カズオ・イシグロのタグまとめ

カズオ・イシグロ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカズオ・イシグロに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カズオ・イシグロ」タグの記事(6)

  1. カズオ・イシグロ「日の名残り」 - シェークスピアの猫

    カズオ・イシグロ「日の名残り」

     カズオ・イシグロの「日の名残り」を読んだ。ハヤカワ文庫、土屋政雄訳。以下、原文の冒頭部分。http://www.wayaku.jp/blog/?p=365 「 It seems increasingly likely that I really will undertake the expedition that has been preoccupying my imagination n...

  2. わたしを離さないで - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    わたしを離さないで

     「日の名残り」に続き、ノーベル文学賞受賞がきっかけで読み始めたカズオ・イシグロ氏の作品です。わたしを離さないでカズオ・イシグロ:著、土屋政雄:訳/早川書房、ハヤカワepi文庫/2008(単行本は2006) イギリスに暮らすキャシーは介護人の仕事をしている。世話をするのは提供者と呼ばれる人たち。それも、ヘールシャムという施設の出身者に限って担当していた。キャシーや、親友のトミーやルースたちが...

  3. カズオ・イシグロ「遠い山なみの光」 - ネコと文学と猫ブンガク

    カズオ・イシグロ「遠い山なみの光」

    カズオ・イシグロの「遠い山なみの光」をハヤカワ文庫版で読んだ。原題は”A Pale View of Hills”.小野寺健訳、1982年発行。早川書房の文庫発行は2001年。以下、本文より抜粋。 第一章10-11p「 そのころには、すでに最悪の時期はすぎていた。朝鮮で戦争がおこなわれていたのでアメリカ兵の数の多さはあいかわらずだったが、長崎では、(略)世の中が変わろうとしている気配があった。...

  4. 『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)  これはノーベル賞作家の小説に違いない - 本読み虫さとこ・ぺらぺらうかうか堂(フィギュアスケート&映画も)

    『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)  これはノ...

    村上春樹はいつになったらノーベル文学賞を取るのだろうか。 2015年はベラルーシのスヴェトラーナ・アレクセービッチが受賞して、「まあ、村上春樹が取れなくてもしかたないわな」と大いに納得した。ところが、2016年はボブ・ディランだった。「は?、文学ちゃうんちゃうん?文学って本になっている話のこととちゃうん?」と煙に巻かれた。そして、2017年はカズオ・イシグロだった。知っている人は知っている。...

  5. 日の名残り - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    日の名残り

     この本の感想も昨年のノーベル賞授賞式あたりに書きたかった。ノーベル賞関連書をもうひとつ。今まで、カズオ・イシグロ氏の作品は読んだこともなかったし、全然知らなかった(教養がない)。ノーベル文学賞受賞で、代表作の紹介を読むことが増え、読んでみようかなと手にとりました。日の名残りカズオ・イシグロ:著、土屋政雄:訳/早川書房、ハヤカワepi文庫 イギリスの貴族の大きな館、ダーリントン・ホール。この...

  6. 『日の名残り』 - 天使と一緒に幸せごはん

    『日の名残り』

    『日の名残り』1993年 イギリス映画去年、ノーベル賞文学賞を受賞した作家カズオ・イシグロ氏の小説「日の名残り」を原作とした映画です。実は、カズオ・イシグロ原作本ということ以外の予備知識ゼロで見たのですが、観終わった後の気持ちは、とても複雑でした。と言っても、そこに悪い意味は含みません。結論から言えば、とても感動したし、とても好きな映画となりました。観終わった後に、ジワジワと感動が静かに押し...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ