カーブーツセールのタグまとめ

カーブーツセール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカーブーツセールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カーブーツセール」タグの記事(58)

  1. クリアとグリーンのクリスタル・ガラスのネックレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    クリアとグリーンのクリスタル・ガラスのネックレス

    ビンテージ・ジュエリーとの出会いが多かった日のフリマでは、最後にこのネックレスを買いました。本当は最初に見掛けましたが、値段は4ポンドと言われ一度は見送ったのです。ガラスのビーズは凄く綺麗なんだけど、繋いでいるワイヤーが明らかに緩んで、長さがみっともなく余っていました。それでも気になって最後に再びそのストールを訪れ、3ポンドに値切って買いました。家に帰ってから、改めてワイヤーの緩みを直せるか...

  2. ポーランド切り絵柄ランチョン・マット - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ポーランド切り絵柄ランチョン・マット

    今年四回目のフリマで、カット生地を多く扱うストールとの再会に喜び、次の回までに財布がずっしり重くなる程小銭を貯め込んで(イギリスのコインは重い)まで、五回目のフリマで再びそのストールでカット生地を沢山買うのを楽しみにしていました。が、…そのストールは、もう二度と出店しませんでした。だって売り主が約束した「次の週」じゃ全然ないもんね。次の次の週ですらなく、四回目と五回目には四週間も開きがあった...

  3. 連爪クリアのフリンジ・ネックレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    連爪クリアのフリンジ・ネックレス

    昨年の夏頃から、イングランドでは屋内公共施設でのフェイス・カバーを義務付けていましたが(今は解除されている)、私はそれ以前からも屋外のフリーマーケットでさえマスクを着けていました。フリマは非常に混雑していて、どんなに注意しても社会的距離間を守る人は皆無だからです。実際、フリマ会場の入り口でも無料で使い捨てマスクを配布していましたが、マスクを着用する人は全体の半数以下でした。今年のフリマでも、...

  4. アール・デコ風花型ブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アール・デコ風花型ブローチ

    毎週日曜日に開催されるはずのフリマは、四回目と五回目に再び4週間の開きがありました。悪天候&グランド・コンディションの為に、4週間続けて中止されたからです。郊外の大型フリマは牧草地等の緑地で開催される事が多い為、例え当日は雨が降らなくとも、前日までに沢山雨が降って地面の状態が悪いと大抵中止されます。イギリスは雨の多い国ですが、夏はどちらかと言うと乾季で、フリマ最盛期にこれだけ雨天中止が続くの...

  5. クロスキットの着せ替え人形 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    クロスキットの着せ替え人形

    毎週日曜日に開催されるはずの郊外のフリマは、三回目と四回目に一ヵ月程の開きがありました。丁度関東の梅雨の頃、イギリス南部でも雨続きで、毎週末にフリマが悪天候で中止されたからです。そのやっと開催された四回目のフリマで、役に立ちそうな古いレースの詰め合わせを買ったストールがありました。他にも、レトロな手作りの布製の着せ替え人形のセットに惹かれましたが、値段は意外と高くて2ポンドと言われ一度は見送...

  6. テントウ虫のプチ・ブライス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    テントウ虫のプチ・ブライス

    今年三回目のフリマで、中古のプチ・ブライスを買いました。値段は10ペンス(約15円)でした。イギリスのフリマでも手に入れられるブライス人形、それは数年前に版権元アメリカのHasbro社から発売された、「The Littlest Pet Shop」と言う玩具にセットされていたブライスです。サイズ、ドールアイ(義眼)仕様、リアルアイラッシュ、ボディの可動域は、日本でお馴染みのプチ・ブライスと一緒...

  7. クロシェ・レースのストール - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    クロシェ・レースのストール

    首と肩の血行が非常に悪く、冬は毎日タートルネックのシャツを着用し、夏は首に巻物が欠かせない私。その夏の巻物ですが、やっぱりやっぱり柄物が多く(涙)、服も柄ばかりなもんだから、合わせにくく困っています。冬のマフラーであれば、コートは大抵無地なので柄の巻物でもOKですが、私の持っているマフラーは意外にも無地中心なのです。結局、冬のマフラーは無地が多く売られているからだし、夏の巻物で売られている多...

  8. とっても和顔なバービー - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    とっても和顔なバービー

    やっと始まったフリーマーケットの初日で、中古ファッション・ドールをどれでも一体1ポンドで、30体位を平置きに並べて販売しているストールがありました。そのほとんどは、しょっちゅう見掛けるディズニーの姫人形か廉価版バービー、またはそれよりも安いディスカウント屋か1ポンド屋で売られていた(値引きされてない訳じゃん)ノーブランドの人形でした。しかし、どれも一応素裸ではなく、無理矢理何か衣装と靴を履か...

  9. 70年代なオルゴール箱 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    70年代なオルゴール箱

    5月末に、郊外牧草地の大型フリーマーケットが始まりました。本当は5月上旬に始まるはずでしたが、予定日は何か不備が突然見付かったらしく当日ドタキャン、その後は天候の悪い週末が続き、結局やっと開催されたのは月末です。勿論この日を心待ちしていた人は数多く、ストール数(売り手)は満席、買い手も非常に混んでいました。そしてやはり今年も、社会的距離間を守る人は皆無…。またしても、結構命懸けのフリマです。...

  10. 紫縞模様のカボションのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    紫縞模様のカボションのブローチ

    結局昨年は、入場料が1ポンドに値上がった日曜日正午近く開催のフリマに通いました。土曜日午前中開催のフリマでは、P太が朝早く起きたくない為に嫌だからです。と言っても、我々は今までも物凄い早朝にフリマに出掛けた事はなく、また休日と言えど物凄く朝寝坊する訳ではありません(平日より30分~1時間遅い程度)。そもそも、P太は私をフリマに車で連れて行ってくれるだけで、私が買い物中は車の中で待機しています...

  11. ビンテージの花レースのドイリー - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ビンテージの花レースのドイリー

    フリマで、大変手の込んだ繊細で美しいレース編みのドイリーを手に入れました。売り台(テーブル)上のガラス器等の商品の下にくしゃくしゃに敷かれていて、売り主に幾らか値段を聞くと、一瞬そんな物が欲しいの?みたいな顔をされました。値段は50ペンスでした。家に帰って広げてじっくり眺めると更に美しく、写真を撮っている最中には益々うっとり美しく見えました。縦は35cm、横幅50cmもあり大まかに言って楕円...

  12. ホーンジーのヘアルームのバター・ケース - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ホーンジーのヘアルームのバター・ケース

    スージー・クーパーのトリンケット・ボックスを買った、フリマの保護馬チャリティのストールでは、この器も買いました。同じく蓋付きの陶器の入れ物です。日本のショップでは、この器をチーズ・ケースと紹介しているサイトがありますが、本来はバター・ケース(英語ではbutter dish)だそうです。形的には、いかにもバターよりカマンベールを入れるのに合いそうですが、チーズ・ケースと呼ばれるアイテムは、大抵...

  13. エメラルド色ラインストーンのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    エメラルド色ラインストーンのブローチ

    フリーマーケットで、気になるビンテージ・ジュエリーを幾つか売っているストールがありました。一つどれでも50ペンスとの事ですが、好みのフィリグリーのブローチなのに肝心の中心のラインストーンが失くなっていたり、デザイン的に今一つインパクトが足りなかったりで、見逃すのは惜しいけれど、選ぶのにも決め兼ねると言ったジュエリーばかりでした。最終的に、中央の緑色のラインストーンが美しい、このブローチを買い...

  14. ビンテージ・レースの詰め合わせ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ビンテージ・レースの詰め合わせ

    その日のフリマは、出店数は多かったものの、結局一通り見渡しても、最後まで入場料を払ってまでも来た甲斐があると思える収穫がありませんでした。そこで、一度は見送った、ビンテージ・レースを売っているストールを訪れました。半端なく古い、非常に凝ったレースの端布が、大きなビニール袋にどっさり詰まっていました。一度見送ったのは、高そうに見えるけど、サイズ的にはドール服作りには皆大き過ぎるし、また傷んでい...

  15. 刺繍のコテージ・ティーコジー - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    刺繍のコテージ・ティーコジー

    その日のフリマは、晴天で大盛況だったものの、中々目ぼしい物に出会えませんでした。そう言う時は、自分の判断基準が厳しくて買い惜しみしているだけの場合もあるので、「景気付け」として、普段なら見送るかも知れない安い物を何か一つ買います。そうすると、不思議と後から収穫に恵まれる事が多いのです。この手作りのティーコジーは、そんな景気付けで買いました。モチーフは、イギリスのティーコジーの定番であるコテー...

  16. ミニチュアのガラス製デザート・セット - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ミニチュアのガラス製デザート・セット

    七月末に、隣村の牧草地の午後開催の大型フリマが再オープンしたので、開始日に早速行って来ました。ところが、今まで駐車料金車一台に付き1ポンド+入場料無料だったのが、今年から駐車料無料+入場料一人に付き1ポンドに変更になりました。二人で行く場合、二倍の値上げ…。駐車料金を無料にすると、その支払いを渋って路上駐車する輩が増え交通渋滞を巻き起こすのを防げますが、入場料一人1ポンドは規模を考えると高目...

  17. フォークロア柄のティータオル - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    フォークロア柄のティータオル

    7月の中旬、ロックダウン後に初めて、フリーマーケットに行く事がやっと出来ました。このフリマは、6月中旬の一般店舗再開時点から既に始まっていたそうですが、その頃は未だコロナ流行が落ち着く気配を全く見せなかった為、行く気にはなれませんでした。それから一ヵ月経っていたとは言え、イギリスのCovid-19に寄る一日の死者数は、未だ百人を超える日も時折あったので、皆コロナを怖がって、フリマの出店数も期...

  18. バスケット柄のシルク・カード - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    バスケット柄のシルク・カード

    一月の今年最初に行ったフリーマーケットで、この百年以上昔の絵葉書を買いました。主に第一次世界大戦時にフランスで作られ、英国兵士に特に人気だった、オーガンジー地に艶のある絹糸で手刺繍された絵葉書で、通称「シルク・カード」と呼ばれ人気のコレクタブルズになっています。其処は毎回おばあさんが出店しているプロの骨董商のストールなので、この葉書はフリマとしては高めの値段でした。が、アンティーク・モール等...

  19. ビンテージのリバティのシルク・スカーフ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ビンテージのリバティのシルク・スカーフ

    昨年の晩秋頃のフリマで、ビンテージのスカーフを買いました。品の良さげなお婆さんが売っていて、きちんと小さく折り畳まれてビニール袋に入れられ、手書きの値札には「リバティ・スカーフ、シルク」と書かれてありました。そう分っているのに、値段は50ペンスの安さ。中身の状態も良く確認せずに買いました。この値段なら、例え全体的には大きくダメージがあっても、傷んでない部分だけを切り取ってドール服に使っても、...

  20. ミニチュアのマガジン・ラックとオットマン - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ミニチュアのマガジン・ラックとオットマン

    今年最初に行った、と言うかほとんど今年唯一行ったフリマ(1月)で、古いドールハウスの家具を幾つか売っている、一般人のストールがありました。多くは当然1/12サイズでしたが、1/6サイズのファッション・ドールにも使用出来そうなマガジン・ラックとオットマンのみ買いました。…これらの事です。マガジン・ラックは、一昔前の家で良く使われていたような木製タイプ。実はこれにそっくりの人間用のマガジン・ラッ...

総件数:58 件

似ているタグ