カルチャーセンターのタグまとめ

カルチャーセンター」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカルチャーセンターに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カルチャーセンター」タグの記事(38)

  1. 花材を活かす - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    花材を活かす

    生徒さんの作品より↓花材イタヤカエデ(オオバモミジ)、菊、なでしこ芽吹き始めた小さな葉っぱの勢いを感じて、のびゆく感じそのままに活けられました。習い始めて最初の頃は(といっても最近ですが)、小さな器からはみ出さないようにお花を活けておられた方なのですが、回を重ねるにつれ、飛び出していいんだ…規則正しくなくてもいいんだ…とご自身とも重ね合わせ、自然体でのびやかなお花になってきたように感じます。...

  2. いけばなで心の開放 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばなで心の開放

    先日のお稽古にて。いけばなを始めて間もない生徒さんが、「今日はこの器にしてみます」と楕円形の水盤を選び、お花を活けられました。それまでのお稽古では、丸い小さな器を選ばれることが多かったので、チャレンジするという気持ちが嬉しいな^^と思いながら見ていました。まずご自身で活けた作品は、真上から見ても真横から見ても楕円の中にすっぽりおさまるものでした。『花器をまたぐように、前後に広げてみるとグッと...

  3. 春満開のお稽古 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    春満開のお稽古

    早くもソメイヨシノの開花便りが聞こえるようになりました。昔は入学式の時に咲いていた桜が、今では卒業式の前に咲くという…ずいぶん暖かくなったんだなぁと感じます。昨夜はJEUGIAカルチャーセンターでのお稽古、満開の桜が花材でした。生徒さんの作品より小輪のスカシユリつぼみが、これから花を咲かせますよ〜という希望を感じさせてくれます^^体験の方も参加されて、春満開のテーブル!!思わず笑顔がこぼれる...

  4. 【カルチャーセンター中国語講座】耳に残りにくい音 - 大塚婉嬢-中国語と書のある暮らし‐

    【カルチャーセンター中国語講座】耳に残りにくい音

    リスニングで難しいのは早くつらつらっと読まれている(話している)部分です。日本語を母国語としている人が日本語を聞いて全てが聞き取れているわけではないのに分かる(分かったつもりになる)のはなぜか…かなりの部分を「こうくればこうなるだろう」というその人の常識で判断しつつ聞いているからだと思います。さて中国語の話に戻りますがまだまだ語彙が少ない段階で少しでもその常識を補うためにはどうすればよいか昨...

  5. 【カルチャーセンター中国語講座】短いフレーズでリスニング練習 - 大塚婉嬢-中国語と書のある暮らし‐

    【カルチャーセンター中国語講座】短いフレーズでリスニング練習

    《短いフレーズを言いながらリスニング力を高める》今日はリスニングのウォーミングアップとして同じ短いフレーズを数種類全員に順番に言って頂きました。一度聞いてわからなくても自分の声を聞いたり、人が言うのを何度か聞いたりしているうちにあーはいはい、わかりました、となることがあります。大サービスのヒントですが使う動詞の意味を先に言っておきます。その動詞ならどんな名詞が続くだろうか、そう考えながら短い...

  6. お稽古のようす - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    お稽古のようす

    月に2回のJEUGIAカルチャーセンター(パークプレイス大分)でのお稽古。季節ものの桃とチューリップ、オンシジウム。華やかな取合せでした。昨年末からお稽古を始めた生徒さん。全くの初心者さんでしたが、今ではご自身で枝を選んで切り分け、活けられるようになりました。ピンク色のつぼみをたくさん使いたいけど他のお花を入れると見えなくなってしまう、見えるように活けるとスカスカして真ん中がさみしくなる…と...

  7. 白木蓮(ハクモクレン) - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    白木蓮(ハクモクレン)

    昨日のお稽古で使った「白木蓮(ハクモクレン)」産毛に包まれた蕾の中から、絹のようなお花が咲くようすを、木に咲く蓮の花のようだと、その名前がつけられたそうです。この白さ…なんとも気品があって美しい。モクレンの花は上向きに咲きます。中高木なので、普段は高い位置に咲いているお花の中まで見ることがありませんよね。こんな風なんだ〜と思いながら活けました^^菜の花と椿との取合せ。春らしい花材でした…が、...

  8. 生徒さん作品 - 郁駒屋

    生徒さん作品

    1月ももう終わりですね、雪が降る寒い1月でした。ふくろもの教室での作品Hさんの携帯裁縫用具入です。綺麗に出来上がりましたね~。Kさんのご自宅で作ったの復習作品。鋏入れも名刺入れも綺麗に出来上がりました。つまみ細工教室での作品Hさんのバラのリース、ワイヤープランツで華やかさをプラスしています。Tさんのバッグチャーム、プレゼント用とのこと。喜んで頂けるといいですね。来月は、つまみ細工教室の日程が...

  9. いけばなを始めて視野が広がったように思います - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    いけばなを始めて視野が広がったように思います

    先日のお稽古で、芽出しアジサイの枝を使いました。文字通り、アジサイの芽が出たばかりの枝で、いけばなでは春になると よく使われています。この日の生徒さん達は、意識して見たことがなかったようで、「これがアジサイなんですか??」と不思議そうな顔をされていました。生徒さんの作品より↓「芽出しアジサイに驚きました。花の時しか見たことがなかったので…。いけばなを始めて、視野が広がったように思います」と感...

  10. 【カルチャーセンター中国語講座】リスニング - 大塚婉嬢-中国語と書のある暮らし‐

    【カルチャーセンター中国語講座】リスニング

    先週土曜日、カルチャーセンターの今年初めての中国語講座でした。新入会の受講性が1名いらっしゃるとご連絡を頂いていましたのでテキストは第1課からスタートすることにして授業の計画を立てました。テキストは「姓」「叫」「是」を使った表現がメインです。「是」は先週見た中国ドラマの台詞から一つ拝借、もう一つは「○○の首都は○○です」でリスニング練習。外国の国名は何度もやっていますが都市名はこれまで殆ど練...

  11. あずき柳 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    あずき柳

    先週、雪予報で休講にしたカルチャーセンターのお稽古が、昨日無事に全員参加で行われました^^“お久しぶりです〜今年もよろしくお願いします”あぁ、こうして皆さん集まってくださってお稽古できるって幸せだなぁ…昨日は小正月。「小豆のような赤い色の食べ物は、邪気を祓うとされていて、小正月には小豆粥を食べて無病息災を願ってきたそうです。お祝いの席でお赤飯食べるのも邪気を祓うからなんですね。小豆粥 食べた...

  12. 気持ちが楽になる方を選ぶ - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    気持ちが楽になる方を選ぶ

    おはようございます。おかげさまで、こちらは大した雪にならず、(ちょっと期待もしたのですが)静かな朝を迎えました。寒くてなかなか布団から出られません^^;会社勤めをしていた頃は、大雪の予報が出ても、会社には行かなければならないという前提で考えていたので、もしも電車がとまったら…、車で行くとすると何時に出るか…、渋滞するかも…と逆算して準備したものでした。心の中では「雪なので休みまーす」と言いた...

  13. ヨークカルチャ―加古川カルトナージュ教室のお知らせ - 明石・神戸・兵庫県のカルトナージュ&タッセル教室 アトリエ・ペルシュ

    ヨークカルチャ―加古川カルトナージュ教室のお知らせ

    2021年2月から、ヨークカルチャ―センター加古川さんでカルトナージュ講座を持たせて頂くことになりました(^^)ヨークカルチャ―加古川さんの講座案内2021年新春号の、表面右側に掲載して頂いております。お近くにお住まいの方は、13日に新聞折込が入る予定です。ぜひチェックしてみてください!コロナ禍もあり、初めてさせていただく場所というのもあり、ひとまず3回連続講座の形を取らせて頂いております。...

  14. 生徒さんの作品より - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    生徒さんの作品より

    先日のJEUGIAカルチャースクール(パークプレイス大分)でのお稽古。生徒さんの作品より↓花材は、椿、ガーベラ、菜の花でした。馴染みのあるお花でしたが、椿の枝をさばいていくのは意外と大変な作業。勢いよく活けたいけれど、どこを残してどこを切るか、始めの頃は枝を切るのに勇気がいるんですよね〜。だんだんと緊張感もほぐれてきて、「梅もまだ咲いていないのに、もう菜の花⁉︎」“自然の菜の花も咲いてたよ〜...

  15. 大垣中日文化センターさまで消しゴムはんこ講座♪ - kedi*kedi

    大垣中日文化センターさまで消しゴムはんこ講座♪

    ↓ランキングに参加しています♪見たよーとポチっとお願いします!***大垣中日文化センターさまで消しゴムはんこ講座開催しました♪年賀状作りだよ~🐄消しゴムはんこ初体験の方ばかりだったので基本の彫り方から説明を~😊と言っても、彫り方、使う道具などホント人それぞれだったりするんよね。絶対こうじゃなきゃダメ!ってのはないのでいろいろ試して自分のやりやす...

  16. 横から見ても美しく - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    横から見ても美しく

    JEUGIAカルチャーセンターパークプレイス大分でのお稽古。花材は、金魚草、アイリス、スイトピー、アレカヤシ でした。温室で咲かせたお花は一年中出回っていて、まるで春のような花材も揃ってしまいます(^^;枝ものがなかったので、全体的に小ぶりでしたが、小さな文化 細やかなところにも気を配りながら活けるお稽古ができました。アレンジメントと違って、いけばなには正面がありますが、横から見ても美しく見...

  17. 生徒さん作品とクリスマスの準備 - 郁駒屋

    生徒さん作品とクリスマスの準備

    寒いですね~、朝布団から出るのがつらいです。今週は木曜日につまみ細工教室、金曜日にふくろもの教室でした。Tさんの白いクリスマスリース綺麗ですよね~。ここ数年、毎年誰かが作ってくれていてとても嬉しいです。Kさんの3歳用かんざし淡い色調がとっても繊細な雰囲気で素敵です。金曜日のふくろもの教室では最初の携帯裁縫用具入(けいたいさいほうようぐいれ)も作りました。楽しんでいただけたようで何よりです。K...

  18. お正月花のご案内 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    お正月花のご案内

    まだ11月ですが…いけばな教室では、お正月花の希望を聞いて、注文のとりまとめををしているところです。法華寺御流のお正月といえば、若松または万年青はい。シンプルです(^^;やっぱりお正月のお花は華やかに…という方は、1日講座パークプレイスのJEUGIAカルチャーセンターにて受付中です。剣山を使わなくてもできるいけばな風のアレンジメントです。※画像はイメージです。一緒に活けていきますので初めての...

  19. 【カルチャーセンター中国語講座】授業のポイントのメリハリ - 大塚婉嬢-中国語と書のある暮らし‐

    【カルチャーセンター中国語講座】授業のポイントのメリハリ

    授業が終わった後、受講生がモヤモヤした気分のまま教室を出るのかすっきりした気分で出るのかは講師側の責任です。今日の反省は1)まず重点を置くところ、軽く流すところ、そのメリハリがついていなかった。2)重点ポイントはテキストの例文のままでなく、まずはできるだけ習熟度の高い単語、シンプルな構造で紹介すべきだった。ポイントを紹介するテキストの例文が欲張りすぎている場合もあります。まずはおいしいところ...

  20. 【カルチャーセンター中国語講座】リスニング - 大塚婉嬢-中国語と書のある暮らし‐

    【カルチャーセンター中国語講座】リスニング

    よみうりカルチャーセンターが2020年10月末をもってクローズしましたので新しくオープンするカルチャーセンター小倉駅前校にクラスを移して開講させていただき、今日が中国語の講座初日でした。講座内容はよみうりでの講座の続きですが講座タイトルを新しくするよう要望がありましたのでリスニング力アップという今年の講座目標をそのままタイトルにつけました。講座名は『中国語・発音と初級リスニング』です。スクー...

総件数:38 件

似ているタグ