ガラス絵のタグまとめ

ガラス絵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはガラス絵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ガラス絵」タグの記事(18)

  1. ガラス絵の魅力 - 山中現ブログ Gen Yamanaka

    ガラス絵の魅力

    ガラス絵の魅力2021年8月5日(木)~24日(火)13:00-18:30 (水曜日休廊)(8/11~15 夏期休廊)みさき画廊大分市府内町1丁目5番3号

  2. 茂木紘一ガラス絵展  5月3日(月)~5月29日(土)  MOO CAFE - しゅんこう日記

    茂木紘一ガラス絵展 5月3日(月)~5月29日(土)...

    茂木紘一ガラス絵展5月3日(月)~5月29日(土)MOO CAFEガラス絵とは板硝子の片面に絵を描き、反対側の面よりガラスを通して鑑賞する絵画です。ガラスの裏から絵を描画するので絵の具を重ねる順番が逆になります。通常の絵画とは一風違った面白味に溢れる茂木紘一画伯の世界をお楽しみください。茂木紘一ガラス絵展 in MOO(ムー) CAFE 前橋市日吉町 1-13-245/3~29日(水・日曜日...

  3. 1141.遠くへ - 岡田まりゑblog

    1141.遠くへ

    この様な生活になるずっと前からどちらかというと籠りがちではありましたが、考えてみると遠くへは頻繁に出掛けてはおました。そして飛行機や新幹線で移動して心地よいホテルに滞在するのは好きでした。そんなことをずっとしていない。3月に伊香保のハラミュージアムアークへ行って以来、東京からは出ていない。その閉塞感がじわじわと押し寄せて来ています。何処かへ出掛ける予定を立てたりすることを割と好きではいました...

  4. 1139.オモシロイコト - 岡田まりゑblog

    1139.オモシロイコト

    お盆だったのでsnsにお墓参りや送り火のことがいろいろとあがっていました。逝ってしまった友のことをまた、想い出していました。彼女とは偶然訪れたお店の人でしかなかったのに、次第に何かオモシロイコトをお互い話すうちに親しくなりました。そして彼女が私の作品を好きになってくれ、いつか自分の作った働く場所に飾りたい!と集めてくれていました。彼女と話すオモシロイコトは、キモチのことやビジョン、今後の夢や...

  5. 1136. 夏の思い出 - 岡田まりゑblog

    1136. 夏の思い出

    夏らしい日々になって夏らしいモノに目が行く様になりました。この時期八百屋さんには西瓜が並びますね。子供の頃、夏休みに友達の家などに遊びに行くと、オヤツはだいたい西瓜が出てきました。実は私は西瓜がそんなに好きではありません。マスクメロンでさえ、「キュウリが甘いみたいだな!」と感じていてそのアリガタミが全く感じられずにいたので、ましてや西瓜は何かウレシイのか?さっぱり分からずにいましたが、他所で...

  6. 1135.8月前半の展覧会 - 岡田まりゑblog

    1135.8月前半の展覧会

    やっと梅雨明けして気分も少し明るくなりました。covid19テキには油断のならない日々ではありますが。。。8月前半の展覧会のお知らせです。☆8/1〜10徳島の眉峰ギャラリー「版画アマビエ」展12:00〜19:00 火曜休みtej:088-623-5363徳島市東船場町1-10☆8/1〜30 (12〜16夏休み)大分みさき画廊「ガラス絵の魅力」展13:00〜19:00 水曜休みhttp://w...

  7. 1131.長雨なので - 岡田まりゑblog

    1131.長雨なので

    ずっと雨降りです。そのせいなのか?体調が回復せずにおります。微熱で集中力が続かないのでたくさんのシゴトは出来ず。寝たり起きたりではあるけれど何かちょっとでもシゴトしたい!そんな日々です。8月に大分の画廊でガラス絵のグループ展があるのでその作品を創っていて未だ完成出来ていなかったりするのでそれを少しずつ進めています。ガラス絵は人それぞれ描き方はあるけれど、他の素材よりも徐々に進めて行く感じでは...

  8. 1130.また逢える - 岡田まりゑblog

    1130.また逢える

    気がつけばお盆。(私の住んでいるエリアでは)子どもの頃は道端にきゅうりと茄子の馬と牛が置かれていたりしたものです。そして、逢えないまま友が遠くへ旅立ってから3か月が経ちました。100まで生きる!と言っていたのになと思うけれど、たくさんのツライ事や病気での痛みを抱えていたのでそういったモノから解放されて今、彼女は楽になったのだろう。お別れの儀式に出られなかったことで私にはかえって「彼女が居ない...

  9. 1125.いろいろ想う - 岡田まりゑblog

    1125.いろいろ想う

    3か月振りくらいに井の頭線や地下鉄に乗って銀座まで出掛けました。久しぶりの遠出?に緊張しておりましたが、前に一駅だけ総武線に乗った時とは違い、「いたってフツウの日常」の様な光景だったので、私も「フツウな感じ」で銀座まで行くことが出来ました。勿論、「フツウ」と言っても皆マスク姿で、隣りの人との多少の緊張感を持っている空気はあります。ギャラリーを3軒巡る。余りよく知らない人と話をするのも久しぶり...

  10. 「水野真理ガラス絵・銅版画展」6月18日(木)~27日(土) - ギャラリーびー玉ころころ日記 Gallery BI-DAMAS

    「水野真理ガラス絵・銅版画展」6月18日(木)~27日(土)

    「青の森」ガラス絵ランプの中に見えるのは教会「コーヒー沸かし」ガラス絵エルサレムの旧市街「コーヒー沸かし」銅版画後ろにペンギンとオーロラ「集まる」銅版画ペンギンが密集しています「器たち」銅版画「青いボトル」ガラス絵「青い蝶」ガラス絵「白い蝶」ガラス絵「赤い机」ガラス絵マホガニーの赤と部屋の青水野真理さんの12年ぶりのびー玉での個展です本人が待ちに待った展覧会でした2年前のイスラエルの旅をモチ...

  11. 1103.待っている - 岡田まりゑblog

    1103.待っている

    100歳まで生きる!と言っていた友が、癌になり闘病していて今年の2月に転移してしまい再入院しました。その時私も体調が悪く、お見舞いに行けず、彼女から「落ち着いたらLINEします」とあった。日頃からsnsが苦手な友なので、具合の悪い時に連絡するのも…と思っているうちにcovid-19でますますお見舞いには行かれない状況となりました。彼女には更に厳しい状況だろうけど何とか早く回復してほしいと毎日...

  12. 1102.雨は流してくれるのか? - 岡田まりゑblog

    1102.雨は流してくれるのか?

    今日は風も強く豪雨注意報も出ています。聖書ではキリストの復活後、嵐が来てその雨に打たれた癩病の人々が癒され顔や身体が綺麗になって歩いて行ったとあったと思う。イースター後の月曜の嵐が、そんな風に様々を洗い流してくれるのなら良いな。だからといって政治のコトには触れずにオカシナコトもひたすらやり過ごして心地よい緩やかな言葉を並べて行きたいと思っているわけではない。作家として自分の位置はハッキリとさ...

  13. 1101.少し離れて - 岡田まりゑblog

    1101.少し離れて

    東京都の感染者の状況などがニュースで取り上げられているからか、上海のギャラリーのオーナー(以前より私の作品を好きでいてくださる)や、スロベニアの版画作家がメッセージを送ってくれたり、新居浜の陶芸作家の方からお電話頂いたり。遠く離れている人に世界中皆大変な時に、この様に気に掛けて頂けるのは本当にありがたいな。そう思っている今日この頃。私は何とかやっております。私の住んでいるエリアは人気の街でも...

  14. 1058.ガラス絵の魅力 - 岡田まりゑblog

    1058.ガラス絵の魅力

    連日の猛暑の中でのリトルクリスマス作品のエディション刷りが過酷で、すっかりお知らせを忘れていましたが、8/1より大分のみさき画廊でガラス絵のグループ展始まっております。ガラス絵では定評のある安藤真司さん、武田史子さん、林孝彦さん、山中現さん、安井須磨子さん、綿引明浩さんなどとご一緒させて頂いています。版画とはまた違った魅力を味わって頂ければと思います。「ガラス絵の魅力」展8/1〜25 水曜休...

  15. ガラス絵の魅力 - 山中現ブログ Gen Yamanaka

    ガラス絵の魅力

    ガラス絵の魅力 Picture Drawn on Glass2019年8月1日(木)~25日(日)12:00-18:30 (水曜日休廊)(夏休み8月11日~8月15日)みさき画廊〒870-0021大分県大分市府内町1-5-3

  16. 1025.寒い日々に - 岡田まりゑblog

    1025.寒い日々に

    寒いのは苦手です。とはいえ最近は昔の冬よりもずつと暖かいとは思います。それでも冬は一段と外出からは遠のく日々です。そんな日々は制作には都合が良い。それで、久しぶりにガラス絵を手掛けています。ここ数年、ガラス絵にはニガテ意識があって、暫くは描くのをやめていました。普通のペインティングとは違って一番表に見える部分から描かなければならないガラス絵は、ある意味版画の構想と似ていますが、素材の扱いが上...

  17. 「キリストと聖母マリア」のほほえましいガラス絵です。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    「キリストと聖母マリア」のほほえましいガラス絵です。

    ・今年も押し詰まってまいりました。25日はクリスマス。靴下に入ったサンタさんからの贈りもの・・・子供の頃をちょっぴり思い出します。・このガラス絵は、欧州からやって来ました。19世紀頃のドイツのものではないかと思われます。こうした額を部屋に飾り、イエスキリストに祈りを捧げたことでしょう。・いま幾一里の床の間には、真っ白なオランダのデルフト皿とともに展示しています。弊店もクリスマスウィ―クを愉し...

  18. 児童画クラスお父さんのガラス絵 - 大阪の絵画教室|アトリエTODAY

    児童画クラスお父さんのガラス絵

    アトリエTODAY児童画クラス父の日のプレゼントにガラス絵で「お父さんの似顔絵を描こう」昨年の5月は母の日のプレゼントにガラス絵でお母さんの似顔絵を描いたので今年の6月はお父さんの似顔絵にチャレンジしてみました!さあ、お父さんたち喜んでくれるかな?お父さんの写真を持ち寄ってまずA4の紙に下描きガラス絵の字は「鏡文字」にしないといけません下描きの後はガラス(今年は透明の塩ビシート中心)に転写し...

総件数:18 件

似ているタグ