カフェブレニーのタグまとめ

カフェブレニー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカフェブレニーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カフェブレニー」タグの記事(33)

  1. <平城山>北見志保子の乙女心 - 歌い手菅野千恵のaround me

    <平城山>北見志保子の乙女心

    28日(土)のカフェブレニーミニ音楽会で&lt;平城山/ならやま&gt;を歌います。作詞は北見志保子。北見志保子は歌人橋田東声と結婚しましたが、夫の弟子で12歳年下の慶応ボーイ浜忠次郎と恋仲になってしまいました。浜忠次郎の父親が志保子から息子を引き離そうと彼はフランスに留学させられ…志保子は平城山の磐之媛陵辺りをさすらい、なさぬ恋の苦しさを詠んだのがこの&lt;平城山&gt;です。でも、その...

  2. 今朝の私(結膜下出血その後) - 歌い手菅野千恵のaround me

    今朝の私(結膜下出血その後)

    まあ、今朝のわたし なんて美しいんでしょう鏡をみつめて 微笑んで花の香りの 化粧水手の平でたたく 心地よさ…【小黒恵子/詩・平井康三郎/曲 うぬぼれ鏡より】今朝の私の目は錦鯉から''屋台の金魚''になりました。写真では目の赤みはほとんどわからないですよね。もし赤目の魔女になったら目の合った男性を石に変えたり毒リンゴ用の毒をお鍋で煮たりホウキで空を飛んだりして楽しかったとも思うのですが無事、人...

  3. 電子ピアノくん、これまでありがとう&これからもよろしくね♪ - 歌い手菅野千恵のaround me

    電子ピアノくん、これまでありがとう&これからもよろしくね♪

    カフェブレニーにピアノが来ました!マスターが子供の頃に弾いていたピアノの弦を張り替え、ハンマーも一つひとつ手作業で修繕したものだそうです。7/28のミニ音楽会でお披露目となります。こちらが、これまでお世話になったマイ電子ピアノです。この電子ピアノは様々なご縁を運んで来てくれた縁起物なのです。ピアノがない環境でもコンサートができるようにとまだ何の予定も無いのに先に電子ピアノを買ったのです。そう...

  4. 18'7.13さくらの会練習ノート - 歌い手菅野千恵のaround me

    18'7.13さくらの会練習ノート

    《ご連絡》8/17(金)はお盆休みです。《今回の練習曲目》ローレライ上を向いて歩こうとなりのトトロLascia ch’io piangaさびしいカシの木《基礎練習》ストレッチ呼吸地声 オ・イハミング(ドレミレド)レガートma-a(ドレミレド)レガートno(ドミソミド)スタカートa(ドレミレド)レガートa(ドレミファソファミレド)★ローレライ初めての方がいらしたので、メロディーの確認をしました...

  5. 夏の女神様、我が乙女心をご理解ください。暑すぎです。 - 歌い手菅野千恵のaround me

    夏の女神様、我が乙女心をご理解ください。暑すぎです。

    今日は7/28と8/19のコンサートの稽古でした。7月のプログラムの新曲を稽古した後に8月のプログラムをざっと通してみたのですが…似た感じの曲が後半に集まってしまい再検討。ピアニスト佑二くんと相談しながら暫定新プログラムを作りました。次回の稽古で通してみて決定します。地域新聞ホームページにチケットプレゼントの記事があります↓↓それにしても暑くてあつくて歌うと汗だくです(^_^;)髪をふんわり...

  6. あなたは私を励ましてくれる You raise me up - 歌い手菅野千恵のaround me

    あなたは私を励ましてくれる You raise me up

    落ち込んで心がとても疲れたとき困難が訪れて心に重荷を負った時そんな時私は静かにここで待つのですあなたが来て そばに座ってくれるまでYou raise me up&lt;あなたは私を励ましてくれる&gt;の冒頭部分です。これまでに私が励まされた場面が次々とよみがえってきました。例えば、「頑張ったね…!」ともらった花束じっと話を聞いてくれて「信じてるよ」とだけ言われたこと「『歌ってみたい』と言っ...

  7. 歌います「竹とんぼに」 - 歌い手菅野千恵のaround me

    歌います「竹とんぼに」

    7/28(土)カフェブレニーミニ音楽会で「竹とんぼに」を歌います。竹とんぼに岸田衿子/詩 木下牧子/曲なるべく高くなるべく遠くっていいきかせたけれどもし ほんとに行ってしまったら どうしようとんぼより 飛行機よりも空がすきになったら どうしよう地平線をこえてまひるの星に あいに行ったらこっそり もどってきてなるべく高くなるべく遠くでも ここをわすれないで『とんぼより 飛行機よりも空がすきにな...

  8. 合唱団 さくらの会の皆さまへ - 歌い手菅野千恵のaround me

    合唱団 さくらの会の皆さまへ

    明日は源田俊一郎編曲 ホームソングメドレーから「ローレライ」を練習する予定です。楽譜は明日お渡しします。どんな曲なのか、あらかじめ先に聴いておきたいわ という方はこちらを参考になさって下さい。→ローレライ

  9. 歌ってみたい「竹とんぼに」 - 歌い手菅野千恵のaround me

    歌ってみたい「竹とんぼに」

    竹とんぼに岸田衿子/詩 木下牧子/曲なるべく高くなるべく遠くっていいきかせたけれどもし ほんとに行ってしまったら どうしようとんぼより 飛行機よりも空がすきになったら どうしよう地平線をこえてまひるの星に あいに行ったらこっそり もどってきてなるべく高くなるべく遠くでも ここをわすれないで詩の解釈は人それぞれですよね!こちらの「竹とんぼに」という詩は親や先生が我が子や教え子の旅立ちや成長を願...

  10. 歌ってみたい「うぬぼれ鏡」 - 歌い手菅野千恵のaround me

    歌ってみたい「うぬぼれ鏡」

    うぬぼれ鏡 小黒恵子/詩まあ、今朝のわたし なんて美しいんでしょう鏡をみつめて 微笑んで花の香りの 化粧水手の平でたたく 心地よさ気づかなかったホクロでさえなぜかとってもチャーミングうふっああ、今日のわたし なんてうぬぼれなんでしょう鏡をみつめて踊ったり午後の集いのよそおいをあれこれ選ぶ楽しさよ子猫が照れてあくびをしてるそうよかわいいジェラシーようふっああ、昔なじみの鏡よ鏡あんなにも若く美し...

  11. 人の一生の中で教育て何なんだろ… 人生って不思議。 - 歌い手菅野千恵のaround me

    人の一生の中で教育て何なんだろ… 人生って不思議。

    先日のカフェブレニーミニ音楽会に中学の担任の先生が来てくれました。久し振りに会った先生の言葉です。『人の一生の中で教育て何なんだろ…人生って不思議。』中学の3年間、ずっと担任でした。あの頃、こんな日が来るなんて少しも考えたことが無かった…こちらはやっと見つけ出した卒業アルバムの中の集合写真。さて、私はどこでしょう?こちらが担任の先生。若くて痩せてる笑先生はとても喜んでくれて、俺はこの仕事をし...

  12. 「共通キーワードでつながる曲」はこんなプログラムになりました。 - 歌い手菅野千恵のaround me

    「共通キーワードでつながる曲」はこんなプログラムになり...

    ◆1◆マッティナータ(朝の歌)◆恋人のいる部屋の窓下で歌う愛の歌。夜に歌えばセレナーデ。共通キーワード【朝日】◆2◆ガンジス川に陽は昇り◆17世紀の作品。ガンジス川から昇った朝日が野原の朝露を輝かせている情景を歌ったもの。この頃のヨーロッパの人にとって、インドやそのガンジス川はエキゾチックな憧れの地でした。共通キーワード【ガンジス川】◆3◆歌の翼に◆メンデルスゾーンの名曲。19世紀にロマン派...

  13. ツイッターで自己MAX更新 - 歌い手菅野千恵のaround me

    ツイッターで自己MAX更新

    私のこれまでのツイートでみなさんに一番見て頂いたものがこ・ち・ら!これからも「ブログ見てからコンサートへ行くと楽しい」を目指して頑張ります。明日のミニ音楽会も頑張ります!16時の部にまだ空きがございます。今回はクラシックもミュージカルもよく知られた名曲揃いです。歌の翼に、メモリー、オペラ座の怪人オペラ「ラ・ボエーム」私が街を歩けば 他土壇場参加、歓迎(^o^)/♪日常からちょっと離れてスイー...

  14. シューマンの「はすの花」は熱帯睡蓮。 - 歌い手菅野千恵のaround me

    シューマンの「はすの花」は熱帯睡蓮。

    6/9(土)のカフェコンサートでシューマン作曲の「はすの花」を歌います。シューマンの結婚式の前日に妻になるクララに捧げられた歌曲集&lt;ミルテの花&gt;の第7曲です。ところで、この曲は「はすの花」と呼ばれていますが、実際は熱帯睡蓮のようなのです。《蓮》蓮の花は茎を水面よりも上に伸ばして、朝に咲きます。花の命は3日ほど。4日目には散ってしまうそうです。《温帯睡蓮》フランスの画家モネの作品に...

  15. 18'6.1さくらの会練習ノート - 歌い手菅野千恵のaround me

    18'6.1さくらの会練習ノート

    次回はオレンジ色の楽譜の中の「上を向いて歩こう」を練習します。一番下に画像を載せますね。《今回の練習曲目》となりのトトロLascia ch’io pianga誰かがちいさなベルをおす《基礎練習》ストレッチ呼吸地声 オ・イレガートmi(ドレミファソファミレド)ハミング(ドレミファソファミレド)レガートi(ドレミファソファミレド)レガートa(ドレミファソファミレド)レガートno(ドミソミド)スタ...

  16. 訳詞を歌うということ アルゼンチンよ、泣かないで - 歌い手菅野千恵のaround me

    訳詞を歌うということ アルゼンチンよ、泣かないで

    ミュージカル&lt;エヴィータ&gt;から「アルゼンチンよ、泣かないで」を練習しています。シャンソンとしてよく歌われるようなのですが原語と訳詞でこんなにも意味が違うのです。原語の和訳(前略)ごたごたしたけれど私は事を起こすしかなかった。私は変わるしかなかった。みすぼらしい人生に居続けることはできなかった。窓の外を見つめ日陰に居ることはできなかった。だから私は自由を選び新しいことを求めて走り回...

  17. ラ・ボエームを巡る確執。プッチーニ×レオンカヴァッロ - 歌い手菅野千恵のaround me

    ラ・ボエームを巡る確執。プッチーニ×レオンカヴァッロ

    6月のミニ音楽会でプッチーニ作曲「ラ・ボエーム」から私が街を歩くと を歌います。ラ・ボエームは作曲家であり、台本作家でもあるレオンカヴァッロの作品と作曲家プッチーニの作品があります。二人は旧知の仲です。この二人が街で偶然再会し懐かしい昔話などをしている内に現在取り組んでいる作品の話になったそうです。プッチーニは「ラ・ボエーム」を作曲していると言い、レオンカヴァッロは驚き、そして怒りました。な...

  18. イタリア人は夕方から明け方までずっと歌い続けるのだと信じ込んでいました(^^; - 歌い手菅野千恵のaround me

    イタリア人は夕方から明け方までずっと歌い続けるのだと信...

    6月のカフェブレニーミニ音楽会で1904年にレオンカヴァッロが作詞作曲した&lt;マッティナータ&gt;を歌います。レオンカヴァッロは文学にも造詣が深く、台本を手掛けたり詩を書いたりしていたようです。マッティナータはレコード会社の依頼で作られて、完成後すぐにカルーソーの歌とレオンカヴァッロ自身のピアノ演奏で録音され、レコード販売されたそうです。マッティナータとはイタリア語で朝の意味。セレナー...

  19. <陽はすでにガンジス川から>♪連鎖する曲♪ - 歌い手菅野千恵のaround me

    <陽はすでにガンジス川から>♪連鎖する曲♪

    6/9(土)カフェブレニーミニ音楽会♪連鎖する曲♪で&lt;陽はすでにガンジス川から&gt;を演奏します。この曲はバロック時代のイタリアの作曲家アレッサンドロ・スカルラッティ(1660-1725)の作品です。ガンジス川から昇った太陽が早朝の露を光らせ、草原が金に輝く様子を歌っています。17世紀のイタリアでは、太陽は「東方」に位置するインドのガンジス川から昇ると考えられていたらしいのですがホン...

  20. 18'5.11さくらの会練習ノート - 歌い手菅野千恵のaround me

    18'5.11さくらの会練習ノート

    《今回の練習曲目》となりのトトロLascia ch’io pianga誰かがちいさなベルをおす《基礎練習》ストレッチ呼吸地声 オ・イハミング(ドレミファソファミレド)レガートma(ドレミファソファミレド)レガートno(ドミソミド)スタカート(ドレミレド)ロングトーンla★となりのトトロレパートリーの一つにしたい曲ですね。ユニゾンでは声の響きを揃える練習、2声や3声に分かれるところではハーモニ...

1 - 20 / 総件数:33 件

似ているタグ