カワウのタグまとめ

カワウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカワウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カワウ」タグの記事(127)

  1. 星屑の町 - 清治の花便り

    星屑の町

    6月21日梅雨の空なんだけど・・・・梅雨入りを出すや出さじや気象台歩地爺このポーズ三橋美智也の「星屑の町」♪両手を~広げて~帰ろ~揺れながら♪^^鵜匠から逃れて万歳河鵜かな歩地爺6月22日掛戸手前で降雨歩地、ゐぬーど前から犬だワン6月23日波止場の釣師なんのアタリもないらしくこの後すぐに撤収雲間の薄光ブイを照らし船を照らす梅雨前に溝の改修終はりけり歩地爺父の日やシェーバーのリズムはワルツ歩地...

  2. カワウ 大和川 大阪府内 2019年6月中旬 - 大和川野鳥撮影日記 大阪府内限定

    カワウ 大和川 大阪府内 2019年6月中旬

    カワウ水分の付いた羽根を広げて、乾燥させています。華やかさを感じない鳥ですが、小魚を取るのが得意で、おこぼれを取ろうと周辺にコサギやダイサギがまとわりついてくることがあります。

  3. ウミネコ、カワウ他@葛西臨海公園 - 青爺の野鳥日記

    ウミネコ、カワウ他@葛西臨海公園

    昨日、葛西臨海公園へ行って来ました。鳥は少なめ、オオヨシキリの囀りはするも姿は見えず。オナガとムクドリくらい。渚では、ウミネコ、カワウ、カルガモ親子、チュウサギ、アオサギに出会えました。◼️ウミネコ◼️カワウ東京ゲートブリッジ、ANAの翼を背に、飛び交うカワウ◼️カルガモ親子◼️オナガ撮影日:2019年6月18日

  4. カワウ 大和川 大阪府内 2019年6月中旬 - 大和川野鳥撮影日記 大阪府内限定

    カワウ 大和川 大阪府内 2019年6月中旬

    カワウ自転車から降りて、数秒で見付かりました。白色のコサギ、ダイサギはいませんでした。水流が約15メートルあるのに、大きな石が少なく、カワウの居場所が特定しやすいです。羽根が水で光っておらず、乾燥しています。尻から白色の液体が飛び出ると、数秒後に飛んで行きました。用事を済ませて、体重を減らし、立つ鳥跡を濁しています。ことわざと逆でした。長袖のシャツを着て、日焼けと蚊にさされにくいようにしています。

  5. ケッタ乗らなかん - 下坂中学校 写真部 Ⅱ

    ケッタ乗らなかん

    このカワウ、堰堤のブロックのあいさに首突っ込んで、75% くらいの確立で捕食、名人?って呼ばれとった。「ホシゴイ」 が 「ゴイサギ」 にいつ変わるんかしゃんって、ずぅ~っと気になっとった。これがその移行期だな、星が首筋に残っとるけど、背中はゴイサギになりつつある。膝の先生が、平らなとこでケッタ乗ったほぉがえぇってっとったで、漕ぎ出しに負担の少ない26inch のケッタマシンⅠ号にちょっとずつ...

  6. 野鳥保護には脚輪は必要不可欠なのだろうか? - スポック艦長のPhoto Diary

    野鳥保護には脚輪は必要不可欠なのだろうか?

    昨日の服部緑地公園の続きです撮るとはなしに撮っていたカワウ同行の写友が脚輪が着いていることを発見彼女は探鳥会のリーダーさんなので事情を調査してくれたこの鵜は昆陽池で去年の6月に幼鳥の時に脚輪を付けられたことが分かった分かったところでちょっとした好奇心が満足されたがそれが幼鳥に脚輪を付けて保護に役立つのだろうか山階鳥類研究所は他にもたくさんの幼鳥に脚輪を付けているがその結果の具体的な発表や成果...

  7. こりゃ大物だ! - ふみ君の撮影日記

    こりゃ大物だ!

    渡りの途中の鳥を探しに出かけたが姿はさっぱり、代りに留鳥のカワウが潜水を繰り返しやっと大きな魚をくわえて上がってきました。お見事!!

  8. ■カワウの漁19.4.17 - 舞岡公園の自然2

    ■カワウの漁19.4.17

    曇り空ながら春である。虫探しの散策終えて帰りがけ、「さくらなみ池」にカワウがやってきていた。潜ったなと思ったら何かをくわえて浮き上がった。カワウ19.4.17FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/160,F16くわえているのが何か、等倍に切り出してみた。大きな鮒のようです。すでにカワウによって根こそぎ大きな魚は漁られていなくなっていたと思っていたが、まだいたのだ...

  9. 春の風 - 清治の花便り

    春の風

    4月15日今日は久手波根西地区の氏神様苅田神社の例大祭御神輿が午前中掛戸から柳瀬の集落を練り歩くだに僕はここ二年猿田彦今日も頑張る予定だけど・・なしてだら知らんが・・・二日前から膝が痛てやれんだに。。堪いてもらうかも4月11日春風に捲れる羽の鳶かな歩地爺雨が上がったばかりなのに日御碕灯台くっきり大原川河口まだいるカイツブリカルガモの足ててこがに赤かったんだえなげな天気で雨がぽつんまたぽつん両...

  10. アオゲラ・マルガモ・カワウ・・・八王子 - 浅川野鳥散歩

    アオゲラ・マルガモ・カワウ・・・八王子

    八王子アオゲラ高い木の上で、ずーっと鳴いてたので見つけることが出来ました。バードウオッチングでは「鳴き声」は大事な情報です。「鳴き声」が事前にインプット(知っている)されているのと、されていないのでは成果に大きな差が出ます。ちなみに、このアオゲラの写真を撮った後帰ろうとしている時、通りかかった、車が買えそうな超望遠レンズを持ったカメラマンがアオゲラが鳴いているのに通り過ぎようとしてるので「ア...

  11. △池のクロツラヘラサギさんとカワウの北帰行 - cuccooの野鳥エトセトラ

    △池のクロツラヘラサギさんとカワウの北帰行

    お早うございます😄此処のところ撮影がおろそかです。。お天気が悪いからとか、今日は気分が乗らないだとか、なんだかんだと理由をつけてサボってしまう悪い癖が出てしまっているようで・・・別にこれを生業としている訳ではないので、気分が乗った時にいつでも撮影に出掛ければ良い訳なんですが、たま〜に自分の怠惰さ加減に嫌気がさす時があります。。さて、ひと月前に撮影したものの中から△池の...

  12. 百千鳥 - 清治の花便り

    百千鳥

    WTO、日本が韓国に逆転敗訴―原発事故で8県水産物規制ー不当だと信じていた韓国の禁輸処置え!?という判決あ・だが・・原発事故による不安自国日本でもあったのに国際レベルじゃそうなんかもそれでも・・原発を推進するのか?桜から大江高山記事でお散歩写真が溜っちゃった4月5日農大の桜並木に薄朝日歩地爺七分くらいだったかな?ツルニチニチソウ日日花開くこのガードを潜ってお散歩し終了4月6日♀2♂1鳥の世界...

  13. カワウがナマズを捕まえた&板倉雷電神社 - 私の鳥撮り散歩

    カワウがナマズを捕まえた&板倉雷電神社

    久し振りのMFの城沼にて後ろを向いて飲み込んだナマズと言えば天ぷら美味です=この地域の川魚料理店でも出される郷土料理でもあります又城沼から6km程に「板倉雷電神社」が有り参道の川魚料理店でもメニューにあり特に雷電神社は関東の総本宮でもあり社殿の彫刻は一見の価値あり

  14. 花ふふむ - 清治の花便り

    花ふふむ

    3月24日この雉は♀を連れていたが・・♀は慌てて隠れましたまるまるとプロパンボンベ雉盛る歩地爺3羽とも別個体掛戸大原川河口からカモの姿は消えましたオオバンはまだカワウの雌雄は恋の色♂がもう一羽加わって3者会談お相手は決まったかな?日が昇って天使の階段竹下成果工場のソメイヨシノ一気に咲くかと思いきや寒の戻りに足踏み例年通り4月初旬かもギャラリーの庭の隅なる花ふふむ歩地爺ごきげんようさようなら・

  15. 『カワウだって登場』3月13日 - ヤソッチひだまり写真館

    『カワウだって登場』3月13日

    水辺に行けばカワウ、空を見上げればカワウ。いつも身近に居るのに、糞がくさいと嫌われ、鳴き声もうるさいと…。でも、顔の鮮やかな黄色とエメラルドグリーンの目、鋭い嘴。たまには撮ってあげないと。<B89 Tam28-80>

  16. カワセミのホバリング・・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    カワセミのホバリング・・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)カワセミホバリング中のカワセミです。ホバリングとはヘリコプターの空中停止のことですが、カワセミも上手に空中停止します。他の鳥も似たような動作をしますがカワセミのホバリングは「ピタ!」という感じでキレイに空中停止します。ホバリングから水中の獲物をロックオンしてダイビングするわけです。写真はちょっと遠くて光学600mmをデジタルで1200mmにしてさらにトリミングしてます。コンデジ...

  17. 曇りの日も - Mag's DiaryⅢ

    曇りの日も

    昨日は曇り、風が強くて寒い一日でした。画像処理ソフトを使って遊びました。

  18. カワウの下に - 下坂中学校 写真部 Ⅱ

    カワウの下に

    金曜午前中は町内の寄り合いがあって、午後名古屋港へ。ちょうど2時過ぎが満潮だったもんで、ひょっとしてって思ったんだけど、この日もだいぶん遠くでカワウやカモメがぎょぉさん集まっとった。だんだん北へ上がってきて、そのうち西のほぉへ、船がおってもお構いなし。近くで1羽がでかいの(セイゴ?)銜えとったし、やっぱ上げ潮時に獲物追っかけとるみたいだ。なんだけど、この日カワウの下に2回目のスナメリはおらん...

  19. 勝負服をまとったイケメン - ひとり野鳥の会

    勝負服をまとったイケメン

    近くの河口で「ウ」を見かけました。口角が鋭角じゃないからカワウだと教えていただいたのですが、それよりも気になったのは、その頭!いつものツルツルじゃなく、白いフサフサした感じ。調べてみると「婚姻色」」というらしいです。ベニザケが文字通り真っ赤になるのも婚姻色なんだとか。つまり、勝負服をまとったってことですね。幸あれ!

  20. 河口の日の出 - 朝の散歩道

    河口の日の出

    雨上がりの霧に包まれた河口の朝です。何時もいるツグミ今朝は数少ないモデルさんです。こちらも毎朝元気なカイツブリ散歩道では7~8羽が居るようです。婚姻色のカワウ

総件数:127 件

似ているタグ