オーストリアのタグまとめ

オーストリア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオーストリアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オーストリア」タグの記事(255)

  1. 恒例?それともこれが最後?'18 GW 16泊18日ヨーロッパ5ヶ国旅行 - ありママのなんちゃない日々

    恒例?それともこれが最後?'18 GW 16...

    昨年ドイツ一人旅から帰国したのが4月19日(水)のこと。その4日後の23日日曜夜9時からNHKEテレで放送された《鈴木雅明ドイツオルガン紀行》と言う音楽番組を見て、「よし!来年はここに行こう」と即決定。夏のカナダ旅行から帰国後、すぐに計画に取り掛かりました。日頃はチンタラ愚図でのろまな私ですが、旅行のことになると人間が変わったように何事にも機敏なのです。その結果、下記の日程で行って参ります。...

  2. 『エーデルワイス』には冷ややかだけど…。1日では足りないザルツブルグ観光! - ドイツの森の散歩道 

    『エーデルワイス』には冷ややかだけど…。1日では足りな...

    映画『サウンドオブミュージック』の舞台として有名なザルツブルグを観光しました。日本人(そしてアメリカ人)の中年以上の年代には少なくとも映画タイトルはおなじみ、また、わたしの時代には小学校で『エーデルワイス』はリコーダーの練習曲だったものです(今はどうかな?)。けれど、オーストリア人は概して『サウンドオブミュージック』には冷ややか。『エーデルワイス? 知らないよ(ほんとは知っているけど、そう言...

  3. ザルツブルクの新名所ミラベル公園内の桜! - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    ザルツブルクの新名所ミラベル公園内の桜!

    ザルツブルクは連日晴れの予報で21日土曜日は26℃の予報!!木蓮に続いて急に花開いたのは、ミラベル宮殿と国際会議場(コングレスハウス)の間にある、ミラベル公園内の桜!川崎市と国際平和機構がザルツブルクがオーストリアに編入200周年記念の2016年に寄贈した桜。恐らくザルツブルク初のソメイヨシノ?姉妹都市提携している川崎市と国際平和機構から、ザルツブルク市がオーストリアに編入されて200周年記...

  4. 春の気配 - オーストリア雑記

    春の気配

    前の記事の続きです。遊びに行った友人宅の裏山に散歩に出かけました。彼女いわく、街よりも2週間は遅く春がくるということでしたが、それでも春の気配があちこちで感じられました。彼女の借りている住居です。元は農家だったところを大規模に改装して、今は4軒の住居に分かれています。こちらでは珍しいメゾネットタイプです。広いお庭はこれからの季節グリルパーティーで大活躍車で40分ほどでこういう大自然にどっぷり...

  5. 2018年やっと春到着のザルツブルク - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2018年やっと春到着のザルツブルク

    ザルツブルクはやっと春!今年は冬が長かったものの、2018年4月3日昼は既に18℃!laraさんからチャリティーコンサートの記事が途中にあるかと思っていたのですが、まだの様ですね。と言う事で、2018年の春らしいザルツブルクの風景を。ザルツァッハ川から山の上のマリアプライン教会を望む、反対方向はウンタースベルク1853m、サウンドオブミュージックの映画で最後に歩いて山越えをするシーンで後ろに...

  6. 復活祭ミサ - オーストリア雑記

    復活祭ミサ

    Ostersonntag、10時半より1時間半ほどミサがありました。ミサの最後に参列者同士、周りの人たちと挨拶の言葉を交わします。Friede sei mit Dir! (あなたにも平和が訪れますように!)復活祭の祝日も明日の月曜日が最終日です。

  7. Frohe Ostern! - オーストリア雑記

    Frohe Ostern!

    復活祭おめでとうございます!キリスト教の大事な行事の一つ、キリストが蘇ったことを祝う復活祭は毎年日にちが違います。「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と定められているそうで、今年の復活祭は4月1日。以前は前の晩から1日が始まると考えられていたようで、教会は今でもその伝統を守っています。現在ヨーロッパでは3月31日なのですが、先ほど21時20分ごろに教会の鐘が鳴り響きました。信心深い信者は...

  8. 示談成立 - オーストリア雑記

    示談成立

    先日お騒がせした自転車全壊騒動ですが、先日示談が成立しました。オーストリアでは、止まっている車なり自転車に損害を与えた場合、置手紙をするのは正式な手続き方法ではありません。まずは、相手が戻ってくるまで待つ。なかなか相手が帰ってこない場合は速やかに警察に届け出て、自分の連絡先を知らせて保険会社へも連絡するのが義務となっています。そして、相手から警察に問い合わせが来ることで、話し合いが始まります...

  9. オーストリアでインド料理 - オーストリア雑記

    オーストリアでインド料理

    オーストリア・ウィーンで学生をしていた頃、友人たちと食事に行くのが楽しみの一つでした。オーストリア料理はあまり種類がなく(!)ボリュームがあってお腹に重いということもあって、もっぱら韓国料理や中華料理など日本食からそう遠くないアジアの料理を食べに出かけていたような気がします。当時はまだ日本に韓国ブームが起きていないころで、私はオーストリアで韓国料理の美味しさを知ったといっても過言ではありませ...

  10. 2018年2月14日平昌オリンピック関連寄稿記事 - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2018年2月14日平昌オリンピック関連寄稿記事

    ザルツブルクは早朝マイナス10℃から6℃が多い毎日・・・。日中でもプラスマイナス0℃までしか上がらない日もあり、早く暖かくなってほしいところ。昼間の長さが延びている実感。先日慌てて書いた原稿(締め切りをすっかり忘れていた・笑)が、既に掲載されているとのこと。平昌オリンピック現地にある『オーストリアハウス』、オーストリアを世界に発信する情報基地になっている場所。残念ながらこの記事は日本からしか...

  11. 2018年2月初旬ザルツブルク風景 - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2018年2月初旬ザルツブルク風景

    ザルツブルクは今朝マイナス10℃!毎年この時期一度気温が下がりますが、今年は随分です!!数日前から少し積もった雪も、今日の太陽で溶けてきました。まだ寒い日が今週は続くようなので、お越しの皆様、寒さ対策はお気を付けを!色々とあったこの数か月、2月以降はブログ更新出来るでしょう。sepp

  12. エナメルの菫とラインストーンのブローチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    エナメルの菫とラインストーンのブローチ

    隣町のフリマで、中々好みのビンテージ・ジュエリーを、一つ50ペンスで売る一般人のストールがありました。生憎もう一つ気に入ったブローチは、タッチの差で隣のおばさん(もう一人の客)に買われてしまったけど、こちらはゲットすることが出来ました。菫を立体的な金属とエナメル彩色で表現した、アール・デコ時代のオーストリアで生産されていたらしいブローチは、今までも何度か目にして来ましたが、以外にもラインスト...

  13. Odajima's selection - PART II - bistro le chien

    Odajima's selection - ...

    こんばんは!ビストロ・ル・シアンのソムリエ、トイプードルのテオです。ル・シアン店長、年末に訪れたワインラバーの聖地、六本木の小田島のお話の続きですグラスワイン、4杯目はこちらのイタリアワイン。Cimaio Marche Bianco Casalfarneto チマイオマルケビアンコカサルファルネート生産者:カサルファルネート 生産地:イタリア、マルケ ぶどう種:ヴェルディッキオ100% イタ...

  14. オーストリアの鳥柄のエナメル小皿 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    オーストリアの鳥柄のエナメル小皿

    隣町のフリマで購入した、エナメル (ホーロー)の小皿です。一応値切りましたが、向こうも手工芸品だからと結構粘り、フリマとしてはそんなに安くはなりませんでした(笑)。中央の図案は、以前手に入れた孔雀柄のエナメル小皿に良く似ていて、淡目の黄色の帯は、やはり細かい網目のような地模様になっています。大きさは孔雀皿と同じで、バック・プリントも同じ。どちらもオーストリアの「Steinbock Studi...

  15. 2017年秋ザルツブルク郊外で日本酒! - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2017年秋ザルツブルク郊外で日本酒!

    ザルツブルクは相変わらずプラスの気温、東京の方が湿度の関係で寒く感じるのではないでしょうか?!2017年秋のある日。laraさんのご提案により、ザルツブルク郊外のレストランへ。このレストランは日本酒が置いてあるとの事前情報、さてさて一体どうなる事でしょう?なるほどこれが1本の値段・・・。日本の価格から考えると3~4倍ですねぇ。1本頼むのは無理と言う事になり、とりあえず皆で日本酒を使ったカクテ...

  16. Day3 - てんてんinformation

    Day3

    Ulm→Milano(426km)3日目。ドナウ川クルーズの停泊地にもなっている古い町ウルムを散歩♪橋を渡りると壁の上は歩道右手にある塔から町に入って市庁舎世界一高い教会の塔は町のシンボル貝の口から顔を出しているのはこの町出身のアインシュタイン!像があると聞いていたけど、まさかこんなお姿とは思わず…笑のんびり朝の散歩をしてチェックアウトし、今日はアルプス越えルートはオーストリアスイスを抜けイ...

  17. ラッキー・チャーム付きアルペン・ブローチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ラッキー・チャーム付きアルペン・ブローチ

    アルプス周辺のお土産として御馴染みの登山ブローチ(バッジ)の中でも、金属製の物は、今でも販売されていますが、地元のフリマで出会ったこれは、いかにも古めかしい仕様が気に入って購入しました。「Ellmau」と書かれてあり、オーストリアのチロル州の地名のようです。この部分のみ手書きで、恐らく同じ仕様のブローチが、地名のみ書き換えられて、あちこちで販売されていたのだと思います。チロリアン・ハット、ピ...

  18. 世界で最も住みやすい都市・ウィーンの魅力 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    世界で最も住みやすい都市・ウィーンの魅力

    毎年「世界住みたい都市ランキング」という調査のランキングが発表されます。調査は治安、医療、文化・環境、教育、インフラの5項目で評価されるのですがベスト10の中にオセアニアとカナダが毎年半分以上を占めます。そして順位も固定化されているのが実情ですww1位はメルボルン、2位がウィーンという結果が何年連続続いているのか・・・長旅をして、住みたいと思った国はどこか、と聞かれることもあるのですが(ホン...

  19. 赤いチロリアン・テーブル・クロス -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    赤いチロリアン・テーブル・クロス

    民族衣装を着た男女が、日本のファンシーっぽいタッチで並んで描かれた、オーストリアの典型的なお土産の布類は、好きでフリマで安く見付けると買いますが、赤い地色のテーブル・クロスは、意外にも初めて手に入れました。しかも、今までのテーブル・クロスは、全て厚手の綿100%でしたが、これはてろんとした化繊地です。こういう素材は、安価な上にアイロン掛けが簡単と言う事で(返ってシワに成り易いとは思うのだが)...

  20. チロリアンなビンテージ・ハンカチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    チロリアンなビンテージ・ハンカチ

    オーストリアのお土産に良くある、日本の漫画みたいなシンプルな人物画が、民族衣装を着てプリントされた布ですが、ハンカチは初めて目にしました。大抵こんな図案が使用されているのは、織物かテーブル・クロスや付属のナプキンかエプロン等の厚手の布です。オーストリアのお土産ハンカチであれば、必ず高山植物柄の刺繍です。そこで、これなら生地も薄く柄も小さいから、ドールの服作りに持って来いだと思い購入。しかし、...

総件数:255 件

似ているタグ