カモのタグまとめ

カモ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カモ」タグの記事(595)

  1. カワウの営巣と美しき井の頭池(井の頭自然文化園 June 2020) - 続々・動物園ありマス。

    カワウの営巣と美しき井の頭池(井の頭自然文化園 Jun...

    昨年6月初旬の井の頭自然文化園・水生物園より七井門前の大木にカワウが営巣していましたかなり高い場所だったんですが、ヒナの姿もちらっと見ることが出来ましたカリガネです4羽揃ってカリガネフォー!!オカヨシガモですまだ、生まれて5日のヒナが元気に泳いでいましたこの日の様子ちょこん↓関連記事井の頭池の景観ツツイトモが繁り、生気あふれた感じがします↓関連記事

  2. カモ食堂 - お山遊び

    カモ食堂

    毎朝10羽以上ここで黙々と食事しています。今日は20羽以上。何食ってんだろね?Huawei P30lite

  3. シチメンチョウにバリケン~なかよしコーナーの動物たち(埼玉県こども動物自然公園 October 2020) - 続々・動物園ありマス。

    シチメンチョウにバリケン~なかよしコーナーの動物たち(...

    シチメンチョウです前回が、全力でヤギだったので今回はそれ以外のこの日、なかよしコーナーで会った動物たちをご紹介バリケン南米の野生種を家禽化したものです敷地内をとことこと歩いていて実に愛らしいですなんかマウントしてるカメでかい方がヒョウモンガメで小さい方がヨツユビリクガメかな?なかよしコーナーの近くにいるコツメカワウソたちビジュ、ピースケ、ボンジリ、カシラの男子チームです隣の放飼場が整備中イラ...

  4. 生後5日&10日のオカヨシガモのヒナ(井の頭自然文化園 June 2020) - 続々・動物園ありマス。

    生後5日&10日のオカヨシガモのヒナ(井の頭自然文化園...

    生後5日のオカヨシガモのヒナです昨年6月初旬の井の頭自然文化園よりおとなと並ぶとまだまだ、こんなに小さいです2020.5.27と6.1にそれぞれ一羽づつのヒナが生まれましたこちらは、5/27生まれまだ、生後10日のヒナですわずか5日で随分と成長するのがよくわかります再び、生後5日のヒナ餌場をうろうろと物色中どやあっ!もう、泳ぎも達者なものですさすがカモですね愛らしすぎる後ろ姿母親かどうかは不...

  5. カイツブリの親子と花 - ジャコの「毎日 好きな事♪やってます」

    カイツブリの親子と花

    毎朝毎朝曇りです(--;)撮影の時です・・今は朝から晴れ猛暑が続いています日中は晴れでも朝曇りスッキリした朝が欲しい(^^)/でも太陽の恵みを受けて元気♡麦の穂も成長してる♪今は夏と秋の花が混在していますそろそろ本州を追い抜こうとしている感じ新しい巣有るのかどうかも分からなかった・・・・でも親は1羽子供は2羽見れましたバンさんはお寝坊さんの様で発見できず凄いヒシが一杯カワセミさんは今年は居な...

  6. 裏磐梯のカルガモ - 今日の鳥さん+α(初心者野鳥写真集)

    裏磐梯のカルガモ

    今シーズン、裏磐梯に行ったのは1回だけ***2021/05/09裏磐梯キビタキカルガモ、ニュウナイスズメ、アオジセンダイムシクイは見当たらず

  7. 鳥さん達 - ジャコの「毎日 好きな事♪やってます」

    鳥さん達

    数カ所の鳥を一気にアップですこの時はカモさん親子に会えましたカモッ子です随分大きくなっていましたお母さん貫禄だわ~♪川の流れる場所で顔を突っ込みながらコケをムシャムシャ子供達も美味しそうに食べていますこっちでも食事色々な味を楽しまないとね(^-^)この近くで鳴いていたオオルリ空を見上げると「居た♡」カワラヒワもキビタキさんまだ小さそうこの子は誰の子供かなぁ~セキレイバンさんは一生懸命巣作り中...

  8. オシドリ7/2 - OKI-Haru(隠岐ー晴)の野良仕事

    オシドリ7/2

    成長のエクリプスなのか、今年孵った若鳥なのか?オシドリ

  9. 干潟で - 暮らしの中で

    干潟で

    遠くまで広がった干潟にはクチバシの長ーい鳥がいた。チュウシャクシギかな(^^;)

  10. カモ - ササイな日々

    カモ

    近くの水路にカモが3羽泳いでいました。3番目を泳いでいるのは今年生まれた子です。もう少し季節が早い頃、母は前を泳ぐ2羽が10羽以上のコガモを引き連れて泳いでいる姿を見たそうです。壮観でだったでしょうね。うらやましー。他の兄弟姉妹たちは独り立ちしたのかな。

  11. カルガモⅡ6/29 - OKI-Haru(隠岐ー晴)の野良仕事

    カルガモⅡ6/29

    畦刈りをしていた知人が、「刈っていたら鴨が飛び出して・・・よく見たら巣があって、卵が幾つか残っていたのでそこだけ刈らずに残して置いた」とのこと。行ってみたら卵はもう一つしか残っていなかった。次の日には巣の跡も見事に刈り払われていた。厳しいね。カルガモ

  12. カモ - 本当に何でもありなボルゴウ

    カモ

    平和である pic.twitter.com/yG6hC4EYmA 1KK0 (@eltociear) June 28, 2021

  13. オオハクチョウは春に鳴く~失われた美しき季節(井の頭自然文化園 March 2020) - 続々・動物園ありマス。

    オオハクチョウは春に鳴く~失われた美しき季節(井の頭自...

    優雅に泳ぐオオハクチョウ昨年3月下旬の井の頭自然文化園・水生物園よりばっさー鳴きながら泳いでいました隊列を組んで泳いでいるカリガネミゾゴイです葉陰に身を潜めている感じがいい味出してますゴイサギ桜も一気に開花し始めた最高の季節しかし、去年のこの時期はそう・・・美しい季節は全て幻となってしまいました

  14. カモっ子ファミリー♪ - 今日もカメラを手に・・・♪ part2

    カモっ子ファミリー♪

    今年のカモっ子ちゃん♪初めて歩いている場面に会いましたいるかな~あれ、一羽しか見えない…すぐに上げってしまい、お母さんのもとに「およいだあとはきゅうけいだよ」「ガァガァガァ~」なになに!?奥にいるのは警備員ならぬお父さん不審者あらわる全く動じないカモっ子ちゃん(笑)ビックリしたね・・・お昼寝再開お父さん頼もしいねおやすみなさい☆見ていただいてありがとうございます

  15. カルガモ6/23 - OKI-Haru(隠岐ー晴)の野良仕事

    カルガモ6/23

    もうそろそろ見かけてもいいかなという時期になった。一寸大きくなっているがいわゆる「カルガモの親子」である。カルガモ

  16. カモの赤ちゃん - ジャコの「毎日 好きな事♪やってます」

    カモの赤ちゃん

    ようやくようやく緊急事態宣言が解除(^^)/まだまだ恐ろしいのは一緒だけど少し違うところに撮影に行ける♪車で25分朝早く沼に行ってみました(^^)/久しぶりです歩きながらの撮影なのでカメラマンとすれ違ってもお散歩の人と会っても問題なし♪平日の早朝は大丈夫そうですね(^-^)相変わらず鳥は探せない動いたときがシャッターチャンスそんなだからヒヨちゃんだって大事なモデルさんカラさんだって(笑)結構...

  17. お引越し - 散策で発見、自分の街のいいところ

    お引越し

    氷川神社の池を見ていつも思うことがあります。こんなにたくさんの葉をどうしてすくわないのかな?って。これがヘドロの元になるなら早めに取り除いたらいいのに。今年もカモがお引越しという話を聞いたので見に行ってきました。東光寺というお寺から2時間半かけて街中を移動したそうです。いました。親鳥から離れていたヒナが親鳥の方に行くのがとても速い。どうやっているのかと思うくらいの速さです。よく動くのでうまく...

  18. 出没!?〇〇〇 - 「平川を守る会」公式ブログ

    出没!?〇〇〇

    平川にも出没しました「アライグマ」!昨年の7月の話になりますが、平川の入り口手前金江津歯科の手前のY字路信号手前くらいに、アライグマが横たわっていました。最初はタヌキかな?と思ったのですが、近づいたらしっぽが縞模様!牙もある、アライグマだ!実は、アライグマは特定外来生物に指定されていて、茨城県では令和2年度だけでも、過去最高の1,652頭を捕獲しています!昨年、河内町の捕獲は6匹です。●アラ...

  19. 泳ぐマレーバクは水を黒く染めて~カリガネ&コクガンの給餌(多摩動物公園 July 2020) - 続々・動物園ありマス。

    泳ぐマレーバクは水を黒く染めて~カリガネ&コクガンの給...

    昨日に続いて、昨年7月初旬の多摩動物公園マレーバク放飼場より「ユメ&カナエ」親子が泳いでいる隣で、また別の子が泳いでいましたちょっと個体名がわからないんですが雨が降ったりやんだりの一日気持ち良さそうに水浴びをしていましたぶくぶくなんか、ぶわ~って水が黒くなったんだけど・・・う●こ?「詮索しちゃダメ!」ざぶざぶと上陸躍動感あるなあそして、再び池に入って水を黒く染めていく・・・なんで黒くなるの?...

  20. 餌場 - 散策で発見、自分の街のいいところ

    餌場

    1ヶ月ほど前に来たときに2羽のカモが泳いでいました。今回はさらに増えて6羽ほどいました。線路の向こう側は土呂方面で、こちら側は大和田方面側です。カモがいてくれるということは田んぼの虫を食べてくれるらしいのでいいことなのではないかと思います。これだと判りにくいのですが、畦道にも数羽のカモがくつろいでいました。

総件数:595 件

似ているタグ