ガイドラインのタグまとめ

ガイドライン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはガイドラインに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ガイドライン」タグの記事(24)

  1. 我が愛車は5年目の車検です - スポック艦長のPhoto Diary

    我が愛車は5年目の車検です

    もう5年になりますモデルチェンジが少ないので古さを感じません乗って楽しい車なんです気に入ってます車検で車が出ている間に車置き場のガイドラインを引き直しましたウサギ小屋みたいな家なので十分な広さのガレージを準備できません人が通る間を開けてぎりぎりに止めるために100均のペイントでラインを引きましたこれを越えると壁に当たる危険ライン今まで何度も左側のボンネットを傷つけましたこのラインを引いてから...

  2. HHT診療ガイドライン第2版2020年9月 - オスラー病に関する国内外の文献紹介

    HHT診療ガイドライン第2版2020年9月

    論文:Second International Guidelines for the Diagnosis and Management of HereditaryHemorrhagic Telangiectasia. Ann Intern Med. doi:10.7326/M20-1443患者さんへ:2020年9月発表されたHHT診療ガイドライン第2版です。2009年第一版発表から10年以上...

  3. 新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインの更新について - ブルちゃんのログ

    新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインの更新について

    沖縄県や石垣市でも、コロナの感染が日に日に拡大してきています。このままではまた自粛生活に戻ってしまいそうな気配です。ブルミンゴのホームページでもお知らせさせていただきましたが、新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインを改定しました。ダイビング業界やその他でそれぞれ独自のガイドラインがあるのですが、現実的でないものや、そこまでする必要があるのかと思うものもあります。感染することを避けたい気持...

  4. 急性疼痛管理に対する静注ケタミン投与に関する米国区域麻酔疼痛治療学会・米国疼痛治療協会・米国麻酔科学会からのコンセンサスガイドライン - 麻酔科医の日々

    急性疼痛管理に対する静注ケタミン投与に関する米国区域麻...

    ・ケタミン投与は何十年も急性疼痛治療に使用されてきているが、昨今の使用増加によりケタミン投与が救急部・治療困難な疼痛患者の周術期・オピオイド耐性患者において主力となっている。患者選択・治療変数・モニタリングで大きくばらつきがあるため、コンセンサスガイドライン作成がもとめられる。・急性疼痛ケタミンガイドラインの作成は慢性疼痛ケタミンガイドラインの派生からうまれた。急性疼痛ケタミンガイドライン作...

  5. COVID-19パンデミック中における安全な外科的気管切開術:韓国における中東呼吸症候群とCOVID-19アウトブレイクでの経験に基づいたプロトコル - 麻酔科医の日々

    COVID-19パンデミック中における安全な外科的気管...

    ・COVID-19患者の一部では集中的な呼吸治療や気管切開術が必要となる。気管切開術の方法や気管切開された患者のケアに関するガイドラインはいくつかが策定されている。こうしたガイドラインに加えて、この手技の細かい方法や周術期ケアの更なる詳細が役立つだろう。この研究の目的として、MERSやCOVID-19患者に対する我々の経験や気管切開術プロトコルを提示しようとした。・MERS患者は13人が当I...

  6. [解除ガイドライン]政府発表のガイドライン - 東京ディズニーリポート

    [解除ガイドライン]政府発表のガイドライン

    こんにちはいつもご覧いただきありがとうございます東京ディズニーリゾートの情報と攻略をお送りしています。エキサイト公式platinumブログ鋼鉄の嘴です。Twitter・Instagramはこちら,読者登録手順はこちらです。昨日25日の政府発表による緊急事態宣言解除について色々な方針が示されましたね。画像NHKニュースちなみに遊園地は東京都のロードマップではステップ3ですが、千葉なんですよね。...

  7. 副腎不全患者の周術期期間中におけるグルココルチコイド管理ガイドライン:英国麻酔科医協会・王立医師協会・内分泌学会からのガイドライン - 麻酔科医の日々

    副腎不全患者の周術期期間中におけるグルココルチコイド管...

    ・このガイドラインの目的として、副腎不全患者を同定して周術期期間中に十分にグルココルチコイドで補充することを保証することとした。副腎不全には大きく2つのカテゴリーがある。原発性副腎不全は副腎の疾患(ホルモン産生腺機能不全)によるものであり、続発性副腎不全は下垂体による副腎皮質刺激ホルモン分泌不全か視床下部による副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン分泌不全(調節センター機能不全)によるものである。...

  8. 2020 年改訂版不整脈薬物治療ガイドライン 心房細動に関するまとめ - 心房細動な日々

    2020 年改訂版不整脈薬物治療ガイドライン 心房細動...

    昨日(3月13日)、日本循環器学会 / 日本不整脈心電学会合同ガイドラインとして、「2020 年改訂版不整脈薬物治療ガイドライン」が発表されました。心房細動治療も含まれますが、心房細動(薬物)ガイドラインは2013年(発表は2014年1月)に前回の改訂が行われていますので、実に6年2ヶ月ぶりの改訂です。前回のガイドラインから変わったと思われるポイントを列挙しました。1. 心房細動の診断につい...

  9. 復元図 - 佐々木善樹建築研究室・・・日々のコト・・・

    復元図

    神社の敷地内に社務所や宮司住宅を建築することになったのは良いのだが、敷地内にある社殿を含む既存建築物の全てに「検査済証」が無い。専門家ならすぐにお分かりの通り、この敷地に新たなものを建築することは不可能。大手建築会社も皆、逃げ腰。しかしここは歴史ある立派な神社。何とかならないものかと思案した結果、「検査済証のない建築物に係る指定確認検査機関を活用した建築基準法適合状況調査のためのガイドライン...

  10. ACC/AHAから心血管疾患の一次予防に関する包括的なガイドラインです。一度は目を通すことをお勧めします - 心房細動な日々

    ACC/AHAから心血管疾患の一次予防に関する包括的な...

    アメリカACC/AHAの心血管疾患音一次予防ガイドラインが発表されています。2019 ACC/AHA Guideline on the Primary Prevention of Cardiovascular Disease: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Forc...

  11. 2019年元日からも更なる標準的最新鋭歯科医療を目指す。 - 歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士全てが顕微鏡の歯科医院。超高画質microCT FDP8.東京職人歯医者 

    2019年元日からも更なる標準的最新鋭歯科医療を目指す。

    2019年何を言われようが今年も歯を残すだけに全力を尽くすのでアメリカでは超最新鋭最先端医療機器でさえ日本では普通の標準的な歯科医療となる。何も特別なことでは無い。いかに患者の口腔機能を維持増進させるのか。開業以来変わらない。ただそれだけである。だからアメリカの世界最新鋭超医療機器を導入しなければならない。2019年元旦東京職人歯医者

  12. 困難気道管理における声門上気道器具:デンマーク麻酔データベースに登録された658,104の全身麻酔症例の後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    困難気道管理における声門上気道器具:デンマーク麻酔デー...

    ・声門上気道器具を使用する適応は年々広まり、今では困難気道管理のガイドラインにおいて重要な役割をもつ。我々の目的として、困難気道管理において声門上気道器具の使用について述べた。対象としたのは2008年から2012年にデンマーク麻酔データベースに登録された全身麻酔をうけた成人で、気道管理が困難と記録された患者で、その定義は:3回以上の気管挿管試技;気管挿管失敗;フェイスマスク困難換気、とした。...

  13. 主要な腹部手術に対する制限輸液療法と非制限輸液療法の比較 - 麻酔科医の日々

    主要な腹部手術に対する制限輸液療法と非制限輸液療法の比較

    ・ガイドラインでは主要な手術をうける患者の早期回復を促進しようと、腹部手術に対して制限輸液療法を推奨していた。しかしながら、これを支持するエビデンスは限られており、臓器灌流不全が心配される。・実践的な国際試験をおこない、主要な腹部手術をうけて合併症リスクが増加する3000人の患者を無作為に、手術中と手術後24時間までに制限輸液か非制限輸液で振りわけた。主要評価項目は、1年で機能障害なしの生存...

  14. 慢性疼痛に対して静注ケタミン投与使用に関する米国区域麻酔疼痛学会・米国疼痛医学会・米国麻酔科学会からの診療ガイドライン - 麻酔科医の日々

    慢性疼痛に対して静注ケタミン投与使用に関する米国区域麻...

    ・これまでの20年にわたり、静注ケタミン投与を慢性疼痛の治療として使用することが劇的に増加しており、対象患者・投与量・モニタリングに関してはさまざまな意見がある。このために、診療ガイドラインの作成に対して、いくつもの機関から一斉に呼びかけることになった。・2016年11月に、診療ガイドライン作成の勧告が米国区域麻酔疼痛学会の理事会に承認され、ほどなく、米国疼痛医学会でもそうなった。2017年...

  15. 小児麻酔における術前絶食ガイドライン:変更する準備できてる? - 麻酔科医の日々

    小児麻酔における術前絶食ガイドライン:変更する準備できてる?

    ・次から次へと発表される研究によれば、麻酔前の絶食延長が小児では一般的である。世界中の小児麻酔科医が気がかりなこととして、現在のガイドラインに問題がある、と感じている。このレビューでは絶食に関して、可能なことに焦点をあてた。・我々は、食物と飲料という異なったものについての胃排泄生理に関する新しい見解を議論した。現在のガイドラインに沿って実施したにも関わらず、絶食延長による否定的な影響のエビデ...

  16. 周術期の静脈血栓塞栓症予防に関する欧州ガイドライン:高齢者の手術 - 麻酔科医の日々

    周術期の静脈血栓塞栓症予防に関する欧州ガイドライン:高...

    ・術後静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクは70歳を超える患者や併存合併症、例えば、心血管疾患・悪性腫瘍・腎不全を併発している高齢者では増加している。それゆえ、リスク分類・修正できるリスク是正・周術期血栓予防の継続がこうした患者層では必須である。薬物予防のタイミングや投与量は非高齢者層からのものを借用している。直接経口抗凝固薬(DOAC)は高齢者に有効で耐えられうるものである;スタチンは薬物的血...

  17. 抗凝固薬+抗血小板薬併用療法の新しいガイドライン:2017ESC focused update - 心房細動な日々

    抗凝固薬+抗血小板薬併用療法の新しいガイドライン:20...

    2017 ESC focused update on dual antiplatelet therapy in coronary artery disease developed in collaboration with EACTS: The Task Force for dual antiplatelet therapy in coronary artery disease of the...

  18. 手術室という環境下での周術期心停止:文献レビュー - 麻酔科医の日々

    手術室という環境下での周術期心停止:文献レビュー

    ・手術室(OR)という環境下での心停止はまれだが、大惨事となる可能性があり、死亡率は50%を超える。麻酔中や手術直後の心停止は手術に関連しない状況や他の院内心停止とは異なるものである、というのも、周術期の心停止はおおよそ目撃されており、予期されることも多い。心停止に寄与する因子はいくつか知られており、この心停止という事象は通常、直ちに認識される、患者がたいていフルモニタリングされているからで...

  19. 頭頸部癌サバイバーシップのガイドライン - 感染症な頭頸部の人

    頭頸部癌サバイバーシップのガイドライン

    頭頸部癌治療後のフォローアップについてはNCCNのガイドラインなどの記載があります。今回、ASCOから頭頸部癌患者のサバイバーシップについてガイドラインが更新されたので紹介します。(一部略したり訳し間違いはご容赦ください)Head and Neck Cancer Survivorship Care Guideline: American Society of ClinicalOncology...

  20. AAO-HNSガイドライン:良性発作性頭位めまい症 - 感染症な頭頸部の人

    AAO-HNSガイドライン:良性発作性頭位めまい症

    外来でよくBPPVは見ますね。今月AAO-HNSのBPPV guidelineが更新されました。今回はその紹介をしたいと思います。Clinical Practice Guideline : Benign Paroxysmal Positional VertigoOtolaryngol Head Neck Surg.2017 Mar;156(3_suppl):S1-S47.1a.後半規管BP...

総件数:24 件

似ているタグ