カモメ科のタグまとめ

カモメ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカモメ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カモメ科」タグの記事(34)

  1. コアジサシがアオリイカ獲る - primary feather

    コアジサシがアオリイカ獲る

    コアジサシまだ飛べないような幼鳥が数羽居ました。親がアオリイカ獲ってきました!現地では魚系だと思ってたんですがアオリイカでした。ちょうど、イカの全身写ってる写真がピンボケでした(゚д゚lll)スミ吹かれたみたいですね笑、嘴とかが黒く汚れてます。てか、コアジサシってイカ食べるんですね、初めて知りました。面白いですね〜。この日の僅かに私が撮影した分だけですが、コアジサシ成鳥が幼鳥のために採ってき...

  2. ベニアジサシ親子 - primary feather

    ベニアジサシ親子

    久々に鳥見に行って来ました。せっかく、何回か至近飛んでくれたのにピンアマばっかり... 早くて追えなかった。。。この日、成鳥は1羽だけ??かな??ベニアジサシ観覧車背景ベニアジサシ親子幼鳥へ魚運んでるですが、、たぶんトビウオかなぁ??ベニアジサシとコアジサシ昨年のフォトコン入賞写真が、写真雑誌(先月)に掲載されました。鳥の写真で、賞金は1万でした。

  3. 海猫(=^・^=) - いい男の「歩々是道場」

    海猫(=^・^=)

    陸からでは見ることができない沖のテトラ南側に沿ってウオッチング。どこもかしこもウミネコだらけコレクションがまた1つ増えました(笑)つづく

  4. クロハラアジサシ-Ⅱ - いい男の「歩々是道場」

    クロハラアジサシ-Ⅱ

    2羽に減りましたがラッキーなことに黒い子が2羽残ってくれました。満足のいく飛翔シーンは今日もダメ近くを飛んでくれるのは嬉しいけどフレームに入らずピントも外す始末羽を休めているところは近くで撮らせてくれたコアジサシの様にダイビングはしないので遠くからでも判別できます。つづく

  5. クロハラアジサシ - いい男の「歩々是道場」

    クロハラアジサシ

    情報ゲット!速攻で駆けつけました。西日が順光です。ピントが追い付かず飛翔はほゞ全滅なので電線に並んだ所を狙いました。肩を寄せ合うみたいに並んでくれたら5羽いたのがファインダーに入ったのにねゴマ塩頭もいました風があって電線上では不安定、バランスをとる時変化にとんだ動きをしてくれました。後は数百枚同じ様なのばかりですつづく

  6. ハナショウブとコアジサシ - 星の小父さまフォトつづり

    ハナショウブとコアジサシ

    昨日 (06/08) は、概ね晴れていたけれど、所によって雨雲が発達して思いがけない雨が降ったりした。前日は雨で休写日にしたから、そそくさと出掛ける支度を整えて、梅雨入りもしたことだし、ならハナショウブを撮らねば、ってなことで伊勢崎市の赤堀花しょうぶ園に行ってみた。我が家方面は晴れだったのに、伊勢崎に近付くにつれて雲が増え、雨さえ降りだした。なるほど「所により」だなあ。雨の中、傘をさしての撮...

  7. アジサシ、コアジサシ2在庫 - primary feather

    アジサシ、コアジサシ2在庫

    アジサシオオアジサシと並んでた時は何て小さいんだろうと思ったけど、やはりコアジサシと比較すると大きい。アジサシは、たまに遠くを飛ぶ程度で、2,3羽ぐらいしか居なかった?ユリカモメがコアジサシの魚を奪ってました...コアジサシ

  8. 羽白黒腹鯵刺-2 - いい男の「歩々是道場」

    羽白黒腹鯵刺-2

    休息しに地上に降りたところを撮りたくて23日も15時から河口へ小魚を捕食ウィキペディアによると水中の餌を捕食する時は、水面を嘴ですくうようにして食べる。水面にダイビングして捕食することはあまりない。今年の鳥運を使い果たした感じです。つづく

  9. 羽白黒腹鯵刺-1 - いい男の「歩々是道場」

    羽白黒腹鯵刺-1

    22日夕方、成鳥夏羽のハジロクロハラアジサシ!岩岡の田圃で情報をいただき慌てて駆けつけました。夏羽は頭部、胸、背、翼の下面が黒く翼上面、下尾筒、尾は白い。くちばしや足が暗赤色。飛びながら昆虫を捕ったり、水面付近まで降下して採餌する。時折地上や杭の上で休息することもある。(北海道の野鳥)キャッチアイを意識して連写!!!!!!この日は路駐なんで短時間の撮影でした。つづく

  10. 黒腹鯵刺(クロハラアジサシ) - いい男の「歩々是道場」

    黒腹鯵刺(クロハラアジサシ)

    5月6日の夕方言い訳暗すぎてSS上がらずおまけにキャッチアイも入れることができず撮り直しと思っているうちにいなくなっていました。野鳥の目にキャッチアイ基本中の基本です。つづく

  11. ズグロカモメ夏羽 在庫 - primary feather

    ズグロカモメ夏羽 在庫

    三月 雨の中撮影現地に到着早々居てくれたので良かったです。ズグロカモメ 夏羽ユリカモメ夏羽

  12. ユリカモメ ② ケンカ - primary feather

    ユリカモメ ② ケンカ

    1月撮影このユリカモメ成鳥、他のユリカモメ達に威嚇しまくって物凄くイライラモードでした。どうしたんでしょうか、、、ユリカモメ第1回は、先日のブログのと同一個体。あと、オオバンが死んでた。風に煽られて何かにぶつかった系っぽい。

  13. ズグロカモメ、タゲリ - primary feather

    ズグロカモメ、タゲリ

    12月撮影分 お天気悪いかなり遠く、かなりトリミングしてるので画室悪いです.....。全て同じ場所。ズグロカモメ 3羽 絶滅危惧種Ⅱ類(VU)他府県へ目的の野鳥を見に行った付近で、念願のズグロカモメを見つけました。かなり嬉しい。タゲリ 3羽カンムリカイツブリフォトコン入賞写真が雑誌に掲載されるようで楽しみです!両親が喜んでくれてるので、それが何より1番嬉しい。

  14. 漁港にいたユリカモメ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    漁港にいたユリカモメ

    今日の車中泊では、外気が零度近くまで下がっていますから、車内を温める意味もあってコンビニで鍋焼きうどんやチャンポンなどを買って、カセットコンロで熱々に調理して、冷えたビールを飲みながら美味しくいただいています。単に暖をとるだけであれば、車載の1,500ワットの電源を利用して、セラミックファンヒーターを使うのが一番簡単ですが、車内で食材を温めながらお酒を飲むのが楽しみです。でも、車内でカセット...

  15. 脚の黄色いセグロカモメ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    脚の黄色いセグロカモメ

    今日(12月10日)は、職場の年次休暇を取りました。愛犬チョコちゃんのトリミングの予約と、愛車のタイヤ交換の予約がこの日となっていましたから、必要な休みです。午前中にチョコちゃんをトリミングに送り届けて来ましたが、仕上がりまで3時間ほどかかりますから、その間にカミさんと娘と孫娘を連れて近所のファミレスで昼食を食べてきました。週末は野鳥写真を撮りに出掛けてばかりですから、家族で外食の機会があま...

  16. 銚子漁港のシロカモメ2態 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    銚子漁港のシロカモメ2態

    週末は、どこかの探鳥地へ出かけて野鳥写真を撮るのが、今の私の楽しみになっています。毎週、その季節ごとに探鳥地を探すのが楽しみではありますが、それがまた大変な仕事になっているのも確かです。この週末も、当初は長野県の山に出かけて野鳥写真を撮る予定でいましたが、冬将軍の到来で日本海側では雪が降って、交通機関などに支障が出ているようです。急遽の予定変更で、日曜日は渡良瀬遊水地へ出かけて来ましたが、お...

  17. ユリカモメ - 北の野鳥たち

    ユリカモメ

    先日サケの遡上を見てきた。至るところで産卵、そこには多くのユリカモメの姿があった。この子たちのお目当ては栄養満点のイクラです!サケが産卵するとカモメたちが一斉に群がる\(◎o◎)/!撮影地:胆振管内ブログランキングに参加してみました。1日1回『ポチッ』としていただけたら大変励みとなります。拙いブログですが宜しくお願い致します(_ _)にほんブログ村

  18. オニアジサシ ②、足環と片足ウミネコ - primary feather

    オニアジサシ ②、足環と片足ウミネコ

    片足のウミネコと足環のウミネコ。足環の番号までは分かりません。片足ウミネコ別の個体ユリカモメの大あくび口の中が丸見えのオニアジサシ結構近くで見れたので良かったです。—————-数ヶ月前、干潟へ行った時に、ど素人の私達にも関わらずシギチの識別方法を親切丁寧に教えて下さった方にお会いしました。で、実はこの方、図鑑の著者とかされてて凄い方だったということを、数日前に顔見知りの方からお聞きしました。...

  19. オニアジサシ ① - primary feather

    オニアジサシ ①

    オニアジサシ 換羽中主人撮影———————この頃、ちょっとMF行けてなくて、、、何だかご心配お掛けしてたようですみません、、、ご連絡ありがとうございましたm(._.)m

  20. 小合溜に憩うユリカモメ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    小合溜に憩うユリカモメ

    来年は天皇が退位されて、平成の元号が改められます。このためカレンダー業者さんは、来年のカレンダー作りに苦慮していると聞きます。日本独自の元号ですが、西暦だけで表されると何か違和感を感じて、やはり和暦で表現した方がしっくりと馴染みます。聞くところによると、ある業者さんは西暦でカレンダーを作り、昭和だったら何年、平成だったら何年と併記するものを作るという話も聞きました。いずれにしても、新しい年号...

総件数:34 件

似ているタグ