策3

    猛暑の中の秋の気配

    35℃越えの日が少なくなって来たが、依然暑い日が続いている。そんな中、初秋の花が咲き出している。 ①ワレモコウとオミナエシ ②オミナエシ(黄色)とオトコエシ(白) ③タムラソウ ④コオニユリ ⑤ツリバナの実 ⑥ツルニンジンの蕾 ⑦ツルリンドウ

  13. ■古民家まわりの花 3種 (2)20.8.29(オミナエシ、オトコエシ、タコノアシ) - 舞岡公園の自然2

    ■古民家まわりの花 3種 (2)20.8.29(オミナ...

    今日も暑い日、外出を控えた。きのうの続きで「古民家の周囲の花」です。オミナエシ20.8.24FUJIFILM T-30 80mm/macro ISO400 1/1000,F8オトコエシ〃〃ISO400 1/1250,F8タコノアシ〃〃ISO400 1/100,F8

  14. 夏の名残のバラ・・・ - くぬぎの森の物語/鵜澤 廣

    夏の名残のバラ・・・

    タカサゴユリと女郎花咲き始めの頃オミナエシが咲き始めた庭にたった一輪のユリが咲いていますこれはきっとどこかから種になって飛んで来たタカサゴユリのようですヤマユリが重たげに下向きに咲くのに対しタカサゴユリは横向きに咲きますタカサゴって台湾の「高砂」ですね日本兵が持ち帰ったとかという話もあるようですこれも繁殖力が強いようで栃木ではザラに見られるユリ先日も県内の高速沿いに無数の花が咲いているのが見...

  15. 秋の気配そっと・・ - ささつぶ

    秋の気配そっと・・

    オミナエシにセセリチョウ

  16. 秋はすぐそこに - あすなろフォトグラファー

    秋はすぐそこに

    2020.8.21赤城自然園四季の森ゾーンにオトコエシキセワタオミナエシが寄り添いながら咲いている3者ともに今が盛りと競い合いながら咲いているように見える別の背の高いオミナエシを見上げると空には秋を思わせる雲が浮かんでいるあと少しで9月秋がやってくるそう思えばこの暑さ何とか頑張れそうだ50年に一度なんて残暑はお断りしたい

  17. 美人 - あすなろフォトグラファー

    美人

    2020.8.12赤城自然園お花畑を通って緑の広場のレンゲショウマを見に行く途中にであったオミナエシ満開にはちょっと早いが緑の中に黄色い花が浮き上がってとても綺麗だすらっとしているので花言葉は美人だそうだもう少ししたら満開の状態を撮りたいと思う

  18. オミナエシ - toshi の ならはまほろば

    オミナエシ

    女郎花って書くんですねここも棚田らしいですとても暑く歩く気になりません越畑でそばを食べたかったんですが時間的に合わずでしたX-T3+16-55F2.8撮影日:2020年8月5日

  19. 秋の気配 - 上州自然散策3

    秋の気配

    遅い梅雨明けとともに暑い日が続く。と言うのに、昨日は立秋。赤城自然園では初秋の花が咲き出した。①マツムシソウと蝶蝶には疎くて名前が分かりません。 ②マツムシソウと蝶蝶には疎くて名前が分かりません。 ③オミナエシとツマグロヒョウモンツマグロヒョウモンだけは分かる。(笑) ④ヤマジノホトトギス? ⑤ソバナ ⑥キツネノカミソリ

  20. 久々の西の原① - 清治の花便り

    久々の西の原①

    7月31日吾郷豪農の庭見学の後三瓶山西の原へ梅雨明やグランドゴルフの声高し歩地爺・県の大会かな?・オトギリソウのつぼみ・カワラナデシコそろそろ最盛期・撫子のコースにはみ出揺れにけり歩地爺・カセンソウ・オミナエシ・クルマバナ・ツレサギソウもう終り花・コキンバイザサ・高原の蝶を集めし女郎花歩地爺・コオニユリ・ツリガネニンジンのつぼみ・高原に風の渡るや秋の花歩地爺・ごきげんようさようなら・

総件数:60 件

似ているタグ