オランダのタグまとめ

オランダ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオランダに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オランダ」タグの記事(127)

  1. オランダの紅葉 - Nederlanden地位向上委員会

    オランダの紅葉

    オランダ南部のデンボッシュの木々の紅葉。ご覧の通りオランダでは市街地にある木々の剪定の仕方が微妙。ほらねせっかくのステキなオタクも投げやりな剪定で台無しちなみに剪定は、市の職員様方のお仕事この対岸にある桜の大木なんて・・・無残すぎて桜って分からなかったほど車と比較するとこの木の大きさがわかるビルの3階の高さは優にあります町中にこんな大木の並木道がそこかしこにあって秋ともなれば町中の道路は落葉...

  2. 物語の面白さ、背景の愉しみ映画「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」 - 梟通信~ホンの戯言

    物語の面白さ、背景の愉しみ映画「チューリップ・フィーバ...

    きのうは週末銚子に行くための切符を買いに恵比寿駅まで行ったついでにガーデンシネマで映画を見た。400年前のオランダアムステルダムの活気に満ちた喧騒と猥雑。光と影が交錯するなかで人々の欲望が蠢きぶつかり合う。久しぶりにドラマテイックな油絵のような映画をみた。男女の出会いと運命に翻弄されるところなど落語で聴く圓朝の世界にも通じるかな。今日は長男の誕生日。難産だったのに会津で仕事だからと東京の病院...

  3. シュールな感じが好き :D - ここはどこですか

    シュールな感じが好き :D

  4. シャワーの下の前に朝ご飯を食べる - ここはどこですか

    シャワーの下の前に朝ご飯を食べる

    Ik eet ontbijt voor onder douche英訳に挑戦 :3I eat breakfast before shower.日本語に翻訳してみる。「私はシャワーの下の前に朝食を食べる」グーグル先生は「私はシャワーのために朝食を食べる」ともっと意味不明に訳してくれます :3。。。シャワーの下の前???。。。シャワーの下=シャワーを浴びる。。。ああああ。。。なるほどね!考えてみれ...

  5. ベルギー・ドイツ・オランダ・三国国境地点周辺の美しいドライブコース - Nederlanden地位向上委員会

    ベルギー・ドイツ・オランダ・三国国境地点周辺の美しいド...

    オランダの南端の大きな街といえばマーストリヒトだけどそれからさらに南東に進むとオランダではとても珍しい丘のある風景を楽しむことができる高速道路を走っているだけだとどこあまり代わり映えしないけれど今の季節少し脇道にそれただけで緑が眩しい木立の中を風が揺らす葉の音と木漏れ日を心地よく感じながらドライブにもってこいのコースが広がるアーケン(ドイツのアーヘン)を目指してドライブを始めたらしかったけれ...

  6. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (4) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (4)

    帰路はクローズホールド。なかなか艇速が出ず4.5ktあたり。幸い天気は上場。帰路に出会った帆船。Sさん曰く、この場所がアップウィンドでは最高とのこと。日没前にどうにか帰港。

  7. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (3) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (3)

    この日は西風でほぼ真後ろからの追い風のため速度はあがらず。最後は機帆走でようやくレリスタットに到着。着岸に備えてフェンダーを用意。ともあれ、到着。ファクトリーアウトレット近くのレストランで昼飯。ハンバーガーでかい。フレンチフライにマヨネーズをつけるのはオランダ、ドイツ、ベルギーあたりの食いかた。これは癖になる。

  8. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (2) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (2)

    ちっちゃいけど、遠くに帆船が見える。スループリグではない複数のマストを持つ大きな帆船がいつも普通に航送しているのを見るのがオランダのすごいところ。依然、ちっちゃいけど・・・。

  9. ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (1) - ヨーロッパと日本の山

    ヨットでアウトレットへ 2018/09/15 (1)

    山がまったく無いオランダ。そもそも山どころか国土の多くが海抜以下。そんなわけで目下、山行は年1回。代わりにやってるのがセーリング。セーリングは中学生の頃、アーサー・ランサムの作品にインスパイアされてヨットにはずって憧れを持っていた。20年くらい前に英国でディンギーに乗り始めた。ハンブルクにいた頃も時折、レンタルのディンギーに乗っていた。オランダは世界に冠たるヨット王国なので、この機会に日本人...

  10. ブラックブック - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ブラックブック

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。オランダ、ドイツ、イギリス、ベルギーの合作。11年ぶりに。一番記憶に残っていたシーンが、主人公の女性が捕まり、汚物で一杯のドラム缶の下に立たされて頭からかけられるというところ。その女性がユダヤ人だったことも覚えていたので、ホロコーストの話だと思っていたのだけれど。でも、再見したら、そんなに単純なものではなかったことがよく分かった。隠れていたユダヤ人女性が隠れ...

  11. まだまだ育ってるミニトマト・レッドペッパー・胡瓜の収穫/オランダ - Nederlanden地位向上委員会

    まだまだ育ってるミニトマト・レッドペッパー・胡瓜の収穫...

    胡瓜:とても味が濃厚でスーパーのより数段おいしい!とD。夏の日照時間がやたらと長いオランダの夏(5:00am〜10:00pmまで明るい。それでも今年は当たり年というかとにかく晴れの日が多かったのも手伝ってかミニトマトは恐ろしいくらいに育ち肥料と一緒に塩をまいたせいか水をあまりあげなかったせいか原因はなんだかわからないけれど色が柿色のくせにとにかく甘くてフルーティなのだ毎年長雨の後に2週間ほど...

  12. チューリップ博物館 - f o l i a g e  |  b l o g

    チューリップ博物館

    一年前の旅の記録、まだまだ続きます。(こちらの記事の続きです)アムステルダムの、アンネ・ミュージアムを運河を挟んで向こう側にある、アムステルダム・チューリップ・ミュージアム。私たちがオランダを訪れたのは夏でしたので、残念ながらチューリップの花を町並み、郊外で見かけることはなく。でも、やはり本場に来たら少しはチューリップの面影を感じて見たくなるもの。このチャーミングなチューリップ博物館は偶然通...

  13. 猛暑の日本脱出 - 日本でお仕事時々フランス

    猛暑の日本脱出

    オランダはアムステルダム空港にいます。ただ今フランス、ボルドー行きの乗り継ぎ便を待っています。 猛暑の中、頑張っている日本の方には申し訳ないですが、猛暑の日本を脱出。ヨーロッパは湿気がないので、日本よりずいぶんラクです。先週から日本はものすごい暑さになりました。先週の木曜金曜日12、13日と今週の月曜火曜日16、17日は日系アメリカ人とベトナム系オーストリア人をそれぞれ連れて、京都に行って...

  14. Broek in Waterland の風景 - f o l i a g e  |  b l o g

    Broek in Waterland の風景

    Broek in Waterland の小さな村の風景を。(前記事の続きです)人影もまばらで、風の存在のみ感じながらの村散策。観光名所巡りより、こんなあてのない、ブラブラお散歩の旅が大好きです。インスピレーションや五感も、こんな緩い時間の方が全開になるような気がします。すぐ近くには、海が。風が創り上げる波が、休む暇なく波模様を描き出しています。本当にこの風があるからこそ、風車が生まれたのだな...

  15. 大雑把万歳 :D???..いいのかな。。。?? - ここはどこですか

    大雑把万歳 :D???..いいのかな。。。??

    ふたつの巨大バケツ :3ただの物入れではありませぬ :)"ごみ箱”でござる。仕分けは”自然にかえるゴミ”茶色箱”その他”緑箱という。。。 :3自然にかえる、というのは生ゴミや剪定した枝とか、肥料?にできるだろうゴミで、その他は、文字通りのその他何でも!なのですな。紙、ガラス、缶、ペットボトル、金属。。。など。二分するけど、燃えるか?燃えないか?、ではないのですね :3この箱を表の歩...

  16. 徒然 - sasakilabo.

    徒然

    日本は本当に「ものづくり大国」なのだろうか?それは特に国際的な見本市会場などで、つよく感じることだ。もちろん、今でも日本の様々な分野は海外での高い商品力を持って入るが、その影響力が小さくなってきている事は、さまざまな所で感じる。そもそも、こんなことを思い出したのは「バス」に乗っている時だ。身の回りでも様々な国の乗用車を見ることが多いが、バスの輸入車はせいぜい高速バス、それも最近は価格競争力か...

  17. 2018年オランダ・ベルギーの旅【準備編】 - はるちゃんのNY生活日記

    2018年オランダ・ベルギーの旅【準備編】

    21018年もあっという間に半分終わろうとしている今、今年初の投稿です。昨年のスイス・フランス旅行ですっかり欧州かぶれになった私たち夫婦は、今年はオランダ・ベルギー行きを計画。今回の目標は、「アムステルダムのストリートで演奏する!」です。幸いアムステルダム在住の知り合いも何人かいるので、いろいろ助けてもらいながら、実現できれば、と思っています。今回はベルギー入り、アムステルダムから出るつもり...

  18. 頭冷やし - Nederlanden地位向上委員会

    頭冷やし

    友達が突然なんの脈略もなく上の写真を送ってきたんだわ。どこの避暑地?自分だけずるい!と思ったらすぐ近くの池っぽい「頭冷やしに来ないか」「今どこ?」「僕の家の前の池だよ。来ないかこんな暑い日は。サーフィン教えるよ。」で、頭の冷やし方のお手本の写真が下のらしい(本人の写真)大丈夫、Mamicoもすぐにできるようになるよ風が強いから早くおいでよいえ・・・そんな頭の冷やし方・・遠慮しておきますと言い...

  19. ~黄金色の夢~ヨハネス・フェルメール『デルフトの眺望』マウリッツハイス美術館 - カカオとアートとジュエリーと

    ~黄金色の夢~ヨハネス・フェルメール『デルフトの眺望』...

    この絵を見るだけにハーグを訪れる意味がある、マウリッツハイス美術館を訪れるたびにしみじみとそう思える珠玉の1枚。いつかは現地の美術館で実物を見たい、と心に決めている大好きな絵が幾つかあります。それはその絵の描かれた土地の空気や光の中でしか感じ取れない何かがそこにある、と思うから。この『デルフトの眺望』はその想いをことに強く抱かせる、私にとっての”オランダを訪れる理由”たり得る特別な1枚なので...

  20. 「オランダの日常」in 森 - 欧州アンティーク・ジュエリー

    「オランダの日常」in 森

    完全に「私」が戻ってきました〜(笑)嬉しい限りです♪元気があるって素晴らしいですよね!今朝は、早朝から少しだけ遠出していつもとは違う森に行ってきました朝の森は、いつも清々しく気持ちが良い〜水辺に映る木々が別の水の中の世界のようで何とも神秘的で美しい★そして、何よりも鳥のさえずりが美声で聞き惚れちゃいます皆様に聞いて頂きたくて映像でお撮りしました映像は地味ですが、鳥のさえづりは聞こえます♪夜が...

総件数:127 件

似ているタグ