オミナエシのタグまとめ

オミナエシ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオミナエシに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オミナエシ」タグの記事(16)

  1. 秋の野原を思って・・・「玄関と外看板のお花が入りました。」編 - 納屋Cafe 岡山 

    秋の野原を思って・・・「玄関と外看板のお花が入りました。」編

    一昨日友人の庭から届いた素晴らしい草花1日掛けて素敵に生け込み頑張りました(ニッコリ)ワタシも市場でお気に入りをゲットして来たのでたっぷりの花花瓶の口は大きいので中々上手く落ち着いてくれません要体力!勿論中にひとつ口の小さい花入れを置いてそこに生けています。思ったより花花がたくさんあったのでしっかり表の看板横の瓶にも入りました・・・うれしい~~(隣の家の納屋もイイ感じに・・・)木製台車にバッ...

  2. 秋の七草のひとつ、オミナエシ - 神戸布引ハーブ園 ハーブガイド ハーブ花ごよみ

    秋の七草のひとつ、オミナエシ

    秋の七草のひとつ、オミナエシ ■オミナエシ 『万葉集』の中では、山上憶良によって歌われたほかに、14種以上が詠まれ『古今和歌集』には17種が詠まれています。 若芽を軽くゆでて、水にさらし、おひたしやあえ物などに使用することができます。 栽培の歴史も古く、平安時代には庭に好んで植えられたといいます。 今でも、お庭や盆栽、切り花、そして旧盆の盆花として用いられます。 現在、風の丘フラワー園などで...

  3. 立秋過ぎても - 上州自然散策2

    立秋過ぎても

    近くの自然園では、初秋の花々が見頃を迎えている。この自然園は標高にすると、700mくらいの所にあると思うのだが、真夏日の気温。写した中には、暑苦しく感じる写真もある。①オミナエシ(黄)とオトコエシ(白)②タムラソウ(紫)とオミナエシ(黄)③ワレモコウ(紫)とオミナエシ(黄)④キツネノカミソリ⑤タマゴタケ?

  4. 藤沢えびね・やまゆり園② - つれづれ日記

    藤沢えびね・やまゆり園②

    カブトムシが群がる大きなクヌギの木に案内して頂きました~カブトムシ、カナブン、タテハ蝶。。並んで仲良く?蜜を吸っています。なんと、このカブトムシをカラスが狙うそうですよ。。カラスってホント。。雑食なんですね!ヤブミョウガ地味な花ですが。。よく見ると繊細な花弁です。花が終わった後の実は、綺麗な青色に熟します。カノコユリ花名は鹿の斑点を並べたような鹿の子模様に似ている斑点に由来。綺麗なピンク色で...

  5. 秋のはじまり - 長い木の橋

    秋のはじまり

    前記事の続きです^^

  6. セセリちゃん - 長い木の橋

    セセリちゃん

    日中の暑さも和らいだ日久しぶりに吉田公園へいつも行く野の花の小径は女郎花が満開だった。大好きな吾亦紅もあちこちに咲いてツクツクボウシの鳴き声はちょっぴり物悲しい。今日はまた暑い夏日だったけど季節は確実に進んで秋の訪れが近いことを教えてくれる。

  7. 女郎花秋の七草背丈が気になる - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    女郎花秋の七草背丈が気になる

    ここ二・三日は連日の猛暑から解放され、何処となく秋を感じることが出来る様になってはいるが、まだまだ予断を許さない状況が続きそうだ。「オミナエシ」(女郎花)が咲いている。秋の七草の一つとして奈良時代から親しまれて来た「オミナエシ」にはいろんな別名がある。「オミナメシ」(女飯)、「チメグサ」(血目草)、「アワバナ」(粟花)、「ハイショウ」(肺醤)等々。因みに、秋の七草は「桔梗」「撫子」「藤袴」「...

  8. 花托 - 暮らしの中で

    花托

    ハスの花もほぼ終わり、花托が目立つようになり、秋の花が咲き始めました。

  9. 2018年8月19日今日のガーデンソイル - GARDEN SOIL

    2018年8月19日今日のガーデンソイル

    しばらくぶりの更新になってしまった。暑い夏が終わって秋の爽やかな気候の今日だったが、まだ来週には30度越えがありそうだがそれでもここのところの雨と低い気温で宿根草は元気を取り戻してきています。ミナズキが咲きだしましたが高温のためか花が小さめのようパニカムスクオーとバーベナポリエナンシスサワギキョウも咲いてきたメインガーデンの様子手前は三度目の白花シモツケ去年盛んに咲いたニコチアナマシュマロ種...

  10. 練習と本番が違ったって、、、 - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    練習と本番が違ったって、、、

    発表会などで生徒を本番に送り出す時。ワタクシは半ば冗談で、「舞台に上がった者勝ちだから、好きなように弾いておいで~」と言う。曲をちゃんと弾いてくれれば、あとは自由。レッスンや練習の時と違う表現を、その時の閃きでできちゃったらハンパない。。。もちろん、それをするためにはテクニックの絶対的な安定感が必要。そのために大切なのは、奏法。オミナエシにの花にクモが・・・(^_^;)待ち伏せして獲物を狙っ...

  11. 男郎花 - きずなの家

    男郎花

    なんという名前の花か分からなかったので調べたらオトコエシのようですが咲く時期が違うのではっきりしたことは分かりません。オミナエシというのがありこの雑種もありオトコオミナエシと言うそうです。植物の世界も人間界同様複雑なようです。

  12. 行く秋 - 上州自然散策2

    行く秋

    ワレモコウは既に終わりを告げる状態になっており、オミナエシも見頃を終えようとしている。チョッピリ哀感が漂う秋。

  13. ナミアゲハとオミナエシ - 堺のチョウ

    ナミアゲハとオミナエシ

    この1ヶ月、ずっと仕事で追われてフィールドに出られずにいた。やっと大きなイベントも終わり、カメラを片手にイソイソと里山へ…。里山は、ひと月前とはガラッと様変わりしていた。厳しい夏の日差しはなく、もう半袖では日陰に入ると寒く感じた。その里山で僕を迎えてくれてのが、ナミアゲハだった。沼地の側に咲く、オミナエシの黄色い花にナミアゲハが吸密していた。ナミアゲハとオミナエシ。とても絵になるとりあわせだ...

  14. 阿蘇そしてタデハラへ、その一 - 気ままにデジカメ散歩

    阿蘇そしてタデハラへ、その一

    かかわってるPCサロンのお当番終えてフーっとため息ついていたら「阿蘇の行くか」即答「行く!!」勿論です。首が長しくして待ち望んでいたのですから大好きな花「吾亦紅」にやっと会えました。草の間を縫うようにお顔だしていた吾亦紅です。ヒゴタイ、少し来るのが遅かったかなーと思うのがほとんどだったけれど、まだいい色を保っていたのを見つけてパチリ!フシグロセンノウの座やかな色合いが草の間から見え隠れミソハ...

  15. 秋の七草・その1 - 丹馬のきょうの1枚

    秋の七草・その1

    ハチ高原に生息するウスイロヒョウモンモドキが絶滅寸前ということで、昨年、オミナエシの植栽が行われました。オミナエシはウスイロヒョウモンモドキの幼虫の食草ですが、シカの食害でオミナエシが減少しているとのことでした。こちらはキタテハ。ウスイロヒョウモンモドキと同じタテハチョウの仲間ですが、よく見かけるチョウです。幼虫の食草はカナムグラですが、成虫はオミナエシの蜜が大好きなようです。こちらもタテハ...

  16. 秋の七草・オミナエシ(女郎花) - 禁煙中の~花鳥風月(友)

    秋の七草・オミナエシ(女郎花)

    幸せを呼ぶ青い蜂「ルリモンハナバチ」カマキリ

総件数:16 件

似ているタグ