カモシカのタグまとめ

カモシカ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカモシカに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カモシカ」タグの記事(136)

  1. のんびり - 心のままに

    のんびり

  2. 太郎君に会えた‼ - Surrounded by nature

    太郎君に会えた‼

    一昨日あたりからエキサイトブログの様子が変で、更新もままならず…というか、自分のブログなのにたどり着くことすらできずに…困りました。ようやく復活したようで、更新です。その間に、すごくうれしいことがありました。昨日は所用があって下界に下りることになっていたのですが、どうせなら太郎君の縄張りを訪ねてから用を足そうと思いました。というのは、太郎君に会いたくて何回も足を運んでいたのに会うことかなわず...

  3. 日向山のオオビランジと・・カモシカでした(^o^) - ヤッホー!今日はどちらへ?

    日向山のオオビランジと・・カモシカでした(^o^)

    (2020/8/19)オオビランジと富士山白州町の日向山へ「オオビランジが咲いているかな?」本当は林道から錦滝から上るコースを歩きたかったのですが林道は錦滝からの上りが危険なため通行禁止!・・ということで矢立石登山口からのピストンにします。今日も暑いので飲物を多めに持って歩き始めます「10-1」から標が付けられていて頑張りの目安になりますこの山は木々の中を歩くので暑い日には陽が遮られていいか...

  4. 心の拠り所カモシカ時間 - NO PAN NO LIFE

    心の拠り所カモシカ時間

    こんな窮屈な日々でも、変わらずカモシカ時間は唯一無二。キッシュとスープでお昼ご飯。一口一口滲み入る…ティラミス。ショートケーキと合わせた時とはまた違ったお茶との味わいが奥深い…この景色をいつまでも眺めていたい…

  5. 皆伐地 - 飛騨山脈の自然

    皆伐地

    皆伐された斜面にカモシカが2頭いた。切り株から萌芽した柔らかい葉を求めてここに来たのかもしれない。木材は伐採して利用しなければならないが、皆伐すると様々な問題が起こりかねない。保水力の低下、土砂崩れなどの原因となる可能性が高い。経済性から外れるが、せめて縞状に伐採するようにしていただければ、野生動植物にとって負荷が軽減されるのではと考える。下の個体が追い付いて2頭捉えることが出来た。マタタビ...

  6. 太郎君に会いたい… - Okuryuの絵日記帳

    太郎君に会いたい…

    私の住む地域は、けっこう山深いところですから、普通はあまり見かけないような生き物も、平気で家のすぐ近くを歩いていたりします。私の家のすぐ後ろにある山にも・・・隣町との境にある山にも・・・何とニホンカモシカが住んでいるんです。この子たちは、ふだんは草むらの中に隠れていたりするのですぐそばを人が通っても、気づかれずに済んでしまうことが多いようです。ですから、私が撮った写真を地区の文化祭でお見せし...

  7. 幻のオリンピック開催連休 - healing-bird

    幻のオリンピック開催連休

    少しばかりの記念旅行で、八ヶ岳周囲を一回りします.本来なら梅雨が明けて、清々しいばかりの高原のはずですが、終始雨のマークが消えないお天気でした.ただし、日帰りでも行き来している周知の場所ばかりですので、迷うことなく効率よく行き来することができました.本当の目的は、高いお山の軽めの登山と雷鳥、高山植物が目的でしたが、諸々の事情からキャンセルせざるえないのは残念ですが、、、ガッチリと探鳥に時間を...

  8. カモシカの美味しいもの - NO PAN NO LIFE

    カモシカの美味しいもの

    持ち帰って来た美味しいもの達。レモンタルト。パリパリのキャラメリゼされた中にキュッと酸っぱいレモンの旨味が凝縮!儚い美味しさ…貴重な1斤だけの食パンをいただく…キャロットラペとレタスたっぷりサンド。耳アリでトーストをすると、サンドイッチでいただいた時とはまた全然違うモチモチ感!!こんな美味しい食パン迄作れるなんて、ホント凄い…tealaboさんのお茶も。ストレートはもちろん、ミルクティーも美...

  9. カモシカ時間 - NO PAN NO LIFE

    カモシカ時間

    待って待って待ち望んでいたカモシカ再開。人数を減らした完全予約制だったので、安心して訪れられる…自家製ハムと胡瓜のサンドイッチ。共栄堂のワイン。ハムと胡瓜の味がめちゃくちゃ濃くて、それを受け止める自家製の食パンが、もっちりとめちゃくちゃ美味しい…今迄食べたハム胡瓜サンドの中で1番美味しいのでは!?苺と桃のショートケーキ。お茶。苺だけでなく、桃と二層になっているなんて、幸せ過ぎる…ラプサンスー...

  10. 『樹木博士入門』余話③たらの芽とカモシカ - 自然観察大学ブログ

    『樹木博士入門』余話③たらの芽とカモシカ

    『樹木博士入門』の制作中の余話を報告させていただいている。本書193ページのコラムに掲載されているが、ここではもう少し詳しい話をさせていただく。(著者ではない事務局Oですが、コラムを何本か書かせていただいた)2年前(2018年)の5月初めに、長野県でたらの芽採りをしたときのことである。家人の実家(長野県)の裏山では、毎年ゴールデンウイークのころにたらの芽シーズンとなる。普通タラノキは林縁に生...

  11. 四国山地のカモシカ - Qualia

    四国山地のカモシカ

    四国山地のカモシカさん (過去Pic) 家にいて過去Picを見返してみると、 星系の写真ばかり現像していて日中写真はほとんど現像していないものだらけだった(汗)

  12. マボロシのカモシカ時間 - NO PAN NO LIFE

    マボロシのカモシカ時間

    これはまだ2週間前の話なのに、もはやマボロシの如く遥か昔の事のよう…苺のクープとお茶を…美しい器でいただく最高のおやつ時間がどれだけ素晴らしく貴重だったか…たった2週間でここまで変わってしまうとは…またいつか日常の中にカモシカへ行ける日は来るのだろうか…

  13. カモシカ癒し時間 - NO PAN NO LIFE

    カモシカ癒し時間

    毎度お馴染みの駆け込み寺…疲れたときはカモシカへ…ベリーのクラフティ。瑞々しいベリー達に焼き込まれた堅焼きのタルト生地がたまらない…

  14. 夏のあの子にまた会った… - 自然がいっぱい4は終了しました。

    夏のあの子にまた会った…

    相方さんと農協に出かけたとき、昨年の夏に出会ったあの子にまた会えました。何と道路のすぐ横にまで出てきて草を食べてました。枯れススキがたくさんあるので、似た色をしているこの子は全然目立ちません。何か動いているなあと思ったら、カモシカでした。この子は太郎と違って、そんなに近くへは寄ることができません。車をずっと向こうに停めて、そこからそっと道の反対側に行って、すこしずつ近づきながら撮影しました。...

  15. お山のミヤマホオジロ/カシラダカ、番外はカモシカ君 - トドの野鳥日記

    お山のミヤマホオジロ/カシラダカ、番外はカモシカ君

    お山で久しぶりにミヤマホオジロ/カシラダカを見かけました。横ではカモシカ君(嬢?)がこちらを興味深そうに見つめていました。

  16. また、太郎君に会えた。 - 自然がいっぱい4は終了しました。

    また、太郎君に会えた。

    相方さんと義母と私の3人で出かけた帰りに、日ごろあまり出歩かない義母を連れてコハクチョウを見に行きました。たくさんのコハクチョウとナベヅルやマガンを見て、大興奮の義母。相方さんもうれしそうでした。その帰り道、太郎君の話が出て、ぜひ見たいという相方さんや義母の要望に応えるため、ダム湖の奥まで行ってきました。ところが、残念ながら太郎君はお留守のようで、あきらめて家路についたのですが…な・何と‼「...

  17. 太郎君に会えた。 - 自然がいっぱい4は終了しました。

    太郎君に会えた。

    そろそろマンサクの花が咲き始めるころと思い、いつものダム湖に行ってみました。黄色い錦糸卵のような花びらが風に揺れて、一足早い春の訪れを楽しむことができました。で、もしかしたら会えるかもと太郎君を探しにさらに奥へと進んでみると・・・ああっ‼太郎だ。会えたね。ほら、この顔は間違いなく太郎です。うれしいなあ。元気に冬を越していたんだ。太郎との距離はわずか10m足らず。とくに逃げるそぶりもなく、ほら...

  18. カモシカ定例訪問 - NO PAN NO LIFE

    カモシカ定例訪問

    展示会期中に喫茶時間にて束の間のひと時…林檎ケーキとお茶を…何度食べてもやっぱり大好き♡蒜山食材のお土産(自分用)も色々。清らかで澄み切った豆腐はお塩とオリーブオイルをかけてシンプルにいただく…おからのグラノーラ、蒜山小麦のショートブレッドに蒜山きなこのブールネージュ。ブールネージュの山椒使いがニクイなぁ♡久々のショートブレッドは、焼き直すと豊潤な香りが凝縮された旨味のカケラ♡心と体の潤いです。

  19. カモシカ定期訪問 - NO PAN NO LIFE

    カモシカ定期訪問

    慌しい毎日の中で、何とか時間を捻り出して行ってみた…ホワイトオレンジケーキ。ほんのり暖められたパウンドの良い香りが心地良いなぁ…武内さん自ら入れて下さったお茶が染み入る…今回は無理かも…とお互い話していた友人も、時間をやりくりして来店していて、偶然会えるという奇跡!!頑張って来て良かったなぁ…としみじみ…

  20. カモシカ(羚羊) - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    カモシカ(羚羊)

    ふと気がつくと前方目と鼻の先ににカモシカが立っている。そしてじっとこちらを見たまま立ち続ける。好奇心が強く、人間を見に来ることもあるともいわれているらしいがやはり特別天然記念物として長く保護されてきたということから人間にたいしての警戒がうすれてきたといいうことか。ただそれだけではなくたしかになにか此方にたいしての興味と人懐っこさを示して見ているようにもおもえおもわず此方も親近感をおぼえている...

総件数:136 件

似ているタグ