カルガモのタグまとめ

カルガモ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカルガモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カルガモ」タグの記事(16)

  1. カモ と言えば - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    カモ と言えば

    人々に親しまれ良く知られている「カモ」2種です。勿論良く分かります。Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50 Nikon ED82 30WDS / Sony α6000 / E50F1.8

  2. 大きな調整池で - 平さん

    大きな調整池で

    こんな元気な子もいましたオオバンコガモカルガモハシビロガモキンクロハジロ画面上でクリックすると別画面で大きく見れます。

  3. カワウソ? - Taro's Photo

    カワウソ?

     水元公園に行ってきました。鳥さんのブログを見ていると、水元公園でジュウイチやエゾビタキを見ることができるということで、カメラマンが大勢集まっているそうです。ならば! 私も出かけてみることにしました。人混みはあまり好きではありませんが、仕方がありません。(←そういいながらも、お祭りや花火にはいくわけですが。) カメラマン、結構来ていました。 結局、エゾビタキもジュウイチも見ることはできません...

  4. 悪夢(^_^;) - ピアノ教室の風景

    悪夢(^_^;)

    とある演奏会場にて。。。ワタクシはフルートのピアノ伴奏で出演。。。いつもどおりリハでピアノをチェックし、これにて準備万端と思いきや、、、スーツを忘れたっ!でも出番までまだ時間があるよね~・・・すると何を思ったか、ビールを飲みはじめる。。。飲みはじめると抑えがきかなくなり、ワイン、日本酒、そして普段は飲まないウィスキーまで。。。本番前に泥酔状態(^_^;)共演者からの冷たい視線が・・・酔いを醒...

  5. コムクドリは滞在中? - 四十雀の欣幸 ~野鳥写真日記~

    コムクドリは滞在中?

    朝のお城と隣の公園お城、お堀のカルガモが1ペアから2ペアに増えて計4羽カルガモはこの時期でもペアで行動している場合が多い気がしますが、繁殖期以外でもペアは継続するんでしょうか?それともすでに春の繁殖に向けて相手を確保済みなのか??お城、真上ですが、この胸の模様はエゾビタキでしょう。何気にお城でのエゾビタキは今季初、ここではコサメビタキの方が多数派。どちらかと言うとエゾビタキは少しだけ標高があ...

  6. カルガモ(消防士さんありがとう) 09月23日 - 旧サンヨン(Nikon 300mm f/4D)野鳥撮影放浪記

    カルガモ(消防士さんありがとう) 09月23日

    今日の鳥。カルガモ。2017年09月23日撮影。いつもは静かな川に人だかりと消防車が見えた。消防隊による救助を待っていたのは、なんとカルガモだった。何故か川の中の杭と杭の隙間に頭が挟まり抜けなくなったカルガモ消防士さん登場 バタバタと暴れているのを可哀そうに思った散歩の人が連絡したらしい頭が見えてきた!もう抜けそう救助成功! 無事リリース消防士さん、ありがとうございました。カルガモに代わって...

  7. 休憩中 - よもやま日記書いてます。

    休憩中

    9月22日(金)カルガモ達、全員集合で休憩しています。22羽。ここが休憩場所のようで、よく見る景色です。

  8. カルガモ - よもやま日記書いてます。

    カルガモ

    9月12日(火)朝、バサバサバサ~と音がしてカルガモが集団でやってきました。夏、ここで子育てをしていた10羽くらいの家族がいるので、その一団かな、と思ってみてみると、20羽くらいいます。カルガモは渡り鳥ではないそうですが、春になるとここから一斉にいなくなってしまいます。たまに2、3羽居残っていますが。そして秋になると日本のどこかから飛んでやってきます。まだちょっと暑いけれど、秋になっているの...

  9. 今日の鳥さん 170831 - 万願寺通信

    今日の鳥さん 170831

    今日は水辺の鳥さんを。ダイサギ、優雅な立ち姿ですね。穢れの無い純白の羽が美しいこと。蓮池にはカルガモ。高いフェンスは人間には越えられないけれど、彼らには境界線はない、って、改めて思う。廃園は人間の手が届かないからこそのパラダイス。あ、右上にちっちゃいカメ。(*'▽')カイツブリもちっちゃいね。睡蓮池の睡蓮のほうが大きく見えるくらい。鳥の少ないこの時期に三種類の鳥に出会えたのは吉祥、吉祥。

  10. イソヒヨドリ、再始動(?) - 四十雀の欣幸 ~野鳥写真日記~

    イソヒヨドリ、再始動(?)

    近所の川の河口だけ巡回、あっという間に終わります。この日は近くに居てくれた白いカルガモとその相方。河口から海方向を望むとカモが多めに浮いている。遠すぎてフォルムしかわかりませんが、カルガモの他にオナガガモが居るのもわかる、他にも居る。頭上から呼び止めてくれたのは、イソヒヨドリのメス、ほどほどにさえずっていました。イソヒヨドリのオスも居ました。背中だけだとオスメス微妙に見えることがありますが、...

  11. 近所の川のホシゴイ兄弟 - 四十雀の欣幸 ~野鳥写真日記~

    近所の川のホシゴイ兄弟

    近所の川パイプ橋でカワウ数羽が羽繕い&天日干し近所の川にもキアシシギが来てくれました、超安定の登場。来てくれてありがたし。ダイサギ続きは「more」↙️からお願いします 川の中州にゴイサギ幼鳥のホシゴイ頭頂部にわずかに産毛?が残っている中州の陰に隠れるようにもう1羽。こちらも頭にちょっとだけチンチクリンな毛。私を警戒してノソノソと歩いて移動、結局飛んで対岸の木の中に入る。この川で2羽のホシゴ...

  12. カルガモファミリー - イーハトーブ・ガーデン

    カルガモファミリー

    ここでいつも出会うオシドリの姿はなく、カルガモばかりがくつろいでいました。大家族でしょうか。この春生まれの若鳥も交じっているのかな。おまけです。タマムシだと思うのですが…。見つけたものの、すぐに飛ばれてしまいました(>_<)タマムシは縁起の良い、幸運をもたらすものという俗信がありますが、幸運が訪れるかなあ。

  13. 期待はしませんでしたが - 季節の映ろひ

    期待はしませんでしたが

    長野に帰った時には、いつも戸隠森林植物園にも足を伸ばします。今回は中途半端な時期ですから、鳥撮影は期待していませんでした。案の定、鳥の姿は全く無くほぼ木道を散策しただけで終わりました。50メートルほど前方に熊が横切る姿を目撃したので、早々に引き上げました。気に入っていただきましたら、ポチッと↓応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ 前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。 皆様のコメン...

  14. 台風5号 - よもやま日記書いてます。

    台風5号

    8月7日(月)台風5号の風雨の中、デッキのゴミ箱の陰で雨宿り中のハクセキレイ。最近ちょこちょこデッキに遊びに来ている小鳥です。ずっとソコにいていいけど、私のスリッパにウンチしないでね。水鳥のカルガモは全然平気で河川敷でくつろぎ中。大きくなった子ども連れのカルガモ一家です。

  15. ホシゴイ、ゴイサギ - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    ホシゴイ、ゴイサギ

    2017年8月4日 蓮池にはゴイサギも生息しています。ホシゴイ(ゴイサギ若鳥、白い斑点があるのでホシゴイと呼ばれます)成鳥になるには3年ほどかかるようですもう少しで成鳥になりそうな個体。ゴイサギ成鳥羽が痛んだカルガモ、どうしたのでしょうか?

  16. 朝の駿河湾 - 朝の散歩道

    朝の駿河湾

    今日も雲の多い朝 上空に少し青空が見えました河口の頭上に飛んできたウミネコ東からはカルガモが・・・丸子川の上空を通過するゴイサギ土手の木陰の ボタンクサギ 数株きれいに咲いていました

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ