カンボジアのタグまとめ

カンボジア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカンボジアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カンボジア」タグの記事(53)

  1. トゥクトゥクに乗って♪ - 卒婚しました♪

    トゥクトゥクに乗って♪

    ホテルの周辺を散策しました。オートバイの後ろに着いた荷台に座りますオモチャみたいだけどタクシー代わりに使う人も多いようです。お土産物屋やカフェなど行きたい場所、見たい場所を伝えれば店の前まで連れて行ってくれて買い物や休憩をする間も待っていてくれます。料金は交渉次第でしょうが2時間程度で$8でしたホテルのフロントで手配してもらったので流しのものよりは少し高かったかも。。。ご覧のように道路の整備...

  2. Raffles Hotel Le Royal - 三日坊主のホテル宿泊記

    Raffles Hotel Le Royal

  3. Raffles Grand Hotel d'Angkor - 三日坊主のホテル宿泊記

    Raffles Grand Hotel d'Angkor

  4. カンボジア旅・シェムリアップで遊ぶ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・シェムリアップで遊ぶ

    カンボジアの一番のハイライト・アンコールワット。アンコールワット遺跡の拠点になるのがシェムリアップです。首都・プノンペンには行かずともシェムリアップに行く旅行客がいるほどで、街は外国人観光客を受け入れる環境がバッチリ整っています。物価もプノンペンよと同じか、ちょっと高いものもあるほどですが、シェムリアップは楽しい街です。宿はプノンペンで気に入ったone stop hostel。シェムリアップ...

  5. カンボジア旅・プノンペンのカフェ事情 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・プノンペンのカフェ事情

    今、プノンペンだけではなく東南アジアでは空前のカフェブーム。今回のカンボジア旅の目的の一つでもありました。そこでわかったことはカフェというのもいろんなタイプがあるということ。流行りのカフェ、質にこだわったカフェ、昔ながらのカフェ、この3つに分けてご紹介します。1.流行りのカフェプノンペンでは三大カフェと呼ばれているものがあります。それがスターバックスとBrown coffeeとcafe Am...

  6. カンボジア旅・コーヒー農園へ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・コーヒー農園へ

    カンボジア・モンドルキリにあるコーヒー農園に行ってきました。3キロくらい歩けば着くようだったので、タクシーでツアーをチャーターして連れてってもらうこともできたのですが、ケチったれ!の私は歩いて行くことにしました。この時、どうしてどんな変な自信があったかというと、この前の年、インド・ダージリンで6キロ歩いて2つの紅茶農園を巡ることができていたからでしたwこちらインドのダージリン・キャッスルトン...

  7. カンボジア旅・モンドルキリへ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・モンドルキリへ

    カンボジアの北東部・モンドルキリへ移動です。プノンペンから6時間。モンドルキリへ向かいます。はじめ、8時間と聞いていたのですが、6時間でした。ぐねぐね道を想定していたのですが、全然!綺麗な道!!6時間、長いので途中でトイレ休憩なんかもマメにしてくれます。それがアジアのバスのいいところ。そして、お昼休憩もありました。どうやって注文したらいいんですか!!興味津々で見ていたら、どこからか英語を話す...

  8. カンボジア旅・プノンペンで乗り継ぎ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・プノンペンで乗り継ぎ

    胡椒農園を見て、のんびり宿をチェックアウトして、バスでカンポットからプノンペンへー翌日はモンドルキリという、今度はコーヒーエリアへ移動です。ガイドブックではカンポットからモンドルキリの直行のバスのことは書かれていなかったのですが、カンポットの宿で直行があることがわかったんですよね!下写真の図、下から二段目、カンポットからプノンペン経由でモンドルキリ行き、8時発21ドル、9時間という。だけど、...

  9. カンボジア旅・カンポットの宿 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・カンポットの宿

    胡椒農園の見学を終えて、カンポットの宿へ。カンポットの街中もなかなか面白そう。美味しそうな食べ物の屋台がずらりと並び、アジアによくある、エネルギッシュな街の風景。だけど、私はこの街ではあえて静かな場所を選んでいました。のーんびりできるところ。カンポットの宿は賑やかな場所と、もうひとつ川沿いの静かな場所にもゲストハウスがいくつかあるエリアとに分かれていて、どうせならそっちにステイしよう!と思っ...

  10. タクシー事情(悪い)/アンコールワット - Nederlanden地位向上委員会

    タクシー事情(悪い)/アンコールワット

    カンボジアのシェムリアップホテルのフロントにお願いしてチャーター(貸切6時間)で20米ドル予約通り朝7時。ホテルの前の赤土の道にドライバはきてくれた。きてくれたのが彼と彼の愛車50ccバイクで牽引されるのだヒャッホーこれ大好きなんだ実はこの日の前日夜8時過ぎにシェムリアップ空港についてからホテルまでのタクシーチケットを空港チケット売り場で買い乗り込んだ日本で言うところのハイエースのようなタク...

  11. カンボジア旅・胡椒農園に行ってきた - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・胡椒農園に行ってきた

    カンボジア南部の胡椒農園に行ってきました。バスでプノンペンから南部へ。緑色で示した部分に多く胡椒農家が集まっています。バスはカンポット(Kampot)行きでしたが、ケップ(Kep)という町にも寄るバスでした。カンポットからでもケップからでも胡椒農園にはアクセスできるのですが、この二つの町はガイドブックによるとキャラが違っているようなのでした。ケップはビーチリゾートでエネルギッシュなイメージ、...

  12. カンボジア旅・カンボジアの移動事情 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・カンボジアの移動事情

    プノンペンに深夜着でも、ビザはサクッとアライバルで取得できたしタクシーもちょっとぼられたんですが、夜だし、空港だし、まずまずのスタートです。カンボジア人、いい人!これが第一印象でした。カンボジアの通貨はカンボジア・リエルですが、米ドルも広く使えます。私は空港に深夜着でなるべく早く宿に行きたかったのと、タクシーは米ドルでの請求だったので、ホテルか次の日に朝起きて街で両替すればいいや、と思い持っ...

  13. カンボジア - 四代目志賀社長のブログ

    カンボジア

    カンボジア一人旅の息子からLINE。アンコールワット、水牛、lok lak、トゥクトゥク運転手の村、マンゴーとカンボジアラガー(^_−)−☆

  14. カンボジア旅・バックパッカーに復活しました - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・バックパッカーに復活しました

    広島発の海外旅行、実はこの時が初めてでした。広島に戻ってきてからも、成田や羽田、関空に移動して海外に渡航していたのでしたw(かなり前の記事で情報は古いのですが・・検証してみたときの記事です→「広島空港から海外へ!まとめてみましたー 」)広島空港発、上海行きの中国東方航空。これ、結構いいです。中国系なので安いし、上海から世界中に運行があるので経由地として広島の人にとっては心強い味方!上海の浦東...

  15. ベトナム 世界遺産の旅 - ー思いやりをカタチにー 株式会社羽島企画の社長ブログ

    ベトナム 世界遺産の旅

    おはようございます。株式会社羽島企画トータルケアMama’s社長の宇野恵利子です。3月初旬、岐阜伊奈波ライオンズクラブの活動でカンボジアを訪れた私たちは、その帰路、観光でベトナムへ。世界遺産のハロン湾を訪れました。山水画のような神秘的な形の岩が水面から顔を出しています。湾には、ボートに乗り絶景を間近で楽しむことができました。そんな観光も楽しみながらのカンボジア訪問。小学校設立を支援して以来、...

  16. カンボジアでの嬉しい再会 - ー思いやりをカタチにー 株式会社羽島企画の社長ブログ

    カンボジアでの嬉しい再会

    おはようございます。株式会社羽島企画トータルケアMama’s社長の宇野恵利子です。岐阜伊奈波ライオンズクラブがカンボジアに学校を設立したご縁でカンボジアのシェムリアップアンコールワットライオンズクラブのみなさんと交流をさせていただいています。3年前、岐阜伊奈波ライオンズクラブの40周年には岐阜の地でお祝いに参加していただき、大いに場を盛り上げてくださいました。その際は、羽島企画にもお越しいた...

  17. カンボジアの子どもたちの笑顔は、私の喜び - ー思いやりをカタチにー 株式会社羽島企画の社長ブログ

    カンボジアの子どもたちの笑顔は、私の喜び

    おはようございます。株式会社羽島企画トータルケアMama’s社長の宇野恵利子です。3月初旬、カンボジアを訪れました。私が所属する岐阜伊奈波ライオンズクラブは、奉仕活動のひとつとして2008年、カンボジアに学校を設立しました。その年から毎年、激励訪問に訪れています。学校設立当初、その場所は本当に何もないところで水もない。電話もない。もちろん携帯電話も通じないところでした。それが毎年訪れる度に、...

  18. 小さな出会いで - Toi-Tom Journal

    小さな出会いで

    カンボジアに初めて行ったのは2002年。その時は東京で働いていて、たまたま友達が「アンコールワットを見に行こうよ!」といきなり電話してきてアンコールワットが何なのかもよくわからないけど、とりあえず、この機会に行かないと一生行かないだろうな…と思って「オッケー」と、軽く返事をした。友達はツアーを探して申し込んでくれて、ぜーんぶお膳立てしてくれて。私はというと、ガイドブックを一冊、買っておいただ...

  19. パブストリートとシェムリアップの街 - e-voyage

    パブストリートとシェムリアップの街

    シェムリアップは、アンコール・ワットの拠点となる街です。空港から街に向かう途中(車で10~15分です)、巨大な5つ星ホテルが並んでいるのにはびっくりしました。本当に遺跡リゾートです。観光客が集まるのはパブストリート周辺だと思いますが、歩くにはちょうどいい大きさ。私達も毎日ホテルから歩いて通っていました。外国ではよく見かけるケーキ。紫の女の子は、売れて翌日にはありませんでした!色とりどりのカッ...

  20. ぎゅうぎゅう - Toi-Tom Journal

    ぎゅうぎゅう

    私立の小学校を見にいった時のこと。そんなに広くない敷地に、3階建ての大きな建物がどどんと建っていて校庭は少しだけ。しかも石のタイルが敷きつめられている。クラスをのぞいてみたら、これまた教室が狭い。できるだけ部屋数を増やしたいのか、きちきちに区切られていて教室は入口はひとつで細長い。窓も1ヶ所のみ、しかも小さく薄暗い。ざっと見たところの生徒数は割りといるようだけど、まだ空き教室もあるよう。それ...

1 - 20 / 総件数:53 件

似ているタグ