カンボジアのタグまとめ

カンボジア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカンボジアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カンボジア」タグの記事(88)

  1. 見るべき写真展。12月14日(金)6598 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    見るべき写真展。12月14日(金)6598

    人気ブログランキング参加中です。ライフに代表される、グラフジャーナリズム誌が消えて何年になるでしょうか?紙からTV、そのTVも危うくなり、今やWebの時代です。そう、このブログだってWebだからできるので、紙媒体だったら絶対不可能です。かくて、新聞、雑誌の廃刊は増え続けています。でも、媒体は変われども、重要なのは掲載する「中身」です。今日拝見した高橋 智史 写真展「RESISTANCE」−カ...

  2. 究極のフードリスト50037.バイサイチュルーク(カンボジア) - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    究極のフードリスト50037.バイサイチュルーク(カン...

    37番目はカンボジアの朝ごはん!バイサイチュルークです!クメール語で”バイ”がご飯、”チュルーク”が豚肉。豚肉丼、と言ったところでしょうか。これ、めっちゃ美味しいんです!首都・プノンペンの朝はこれで始めたい!バイサイチュルークを食堂で注文したら、あったかいスープとなますみたいな酢の物も一緒に出て来ます。こんな感じ。この豚肉も味付けは甘辛く、ご飯が進むやつです。あっという間に食べきってしまうん...

  3. カンボジアGM就任 - 湘南☆浪漫

    カンボジアGM就任

    新聞の休刊日にわざわざ当てて来たとしたら策士以外の何物でもない。実質的な監督ということだけど、しっかりと代表監督はいる、と。立ち止まると死んじゃうような感じで生き急いでいる風には見えるけど、それがケイスケホンダの流儀…なのかな?メルボルンとの契約の詰めで何が最終段階なのかな?と思ったら…ね。ところでオールトリアのSVホルンはどうなっているのかしら?

  4. 習近平失脚より安倍失脚が遅れたら日本もいよいよヤバい - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    習近平失脚より安倍失脚が遅れたら日本もいよいよヤバい

    習近平失脚より安倍失脚が遅れたら日本もいよいよヤバいでしょう。安倍晋三は日本の習近平であり、習近平は中国の安倍晋三。安倍と習は、今やタグを組んで新自由主義グローバリズムを進め、カンボジアなどの独裁政治を支えている。そもそも、自民党は野党がある中国共産党(トウショウヘイ以降)であり、中国共産党は野党がない(実は小規模ながら衛星政党=疑似野党があるが)自民党であるが。中国でもさすがに習近平一強へ...

  5. チャリティコンサートが終わりました♪ - Appelez-moi Namiko!

    チャリティコンサートが終わりました♪

    毎年この時期に参加させて頂く機会が多いのですが、フレンドシップのチャリティコンサートが無事終わりました!今年は、ミュージカルの世界。いい曲がたくさんありますね〜。iTunes 愛用者の私は、いっぱい勉強しましたよ♪メロディももちろんですが、歌詞も素敵なものが多いし、分かりやすいのが魅力ですね。今回は、レ・ミゼラブルが1部で取り上げられて、私は2部の名曲メドレーの伴奏だったので、リハーサルでレ...

  6. 民主主義を破壊した異常な選挙! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    民主主義を破壊した異常な選挙!

    カンボジアの民主主義が崩壊している。7月29日に実施されたカンボジア下院の総選挙で、与党・人民党の圧勝が確実視され、全125議席を人民党が独占するという。前回2013年の総選挙では最大野党の救国党が4割以上の議席を得ていたが今回、ここまで与党の圧倒的な勝利に転じたのは、公正な民意ではなく、野党の弾圧による結果である。フン・セン政権は選挙に備えて、政権転覆を謀ったとして救国党党首を逮捕し、裁判...

  7. ::こどもキャンドルナイト2018 - 絵本とあそぶ2

    ::こどもキャンドルナイト2018

    今年で8回目の開催です!!遊びに来てね♡【こどもキャンドルナイト’18】2018年7月28日(土)OPEN 16:30 – START 17:00要予約 :40組限定(定員になり次第締め切ります)参加費: 1,000円[ 材料費・花火代として ]会場:浄土真宗本願寺派 西林寺住所:博多区吉塚1丁目25-2電話:092-621-4424[ 内 容 ]★おつとめ『お経』を読んでみよう!★副住職の...

  8. カンボジア旅・ちょっといいとこへ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・ちょっといいとこへ

    カンボジア旅シリーズもいよいよ終わりが見えてきました。”いいところ”とは。値段の”いいところ”です!プノンペンに戻ってきて、教えてもらったバサックレーンへ。カンボジアもフランスの統治下だったため、フランス人が手入れした部分があります。コーヒー文化が根付いていることや、バゲットを食べることなんかはその影響です。このバサックレーンの、このエリアだけ異空間!だって、振り返るとこんな風景。一杯だけ飲...

  9. なぜ今、アウトバウンドが必要なのか・その3 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    なぜ今、アウトバウンドが必要なのか・その3

    日本のインバウンドが成長していく中、もっと足元を見なければいけないんじゃないか?というトピックです。世界的にものづくり産業より観光産業が伸びていることを背景に海外観光客が何をしたいか?何が欲しいか?どんな過ごし方をしたいか?何があると便利だと思うか?を知る必要があります。それが産業につながり、日本経済にもいいんじゃないか?ということを前回書きました。それを知るには手っ取り早く、アウトバウンド...

  10. カンボジア旅・料理教室 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・料理教室

    ホームステイ先で料理教室です!共通言語はありませんが、何とかなります 笑。まずはマーケットへ!こちらお肉コーナー。仏教国なのでブタも食べます。ブタの脂身の少ない部分を買い、次へ。次は野菜売り場。インゲンやその他諸々お野菜を買います。量り売りです。手前中央に映る、なーがいのがインゲンです。日本のものよりかなり長いです。見ているだけでも楽しい市場です。こちらは魚売り場。プラホックという料理を作る...

  11. カンボジア旅・ホームステイ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・ホームステイ

    サンボープレイクック遺跡の中にあるおうちにホームステイ!です。ここからは日本のガイドさんと一緒に回った日本人の方々とは別行動になりました。カンボジア人の生活を1日だけ味わいます!!おうちはこんな感じ。暑いので、高床式。リビングスペースといったところでしょうか。みなさん普段はお天気だと外で過ごしているようです。室内に入るのは寝るときとか、何か用がある時くらいみたいです。ハンモックもあるので寝転...

  12. カンボジア旅・サンボープレイクック遺跡へ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・サンボープレイクック遺跡へ

    2017年に世界遺産に登録されたサンボープレイクック遺跡に行って来ました!アンコール遺跡とは違い、今回は縁あってこちらでローカルガイドをコーディネートしていらっしゃる日本の方に出会うことができたのでツアーに参加です!コンポントムから車で移動です。およそ30キロほど離れています。サンボープレイクックは7世紀、日本では聖徳太子がいて、大化の改新がおこる少し前の時代にイシャナヴァルマンという王様が...

  13. カンボジア旅・コンポントムへ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・コンポントムへ

    シェムリアップからコンポントムへ移動です。だいたい場所としては首都・プノンペンとシェムリアップの間くらい。ここには2017年に世界遺産に登録された遺跡です。アンコールワットができる500年も前、プレ・アンコール時代の遺跡です。ここで日本人がガイドとして地元の人と一緒に働いているということを聞いてやって来ました。カンボジア旅の目的の一つです。ローカルバスに揺られて、シェムリアップから移動です。...

  14. カンボジア旅・アンコール遺跡へ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・アンコール遺跡へ

    カンボジアで最も有名な観光名所・アンコール遺跡。朝日ツアーに行ってきました。朝日を見るために4時半ピックアップ。6時間のツアーです。ツアーとはいえ、ガイドはついていないのと、グループ行動です。これが6ドル。スモールツアーでは最も有名なアンコール・ワット、アンコール・トム、タ・ケウ、タ・プロームの4カ所を回る行程です。朝、宿にドライバーがワラワラとやってきます。アンコール遺跡、見所は多いですか...

  15. カンボジア旅・シェムリアップで遊ぶ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・シェムリアップで遊ぶ

    カンボジアの一番のハイライト・アンコールワット。アンコールワット遺跡の拠点になるのがシェムリアップです。首都・プノンペンには行かずともシェムリアップに行く旅行客がいるほどで、街は外国人観光客を受け入れる環境がバッチリ整っています。物価もプノンペンよと同じか、ちょっと高いものもあるほどですが、シェムリアップは楽しい街です。宿はプノンペンで気に入ったone stop hostel。シェムリアップ...

  16. カンボジア旅・コーヒー農園へ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・コーヒー農園へ

    カンボジア・モンドルキリにあるコーヒー農園に行ってきました。3キロくらい歩けば着くようだったので、タクシーでツアーをチャーターして連れてってもらうこともできたのですが、ケチったれ!の私は歩いて行くことにしました。この時、どうしてどんな変な自信があったかというと、この前の年、インド・ダージリンで6キロ歩いて2つの紅茶農園を巡ることができていたからでしたwこちらインドのダージリン・キャッスルトン...

  17. カンボジア旅・モンドルキリへ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・モンドルキリへ

    カンボジアの北東部・モンドルキリへ移動です。プノンペンから6時間。モンドルキリへ向かいます。はじめ、8時間と聞いていたのですが、6時間でした。ぐねぐね道を想定していたのですが、全然!綺麗な道!!6時間、長いので途中でトイレ休憩なんかもマメにしてくれます。それがアジアのバスのいいところ。そして、お昼休憩もありました。どうやって注文したらいいんですか!!興味津々で見ていたら、どこからか英語を話す...

  18. カンボジア旅・プノンペンで乗り継ぎ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・プノンペンで乗り継ぎ

    胡椒農園を見て、のんびり宿をチェックアウトして、バスでカンポットからプノンペンへー翌日はモンドルキリという、今度はコーヒーエリアへ移動です。ガイドブックではカンポットからモンドルキリの直行のバスのことは書かれていなかったのですが、カンポットの宿で直行があることがわかったんですよね!下写真の図、下から二段目、カンポットからプノンペン経由でモンドルキリ行き、8時発21ドル、9時間という。だけど、...

  19. カンボジア旅・カンポットの宿 - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    カンボジア旅・カンポットの宿

    胡椒農園の見学を終えて、カンポットの宿へ。カンポットの街中もなかなか面白そう。美味しそうな食べ物の屋台がずらりと並び、アジアによくある、エネルギッシュな街の風景。だけど、私はこの街ではあえて静かな場所を選んでいました。のーんびりできるところ。カンポットの宿は賑やかな場所と、もうひとつ川沿いの静かな場所にもゲストハウスがいくつかあるエリアとに分かれていて、どうせならそっちにステイしよう!と思っ...

  20. タクシー事情(悪い)/アンコールワット - Nederlanden地位向上委員会

    タクシー事情(悪い)/アンコールワット

    カンボジアのシェムリアップホテルのフロントにお願いしてチャーター(貸切6時間)で20米ドル予約通り朝7時。ホテルの前の赤土の道にドライバはきてくれた。きてくれたのが彼と彼の愛車50ccバイクで牽引されるのだヒャッホーこれ大好きなんだ実はこの日の前日夜8時過ぎにシェムリアップ空港についてからホテルまでのタクシーチケットを空港チケット売り場で買い乗り込んだ日本で言うところのハイエースのようなタク...

総件数:88 件

似ているタグ