オーディオファイルのタグまとめ

オーディオファイル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオーディオファイルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オーディオファイル」タグの記事(27)

  1. みっちのオーディオに対するスタンスはこのようなものであります、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    みっちのオーディオに対するスタンスはこのようなものであ...

    みっちのスタンスは、ブログ記事のあちこちに自ずと顕れているのですが、このさい分かりやすくまとめてみました。もちろん、これはみっちだけの独善でありまして、ひとさまにお勧めするようなつもりは、全くございません。(笑)1.基本クラシック音楽を聴きます独墺の18世紀19世紀の音楽がほとんどですとくに独墺オペラが大好きです全体でCDにして700枚前後のライブラリですほかのジャンルの音楽はほとんど聴きま...

  2. Windows用音楽プレイヤーMusicBeeを使ってみて、ふと半世紀前の4チャンネルブームの頃に思いを馳せる、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    Windows用音楽プレイヤーMusicBeeを使って...

    前にも書きましたように、今はインテルのベアボーンNUC8i7BEHをRMEのfireface UFXにつないで制御しています。ソフトウエアとして、Sound Forge Audio StudioとRX7を揃えていますから、これで音楽録音・編集・解析ができるわけですけど、できればあと一つ楽曲を再生するソフトがあると、チェック用に便利です。Windows用Audirvanaが出ているので、これを...

  3. 偶々こんな記事を見かけて、おやおや、これは困ったなぁと、の巻。(汗) - If you must die, die well みっちのブログ

    偶々こんな記事を見かけて、おやおや、これは困ったなぁと...

    それはこんな記事なんです。http://columbia.jp/classics/denon_hqcd/たぶん2008年ごろの記事です。コロムビアミュージックエンタテインメント(旧日本コロムビア)のおそらく公式な見解を伝えるものと思ってよいでしょう。この記事では、「高品質CD」というのが、そもそも問題なんですが、DENONのHQCDなんて、きっと今では「なかったこと」になっていると思う(笑)...

  4. 7月3日の「カルメン」上映で、新国立劇場の小劇場で聴いた音は、いったいどこの製品だったのか、少し調べてみました、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    7月3日の「カルメン」上映で、新国立劇場の小劇場で聴い...

    前回の記事で、小劇場で聴いた「カルメン」の音は、まあまあであったと、書きました。オーディオ好きのマニアの方が聴けば、いろいろ注文があるでしょうが、少なくとも、シネコンの映画館などは、足下にも及ばないクオリティでありました。そうなるとですね、ここで使われている音響機器はいったいどんなものなのか、興味が湧いてきます。新国立劇場は巨大な施設でして、中にはオペラ劇場、中劇場、小劇場の3つがあります。...

  5. 5.0chサラウンドを試してみて、その結論は、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    5.0chサラウンドを試してみて、その結論は、の巻。

    はい、5.0chのサラウンド・ステレオを初めて試してみて、一番印象的だったのは映画です。(笑)それは「センター・スピーカーのおかげでセリフがとても聴き取りやすくなるから」です。この効果は誰にとっても歴然なので、一度体験すると、もう2chには戻りたくありません。特に、深夜の視聴でボリュームを絞っている時に有効なんです。ただ、そうなる理由は、前回も書きましたように、「センター・スピーカーを置いた...

  6. オーディオ・マニアの禁忌、5.0chサラウンド・ステレオに挑戦してみる、の巻。(笑) - If you must die, die well みっちのブログ

    オーディオ・マニアの禁忌、5.0chサラウンド・ステレ...

    前回は、Blu-ray盤再生にPowerDVDを使う際のエピソードだったのですが、実は伏線がありまして、これはBlu-ray盤再生方法を変更してみようという「裏」の意図があったのです。(笑)みっちはオペラを中心に、クラシックの映像盤(Blu-rayとDVD)をかなりの数、持っています。ちゃんと数えたことはないのですが、100本以上はあるでしょう。それ以外に映画も結構あります。そして、これらの...

  7. PowerDVD 17でWASAPI排他モードを使うにはUSB-DACの選択に注意が必要、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    PowerDVD 17でWASAPI排他モードを使うに...

    追記と訂正があります。みっちはPowerDVD 17 ULTRAを使って、パソコンでBlu-ray盤、DVD盤を視聴しています。居間のTVで観るよりも、いつものステレオで聴いた方が、ずっといい音ですからね。さて、そこで使用するパソコンですが、MacではBlu-ray盤を正式サポートしていない(サード・パーティのソフトはありますけど、ちょっと今イチな感じ)ので、Windows機を使うしかないの...

  8. キミは齋藤十一(さいとうじゅういち)氏を知っているか、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    キミは齋藤十一(さいとうじゅういち)氏を知っているか、の巻。

    さあて、齋藤十一(1914-2000)氏である。この人の名を聞いたことがなければ、ウィキペディアなり、あるいは、このブログ記事あたりを参照して、感じを掴んでください。ところで、最初にお断りを。みっち的には、出版人としての齋藤十一氏には、まったく関心がないのです。(笑)みっちにとって齋藤十一氏は、何と云っても、あの五味康祐氏の著作にたびたび登場した北鎌倉の「S氏」であります。『S氏は戦前から、...

  9. 伝説のEMIアビーロード・スタジオ・モニター・スピーカーとは、どんなものだったのでしょう、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    伝説のEMIアビーロード・スタジオ・モニター・スピーカ...

    (さらに追記があります。2017/08/06)(追記があります)「団塊の越し方行く末」という、国立で「真空管の喫茶店EASTSIDE」を主宰されている方のブログを訪問したときに、この記事「オーディオ・新しい仲間DSL-529」が目に止まりました。なかなか面白いテーマなので、みっちが少し調べた結果をまとめてみました。1960年代末期から70年代にかけて、ビートルズBEATLESは云うまでもなく...

  10. サウンドステージ・エクスペリエンスというサイトに最近はまっているのです、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    サウンドステージ・エクスペリエンスというサイトに最近は...

    追記があります。ここなんですが、そのメニューの中に、「Wes Marshall's "WesWorld"」というコーナーがあって、これに最近はまっているんです。ウェス・マーシャルって人、よく知らないのですが、日本で云う「オーディオ評論家」みたいなものなのかなぁ。彼の云っていることは、その記事articlesを読んでもらえれば分かるのですが、みっちの趣味と重なる部...

  11. Windows機のPCオーディオ事情を垣間見ておくのだ、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    Windows機のPCオーディオ事情を垣間見ておくのだ...

    はい、みっちはMacでPCオーディオをやっております。過去記事があります、これです。それはそれでよいのですが、Windows機も少々気になります。それで、Windows機でPCオーディオをやると、どうなるのか試してみました。インストール対象はHPのミニタワーEnvy700です。数年前の製品ですが、みっちの持っているWindows機はこれだけなんです。ソフトウエアはフリーのfoobar2000...

  12. EMIのART処理とはなんぞや、そして果たしてそれは本当に音質を改善するのか、疑問を抱えつつ様々な方向に考えを巡らせてみるのだ、の巻。(笑) - If you must die, die well みっちのブログ

    EMIのART処理とはなんぞや、そして果たしてそれは本...

    少し修正・追記いたしました。本件の発端は、某ブログで話題になったサヴァリッシュ/シュターツカペレ・ドレスデンのシューマン交響曲の録音評であります。(笑)某ブログの某氏は1988年盤をお持ち、みっちのは2002年のART処理盤、その音の違いについて考察してみるのです。記事冒頭画像はみっちのART処理盤、それでこれが、某所(しつこいなぁ-笑)から最近みっちが大枚100円ほどをはたいて購入した19...

  13. PCオーディオって、なんだか語感がよろしくないのですが、まずは全体像を軽く整理してみました、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    PCオーディオって、なんだか語感がよろしくないのですが...

    「PCオーディオ」って、たぶん和製英語だと思うのですが、云わんとしていることは、「パソコンを本格的なHiFiオーディオ装置のソースに使う」ということでしょう。「PC」はこの場合パソコンPersonal Computerの略のつもりなんでしょうね。ところで、ふつう「PC」というと伝統的に、IBM-PCとそのコンパチ機からの連想で、DOS、Windows機のことを指します。英語圏でも、MacをP...

  14. ビット・パーフェクトbit perfectとは何か、それは一体どうしたら得られるのだろうか、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    ビット・パーフェクトbit perfectとは何か、そ...

    はい、ここで云う「ビット・パーフェクトbit perfect」は技術用語です。「BitPerfect」という名前のソフトウエア(有料)がありますが、それとは関係ありません。まずは「ビット・パーフェクト」の定義から入りましょう。1.「ビット・パーフェクト」とは音楽CDには、楽曲がバイナリー・データの形で書き込まれています。そのデータが何億ビット、何十億ビットあろうが、これを「1ビットの欠けも改...

  15. またもや道草(笑)、ベートーヴェン交響曲第9番の独唱者はどういう順序で並んでいるか、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    またもや道草(笑)、ベートーヴェン交響曲第9番の独唱者...

    はい、今日のテーマは、ブログのお友達パスピエさんのところにお邪魔したときに、話題となった件であります。今さら云うまでもありませんが、ベートーヴェン交響曲第9番の第4楽章は声楽が入ります。独唱者は4人なんですけど、この4人が一体どういう順序で並ぶのが正解か、という問題であります。(笑)みっちの常識では、観客席から見て、向かって左からソプラノ、アルト、テノール、バリトンの順というのが、一番普通で...

  16. みっちの連休日誌、の巻。(呆) - If you must die, die well みっちのブログ

    みっちの連休日誌、の巻。(呆)

    (少し追記しました)さあて、世間は連休になりました。しかし、みっちはというと、どこにも行かず、何もせず(笑)という、いつものペースであります。ただ、先日(4月29日)は誘われて、東京は日比谷公園でテニスをいたしました。天気は五月晴れ、風が少しありましたが、まあ理想的な環境でありました。日比谷公園のテニスコートは、コート脇のベンチに藤棚があって、この季節は綺麗な薄紫の花が愉しめます。この連休は...

  17. 差分コピーのできるコピーソフトを導入して、音楽ライブラリのバックアップを高速化する、これは必須ツールでありますの巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    差分コピーのできるコピーソフトを導入して、音楽ライブラ...

    はい、PCオーディオでは、音楽CDをパソコンに取り込んで音楽ライブラリを構築するわけですが、CD枚数が1000枚近くなると、ライブラリも400GB近くなります。バックアップのために、これをまともにコピーしたりしていると、丸々1時間やそこらは必要です。そんなの毎回やっちゃおられません。みっちの場合、iTunesでCDを取り込んでライブラリを構築し、再生はAudirvana Plusを使うという...

  18. ヴィルヘルム・ケンプは戦後の録音で果たしてベヒシュタインを弾いたか、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    ヴィルヘルム・ケンプは戦後の録音で果たしてベヒシュタイ...

    はい、しばらく続いたAudirvana Plusシリーズはひとまずお終い。これからは、いろいろと気になることを検討して参りましょう。オーディオ好きの間では、ピアノの録音で、どのメーカーのピアノを使ったか?、というのがよく話題になります。以前も拙ブログで、イングリッド・ヘブラーはベーゼンドルファーを弾いたか?、という問題(笑)を扱いました。http://mitchhaga.exblog.jp/...

  19. 購入してから一週間使ってみて、Audirvana Plusを音楽再生ソフトのメインとするとことにしました、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    購入してから一週間使ってみて、Audirvana Pl...

    はい、標題のとおりです。一方でiTunesも相変わらず使っており、音楽CDのリッピングとiPodの管理用としています。音楽ライブラリの構築はiTunesで行うわけです。この音楽ライブラリは、何もしないでそのままAudirvana Plusで使えます。(iTunesで楽曲の追加をすれば、直ちにAudirvana Plus側で認識されます)えーっ、それとですね、クラシックの音楽CDも100枚やそ...

  20. 今日はAudirvana Plusのメタデータ表示機能を見てみましょう、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    今日はAudirvana Plusのメタデータ表示機能...

    Audirvana Plusでは、アルバム単位あるいはトラック単位で、メタデータを表示させる機能があります。まあ、冒頭の画像をご覧ください。左は、クラウディオ・アバド指揮VPOでマーラーの第2番「復活」です、1992年11月録音のDGG盤、右はポール・マッカートニー&ウイングスの「バンド・オン・ザ・ラン」1973年9月-10月録音です。ジャケット写真の下に、データがいくつか書かれています。今...

総件数:27 件

似ているタグ