カフカのタグまとめ

カフカ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカフカに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カフカ」タグの記事(20)

  1. 田舎医者が見た患者の大きな傷口は何か? - 航跡舎

    田舎医者が見た患者の大きな傷口は何か?

    田舎医者が見た患者の大きな傷口は何か?髙木敏克 (そうなのだ。この若者はたしかに病気なのだ。右の脇腹の、腰のあたりに、拳ほどの傷がぱっくりと口を開いている。桃色で、しかもその色合いは微妙な変化を見せ、奥の方は黒ずみ、縁の方は淡くなっている)短編「田舎医者」中盤に現れるグロテスクでエロチックでもあるリアルな描写は一体何の象徴なのか、あるいは比喩なのか?無意味な描写なのか?もしかしたらその無意味...

  2. カフカ・田舎医者をめぐる馬の冒険 - 航跡舎

    カフカ・田舎医者をめぐる馬の冒険

    田舎医者をめぐる馬の冒険(1)カフカに於ける人称と比喩カフカの小説は大きな比喩によって描かれている。例えば「変身」という作品であるが、これは虫のような私について書いているのか、あるいは私のような虫について書いているのかはとても重大な問題である。虫のような私について書けば一人称の小説となるが、私のような虫について書けば三人称小説になる。また、「審判」という小説においては、不条理な被告発や差別に...

  3. アムールトラカフカ(♂) - Animal_photographys's Blog

    アムールトラカフカ(♂)

    カフカ(♂)2007年10月21日富士サファリパーク生まれ父 : クニカズ(天王寺動物園 コールタマ)母 : ヒメル(富士サファリパーク トーマスシスル)兄弟 : アレン、ウラル、ギンガ2007年10月21日富士サファリパーク生まれ2014年1月22日釧路市動物園に移動2016年9月21日おびひろ動物園に移動2016年10月16日死亡体重157.8kg(2014年1月22日)人工哺育釧路市動...

  4. 吹雪の日に津軽の雪女を見た - 花の写真手帳

    吹雪の日に津軽の雪女を見た

    2004年冬の日弘前のまちはいちめんの吹雪であった。駅に降り立った旅人は、大通りをイトーヨーカドーまでゆくと、いつのまにか小学校の敷地に入ってしまった。あたりは地図のないまちに変貌し、上下左右がなく方向感覚を喪った。雪の中でまどろむ感覚はどこか甘美だった。雪化粧のまちをWindowの中のマヌカンのような細身の女性が颯爽と歩いてゆく。たまたま見つけた美容室で道をきいてレトロな時計台を望みつつ紀...

  5. フランツ・カフカ「ある流刑地の話」の考察 - 航跡舎

    フランツ・カフカ「ある流刑地の話」の考察

    Toshikatsu TakagiToshikatsu Takagi離島の処刑場にやって来た旅人は死刑を執行しようとする将校に尋ねた。「この男は処刑されることを知っているのですか?」将校は傲慢に次のように返答した。「知らせても仕方がないでしょう。自分の身体に書いてあればわかることです」不審そうに見返す旅人に、将校は次のように付け加えた。「つまり、上官に服従すべしと身体に彫り込むのです」どうい...

  6. カフカの「城」透現実の視点 - 航跡舎

    カフカの「城」透現実の視点

    Toshikatsu Takagiカフカ「城」1.偽りの私小説不条理を見つけた時に、それを解明しようとして哲学するのが学者的立場であるが、その矛盾をそのまま泳がせたらどうなるか?不条理をそのまま自由に活かす方法として小説は書けるのではないか。このような面白い実験がカフカ小説の世界ではないのか?哲学的解明は不条理を不自由にするが、解明せずに不条理を解放すると自由に小説が書ける。あたかも勝手に小...

  7. カフカにとって闘いとは何か - 航跡舎

    カフカにとって闘いとは何か

    Toshikatsu Takagi「<私>であることもあれば、<彼>であることもあるが、この主観は、したがって、彼自身であると同時に一人の他者である。それどころか、彼はいく人もの他者である。なぜなら、彼は単に彼を二重化する変身を蒙るばかりではなく、また彼の人格を物語の四隅に散逸させる絶えざる分裂を生きるからである。われわれが彼に関して見るものは、頭や手足を欠いた「自我」以外のなにものでもなく...

  8. カフカにとって機能とは何か - 航跡舎

    カフカにとって機能とは何か

    Toshikatsu Takagi TakagiK以外は誰も何かに任命されているとは感じていない「城」の世界では世界全体が極めて機能的である。単なる職業活動にとどまらず、機能は個人に入れ替わり、個人はすでに特定の存在として機能するのではなく機械的に抽象的に作動する。また、その動作の結果は個人から逃れてします。カフカの脇役たちは彼らの機能によって規定されており、「流刑地」の士官はシカトしてしか...

  9. カフカにとって使命感とは何か - 航跡舎

    カフカにとって使命感とは何か

    Takagi’s Toshikatsu Takagi Takagiフランツカフカの「城」においては、使命感は危険である。それもハイリスク・ノーリターン。村にKが定住することに対するリスクは、Kがどうしても測量師になりたがりそれ以外の要望をことごとく退けることである。村からKに提供された学校の門番のポストを彼がおとなしく受け入れたら、村人はKは変な奴だがまあまあ彼をそっとしておけただろう。しか...

  10. カフカにとって伝統とは何か - 航跡舎

    カフカにとって伝統とは何か

    主人公Kが城への途上で出会う様々な神聖なタブーは偽りの禁断である。なぜなら、それらが生まれてくるそもそもの経緯が公式化不可能だからである。それらを犯すことが極めて重大な過ちであっても、それらのタブーは忘れられた事柄の遺物に過ぎず、聖なる典礼定式書をバカバカしいエチケットの列に格下げする。ネクタイとか背広とかで盛装し、ジーパンを履くと言うタブーを侵さなければ、迷信深い会社社会は放縦の最たるもの...

  11. カフカにとって模倣とは何か - 航跡舎

    カフカにとって模倣とは何か

    Toshikatsu Takagi「城」という擬似宇宙の中で、Kは一つの冒険を生きるが、それは偽りの叙事詩である。Kにとって重要なことは偉業を成し遂げるとか試練に耐えるとかいった予め神々によって計画された叙事詩的現在を生きるのではなく、単にこの現在をどう生きるかだけを考える現代人であるからである。Kはこの現代を信じようとする。しかも、個人的にこの現代の正統性の証明と掟を知りたいと望むだけであ...

  12. カフカにとって虚偽とは何か - 航跡舎

    カフカにとって虚偽とは何か

    「真実を語ることはできない、しかも、真実なものでなければならず、さもなければまったくの無に帰してしまうおそれがある、このようなカフカの芸術はこの上ない回り道を通ることによってしか、その目的に達することができない」(マルト・ロベール「カフカ」より)この回り道こそ小説「城」のストーリーなのだ。われわれは虚偽を見抜く力を本来もっている。様々な虚偽が実生活を覆いつくし都市や会社組織が虚構そのものに見...

  13. 人称と比喩(カフカをめぐって) - 航跡舎

    人称と比喩(カフカをめぐって)

    カフカの小説は大きな比喩によって描かれている。例えば「変身」という作品であるが、これは虫のような私について書いているのか、あるいは私のような虫について書いているのかはとても重大な問題である。虫のような私について書けば一人称の小説となるが、私のような虫について書けば三人称小説になる。また、「審判」という小説においては、不条理な被告発や差別においては日常生活そのものが裁判のようであると書けば私...

  14. 「城」主人公Kは測量師なのか - 航跡舎

    「城」主人公Kは測量師なのか

    髙木敏克「じゃ、どんなお仕事をなさってるの」「測量師です」「それはどんなことをしますの」Kは説明をした。その説明を聞いて、お内儀は欠伸をしただけだった。「あなたは本当のことをおっしゃらないのね。なぜ本当のことを言って下さらないの」ー第20章お内儀の追求小説「城」に出てくる主人公Kは、はたして測量師なのか、あるいは単なる肩書きだけで何者でもないのだろうか。「あなたは、まったく何者でもない。一文...

  15. カフカの城あらすじ - 航跡舎

    カフカの城あらすじ

    フランツ・カフカ『城』のあらすじ第1章冬の晩、測量士の「K」はウェストウェスト伯爵領に到着した。Kは宿屋の亭主の好意によって、酒場のストーブの近くで寝ることにした。ところが、城の下級執事の息子シュワルツァーに眠りを妨げられる。シュワルツァーは、Kが許可証を持っていないにもかかわらず、宿屋に泊まっているために憤慨する。Kは測量士を自称したため、シュワルツァーは真偽を確かめるために、城に電話をす...

  16. カフカ「城」へのプロローグ - 航跡舎

    カフカ「城」へのプロローグ

    カフカ「城」へのプロローグ髙木敏克三七『きみは、所有しているかもしれないが、存在はしていない』という主張に対する彼の答えは、身震いとはげしい動悸だけであった。これは、全集第3巻の『田舎の婚礼準備』につづく『罪、苦悩、希望、真実の道についての考察』一九一七年から一九一八年にかけてカフカの思索を何冊かの青い八つ折り判ノートに出ている箴言であるが、番号がふってある。ところが、これにつづくノート第三...

  17. Q「仮面ライダー」とカフカの共通点を述べよ。 - 憂き世忘れ

    Q「仮面ライダー」とカフカの共通点を述べよ。

    簡単過ぎですよね。答えは「変身」。開高健「任意の一点」の冒頭で、朝目覚めた主人公が「キツネやカブト虫や壁になる運命をまぬがれた」となっている。カフカの「変身」がベースにある。これを解読した後、「夏の騎士」で仮面ライダーを調べました。ちょっと待て待て、石ノ森先生、カフカからのアイデア?「変身」はありふれた発想だけど、「昆虫」になるって……。仮面ライダー、思いのほか「深い」?

  18. 恵比寿ガーデンプレイスの法廷 - 花の写真手帳

    恵比寿ガーデンプレイスの法廷

    21世紀の首都・東京は、20世紀の雑踏・人いきれが、すっかり洗い清められ、都市空間は「賑やかな静けさ」という新しい次元に到達したようだ。それは、「静かな劇場」とも表現できる。恵比寿駅から、「動く歩道」に乗って、恵比寿ガーデンプレイスへ行き着くと、そこ四角形の開かれた空間に整然と四角の椅子と机が置かれ、整然とスーツ姿の人が点在し、パソコンに向かっていた。それは、さながらカフカの描く法廷の一場面...

  19. フランツ・カフカの「審判」攻略方法 - 航跡舎

    フランツ・カフカの「審判」攻略方法

    フランツ・カフカの「審判」試論高木敏克1カフカを読みはじめると、カフカの小説以外何も読む必要がなくなるような気がする時がある。気が付くとカフカが限りなく自由に書けば書くほど読者は不自由な空間に閉じ込められてゆき、その閉塞感が妙に気持ちよく感じるのはなぜなんだろう。読書にはいろいろな方法があり、それは読み手の勝手であるが、カフカのような世界を比喩に置き換えながら描写してゆく作品を読み込む場合、...

  20. カフカ『城』 - SHIRAFUJI-BLOG

    カフカ『城』

    少し前からカフカの『城』を詠んでる。『変身』を数年前に読んでこれで2作目になるのだけど最初の数ページで異様な世界観に浸っていく感覚は流石だなと思う。カフカのこのカバーは洒落てるので単純に持ってて気持ちがよいなとも思う。[カフカ / 城]測量師のKは深い雪の中に横たわる村に到着するが、仕事を依頼された城の伯爵家からは何の連絡もない。村での生活が始まると、村長に翻弄されたり、正体不明の助手をつけ...

総件数:20 件

似ているタグ