カトリック教会のタグまとめ

カトリック教会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカトリック教会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カトリック教会」タグの記事(52)

  1. エリザベト訪問 - 令和氣淑

    エリザベト訪問

    エリザベト訪問5月31日は聖母のエリザベト訪問の祝日です。神の子を宿されたマリアが従姉妹のエリザベトのところへ訪ねる出来事を記念します。

  2. シエナのカタリナ - 令和氣淑

    シエナのカタリナ

    シエナのカタリナシエナのカタリナは14世紀イタリアに実在した女性でドミニコ会第三会の修道女でカトリック教会の聖人、教会博士です。4月29日はシエナのカタリナの記念日です。シエナのカタリナ、本名カテリーナ・ベニンカーザは1347年3月25日、シエナの裕福な染物問屋に生まれ、幼い頃から経験な信者として育ちました。カタリナは修道女になる決心をし親に反対されるも貫き通し、ドミニコ会第三会員の在俗修道...

  3. お告げの聖母 - 令和氣淑

    お告げの聖母

    お告げの聖母受胎告知レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」見よ、乙女は身ごもり男子を産むその名は「インマヌエル-神、共にまします-」と呼ばれる(イザヤ7.10-14,8.10c)文語は筆者意訳3月25日はカトリック教会における「神のお告げ」「お告げの聖母の祭日」です。お告げの聖母の祭日は聖母マリアが大天使ガブリエルから「あなたは神の御子を宿されている」と告げられ、戸惑うもの聖霊によるものと知り...

  4. ルルドの聖母 - 令和氣淑

    ルルドの聖母

    ルルドの聖母ルルドはフランスにあるカトリック教会の聖地の中で最も知られる町で多くの巡礼者が癒しを求めて訪ねます。ルルドに聖母マリアが現れた2月11日を記念日として祝います。日本は黒船来航から5年経った頃です。1858年2月11日、当時ピレネー山脈のふもとの小さな村に過ぎなかったルルドにベルナデッタ・スビルーという少女がカーブ川の近くでたきぎを拾っている最中、洞窟(どうくつ)から聖母マリアが現...

  5. 日本二十六聖人 - 令和氣淑

    日本二十六聖人

    日本二十六聖人2月5日は日本二十六聖人の祝日です。日本におけるキリスト教殉教者の中で有名な存在でスペイン、ポルトガル、インド、メキシコ、そして日本人でまとめられ、60代から10代に至るまで様々な年齢のカトリック信者、聖職者が豊臣秀吉によって1897年のこの日に長崎西坂ではりつけの刑に処せられ、その出来事がヨーロッパに知られ、1862年、ローマ教皇ピウス9世により列聖されました。

  6. フランシスコ・サレジオ - 令和氣淑

    フランシスコ・サレジオ

    フランシスコ・サレジオフランシスコ・サレジオ(フランソワ・ド・サル)はカトリック教会の司教で聖人、教会博士です。16世紀から17世紀にかけて生きた人物で数多くの信仰に関する著書を世に送りました。

  7. 聖アグネス - 令和氣淑

    聖アグネス

    聖アグネス聖アグネスは古代ローマの初期キリスト教の聖人で若くして殉教しカトリックから正教会、ルーテル派、聖公会等キリスト教各派で崇敬されています。アグネスは3世紀末、ローマの敬虔なキリスト教信者の貴族の娘として生まれ幼い頃からキリストに生涯を捧げ純潔を守る決心をします。その頃のキリスト教はユダヤ教から分かれて200年が経ちローマ帝国では禁じられており多くのキリスト教信者が迫害され殺されて居ま...

  8. 十字架のヨハネ - 令和氣淑

    十字架のヨハネ

    十字架のヨハネ十字架のヨハネは16世紀スペインのカトリック教会のカルメル会司祭でアビラのテレサと共に「改革カルメル会=跣足カルメル会」を起こし数多くの霊的著書を世に送り出し、教会博士の称号を受けています。

  9. グアダルーペの聖母 - 令和氣淑

    グアダルーペの聖母

    グアダルーペの聖母グアダルーペの聖母はメキシコシティ近郊に出現した聖母の出来事です。1531年12月12日、スペインに征服され植民地となったメキシコにフアン・ディエゴというインディオの男性がメキシコシティ、かつてのアステカ帝国の首都・テノティチトランの近郊のテペヤクという丘に不思議な女性の姿を目にします。その女性は青色に星が散りばめられたマントを羽織り、足下には月と踏みつけられた蛇がいました...

  10. フランシスコ・ザビエル四 - 令和氣淑

    フランシスコ・ザビエル四

    4か月ぶりに更新します。1550年8月、鹿児島を追われたフランシスコ・ザビエル一行は肥前平戸に向かい、そこの領主・松浦隆信に謁見、宣教の許しを得ます。平戸も信者が200人増え、ザビエルは武士・木村家の家に滞在し、ザビエルに家を貸した木村家は洗礼を受け、後に司祭で殉教者となるセバスチャン木村を輩出します。平戸に2ヶ月滞在したザビエルらは周防の山口(山口県山口市)に向かい、「小京都」として栄えて...

  11. アレクサンドリアの聖カタリナ - 令和氣淑

    アレクサンドリアの聖カタリナ

    アレクサンドリアの聖カタリナアレクサンドリアのカタリナは3世紀から4世紀初頭、エジプト・アレクサンドリアの貴族の娘として生まれ、幼い時にキリスト教の洗礼を受けたと伝わります。頭脳明晰で学者たちと知的な会話を交わしたと言われ、ローマ帝国によって捕えられ拷問にかけられても信仰を守り、やがて斬首されシナイ山に葬られたと伝わります。現在、シナイ山に聖カタリナ修道院があります。聖カタリナへの崇敬(信仰...

  12. 元和の大殉教 - 令和氣淑

    元和の大殉教

    元和の大殉教日本205殉教者今日は日本205福者殉教者の記念日です。記念日として制定されている9月10日は1622年、江戸時代初期の元和8年8月5日、即ちこの日にキリシタン55人が日本26殉教者が処刑された長崎西坂で処刑された日です。その長崎で殉教した55人を含めて1867年、ローマ教皇・福者ピウス9世によって列福されました。

  13. フランシスコ・ザビエル三 - 令和氣淑

    フランシスコ・ザビエル三

    久しぶりにフランシスコザビエルの記事を書きます。1549年8月15日(天文18年7月22日)、フランシスコ・ザビエルはヤジロウ、コスメ・デ・トーレス司祭、ジョアン・フェルナンデス修道士と共に生まれて初めて日本は鹿児島の地に足を踏み入れました。この日が聖母被昇天に当たりザビエルは日本を聖母マリアに捧げました。これが日本における本格的なキリスト教伝来開始となり、徳川時代初期の禁教令まで続きます。...

  14. 聖母被昇天 - 令和氣淑

    聖母被昇天

    聖母被昇天聖母被昇天はエフェソスで生涯を終えたイエスの母マリアが肉体ごと天に上げられたことを祝います。1549年、フランシスコ・ザビエルが日本に初上陸した日が聖母被昇天に当たり、ザビエルは日本を聖母マリアに捧げ、それ以来日本は聖母マリアに関わることになります。

  15. アッシジのキアラ - 令和氣淑

    アッシジのキアラ

    アッシジのキアラ、またはクララはカトリック教会を代表する聖人の一人でアッシジのフランチェスコ(フランシスコ)と共に知られているコンビです。アッシジのキアラは1194年、アッシジの貴族に生まれ、キアラはある日、同郷の説教者・アッシジのフランチェスコの話に聞き惚れ、神に仕える清貧に興味を持ちます。キアラはフランチェスコの下で暮らす決心し、1212年3月20日の晩、自分を結婚させようとする両親の目...

  16. カトリック教会の不祥事・不義 - 令和氣淑

    カトリック教会の不祥事・不義

    今から始まったものでありませんが宗教による凶事は太古から続き、カトリック教会も例外ではなく2000年近く前から邪悪な事件や暴力的な宣教が絶えませんでした。日本もそれが原因で「禁教令」にした上「鎖国」に至りました。聖職者(修道士も含む)による性的虐待が浮上し信者による告発が相次いで起きています。同じカトリック信者として恥ずかしい、情けない、そして、心痛い!この事件は弊ブログで取り上げないわけに...

  17. ジャンヌ・ダルク 5 - 令和氣淑

    ジャンヌ・ダルク 5

    続きイングランドの捕虜となったジャンヌは女性囚人にはつく筈の女性看守が付かない劣悪な環境に置かれるなかピエール・コーションに会い宗教裁判にかけられます。それも卑劣で巧妙な罠を仕掛けた酷いものでした。しかも通常、裁判にはつく筈の弁護人が付かずイングランド側は彼女を「魔女」としてフランスを貶めるのと同時にジャンヌを「魔女」として立証しようとしました。しかしジャンヌは明確に適切に答え、裁判担当の聖...

  18. ジャンヌ・ダルク 4 - 令和氣淑

    ジャンヌ・ダルク 4

    続きジャンヌ・ダルクが囚われていたルーアン城の塔(画像出典:ウィキペディア)コンピエーニュで捕らえられたジャンヌ・ダルクはイングランド側に引き渡されノルマンディー・ルーアンに連れて行かれます。一部の家臣がジャンヌ救出を国王シャルル7世に求めましたが国王はジャンヌを助けようとはしません。シャルル7世はジャンヌの人気と名声が自分より越えていることに嫉妬し脅威を感じていました。自分を助けた「ラ・ピ...

  19. ジャンヌ・ダルク 3 - 令和氣淑

    ジャンヌ・ダルク 3

    フランスの片田舎から神のお告げを受けて歴史の表舞台に現れ、輝かしい功績を上げ遂にシャルル7世を戴冠させたジャンヌ・ダルクですがこれを境に受難の道を歩みます。頼みの綱であったシャルル7世らフランス宮廷は守りに入りジャンヌがパリ奪還を勧めても弱腰となり、またブルゴーニュが盛り返しを計りフランスは再び劣勢に立たされます。ジャンヌはパリを取り戻そうと戦うも失敗し初めて敗北します。1430年5月23日...

  20. ジャンヌ・ダルク 2 - 令和氣淑

    ジャンヌ・ダルク 2

    続きヴォークルールを出発したジャンヌは使命と安全のために髪を切り男装してシノンへ向かいます。1429年のことです。シノンに到着したジャンヌは迎えられ宮廷・教会から厳しい検査を受けますが「異常なし」の判断をくだされ大広間に通されます。ジャンヌはシャルル王太子に初めて対面します。だが中央の玉座に人物が「替え玉」と見抜き宮廷人の中に紛れている本物を見つけ周囲を驚かせます。実は宮廷がジャンヌを神から...

総件数:52 件

似ているタグ