カンブリアのタグまとめ

カンブリア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカンブリアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カンブリア」タグの記事(15)

  1. イギリスの奇跡のサービス・エリア - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    イギリスの奇跡のサービス・エリア

    湖水地方のKeswick ケズウィックから高速道路クラスのA66号線に入り、予定通り午後4時頃に帰路に着きました。この道路から東に進み、Penrithで高速M6号線に合流しますが、高速で最初にすべき事はSA(サービス・エリア)に寄る事。何せ、宿で朝食をたっぷり取ったので、この日は昼食は抜きだし、小銭がなくてトイレにも午前中から全く行っていません。そして!M6号線に入って最初のSA「Tebay...

  2. 湖水地方の旅ウィンラッター峠 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅ウィンラッター峠

    Honister Pass ホ二スター峠からCrummock Water クランモック湖を経由した後は、B5289線を引き続き北上し、続いてB5292線に入り東方向に進み、再びKeswick ケズウィックの町を目指します。午後4時頃までにケズウィックから主要道路に入り、帰路に着かなくてはなりません。B5292号線は、途中Whinlatter Pass ウィンラッター峠を通過します。峠とは言え...

  3. 湖水地方の旅クランモック湖 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅クランモック湖

    Honister Pass ホ二スター峠を越え西に進むと、まずButtermere バターミア(バタミア)湖が見えて来ますが、湖畔の駐車場は何処も満杯&有料で立ち寄る事が出来ませんでした。実は私達二人共、小銭の持ち合わせが全くなく、有料駐車場を利用出来なかったのです。湖水地方は公衆トイレも皆有料で、途中で小銭を使い果たしてしまいました。日本より遥かにキャッシュレス化が進んだイギリスで、まして...

  4. 湖水地方の旅ホニスター峠 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅ホニスター峠

    Keswick ケズウィックの町からDawentwater ダーウェント湖畔を経由し、Honister Pass ホ二スター峠を目指しています。この峠を貫通するB5289号線は、恐らく前日訪れたWrynose Pass ライノース峠~Hardknott Pass ハードノット峠道に匹敵する眺め抜群の道路です。ただしB(県道クラス)道路だし、峠付近に観光施設もあり、また峠を越えた先にはButt...

  5. 湖水地方の旅ダーウェント湖 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅ダーウェント湖

    湖水地方で一度見ておきたかったCastlerigg Stone Circle キャッスルリッジ環状列石を見学した後は、Keswick ケズウィックの町を通過し、南下してHonister Pass ホ二スター峠と言うかなり期待出来る景勝道路をドライブする計画を立てていました。その途中、道路はケズウィックの南に位置するDawentwater ダーウェント湖の東岸に沿って走ります。その景色が逆らい...

  6. 湖水地方の旅キャッスルリッジ環状列石 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅キャッスルリッジ環状列石

    夏に訪れた湖水地方の旅の二日目で、お土産を買う為に立ち寄ったグラスミアを慌ただしく去った後は、A591号線を北上し、もう一つ前々から湖水地方では是非訪れたいと思っていた、Keswick ケズウィック近くの「Castlerigg Stone Circle キャッスルリッジ環状列石」を目指しました。途中、Thirlmereと言う湖で車を止めましたが、後から知った事には、これって人造湖、つまりダム...

  7. 湖水地方の羊キャラ「ハーディ」 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の羊キャラ「ハーディ」

    湖水地方の旅の二日目は、まずGrassmere グラスミアと言う村へ行く予定です。小旅行と言えど、家族へのお土産を買う為です。私達夫婦の間では、一応イギリス国内では、一泊以上の旅行の際には家族へのお土産を買う事にしています。お土産を探すのは、日本では色々商品があり過ぎて選ぶのに骨折れですが、イギリスではバラエティとその土地らしさがなさ過ぎて一苦労です。途中ウィンダミアとアンブルサイドの町を通...

  8. 湖水地方の宿 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の宿

    湖水地方に到着する前日に予約した宿は、Brigsteerと言う村に在る、パブを兼ねた「The Wheatsheaf Inn」と言う旅籠でした。「wheatsheaf」は小麦の束と言う意味で、パブの名前としてはイギリス中で割と良く見掛けます。Brigsteerは、どちらかと言うとKendalに近い、国立公園の東端の、急な山の斜面に家々がへばり付く様に立つ村です。村内の自動車道はどれも狭い坂道で...

  9. 湖水地方の旅ハードノット峠 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅ハードノット峠

    昨年の夏に訪れた湖水地方の小旅行で、車で景勝道路を巡る旅をしています。Great Langdale 大ラングデール谷からLittle Langdale 小ラングデール谷へ出て、西の海方面に通じる山道をWrynose Pass ワイノーズ峠経由で進んでいます。これからHardknott Pass ハードノット峠を越える訳ですが、前方の山の斜面に見える、二人共すっかり小川だと思い込んで銀色のつづ...

  10. 湖水地方の旅ワイノーズ峠 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅ワイノーズ峠

    景勝道路のドライブが主な目的で来た夏の湖水地方の小旅行で、Great Langdale 大ラングデール谷から峠を越え、Blea Tarn ブリー沼を経由し、Little Langdale 小ラングデール谷の主要道路に入り西へ進みました。この道路は、湖水地方国立公園のド真ん中を東西に貫通する唯一のルートですが、主要道とは言えB道(県道クラス)ですらなく、狭くて急で曲りくねった山道です。多くの部...

  11. 湖水地方の旅ブリー沼 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅ブリー沼

    大ラングデール谷から峠を超えて下り始めると、すぐに美しい湖が目に入り、脇にはナショナルトラストの駐車場が在りました。興味を引いて、車を止める事にしました。湖の名前は、「Blea Tarn」と言います。湖を表す一般的な英単語は、言わずと知れた「lake」ですが、ここ湖水地方では、湖の名称の多くに「water」「mere」「tarn」と言った単語が付きます。この内「tarn」は、谷底ではなく山の...

  12. 湖水地方の旅大ラングデール谷 2 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅大ラングデール谷 2

    遅い夏休みとして湖水地方に来て、その奥座敷とも言えるGreat Langdale 大ラングデール谷で、気ままにドライブを楽しんでいます。この建物は、ホテルのようです。真後ろの岩山の中腹には、滝が流れているのが見えます。どの山を眺めても、結構多くの人が歩いています。樹木はほとんどない剥き出しの山ばかりだから、始終見晴らしが良い分、登山は楽しいのに違いありません。この辺りがGreat Langd...

  13. 湖水地方の旅大ラングデール谷 1 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅大ラングデール谷 1

    湖水地方に到着して、まずSkelwith Force スケルウィズ滝を眺めた後、Great Langdale 大ラングデール谷(※dale自体が渓谷を意味する単語)をどんどん車で登って行きました。途中、River Brathay 沿いに魅力的な遊歩道を幾つも見掛け、やはりいつかはここで、じっくり数日間掛けてトレッキング三昧したい~と言う衝動に駆られました。今回は時間が少ない為、ドライブで景勝...

  14. 湖水地方の旅スケルウィズ滝 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅スケルウィズ滝

    昨年の夏に訪れた湖水地方では、滞在時間がかなり限られている上、その後の帰路の運転も長時間で大変なので(P太が)、体力を消耗する街歩きや山歩きは余りせず、出来るだけ車に乗っているだけで眺めの良い道路を廻る旅、と予めテーマを決めていました。旅行に出る事自体は突如決めましたが、巡るコースは、道路地図やグーグルマップを見て、随分前から計画を立てていました(…地図を眺めるのが趣味なもんで)。余りに混ん...

  15. 湖水地方の旅の始まり - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    湖水地方の旅の始まり

    現在新型コロナウィルス感染に寄る死亡者数が総計10万人を超え、欧州一の被害数を出しているイギリスですが、夏には一日の死者数が一桁台でした。そんな夏の終わりに、イギリスには珍しく、快晴が全土で二日間続くと予報された時があり、我々夫婦は急遽遅い夏休みに出掛ける事にしました。二人の希望の行き先は、揃って「やまっ」。概ね土地が平坦なイギリスの景色にいい加減飽きていた我々は、何せ二年前の日本を訪れた時...

総件数:15 件

似ているタグ