オーケストラのタグまとめ

オーケストラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオーケストラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オーケストラ」タグの記事(30)

  1.  新盤☆秀盤 NO20 フィリップ・ジョルダンのベートーヴェン - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤 NO20 フィリップ・ジョルダンのベート...

    2017年10月15日(日)Ludwig van Beethoven交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55ウィーン交響楽団 - Vienna Symphony Orchestraフィリップ・ジョルダン - Philippe Jordan (指揮)録音: 25-26 February 2017, Golden Hall, Vienna Music Association, Vienna...

  2. 【686】12/30 川崎室内管弦楽団結成演奏会(夜公演) - まめびとの音楽手帳

    【686】12/30 川崎室内管弦楽団結成演奏会(夜公演)

    2016年12月30日(金)18:00~            藤原洋記念ホール坂入健司郎+川崎室内管弦楽団Vn.毛利文香 Va.田原綾子 Sop.中山美紀♪モーツァルト/モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」、協奏交響曲K.364、交響曲第41番「ジュピター」仕事を納めた年末年始休暇にこの企画は恵みの甘露だ。川崎を拠点とする新しいプロ・オーケストラ、音楽監督がワグネル出身の坂入さんだからか、...

  3. 今週のシンフォニアサリヤ - フィンランドでも筆無精

    今週のシンフォニアサリヤ

    今週のシンフォニーシリーズは、バイオリニストのイザベル・ファン・クーレンさんをお迎えして、ヴォーン・ウィリアムズの『ラーク・アッセンディング』とバーバーのバイオリン協奏曲、後半はベートーヴェンの交響曲第7番を演奏しました。鳥肌が立つ音色を次々と奏でる素敵な音楽家。バーバーはオーケストラにとって難しい曲でしたが、上手くいきました!ほっ。また会う日まで!

  4. 聴けなかったチェコ・フィルの演奏会 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    聴けなかったチェコ・フィルの演奏会

    2017年10月14日(土)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団指揮 ぺトル・アルトリヒテル2017年10月8日(日) 14:00 開演【お知らせ】 今年10月8日に公演を予定しております、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者イルジー・ビエロフラーヴェク氏が、5月31日にプラハで逝去致しました。謹んで、哀悼の意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。これに伴い、チェコの最も優...

  5. ある晴れた日 - フィンランドでも筆無精

    ある晴れた日

    10日ぶり位に見た青空。ず〜っと厚い雲が空を覆い雨も結構降っていたので、この青空は嬉しかった。黄色の多めなこの辺の紅葉も、青空だと写りが良いです。そしてこの青空に元気をもらい、夜はシンフォニーシリーズ第2週のコンサートでした。指揮は我がKSOの副指揮者アツォ・アルミラ氏、ピアノはヤンネ・メルタネン氏。前半はマデトヤの「オストロボスニアの人々」組曲、そしてパルムグレンのピアノコンチェルト第4番...

  6. 北朝鮮オケのカルメン - 大人ですがバイオリン始めました

    北朝鮮オケのカルメン

    ここ数日、体調を崩してバイオリンを弾いてません。すみまへ〜ん。早く回復しないとまた楽器が壊れる夢を見てしまいそうです。😱さて、友人がシェアしてくれたリンクですが、カルメン、北朝鮮のオーケストラが演奏するとこうなるんですね〜https://www.youtube.com/watch?v=hKv2_UCo1ZQ&sns=fbある意味新鮮です。なんというか、アジア的で民族音...

  7. 【685】12/17 N響第1852回定期演奏会(Cond.デュトワ) - まめびとの音楽手帳

    【685】12/17 N響第1852回定期演奏会(Co...

    2016年12月17日(日)15:00~ NHKホールシャルル・デュトワ+NHK交響楽団Vn.ワディム・レーピン♪ブリテン/歌劇「ピーター・グライムズ」4つの海の間奏曲♪プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲第1番♪ラヴェル/ツィガーヌ♪オネゲル/交響曲第2番♪ラヴェル/バレエ音楽「ラ・ヴァルス」デュトワのタクトでオネゲルとブリテン、ぜひとも聴きたい両曲に十八番のラ・ヴァルス、理想的なプログラム...

  8. 肝心の - フィンランドでも筆無精

    肝心の

    最近の投稿は遊び関係ばかりで、本当に仕事をしているのか疑われそうですが。ちゃんとしています。しかも何だか色々ワラワラと忙しい・・・。8月の初めにミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』のリハーサルが始まり、9月9日にプレミア公演があり、それ以来既に5回弾きました。一昨日の公演にはなんとフィンランドのシピラ首相が来ていました(次の朝新聞で見て知った。汗)。↓ 上演前のひととき。その他にもシンフ...

  9. ユヴァスキュラ - フィンランドでも筆無精

    ユヴァスキュラ

    去年オーディションを受けに行って以来のユヴァスキュラ訪問。合格にしていただいたのにそのあとクオピオで受けたオーディションにも受かり、悩んだ末クオピオに行くことに決めた・・・というのももう一年も前なのか・・・この一年あっという間だったな〜。今回は日中街中を散歩する時間がありました。寒かったけど晴れててよかった。1897年に妊婦さんの病院として建てられた建物が手工芸職人の工房やお店が集まった所に...

  10. お手伝い演奏会終了2017 - 登山道の管理日記

    お手伝い演奏会終了2017

    なんと今回、カノーネ君を撮影すること忘れてしまった。(あまり休憩時間もなかったし)自分の記念に、リハをCX675でポンと撮らせてもらったので、代わりにそれから切り出し画を。C675での収録は、録音レベルがカメラ任せなので、音声の結果がよくなかった。やはり手抜き撮影ではそれなりか。 今回のコンサート、企画もの、今回も楽しいもので、お客さんも多くて反応もよかったので、成功だったろう。まずはよかっ...

  11. 香港交響管楽団 - Appelez-moi Namiko!

    香港交響管楽団

    遅めの夏休みで香港に来ています。初日に大きなコンサートがある事を発見。予約して行きました。それは、シティホール(香港大会堂)というコンサート会場である香港交響管楽団というオーケストラの公演です。ここで私、ある見落としをしていて、香港交響管弦楽団だと思いきや、管楽団だと気付き、それはすなわち吹奏楽を表します。まぁそれはそれとして、楽しみです^ ^会場は本当に立派でした。いろんな外来アーティスト...

  12. サヴォンリンナ - フィンランドでも筆無精

    サヴォンリンナ

    オーケストラの出張公演でサヴォンリンナへ行ってきました。この町にあるお城で毎年夏に行われるオペラ・フェスティバルは有名です。今回はそのお城でポップスのコンサート。中は涼し〜い。所々壁が無いので、そこは布で覆ってあります。リハーサル中、中を飛んでいた鳥がファゴット奏者の腕に落し物をしていきました。楽器にされなくてよかった・・・。休憩時間、怖いもの知らずの日本人女性が登っていました。ヒールで。す...

  13. 市報 - フィンランドでも筆無精

    市報

    クオピオ市の市報が郵送されてきました。表紙は何ともカッコよく我がクオピオ交響楽団の首席チェリスト。ほ、微笑んでる・・・。他にも2枚写真が。↑ ガラスアーティストのお宅での出張カルテットの様子↑ 今秋のシーズンの宣伝。11月2日にリヒャルト・シュトラウスのバイオリンコンチェルトを弾きます。指揮は元ジュリアード四重奏団のバイオリニスト、ジョエル・スミアノフ氏に直々お願いしました。あまり演奏される...

  14. 屋根の上の - フィンランドでも筆無精

    屋根の上の

    8月の初めから『屋根の上のバイオリン弾き』のリハーサルが始まりました。オーケストラをピットに入れるとその分2列の客席が無くなるのを避けるために、高さ2メートルのステージを舞台奥に作って、そこで弾けって・・・。私、高所恐怖症なんだけど。ここを登っていくと、こんな感じ。私の椅子の周りは楽器のケースがやっと置けるくらい。そしてすぐ右側は、断崖絶壁。え〜ん。しかも指揮者が張り切りすぎて沢山動くと全体...

  15. 夏休み明けの - フィンランドでも筆無精

    夏休み明けの

    2ヶ月の夏休みの後の初仕事はビーチバレーボール大会での演奏。リハーサル中はお天気だったのですが、夕方から結構な暴風雨となり、ステージ前面のカーテンを下ろしたままで6曲あったプログラムからシベリウスのフィンランディアのみを演奏して終わりとなりました。音はスピーカーから、カーテン裏のオーケストラの様子はステージ上のカメラを中継して巨大スクリーンから、雨の中客席に座っているお客さんに届いていました...

  16. Hollywood Bowl♪野外シアターで生オーケストラ、チャイコフスキーを楽しむ! - MG Diary

    Hollywood Bowl♪野外シアターで生オーケス...

    土曜日の夜は、Hollywood Bowlまで!ハリウッドサインの麓にある野外シアターで夏の間、ロサンゼルスフィルハーモニックの演奏会やコンサート、オーケストラ、演劇などさまざまなイベントが開催されています。座席数は、なんと約17,400席。会場は満席!!私たちはトーランスの広場から出発するバスで会場まで向かいました。往復で$7。駐車場や駐車場でのストレス、、、を考えるとバスが断然お得!フリ...

  17. 鯛刺身と宮廷楽団 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    鯛刺身と宮廷楽団

    2017年8月15日(火)今日8月15日は「刺身の日」。今から569年も昔の室町時代、権大外記の職にあった公家の学者中原康冨(1400~57)の日記『康冨記』に、1448年(文安5年)8月15日に、「鯛刺身」という言葉が出て来る。「鯛なら鯛と分かるように、その魚のひれを刺しておく」というところから「刺身」という言葉が生まれたそうだ。それまで平安時代には、「刺身」は「打身」とか「差身」、「サシ...

  18. サーシャ・マキラ、指揮マスタークラス - フィンランドでも筆無精

    サーシャ・マキラ、指揮マスタークラス

    エストニアのパルヌ市では、フィンランド人指揮者のサーシャ・マキラさんによる指揮の講習会がありました。5日間ピアノ2台またはオーケストラと毎日合わせて学びます。私はバイオリンコンチェルトのソリストとして数年前から参加し、今回で3回目です。ソリスト、またはプロオーケストラの奏者としての目から見える事を指揮者の卵達に指摘する役です。みんなに寄ってたかって指揮されている所。最後のリハーサルで撮ったビ...

  19. ロンドンからパルヌへ - フィンランドでも筆無精

    ロンドンからパルヌへ

    夏休み中、ずーっと遊んでいた訳ではありませんよ。ロンドンで6日間過ごした後、その足でエストニアのパルヌ市へ。タリン市のすぐ近くを飛び越えてまずヘルシンキへ。数時間の待ち時間の後、さっき通り越したのにな〜と思いつつタリンへ飛びます。ヘルシンキ上空バルト海、フィンランド湾の入り口。タリンへ近づいてきた所。タリン上空。旧市街がよく見えます。タリン到着後、その日の最終便の長距離バスに乗り換えてパルヌ...

  20. 夏休みを有効に - フィンランドでも筆無精

    夏休みを有効に

    ヘルシンキで家族を見送りクオピオに帰ってから8週間の夏休み。夏休みのあった学生時代に毎夏恒例だったこれを再開する事にしました。持っている練習曲本を全て本棚から出して、片っ端からおさらい。(元々弾けない物はとばします)いつも懐かしく眺めるのがこれ ↓まだちっこかった私が音符の長さを勉強した名残。母の字です。まあ良くここまで上達したなあと思います。(笑)今年は果たして何冊おさらいできるでしょうか。

1 - 20 / 総件数:30 件

似ているタグ