カミキリムシ科のタグまとめ

カミキリムシ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカミキリムシ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カミキリムシ科」タグの記事(7)

  1. アラメハナカミキリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    アラメハナカミキリ・・・

     奥日光に行ってきた。ちょっと早いかな、と思っていたのだが針葉樹の立ち枯れを見て回ると、もうすでにアラメハナカミキリが出ていた。昼前後に1♀4♂を確認できた。 このカミキリは名前通り鞘翅に独特の凹凸がある。色彩もちょっとシブくて、ブロンズのようで、微妙な光沢がある上、黄色の帯がその質感をさらに高めている。どこにでもいるわけではないので、収集家が目の色を変えて捜すのも何となくわかる気がする。(...

  2. ヒシカミキリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ヒシカミキリ・・・

     時鳥庵の雑木林にはあちこちに枯れ枝が積み上げてある。強い風が吹いたりすると大量の枯れ枝が林床に落ちる。それらをかたずけた結果だ。昔なら良い燃料になったのだろうが・・・。そんな枯れ枝を見て回ると、それほど数は多くないがいろんな昆虫が見つかる。今回紹介するのはヒシカミキリだ。とにかく小さい。体長は3-4㎜ほどで、おそらく日本産のカミキリムシの中では最小クラスだ。それが細い枯れ枝上をせわしなく走...

  3. ハイイロヤハズカミキリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ハイイロヤハズカミキリ・・・

     夜間、例のコメツキモドキを観察するために切ったメダケを積んだ所に行くと、まず目につくのはこのカミキリだ。結構どこにでもいるカミキリだが、昼間目にすることはそれほど多くはない。ところが、夜、枯れたメダケを見て回ると結構活動していて、簡単に見つかる。これまでも時鳥庵では時々見かけたが、こんなにいっぱいいるのかと驚いた。(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ...

  4. ネジロカミキリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ネジロカミキリ・・・

     山菜として人気のあるタラ。その芽はてんぷらにするとおいしい。その芽を採るときに先端の芽だけを採り、後を残しておかないと枯れてしまうので注意が必要だ。これを守っている限り来年も同じ木から芽を採ることができる。ところが、最近はすべての芽をとる人が多く、枯れたタラを多く見かけるのだ。 それは困ったことなのだが、いいこともある。枯れたタラに集まる、ちょっといいカミキリムシがいるのだ。ネジロカミキリ...

  5. クリストフコトラカミキリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    クリストフコトラカミキリ・・・

     今年も時鳥庵の近隣の雑木林は更新のためか、かなり伐採されている。そんな伐採地の太いコナラの伐採木上でクリストフコトラカミキリが運動会を開いていた。結構な数のメス・オスがやたら走り回っているのだ。時々休憩してくれるので、そのタイミングで撮影する。中には交尾中のもいて、その交尾中のカップルに交わろうとするふとどき者もいる。結果、3連結になったりする。しかしそれは長続きせず、やがて格闘技のごとき...

  6. キスジトラカミキリ - こんなものを見た2

    キスジトラカミキリ

    キスジトラカミキリ Cyrtoclytus caproides caproides2017年7月19日、江差町セミスジコブヒゲカミキリがいた木で見つけました。

  7. セミスジコブヒゲカミキリ - こんなものを見た2

    セミスジコブヒゲカミキリ

    セミスジコブヒゲカミキリ Rhodopina lewisii lewisii ♀2017年7月19日、江差町カエデ類の枯死した枝で見つけました。当初はチャボヒゲナガカミキリだと思っていましたが、どうにも違和感があったので調べ直した結果、本種の方であると判断しました。同個体2017年7月19日、江差町

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ