カラ期間のタグまとめ

カラ期間」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカラ期間に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カラ期間」タグの記事(20)

  1. ねんきんFAQカラ期間編21 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQカラ期間編21

    <Q1>娘が海外に住んでいますが、年金はどうなりますでしょうか?<A1>日本人の海外在住期間は、カラ期間として合算可能です。申し込みをし、国民年金の任意加入をすることも可能です。<Q2>大学の在籍期間はすべてカラ期間になるのでは?<A2>20歳未満の期間を除きます。20歳となられた昭和42年5月から卒業の45年3月までがカラ期間となります。<Q3>元夫が厚生年金保険に加入している期間は合算で...

  2. ねんきんQuiz-第544問(カラ期間) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第544問(カラ期間)

    Q以下のうち、カラ期間とすることができるものを選んでください。☆☆①脱退手当金を受けた期間②特別障害給付金を受給している期間③子の扶養となっていた期間A①脱退手当金を受けた期間point厚生年金保険の脱退手当金を受けた期間(昭和61年4月から65歳に達する日の前月までの間に保険料納付済期間(免除期間を含む)がある人に限る)はカラ期間とすることが可能です。

  3. ねんきんQuiz-第532問(カラ期間) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第532問(カラ期間)

    Qカラ期間を見るための書類について、〇か×かで答えてください。☆☆①配偶者との婚姻期間を確認するためには戸籍謄本が必要である。〇or×②学生の期間を確認するためには学生証が必要である。〇or×③海外の期間を確認するためにはパスポートの写しや居住証明書などが必要である。〇or×A①〇②×③〇point①被用者年金制度の加入者の配偶者によるカラ期間の確認のためには、婚姻期間のわかる戸籍謄本が必要...

  4. ねんきんFAQカラ期間編20 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQカラ期間編20

    <Q1>海外在住のカラ期間の証明としては?<A1>戸籍の附票やパスポートや滞在国からの居住証明書などがあります。<Q2>大学からの在籍期間証明書だと3月9日までとなっていますが、3月は対象になりますか?<A2>3月に公的年金の加入がなければ同月(3月)まではカラ期間とできます。<Q3>休学していた期間も大丈夫ですか?<A3>大学からの在籍期間証明書の期間内であって、また、国民年金の第1号被保...

  5. ねんきんQuiz-第525問(カラ期間) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第525問(カラ期間)

    Q学生のカラ期間について、誤っているものを選んでください。☆☆①大学の夜間制(二部)に在籍していた期間はカラ期間となる。②カラ期間の対象となるのは昭和36年4月1日から平成3年3月31日までである。③カラ期間の確認のため、在籍期間証明書などの添付が必要である。A①大学の夜間制(二部)に在籍していた期間はカラ期間となる。point夜間制(二部)や定時制などの学部に在籍していた期間はカラ期間(合...

  6. 年金アドバイスv(∩.∩)v 495(10年以上25年未満の加入期間の人が老齢年金を請求する場合(未加入期間ありの場合)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 495(10年以上25年...

    ◇10年以上25年未満の加入期間の人が老齢年金を請求する場合(未加入期間ありの場合)年金の加入期間が10年以上(カラ期間を含む)25年未満の人が、特別支給の老齢厚生年金や老齢基礎年金・老齢厚生年金を請求し、かつ、20歳から60歳までの期間に未加入期間がある場合は、年金請求書のほかに「年金未加入期間に関する申出書」を記入します。年金未加入期間に関する申出書は、20歳~60歳の加入していない期間...

  7. ねんきんQuiz-第494問(カラ期間) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第494問(カラ期間)

    Q次のうち、カラ期間となりうるものを選んでください?☆①海外旅行の期間②配偶者が国民年金を納めた期間③脱退手当金を受けた期間A③脱退手当金を受けた期間point昭和36年4月以降の脱退手当金の基礎となった期間は、20歳未満であった期間を含めてカラ期間(合算対象期間)として取り扱われます。(昭和61年4月1日から65歳に達する日の前日までの間に保険料納付期間または保険料免除期間を有することとな...

  8. ねんきんnews2017年12月号(資格期間が10年未満の方への案内の送付) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんnews2017年12月号(資格期間が10年未...

    ●資格期間が10年未満の方への案内の送付資格期間が10年未満の方に対して、年金加入期間の確認のお知らせ(ハガキ)が生年月日順に送付されています。10年(120月)以上となると老齢基礎年金や老齢厚生年金を受給可能ですが、基礎年金番号以外の番号があったり、カラ期間等も合わせて10年以上あるかどうかを確認します。複数の名前の呼び方があったり、違う生年月日にて仕事をしたりした場合などは、別の番号にて...

  9. 年金請求書(短縮用)(20ページ目) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金請求書(短縮用)(20ページ目)

    「年金請求書(短縮用)」(20ページ目)合算対象期間(カラ期間)に関する申立書黒の太枠内を記入します。③海外に住んでいた期間がありますか?「はい」の場合は、海外に住んでいた期間を年齢にて記入します。④外国籍である方(あった方)で帰化または永住許可を受けていますか?「はい」の場合は、帰化または永住許可を受けた時期を年齢にて記入します。⑤ア~ウに該当するものはありますか?ア.厚⽣年⾦保険・船員保...

  10. ねんきんFAQカラ期間編19(脱退手当金) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQカラ期間編19(脱退手当金)

    <Q1>脱退手当金を10年位前にもらいました・・<A1>昭和61年4月1日以降に受給した脱退手当金の支給の基礎となった期間は、合算対象期間とはなりません・・<Q2>期間が不足する場合は脱退手当金として受け取れますか?(昭和19年生まれ、男性)<A2>昭和16年4月1日生まれの方が対象です。(女子の特例を除く)<Q3>脱退手当金を受けた期間がカラ期間になるんですね。<A3>はい、25年以上の要...

  11. ねんきんFAQ書類の見方・書き方編29(10年短縮) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ書類の見方・書き方編29(10年短縮)

    <Q1>婚姻した期間は3回ありますが・・(合算対象期間(カラ期間)に関する申立書)<A1>①、②など表示して、わかる範囲でご記入ください・・<Q2>雇用保険番号いうのはコレですか?<A2>はい、ただ29年8月1日時点で65歳以上のため番号の記入やその写しの添付は不要です。<Q3>大学は中退したんですが、書いたほうがいいですか?<A3>20歳以降の期間はカラ期間として合算可能です。20歳頃~2...

  12. ねんきんQuiz-第455問(カラ期間) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第455問(カラ期間)

    Q次のうち、カラ期間の確認と関連のあるものを選んで下さい?☆☆①改製原戸籍②雇用保険被保険者証③所得証明書A①改製原戸籍point配偶者や元配偶者の厚生年金保険被保険者期間などのカラ期間を確認するために戸籍謄本や改製原戸籍が必要となる場合があります。配偶者が死亡、離婚、転籍などにより現在の戸籍謄本に記載されていない場合は、前の改製原戸籍を取り婚姻期間などを確認します。

  13. ねんきんQuiz-第451問(必要書類) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第451問(必要書類)

    Q請求の際にパスポートの写しが必要となる年金を以下のうちから選んで下さい?☆☆①脱退手当金②脱退一時金③死亡一時金A②脱退一時金point短期在留外国人など、脱退一時金を請求する際には、パスポートの写し(最後に日本を出国した年月日、氏名、生年月日、国籍、署名、在留資格が確認できるページ)を添付します。)や銀行名・口座番号がわかるものや年金手帳も添付します。なお、海外在住のカラ期間の確認のため...

  14. ねんきんFAQカラ期間編18 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQカラ期間編18

    <Q1>各種学校に在籍していたことはありました・・(昭和50年代)<A1>各種学校の場合、昭和61年4月1日以降であればカラ期間とできたところです。<Q2>元妻は同じ厚生年金保険だったと思います<A2>期間がずれていればカラ期間の可能性もあったのですが、お二人とも同時期に厚生年金保険の加入だとカラ期間とはならず・・<Q3>カラ期間を含めて300月以上となると、さかのぼってもらえるんですか?<...

  15. ねんきんFAQ加入記録編24 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加入記録編24

    <Q1ー1>厚生年金保険は何月かけた方がお得ですか?<A1-1>240月加入により、加給年金額が加算され、528月以上で資格喪失だと特例もあります。現在約280月加入されており、ひと月でも多いほうが、もらえる額は多くなります<Q1-2>25年(300月)にしたら率がいいのですか?<A1-2>計算する率は変わりません。300月より301月、301月より302月の方が若干ですがもらえる額は多くな...

  16. ねんきんQuiz-第445問(10年への期間短縮) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第445問(10年への期間短縮)

    Q法改正(期間短縮)により年金を受給できることとなる人を次のうちから選んでください?☆☆※いずれも65歳の者とする①Aさん、厚生年金保険に100月加入、カラ期間なし②Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入③Cさん、国民年金を20月納付、厚生年金保険に40月加入、カラ期間は20月ありA②Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入pointBさんは合計で1...

  17. 合算対象期間(カラ期間)に関する申立書 - 松浦貴広のねんきんブログ

    合算対象期間(カラ期間)に関する申立書

    「合算対象期間(カラ期間)に関する申立書」10年の期間短縮用の年金請求書には、合算対象期間(カラ期間)に関する申立書のページがあります。(101号の場合は別紙での様式)①婚姻している(していた)期間はありますか。「はい」に丸を付けた場合は必要項目を記入します・婚姻期間・配偶者の氏名、生年月日、わかれば基礎年金番号・配偶者が年金を受けていたかどうか②20歳以降に大学院・大学・短期大学・専修学校...

  18. ねんきんnews2017年2月号(受給資格期間の10年への短縮) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんnews2017年2月号(受給資格期間の10年...

    これまでは、老齢の年金(老齢厚生年金や老齢基礎年金など)を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間、カラ期間などを合算した期間が原則として25年(300月)以上必要でした。平成29年8月1日からは、資格期間が10年(120月)以上あれば老齢の年金を受け取ることができるようになります。該当者には、年金請...

  19. ねんきんFAQカラ期間編17 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQカラ期間編17

    <Q1>元夫との婚姻期間がわかる戸籍謄本を取りました…○○運輸に勤務していて、扶養になっていたと思います<A1>元ご主人様の厚生年金保険加入期間をカラ期間としてプラスして…あと○月が不足の期間となります<Q2>○○銀行で勤務していたときは?<A2>脱退手当金を受給されていますが、カラ期間としてプラスできますただし、年金額の計算には含まれません<Q3>夫は今も勤務していますよ<A3>第3号被保...

  20. 年金加入記録について その126(合算対象期間(各種学校:後編)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金加入記録について その126(合算対象期間(各種学...

    ☆合算対象期間(各種学校:後編)・歯科技工士・美容師・臨床検査技師、衛生検査技師・理学療法士、作業療法士・製菓衛生師・柔道整復師・視能訓練士※昭和61年4月1日から平成3年3月31日までの各種学校の学生であった期間のうち、20歳以上60歳未満の期間は合算対象期間(カラ期間)とすることが可能です。(定時制(夜間制)および通信制を除く)

総件数:20 件

似ているタグ